東日本大震災チャリティラン・season4-8月

朝から、けっこう強い雨。
開催自体も危ぶまれるが、参加者が少ないとM松さんも不本意だろうから、クルマで。

8時半の時点でも雨は「小雨」とはいえないほど降っている。
受付には、ほかにも前回から参加されているラン友関係の人も既にスタンバイしていたが、ボクみたいにカッパを着ていないのが潔い。
b0057140_201109.jpg

もっと参加者は少ないかと思ったけど、20人程度。
この天候なら、集まったほうではないか。
b0057140_2023328.jpg

横ではうらじゃの連が練習している。
今日の本番を前に、かわいそうな雨だが、そんなネガティブな雰囲気はない。
b0057140_19595680.jpg

日差しもなく、気温は26℃くらいなので走るには悪くない天候で、雨も1周目の途中からはかなり小雨になったので、ボクを含めてカッパの人も次々と脱いでいきました。
しかし・・暑い。

5キロまで走って、あとはHさんとかと大会情報の意見交換など・・・
10時半には終わりにしました。






明日が実母の誕生日だが、何かモノを贈ってあげるよりも、一人暮らしの母にとっては、片付けとか、なにか顔を出してあげるほうがいいかな、と、手伝いのリクエストがあるかどうかメールできいてみました。
遠慮がちに、リクエストはあるものの、まあいいか、とかはっきりしないのだが、なにかしらありそうな雰囲気を感じて、市内の母の家へ。
これを、どこにしまえばいいか、これでいいか、と仕事では当たり前のように確認すると、しつこく感じたらしく、怒り出す母・・・
そのまま、廊下でじっとしていてくれれば、荷物は運べる、30秒だけじっとしていてくれ、と頼んでも、なにか片付けよう、とじっとしない母。
親の老いを実感するのは悲しいけど、受け入れざるを得ない、さらなる悲しみ。
by pmrider | 2014-08-03 20:03 | ランニング | Comments(0)