春の高松・うどん遠足

この数日の間に、一度高松に行ってみたい気持ちが高まり、それなのに、25日は22時過ぎまで仕事で、食事はnews-zeroを見ながら・・

ただし、翌日は休むことができそうで、朝もちゃんと起きれたので、実行に移す。

はじめは家から18キロの道のりを宇野港まで走り、高松に渡ってからも走り、戻りもまた18キロの家路、と思っていたけど、時間もかかるので、一転、田井みなと公園に車を止めて、そこから走っていくことにしました。
駅までは結局3キロ弱。
気温は低めだったけど、困るほどの低さではない。

宇野駅
b0057140_22594664.jpg

四国フェリーで往復券を買う。
b0057140_2343839.jpg

9:30発
b0057140_23175133.jpg

最近はWifiも使えるし、充電用にコンセントも使える席(窓際のみ)がある。助かる。
b0057140_23271283.jpg

「図書室」と呼ばれていたけどコミックの棚のコーナーがあり、これも一人旅のときは重宝すると思います。
フェリー会社もいろいろ努力してるんだ・・
b0057140_2330411.jpg

1時間ちょいで高松へ。
b0057140_23362355.jpg



b0057140_23384750.jpg

とりあえず赤灯台まで。
半年前に歩いていったときは暑かったしかなり遠かったけど、今回は快適な距離。
b0057140_23422545.jpg



b0057140_23455139.jpg

Uターンして、結局5キロ走ってまずは最初のうどん屋「さか枝」へ。
ここは日曜に営業していないので、こういう機会にしか行けない。
学生時代、おおいにフトコロ具合もハラ具合も助けてもらった店。
b0057140_23544536.jpg

このあとも走ることにしていたので、いつもなら「大」だけど、今日はかけの中。
てんぷらもなし。
b0057140_2355571.jpg

かつての味ははっきり覚えていないけど、今の味とはちょっと違うような、同じような・・
麺はいいけど、ダシが物足りないカンジ。
でも、まだ11時くらいというのに、けっこう客は来る。

値段、ボクらの頃はかけ大が170円だった。
b0057140_2356444.jpg

食べ終わって、ほとんど休むことなく、走り始める。
今度は、大学と、下宿していた頃の思い出の町を走る。


経済学部正門
b0057140_072916.jpg

大学内
b0057140_032469.jpg



b0057140_0173734.jpg



b0057140_0245456.jpg


教育学部正門
b0057140_0275837.jpg


扇町にまわる。
歩道で感心するのは、歩行者と自転車のすみわけ。
さらに、行きかう自転車の方向別に分けてある。偉い。
b0057140_2137935.jpg

高松市内を走って思うのは、広い交差点では地下道もあり、こういうすみわけもあるので、自転車とぶつかりそうになることが岡山に比べて少ないこと。
さすがは自転車については先進県だ。

高徳線踏み切り
b0057140_21413530.jpg



b0057140_21424724.jpg

昔の定食屋が、まだやってたりする。
入ってみたかったけど・・・時間が・・
b0057140_21434462.jpg

自分の下宿のあった宮脇町へ。
マルナカがリニューアルしてる~
b0057140_0325729.jpg

かつてボクがいた下宿「日新荘」は、ついに建て替えられて一戸建ての住宅になっていました。

道向かいのタコヤキ屋
b0057140_21451541.jpg

岩清尾(いわせお)八幡宮
b0057140_2148288.jpg

さて、いよいよ、栗林トンネルを越える。
b0057140_21544164.jpg



b0057140_21584510.jpg

本当は、池上製麺所まで行くつもりだったが。脚が「おっせー!」ので、帰りのフェリーの時間を考えて、高松自動車道まで南下してから再び中央通りを北に戻ることにしました。

西ハゼ町あたり。シデコブシ、という木らしい。キレイ
b0057140_2273115.jpg

栗林公園の脇の水路はとても水がキレイだ。桜はやはり、まだだ。
b0057140_22436100.jpg

かつて、サークルの新歓準備の合間に栗林公園で花見したことを思い出す。

中央通りの歩道の花
b0057140_22104978.jpg

お土産は「植松」のてんぷら
b0057140_22125782.jpg



b0057140_22142480.jpg



b0057140_22163271.jpg

魚売りのリヤカーのおばさん。これは昔と変わらない、高松らしい風景。
b0057140_2223066.jpg

琴電の踏み切りを通る。かなり「あかずの踏み切り」ぽく頻繁に遮断機が下りる。
b0057140_2226110.jpg

うどん屋2件目はメディアでも有名な「たも屋」
b0057140_22284996.jpg



b0057140_22293315.jpg

14時頃だったので、てんぷらは壊滅状態。
でも、麺の味はそこらのさぬきうどんとは格が違うように思いました。
てーか、これ、さぬきうどんのカテゴリに含むの?
ただし、器はプラスティックで給食のうどんのよう。
もしも、再び行って行列になってたら、並んでまで食べるほどではないように思いました。

ランニング仲間では、1日に5軒ほどのさぬきうどん屋をハシゴする「うどんRUN」してる人もいるが、ボクは、RUNはRUN、うどんはうどんで別々にするほうが満足できそうな気がする。


あとは15時ちょうどのフェリーに間に合うように走って。
乗る前にコンビニに寄りたかったので、港の近くをもう一度走ったけど、ないんだよな・・
岡山に比べて少ないような。

すこしずつ区切りながらだが、トータルで28キロくらい。
高松だけで22キロ。
まあ、満足だ。
by pmrider | 2015-03-27 00:33 | ランニング | Comments(0)