鷲羽山スカイライン練習会・24キロ

b0057140_20223315.jpg

こじまら100の選手さん用のメニューだが、どうせ吉備路に向けて練習もしないといけないし、鷲羽山スカイラインを走るのは、ちょっと興味があったので(←ヘンタイやがな)朝8時、鷲羽山ハイランド前に集合しました。

早朝、集合場所まで車で行くまでのルートは、走る予定の鷲羽山スカイラインを、スタート地点に向けて逆送。
ここを車かバイクで走るのは、もう10年以上前どころではない。
しかし、金甲山に比べて、まだ路面は危なくない。

繰り返すアップダウンがあり、ここを走るのか・・・と、ちょっと気分が萎える。
トイレや休憩所もない(実は途中で1箇所だけあったのがあとでわかった)ので、集合地点のそばのホテルに立ち寄り、トイレだけは済ませておく。
ここも、出発する観光客がいたが、中国語に聞こえる・・・

予定の駐車場に行くと、N谷さん夫婦や、Pピエのおなじみの女性ランナーがおられる。
男性はボクを含めて4名。女性はそれを上回る7名はいたかな・・

N谷さんからは、今日のルートは風の道に変更するかも、と。
今回のルートはエイドとなる施設がないので、ボクもそのほうがいいかな、とか話していました。

主催のF原さんは体調が悪いらしく、遅刻してきて、今回は車でサポートに回る、と。
とにかく、8時半前に出発。
コースは、予定通り。をを。

先頭の男性ランナー一人についていき、最初の2キロは5分台のはじめのほうだよ・・・をいをい・・・もつのか・・

そのまま行けるワケもなく、ほどなくN谷さん、そして坂道大好きK徳さんや女性ランナーに抜かれていく・とほほ
b0057140_20245257.jpg

瀬戸内は快晴だ。
b0057140_20251497.jpg

大きなタンカーが帆掛け舟のように小さく見える。
b0057140_20253321.jpg

どうやら、女性ランナーはそれぞれ今日の目標の距離が違うらしく、往復15キロ・20キロ・25キロで戻れるよう、折り返し地点が違う。

フルコースなら、35キロと言われていたけど、ボクも、目標は30キロにして、15キロになれば折り返すつもりでした。

たしか、10キロくらい付近からの眺め
b0057140_2026294.jpg


たぶん、今回のルートで一番標高の高い、水島展望台でオニギリ補給。
座って食べたけど、Tシャツのせいで、さみー。

ここまでも、平坦な道はほとんどなく、下りもないではないが、ほとんど登り基調。
こんな道で20キロ超は走ったことがない。
確かに、練習になります>F原さん

ここからは下りとなり、往復25キロを目指して、12.5キロで折り返した女性3名とすれ違う。

下りは楽だけど、いつか折り返さなければ。
どんどん下る。ひょえー

だんだん気になってきたので、14キロ付近で、さらにはるか下の道を見通せたので、ここで折り返すことに。
案の定、上り坂なので、かなりのスロー。

脚を使いすぎたか、ついに登りは歩いてしまう。

時折F原さんが待っていてくれて、他の人の状況も教えていただく。
あと3人が後からくるよ、とか。

ゆっくりだが先に進むが、この道はランナーよりも、ライダーやレーサー向けの仕様。
多くはないが、かなり飛ばすライダーや車がすぐ脇を何度も抜けると、集中力が途切れる。
ラスト4キロのところでF原さんが待っていてくれたので、ここでリタイアすることにしました。

予定ならば28キロだが、約24キロで終わり。
累積標高は1000m。
2H45Mの坂道三昧。
もー、腹いっぱいぞなもし。
これでやっと月間228キロは自己新だったりする・・

集合場所に戻ると4人ほど、待ってくれていたようでした。
G生さんとちょっと話し込み、FB登録依頼。

12時前。


帰りに、思い立って、本当に久しぶり(20年以上前くらい以来?)に当新田の、当時、超人気老舗ラーメン屋A月へ。
(ピンボケ)
b0057140_20262795.jpg


以前のような待ち行列や混雑はないのはいいけど、味は・・
最初は当時の味に似ていると感じたけど、最後はどうかな・・730円のもやし入りラーメン。
また来て、待つくらいなら、そのままスルーするだろうか。

そういえば、ここのご主人が調理の休みの間に厨房でタバコを吸っていたのを見かけてから来なくなったはず。
今は、それはないようだ・・

さすがに、この距離にしては今日は脚にきているようだ・・
by pmrider | 2016-01-31 20:27 | ランニング | Comments(0)