娘の自動車運転チェック・14キロ

仕事では、標準的なルールが確立されていないせいで、プログラム単体テスト検収の際、極端に疲れる。
昨日言われた指示が、後日には間違いだと知らされる状態。
各社員が自由に判断できるのはいいことなのかどうか。
作業自体はレベルは低いが、検証用資料の作成に一苦労する。
正確さよりもスピードを重視していた世界に、ややジェラシー。
なんともはや。

ということで、最近は早起き不能。
気温を考えると、少しでも早くランニングを始めるほうが楽なのに・・・

ようやく9時過ぎに走り始めて、こないだから気になっていた、「ガパオライス」を食べられる店を確認するために、福吉町経由で。

b0057140_22002747.jpg

開店前なので、場所の確認のみ。
あとで電話してみると、
「今日はガパオライスのランチはありません。、と。ブログに書いてありますけど(←見てないって)明日はあります」
「うーん、じゃ。これからも日曜はあるんですか?」
「・・とりあえず、明日はあります」
あまり詳しいことは決まっていないようだが、だからといって不快でもない。
フェレット・カフェ、と書いてあるから、そういう趣味の人が集まるとすると、ボク一人で行くとすると、かなりの勇気を要する。
あとで、大学生の娘に相談すると、明日の午後遅くなら一緒にいけそうだよ、と。ほっ

暑さはあったが、天候は曇りなので少しは楽。
14キロまでで帰り着きました。
水は1Lほど飲み干しました。

昼食は、家にあった材料で作った、ガーリックライスらしきものと、安売りだったレトルトのボルシチ。




b0057140_22015259.jpg

13時からファジアーノの試合のTV中継があったのに気づき、見ていました。
2-1でロアッソに勝利。

以前からの約束で、iPhone4の調子が悪い下の娘(C子)の買い替えのためにSBショップに行くことにしていました。
ただし、今日は、運転免許を5月にとったけれど、母親の軽を使うにあたり保険申し込みが6月にズレこんでいたために運転できなかった彼女が、運転してみたいというので、念のためにこちらが同乗しておく予定もありました。

兄弟のうち、上の兄や上の姉とはちがい、運転してどこかに行くことに興味を示していたC子に「行きたい場所に走っていけばいい」、と最初に指示して、ポイントごとに注意を与えていました。
注意深いことはわかるが、速度が遅くてちょっと心配だったが、最終的には経験値はあがったようだ。
駅前から、表町の交通量の多い道を通るように指示して、無事に近所のSBショップに着きました。
しかし、バック駐車にはかなり苦労していたようだ。
以前、ナイトスクープでもバック駐車ができない女性へ指導するシーンがあったが、免許を与える前に、ああいう教習をすべきだな、と感じました。

iPhoneの買い替えについては、やはり負担は大きくなる。当たり前。いまなら、6Sの64Gへ。
きっかけは、携帯も持ったことのないヨメさんの「C子にも買い替えしてあげたらいいよ」の一言だが、果たして、ヨメさんがどのくらいの経費がかかるか、理解しているかどうかだ。パケット代、といっても知らないレベルだろうし。
(ちなみに、3人の子供の携帯料金はいままですべてボクがやりくりしている。学生に携帯なんて不要、というヨメさんと、それでも世間常識として持たせてやりたいボクとの大きな価値感の相違だ)
できればあと2年、娘には卒業まで4Sで我慢して欲しいのだが、音声通話ができない、バッテリーのもちが悪い、ホームボタンの調子が悪い、と不満イッパイのカノジョに目くばせしても、買い替えしたい気分満載なので、なんとかするしかない。
プランをプリントアウトしてもらい、持ち帰り。
でも、なんとか卒業までなら、こちらが我慢して好きなようにさせてやるしかないな、と思う。

ちょっと疲れたので、もう17時だが、いつか行きたかった、ナフコの横のコメダ珈琲店へ。

b0057140_22035491.jpg



コーヒーの味は確かに美味しい。
440円。それほど安くはない。
二人でサンドイッチを1つ頼んだが、びっくりするほど美味しいこともない。



b0057140_22042811.jpg
ただ、最近は全然行かない「喫茶店」の雰囲気で、小さなナッツのお菓子が添えられていたのは良い。
こういう場所だと、娘とは普通に楽しく会話できるのに、家でヨメさんがいると余計な口出しをされて、結局不快な会話になってしまう。
やれやれ・・


by pmrider | 2016-06-04 22:05 | ランニング | Comments(0)