小猿のように坂を登る・15キロ

昼休みの桑田町公園。
八重桜が見事。
b0057140_21492597.jpg


帰り道。
まるで秋の空のようだ。
b0057140_21495445.jpg



b0057140_21503457.jpg


18時過ぎには帰れたので、ナイトラン、というか、まだ外は少し明るい。
実家にモノを届ける用事があったので、目的地は国富。
片道8キロほど。

昨年、おかやまマラソン用に新調したシューズは、片方のソールがかなり磨り減ってしまっているのに、フィット感は今やサイコーだ。
行きは、近道だが急坂のある、東山墓地を経由するルートにしました。


昼間に、ネットで見た、新しいかどうか知らないけど、高橋尚子の「フルマラソンを走る秘訣」みたいな記事。
そこには、「調子がいいからといって、最初にとばすのはダメ」とか「坂道でも、目線を下げて、ここは坂道ではない、と自分に暗示をかけるといい」とか、激しく共感。
坂道を登りきって、さらにペースをおとさないでいけば5人は抜ける、とか、ここはペースを下げない、とか、では、どこで息をつくのか、といえばほとんどがペースアップせざるをえない、というのが「小出流」らしい。(苦笑)
その中で、坂道を楽に走る秘訣に「小猿になったように走る」というのがありました。
え?なにそれ?
よーわからん・・
でも、今日の坂で、自分なりに解釈してみました。
サルが四足で坂を登るイメージで、両方の手のひらの指を開いて、土をかきわけて登るイメージ。
実際は空気をかきわけるだけなので走りに効果があるとは思えないけど、止まることなく、途中で歩きたくなることなく、登りきりました。
正解かどうかわからないけど、使ってみる価値はありそう・・・

ついでに試してみた、新品のLEDヘッドライト。
ライト強で6時間もつそうだが、ライト弱でも十分使えそうだ。これだと14時間。
b0057140_21512328.jpg

24Hウォークはこれでいけそうだ。
あとは、リュックの肩の部分を補強するか、それ用のリュックを新調するか、だ・・
あ、iPhoneのバッテリーの予備も・・・

今日のナイトランは15キロ。
トータルで5’28/キロ。
余は満足じゃ(^^)
by pmrider | 2016-04-20 21:51 | ランニング | Comments(0)