県庁ミュージックサイレンのために・13キロ

b0057140_20314411.jpg
ボクが小学生の頃から鳴っていた、県庁のミュージックサイレン。
正確には、朝7時・昼12時・夕方5時・夜9時の1日4回鳴っていた。
で、一番なじみのあるのが17時のサイレン。
当時は放課後はほとんど外で遊んでいたから、サイレンが鳴ると、友人から「帰ろうぜ」と言われるし、「(もっと遊んでいたいけど)サイレンが鳴るまで、遊ぼうぜ!」とか話していました。
そんな親しみのあるサイレンも、機材の老朽化に伴い、メンテ不可能となる前に、今月末で区切りを迎える。

数年前に、サイレン廃止の動きがあったとき、実母も投書したりして、存続の希望が多かったため、しばらく延命措置が施されたが、今回はもうムリらしい。
反対意見としては、あの大音量で毎日鳴らされると、迷惑、と言う県庁近隣の住民の意見。
それはよくわかる。
ボクの家は旭川の向かいの、さらに2キロくらい先だったがクリアに聞こえていたから、すぐそばの家の人はさぞかしうるさかったろう。

ちなみに、毎日4回のほかに、もう1回、鳴る時刻がありました。
大晦日の12時、「蛍の光」が鳴る。
これはイキな計らいで、その時間まで起きていられる年齢になると、これを聞けば新年になる、という新たな感慨がありました。

廃止まであと5日となった今日、まずは12時のサイレンを動画に撮るために、後楽園の中洲南端へ。ももくんのそば。
三木記念ホール・衛生会館が取り壊し作業中だったとはまったく知りませんでした。
騒音がジャマだな、と思いながら、準備する。
b0057140_20363931.jpg
YouTubeにあったサイレンの動画では、1分ちょいの演奏時間。
演奏が終わるのが、ちょうどの告知時刻。12時。
だから、失敗しないために、2分くらい前から録画開始すればOK。
b0057140_20341528.jpg
NTTの時報を聞きながら、iPhoneのデジタル時計アプリの時間を確認。ぴったりだ。
11:58から写真ソフトを起動し、途中からサイレンが鳴る。菩提樹。
演奏が終わってから、すぐに編集で冒頭部分約37秒をカット。
FBにアップ。カンペキだ。



今度は17時。
はなまるうどんでかけ大を食べてから、家に戻り、15時頃から操山にRUNで向かう。
気温はここまでで最高気温29.2℃。
これならいける。

旗振台にはロープが張ってある
b0057140_20350768.jpg
展望はよくなっているような・・でも、違法に伐採されている?
b0057140_20355357.jpg

昨日の大雨のときは水溜りになっていたと思われる道の跡
b0057140_20381274.jpg

三勲神社跡までいき、県庁をはじめとする街を眺める。
b0057140_20392838.jpg

ここでも、正午のときと同じやり方で、カメラのパンのリハも済ませて待ち受ける。
結果は、OKだ。
FBにアップ。
他のハイカーがたまたま来たらどうしようか(音がはいる)と思っていたが、まだ暑いであろう夏の山に来る人は、少数のようだ。

(実は、撮った動画をチェックしていると、知床旅情を大声で歌いながら歩いてきた男性がいたので、間一髪セーフでした)

山を降りて、途中で足の指が痛くなって歩きにしたが、無事にミッションを終えました。
トータルで13キロくらい。
30℃前後の中で行動したにしては、ダメージは少ない。


by pmrider | 2016-08-27 20:39 | ランニング | Comments(0)