「モッタイナイ」河川敷コース・16キロ

朝早くは走れなかったので用事を済ませて10時過ぎに百間川河川敷へ。
ふと見ると、練習で集まっていたと思われるランナーの輪の中に見慣れたN谷さんの顔が見える。

クルマを止めて、挨拶に立ち寄ると、他にも豪華ゲスト、UTMF・H米さんも、ミールさんも。
もしもこれからの練習に「一緒にどうです?」と誘われても、とてもではないが追いつけない、エリート軍団・・・
とりあえず、しどろもどろで挨拶。
実は、その方達の練習は終わりだったのだけど。

着替えてから、南に向けてスタート。
舗装路の最後まで行って折り返し、あとはここまで戻ってから、さらに先まで走るかどうか考える予定。

案外この季節にしては風は弱く、もう少しは走れそうだ。



小さい頃、普段は、食事にしても、親が戦争世代だから「もったいない」と言われ続けてきた。
出された食事は、作ってくれた人への感謝を怠ることなく、必ず完食したいと思う。
ラーメンは、いまなら体に悪い、と言われそうでも、スープまで飲み干すと「それでいいんだ」と親からは褒めてもらえた世代。
昔、家族でちゃんめんを食べに行ったとき、祖母は食べ残すのがイヤなので、兄に「食べてほしい」と離れて座ったカウンター席を、麺の入った鉢を持ってうろうろするので、兄はイヤがって怒った、という話もきいたことがある。

そんな感覚は他の人にはわからないかもしれないけど、走るとき「もったいない」と感じるのは、せっかく走る時間が確保できたのに、10キロ以下で終わろうとすると「もったいないから、せめて15キロくらい走ろうよ」と囁く、別の自分がいること。
これは確実に、走らない普通の人にはわからないかも。

河川敷コースからさらにもう少し南下し、往復して16キロ。
b0057140_2333118.jpg

土手はかなり寒いが、川のそばは、まだマシ。
ネガティブスプリットも試して、まあまあ満足。

帰りに、「農マル園芸」に立ち寄り。
b0057140_23332349.jpg

白菜1玉、見切り品50円。これはキムチにする。
ヤーコンを初めて買う。皮をむいて千切りにして、水にさらす。フラクトオリゴ糖を含むため、甘いとか。
サラダにて夕食に出すよう、ヨメさんに頼む。
瀬戸田産みかん、300円で大きめ6個入り。
by pmrider | 2016-01-09 23:33 | ランニング | Comments(0)