高梁ふれあいマラニック準備・22キロ

高梁マラニックの準備のボランティアとして、参加してきました。

9時に成羽美術館に集合。
予定の作業は、日曜日のふれあいマラニック22キロの距離表示プレートの設置。
昨年はバイクで回ったけど、どうせ練習するなら、とランで回るように準備して、もしも背中のリュックに背負う荷物が重すぎたらバイクで行けるように柔軟に準備して。
7時20分くらいに家を出て、バイクに給油し(106円/L)途中でガマンできなくなりセブンイレブンでトイレに行って、約束の5分前に到着。
まだ、M松さんらは来られていない。

成羽美術館。満開だ。
b0057140_21244588.jpg

ほどなく、T中さん夫妻を乗せた車が着き、一旦吹屋までいくそうだ。
あとをついて走るが、道が狭いのと、路面が昨日の雨で滑りやすいので怖くて、M松さんの車の速度にはついていけない。

ラフォーレで着替えて、M松さんからプレート一式をリュックとともに受け取る。
これなら走っていけそうだ。
「去年よりスタート地点が違うんだよ」といわれる。

今は小学校の建て替え中なので運動場も工事で使えなくなっている。

「とと道」の入り口となる、坂道の一番下がスタートライン、といわれたが、スタートするとき、ランナーが並ぶスペースもなさそうで、何度も確認する。
地図に書き入れたルートでようやく理解したけど、山西センセイの話とか、準備運動をするスペースとか、よくわからない。
途中で思い出したが、ゴールがどこかもわからない。

とりあえず、10時前に出発し、M松さんらはウルトラマラニックのほうに行かれるらしい。
「13時過ぎくらいだね、帰ってくるの。こっちも、それくらいにはなる」
他の貴重品はラフォーレに預けて、最初は初めてのスタートコースを歩いてなぞる。

スタートの上り坂。
b0057140_21255017.jpg

人待ちワンコは、今日は脱力気味だ。
b0057140_21263939.jpg

ここを曲がる。
b0057140_21271277.jpg

べんがらの、こんな風景が途中で見える。
b0057140_21274191.jpg

サクラは、この標高ではまだまだだ。岡山市内や高梁はかなり満開に近いというのに。
b0057140_21284945.jpg

広兼邸の休憩所も、まだこんなかんじ。
b0057140_21291656.jpg

走るカッコ。わかりにくいけど、背中に数本の矢をかついで走るかんじ。
b0057140_21294621.jpg

背中のプレートの安定が悪く、思うように走れない。
1キロごとに、忘れないように止まらないといけないので、ペースは悪い。
気温も、曇りなので吹屋まではバイクで寒いくらいだったが、走ると暑い。

大きくなったフキノトウ?
b0057140_21301515.jpg

レッドカーペット(笑)
b0057140_21305247.jpg

たかうねに登る途中の坂で、パンの移動販売車が。
お客さんから怪訝そうに見られるのだが「今度のマラソンの準備してるんです。距離表示をして」とリュックの中身の説明をすると、とたんに笑顔のおばあちゃん。
「そうなのね!いつも、サクラ餅とか作るのよ」
「そうですか、今年もよろしくお願いします!」
b0057140_2131298.jpg

途中、6キロ地点あたりでも、たんぼにかかる位置に距離表示をさせてもらおうと、農作業中のオジサンに事情を話すと、快く「えーよー!((c)スリムクラブ)」みたいに答えてくれたり。

概して、マラソンのことは皆さん知っていて、理解してくれている。
しかし、たかうねから降りてきて、いつも数犬の犬に吼えられる家のご主人から呼び止められて、「大会はえーけど、終わったらテープとか、とってーてくれ」とクレーム。
「そうなんですね!申し訳ありません!」と素直に答えて立ち去りました。
悪い言葉をもらったのは、唯一ここだけ。

ツバキ
b0057140_21323556.jpg

14キロ過ぎのとこで初めて見つけた長い階段。何段あるのだろう、と興味ひかれる。
b0057140_21331450.jpg

最後のダラダラした道にくる・
b0057140_21335126.jpg

18キロ。ここは、かなりの規模で道が整備されつつある。
b0057140_21342378.jpg

距離表示は、正味の距離と表示すべき距離に違いはあるのだが、あとは「あとXキロ」を準備するボランティアの人に任せよう。
ラフォーレまで走って、実質22.4キロ。13時半。
設置しながら、地域の人と話しながらなので、約3時間の工程。

M松さんがラフォーレの人に指示していただいたとおり、風呂をいただく。
一人で湯船に。
気持ちええー

しかし、練習用に、といままで履いてきたターサーは、途中で左の足裏に強烈な痛みが。
穴は開いていないが、ついに尖った小石を防ぐほどの耐久性がなくなったようだ。
仕方がない。せっかく高速で走れるシューズだったのに、オサラバだ。
b0057140_2135030.jpg

ラフォーレのフロントの人にきくと、M松さんら一行は「すごくキレイだから花見にいく!」と言い残して昼食の弁当を持って車で帰られたとか。
準備してくれた弁当をもらって食べる。ごちそうさまでした。ありがとうございました。
b0057140_21352426.jpg

帰りに、ウルトラマラニックのコースの一部を通る道を戻る。

沈下橋で、2台のかっけーバイクが橋の上にとめてあるのを見かけて、バックにも桜が満開なので行ってみる。

男性2人がバイクと一緒にセルフタイマーで写真撮っているようだが、うまくいかないようだ。
ニンジャとCBRだったか?
そばにバイクを止めて「撮ってあげようか?」と声かけ。
渡りに船、とばかり依頼される。ついでに、バイクを移動させて、桜をバックに撮ってみたら、と言ってあげる。

では、と、こちらも撮ってもらいました。
b0057140_21361535.jpg

「ボク、今年就活なんです。こちらは友人。久々に会って、新見まで走ってきたとこなんです」
聞くともなく、一方の男性が話しを始める。
春ははじまりの季節でもあり、決意の季節。
「就活か・・数年前よりは、マシじゃないの?求人。職種を選ばなければ、必ずどこかに就職できるさ。がんばれ」
みたいな言葉をかけてあげて、別れてマラニックのルートを走ってみました。

この道は初めて走るけど、かなり悪路だな・・
このままで大丈夫なんだろうか・・・と不安になる。

赤橋
b0057140_213804.jpg

途中の桜。見事だ。
やはり、花見でBBQの煙と喧騒を浴びる桜より、ここの静かな桜はかなり幸せ度が高いのでは?
b0057140_21382956.jpg



b0057140_21385528.jpg


もしも、今日マラニックが開催されていれば、一生の思い出をここで味わう人もいたのではないかな・・。


帰ってからの体重の減少分をみると、実は汗はかなりかいたようだ・・・

余談。
ネットニュースで、
「コンビニのコーヒーで、レギュラーを頼んでラージを入れると、カップにぎりぎり入る」
というグレーな試みがあったのだが、今日は「たまたま間違えて」(←ホンマか?)RではなくLのボタンを押してしまいました。
確かに、ぎりぎり入る。
でも、コーヒーフレッシュを入れるとあふれそうになるので、ふわふわのカップを持って、アタフタと外に出て、熱いコーヒーを指にこぼして、さらにパニック・・・・・

結論。
違法かどうかなんて言う前に、とにかく、やるもんじゃないっす。(^^;
by pmrider | 2016-04-02 21:43 | ランニング | Comments(0)