操山散策、時々走る

右足の状態はほぼ90%回復と思っているが、残りの10%は「下り坂の不安」。
登るのはまだいいが、階段を下りるときは重心を右にかけられない(かけるのが不安)。
だから、トレイルもしたいけど、下り坂でまたケガをしては・・と足が遠のいていました。

しかし、最近、「だから、やらないでいると、もっと回復が遅れる」と思いはじめて、今日は数ヶ月ぶりに操山へ。

自宅から5キロほど普通の道を走っていく予定だったが、昨日の16キロのせいか、ムリできないカンジ。
なので、登山口までクルマで行くことに。

気がつくとガスがかなり少ないので、できるだけ近い場所まで。
曹源寺に近づくと、山の紅葉が見事で「おいでおいで」しているよう。
しかし駐車場は満杯。
登り口を護国神社に変更しました。
b0057140_188554.jpg

旗振台まで登って、あとは東にいけるだけ。
結局岡辛木神社まで、往復約7キロ。

ハイキング客も多く、トレイルランナーとしては
・すれ違う・追いつく前に歩きに変更
・「こんにちは」と必ず挨拶
・「抜きまーす」と声をかけて追い抜き
と、注意。

ふと気づくと、走路に、昨年は落ち葉がいっぱいあったのに、今日はほとんど掃除されていて、快適に走れるようになっていました。
もちろん、落ち葉が残っている道もあるけど、メインの道はかなりキレイ。
b0057140_18112899.jpg

進むうちに、岡辛木前で、道で清掃しているらしき20人ほどの集団に会いました。
比較的高齢な方と、中学生くらいの子供。
b0057140_18102446.jpg

初老の女性に「ボランティアで清掃活動ですか?」と訊くと「清掃というよりは、そこの森を整備して、植林しているの。道も、下に新たに1本通れるようにして。あそこの竹薮もキレイにしたのよ」

確かに、このとおり。通りやすくなっている。
b0057140_18123794.jpg

どうやら、富山地区の方らしい。
向こうには軽トラがあるから、そこから草刈道具などを運んでいるようだ。だから、あまり山の奥までは手がまわらないだろう。
うーん、こういう人がいるからこそ、操山をいつものようになにげなく走ることができるのだ。

走る途中ではっぱを拾うボランティアもありそうだが、ちゃんと片付けて捨てるとなると、カンタンにはいかない。
しかも、今の時期に拾っておくべきであり、これは毎年続く山の営み。
いつか、そんな呼びかけがあれば、操山を走る人はまっさきに協力すべきだよなぁ・・

竹も、すべて伐採するのではなく、登るときに支えになるように一部はポールのように残してあるように思える・
b0057140_1817398.jpg


ふと見かけた「シダの姿見」
b0057140_18181044.jpg

走っている途中で動画も撮ってみました。
すれ違ってちょっと会話した女性トレイルランナーは、たしか6月にRUN馬鹿で一緒だった女性でした。(名前忘れた)

スピードがそもそも遅いせいもあるけど、登り坂は以前ほどしんどく感じない。
b0057140_18145888.jpg

降りるのも、ちょっと怖いけど、これはこうやって慣らしていかないと、本当にずっと走れなくなるかな、と考えを改めました。


こんな美しいスタジアムでプレーできて、君たちは幸せ者だよ!
b0057140_18134350.jpg

by pmrider | 2014-11-24 18:18 | ランニング | Comments(0)