FlashBack My Running

ランニングを始めた頃の日記のありかを思い出して、フラッシュバック。


ジョガー
2009年11月29日10:05


朝、家の周りを走ってきました。
もちろん、いきなりで足を痛めてはいけないので、ほんの1.5キロくらい。
ただし、岡南大橋を往復したので、坂道の登りは走り、下りは歩いていましたが・・ここの坂、チャリだとちょっとキツいが、走るとそうでもない。
適度の汗にしておかないと、体を冷やしてしまうので、この程度。
走るはおろかジョギングもここ10年以上、ほとんどしたことがないが案外まだ走れるな、という印象。
すぐに息が切れると思ったのに。

そのために、昨日はg.u.で1500円あまりでトラックパンツとパーカを買いました。
安いけど、色がいまいち。だけど、「もしかしていきなり断念する」ことも考えられるので、これくらい。
でも、もともと、ボクはモノを大事にする性格だから、(イコール、捨てられないで部屋がキタナイ)こうやって自分を追い込むと、やるべきことをやる「トリガー」になりえるのでしょう。

「走ろう」と思ったのは、特に理由はなし。
ダイエットでもないし、会社の健康指導を受けたからでもない。長生きしたい、ということでもない。
でも、「人間、運動くらいしなきゃ」というカンタンな動機。

子供の頃を思い出すと、家では「ひやかし」の風潮があり、なにか新しいことをしようとすると、よほど良いことでなければ「なにやっとん」「やめたほうがえーよ」と親とかに言われて(言われるか?と思って)諦めた記憶があります。
もちろん、それで親を恨むワケではありませんが、今は、そういうしがらみが、あまり、無い。
だから、それは自然な流れとして受け止めようと思っています。

そういえば、最近ネットで読んだ記事に「Benefit Finding」という概念があることを知りました。ハンディのある状況でも「ま、いっか」と受容する考え方で、詳しくは書きませんが、とてもおもしろい。
そんなかんじなのかな、とも思います。

健康増進のためになにかやっていれば、その人が買うタバコは増税対象にはならない、というタスポの素晴らしい効用もあるかな・・と期待するのは無理そうですが・・(^^;

b0057140_03570.jpg

iPodの価値

2009年12月06日09:30

今日も、朝8時前から30分ほど走ってきました。
今度は、平地を港のほうへ3キロほど。
歩いた部分もあるけど、実質20分ほどは走っていたはず。
寒くないどころか、汗も十分だ。

だから、先週は「ジョギングシューズを買いたいのだが」とヨメさんに話をして、安売りシューズ店でメイドインチャイナのを買ってきました。(いちおうブランドはスポルディングだが)
まあまあの履き心地だが、やはり、安売り感は否めないな・・というのはナイショだ・・

今日の朝は、ちょっと「面倒感」があり、走ろうかと迷っていましたが、なぜかスイッチがはいって、走り出すことにしました。
いつまで続くか・・・

走っていて感じたのは、iPodを携行するのが結構重要であること。
BGMもなく黙って走ると、苦しいときに「なんでこんなアホやっとんじゃ」とか思いそうですが、よく言えばドライブ感覚で音楽を聴くことで続けられる。
ノーマルのイアホンでは振動でよく外れるので、それ用の新しいのも買おうかな・・
マラソン感覚ではなく、ジョギング感覚を持ち続けることが大事なのかなとも思います。

こういうのを、概念として表現すると「Benefit Finding」なのかな。

「Benefit findingとは、苦しみを経験することで、それまでは何でもないと思っていた出来事に意味と価値を見出す過程をいう。近年、医学の世界で注目されている概念であり、慢性疾患や不治の病に侵され、「病とともに生きる」ことを強いられた人々の中に、絶望感が生じながらも生きる力を失うのではなく逆に強め、他者から見れば不幸と思われる状況にさえも、価値を見出す人がいることで生まれた概念である。」

「まず、自分が遭遇している困難な状況を『理解する』必要がある。人間はいかなる場合でも、自分の置かれている状況が把握(=理解)できないことには、それを上手く乗り越えることができない。把握できないままだと、「なんで神様は自分にだけこんな仕打ちをするんだ」などと思い、その困難と向き合うことを避けるようになる。」

「『理解』の次は、自分の遭遇している困難を『否定しない』プロセスを迎える。」

「「否定しない」とは、「こんな状況にあるけど、まっいいか」と思える感覚であり、肯定したり、ポジティブに受け止める感覚とは若干異なる。その困難な状況を都合のいいように解釈するのではなく、『ありのまま』を受け入れるのだ。その状況がいいとか悪いとか、何らかの評価をするのではなく、「そのままの状態を見る」「現実をあるがままに見る」ことである。」




I.M(インスパイアド・ミュージック)もしくはW.U.M
2009年12月20日23:39

今朝も走っていました。15分ほどずっと走った後、「ちょっと休もうかな・・」と思ったとき、ちょうどイアホンから流れてきたのは、こないだカセットから復刻した佐野クンの「君を探している(朝が来るまで)」。

これでは、止まっているワケにはいかない。

もうちょっと、頑張ってみるか!
そんな、「インスパイアド・ミュージック」もしくは
「ウェイクアップ・ミュージック」。




ーーーーーーーーーーーーーーー
記録している範囲内での記録。
2010年   86.7Km(10月~12月)
2011年  923.0Km
2012年 1482.9Km
2013年 1462.8Km
2014年 1324.3Km
2015年 1930.8Km(本日現在)
トータル 7210.5Km

まだまだだな!!
by pmrider | 2015-12-22 00:09 | ランニング | Comments(0)