吉備路マラソン最終調整・22キロ

昨日までは、今日のコースは30キロコースとして児島半島グルリンパ(時計周り)を予定していたけど、おなかの調子がいまいちなので、コース変更。
この児島半島コースはほとんど止まらないで、アップダウンも適度にあるから練習には良いのだが、コンビニ等、エイドぽい箇所が16キロ先まで皆無。
なので、今回はパスして、市内に向かって、おかやまマラソンの一部の逆送コースへ。

笹が瀬川橋。
b0057140_19102069.jpg

ここからR30を北上。
b0057140_19151113.jpg

そのままおかやまマラソンコースを行くと信号も多いし歩道は歩行者やチャリもいるので、臨港鉄道跡の公園を北上。

たまたますれ違ったのが、女性ランナー2人、一人がSさん。もう一人は顔は知ってるけど、名前がでてこない・・
止まってちょっと会話してから、お互い逆方向へ走り去る。
Sさんらも吉備路マラソンの練習で10キロ走るそうだ。

駅の跡
b0057140_19155772.jpg


押しボタン式信号で止まって、ボタンを押す。
交通量は少ない、というかほとんどない。
向こうから赤信号を無視して渡ってきたシニアの女性は、ボタンを押すボクに「ここは、なかなか青にならんよ」と一言。

思うんだけど、このところ、交通ルールを守らないのは、暴走族か、年金暮らしとおぼしきシニアな人が多い。
人生の手本になるべき人が・・・と思うけど、あの人たちは孫が出かけるときには、どんな注意をするのだろう。いや、そもそもしないのか?
(信号を守るんよ、とか、ちゃんと交差点で止まるんよ、とか。)

同じ方向へ歩いていくシニアな方は平気で信号無視だ。
b0057140_19163097.jpg

これでいいのか?ニッポン。
これでいいのか?警察。
待ち時間が長い交差点なら、信号のシステムをメンテして短くすれば?

市役所筋からイオンのそばを通り、岡山駅で東進。

日向では気にならないが、ビルの影部分の歩道は、かなり寒い。

後楽園に向かい、月見橋の脇にいた外国人観光客には走りながら「ぐ・もーにん!」と元気にアイサツ。(^^;

あとは旭川東岸を南下するだけ。気温は7℃くらい?
止まるとかなり冷えただろうが、これはボクには適温。
汗も、いつもどおり、キャップが途中で濡れてしまったので交換する程度。
以前は6’30/キロくらいでタラタラ走ることが多い、この距離だが、最後に確認すると、22キロを6’05/キロで走れている。
しかも、ほとんど同じペースで、19キロあたりでも5分台/キロがでている。
最後はちょっと「辛いな」感があったので、本番では、もうちょいおとして前半を走るほうがいいか、とか、わかりました。

右足小指の小さなタコが痛むこともあるけど、もう、我慢するしかないな。


昼は、テスト勉強中の娘の好きなパスタを作ってやり、吉備路マラソンの指定の駐車場の下見に行きました。
「山手スポーツ広場」はわかったが、キャパは少なそうだ。
行ってみてダメだったときのことを考えたほうがいい。

近くに、木材のコンビニ、みたいなカンバンの店があり、ちょっと立ち寄り。
バイクのサイドスタンドの下に受ける板が傷んでいたので、交換用の板を50円(!)で購入。
(定型外封筒くらいの大きさの板)
ついでに、なんかおもしろそうな木を2個。
b0057140_19172337.jpg

#100くらいの紙ヤスリで磨いてみる。
高さが同じなので「何かのテーブルの脚につかえるよ」と店の人に言われました。
とはいえ、全然使い道が思いつかないので、2個だけ購入。合わせて100円。(^^;
b0057140_19174815.jpg



なにかしら意味のない買い物する、こんな自分のB型の性格が好きだ。(^^;
by pmrider | 2016-02-21 19:19 | ランニング | Comments(0)