春の福山1234階段登り・2015、みたいな

恒例の「イカレポンチ杯」は雨の予報のため、中止。
練習会に変わったけど、カツオさんは「黒潮食堂」で豚汁を提供しているそうなので、様子見に、13時頃に清音ふれあい公園に着きました。
b0057140_212002.jpg

途中で、イチゴのパックを買って差し入れしようと思ったけど、リュックは持ってこなかった。
しかたなく、ビニールの袋を手に持ったまま、福山方面に走りました。
ま、リュックだと、ぐちゃぐちゃになりそうだし。

福山山頂までの道は、「山頂」を示す立て札を見てかなり狭い山道を選んでしまいましたが、無事に着きました。
大会は「中止」なのに、黙々といつもどおりに階段を上り下りする人がいて・・さすがだ・・・
b0057140_2115727.jpg

そこから和霊神社まで降りると、カツオさんと中谷さんが。14時過ぎ。
カツオさんにイチゴを渡しました。
b0057140_21135717.jpg

期待していた、豚汁。普通の大会で振舞われるものよりも、はるかに具沢山で、美味しい。
b0057140_21181313.jpg

来てよかった(笑)
途中ですれ違ったS口さんは、「正木山の打ち合わせが終わったので」と短く言葉を残し、この場所ではまったく不似合いなビジネスバッグを持って、山を走っていかれました。(笑


カツオさんに「店番するので、よかったら走ってこられたら」と提案すると、しばらくしてRUN準備を済ませて、走っていかれました。
ここでずっと待っているのは、走れる人にとってはきっと物足りないだろう。
とはいえ、こちらもあまり長くいる準備していなくて、汗が冷えてくる。
横におられた中谷さんに「また階段下りますか?」ときくと「いや、もうこれで終わりにします」とのお答えだったので、悪いけど、店番を頼んで、再び福山山頂に行きました。
b0057140_2122238.jpg

福山山頂には普通の登山客もいて、休憩のテーブルで3名ほど座って寛いでいました。
「あの、還暦の女の人、すごいね。誰」みたいな会話していたので、「世界のカイハタ」さんの説明をしておきました(笑)

登ってこられた、ザキ実行委員長と、ミールさん。
b0057140_2121732.jpg

あとはF原さんとO原さんの「イカレポンチ・ビューティ」さんが「もう1登行く?」とか会話してるのを横目に見て、挨拶して帰路につきました。

明見展望台
b0057140_21234235.jpg

ところが、降りていくと、お二人にまた会いました。階段登りではなく、散策していたみたい。
分かれ道のある地図の看板のそば。
「ボクはここから帰ります」
「え、さっき話してたんだけど、ふれあい公園なら、そっちじゃなくてこっちじゃない?」
「いや、こっちだと思うけど・・」
「じゃ、また結果教えてね」
結局、お二人の判断が正しかった・・・
走った距離はやっと5キロ。


ふれあい公園で、クルマで着替えして、ちょっと仕事の資料の本を読んでから帰りました。
午後からみたいな天気が朝からだったなら、さぞかし大会は盛り上がっただろうな・・
by pmrider | 2015-03-29 21:24 | ランニング | Comments(0)