シェイバーは大事だ!・10キロ

昨晩、ヒゲを剃っていると(注:ヒゲは朝剃るのが当たり前かもしれないが、朝はなにかと忙しいので、長年、その前の晩にゆっくり剃っておくことにしている)いきなり、電気シェーバーが停止する。
ブラウン社製だが、もう10年以上使っている。
実際は、カミソリで剃っていた時代もあったから、そのすべての期間、シェーバーを使っていたワケではない。
しかし、数日前から、なんか音が大きくなっていたことは感じていたけど、ピタッと止まってしまうのは想定外。
独身時代から使っていて、息子に譲った、これもブラウン社製のさらに古いシェーバーを引っ張り出してみたが、こちらは充電もできないし、ACで電源が繋がっていても、少し動いて、すぐ止まる。

幸い、もうちょっと剃れば満足、というところだったので、そのまま会社に行くことは問題はない。
問題は、次の日。

顔そりだけは、社会人としてふるまう以上、無視できない作業。
女性でいえば、スッピンでも化粧してもあまり変わらない人以外が、スッピンで会社に行くようなもん?
こんなに大事なアイテムとは思っていなかった。

駅前のビックカメラで、とりあえず新品購入を考えたが、何度も買い替えするものではないから、あまり買い急ぎたくない。
結論としては、当面は安全カミソリでしのぐこと。
これならイオンモールでも売っている。
b0057140_22230945.jpg

当然のように、シェービングローションも一緒に買ったのだが、あとで見ると、電気シェーバー専用だった・・
陳列されたカミソリを手に持ってレジに行こうとしたが、万引きが多いらしく、店員にことわらないと商品の取り外しができない。
化粧品売り場の女性にわざわざ来てもらったから、機転のきく人間だったら「こちらは電気シェーバー用ですが、本当によろしいですか?」と言ってくれてもいいと思ったが、もしも逆の立場で、女性用の化粧品だったら、不整合な組み合わせにもボクはまったく気づくことはできないだろうと、納得。


昨日は夕方雨にびくびくしていたので今日は傘を持っていったが、全然そんな杞憂をいだくのが恥ずかしいほどの天気。

阿部池あたりまでの、単純な往復コース。
b0057140_22235402.jpg
南区役所
b0057140_22242457.jpg

水は500ccしか持っていかなくて、10キロ。
あと2キロ付近でマルナカでちょっと買い物して出たら、・・ちょっとイヤな気分。
くらっとするような、これが熱中症?みたいな違和感。
残っていた水一口を飲み干して走る。
止まって立っているよりは、動いているほうがよさそうだ。

でも、昼間は最高気温33.7℃だったから、この時間も30℃前後はあったはず。
以前よりは、暑さと友達になれた感触?


by pmrider | 2016-07-27 22:24 | ランニング | Comments(0)