暑さに耐える方法・10キロ

b0057140_21392573.jpg


この4月からの作業現場では、週のはじめの朝礼に「最高責任者」がおもむろに奥の部屋から姿を現すと、全員一斉に礼をしている。
メーカーなのでラジオ体操をするのはわかるが、いままでの開発会社では朝礼前なのに、ここでは、眠気ざましも兼ねて(?)「15時」にいきなり始まる。
15時といえば、ちょうど仕事も乗ってくるとこなのに、集中が途切れるのがかなりイヤなのだが、仕方がない。

前職では、「今日テストデータ送るから、明日までにテスト結果を送ってください」みたいなタイトな仕事も多い、いや、そんなのばかりだったが、こちらではそこまでは要求されていない。
しかし、簡単なロジックなのに、エビデンスを作るのにかなり面倒な手間がかかり、さらにテスト完了後にソースプログラムの改造を指示されるなど、ムダが多いように思うのだが・・・
それでも、残業の量は格段に減ったのに、手取りの収入は、比例して減っていることもない。不思議。


なんとか早めに帰れたので、ナイトラン、ちゅーか、黄昏ラン。

バスから降りて歩いていると風もあり涼しいように思うのだが、走ってみると、湿度は高く、やや走りにくい。
14キロコースを予定したが、10キロコースに変更し、買い物をして帰る。
これで、やっと月100キロを越えた。
24H100キロウォークのために走れなかった5/3~5のビハインドをやっと取り戻せたか。

暑いときの対策として、最近思ったのは、水を補給するために少し立ち止まるとき、風通しのいい場所にすること。
汗の浸みたシャツが冷えて、自然なクーラーになるようだ。
で、リセットされた気分で走る。
大会ではあまり使えないけど、練習から、これもアリかな。

CMにつられて買ったビターズ。美味しい。
b0057140_21395644.jpg


by pmrider | 2016-05-25 21:40 | ランニング | Comments(0)