葡萄園・車中泊・新庄トレイルルート草刈・11キロ+10キロ

土曜日・・久世のM葡萄園にてピオーネ発送作業のお手伝い
日曜日・・朝9時より、新庄トレイルのコース草刈作業

という予定にしたのだが、毎日岡山から往復すると、高速代やガス代がバカにならない。
でも、参加したい。
経費面から下したソリューションは、「土曜日の晩に帰宅しないで、道の駅で車中泊」でした。
もちろん、車中泊は未体験。どうせ、家にはいないほうが家族には好都合だろうし(をいをい)
「道の駅で車中泊」は、4年ほど前に、角島に行くときに計画したけど、山口の友人が安い宿泊施設を教えてくれたので、そちらへ。

蒜山には2つの道の駅があり、ICのそばのローソンが併設されている「風の家」がメジャー。
日曜の集合場所はそこだし、それでもよかったけど、どうせなら、早朝に走りたい。
蒜山高原といえば、ハーフマラソン。
あのコース沿いにある、蒜山高原の道の駅に決めました。
事前に電話で確かめると、女性の係員がでて、24Hでトイレとかの施設は使える、と。
しかし、電話先が併設のホテルのせいか、車中泊する、とは言っていないのに感付かれた(笑)らしく「ホテル側ではなく、反対側に止めてくださいね」とピシャリ。

一方、いつもなら走る時間を確保する土日への対応として、土曜日の朝5時半くらいに起きる。
10キロ程度、いつものコースをRUN。

早朝ならではの雲
b0057140_20402049.jpg

4キロあたりの夜明け
b0057140_20412657.jpg

b0057140_20415510.jpg
11キロ。


走る前、「また葡萄を少しもらって帰るから」とヨメさんに言うと「いちいち行ってたらガソリン代だってかかるのに。差し引きマイナスじゃないの」とか言われるが、こっちは人助けのつもりだ。ほっとけ。それなりに費用は圧縮している。その苦労を、アイツは理解しないのだ。

8時に、ややむかむかした気分で車で出発し、予定の9:30は少し遅刻して久世に到着。
発送作業は、T中さん夫妻や、島根から来られたというYさんがやられている。
ボクはといえば「ワイン用の葡萄の収穫を」と依頼される。
b0057140_20432389.jpg

スズメ避けの網を開いて、小ぶりの葡萄を収穫する。
スズメにやられた果実は悲惨だが、とにかくハサミで房を集めてゆく。
葡萄といえば下に垂れ下がるものだが、ここでは上に枝が伸びているので、切る場所がよくわからない。
しばらくして、ようやくコツがわかってきましたが・・・

これはこれで美しい
b0057140_20440676.jpg
作業中
b0057140_20443626.jpg

早めの昼食はイルターボロで
b0057140_20450478.jpg
b0057140_20453754.jpg
b0057140_20460619.jpg

「ゴルゴンゾーラとメイプルシロップが実に合うんだよ。食べたまえ」とM松さんに勧められた、目ウロコなピザ
b0057140_20464050.jpg

ご馳走をいただいたからには、それ相当の働きをしなくては。
発送はすぐに片付いてしまい、さらにもう1箱分の収穫に。葡萄園に向かう。
b0057140_20472589.jpg
房も、かなり残りは少なそうだ。

手押しの草刈マシンで新しい葡萄園で仕事して、15時くらいにアイスをいただいて、終わり。
葡萄も、発送しないぶんを好きなだけいただき、ジャンボ茄子とジャンピーも。
この茄子は40センチ以上ありました。
b0057140_20481034.jpg

それでは、とここで解散し、一路、蒜山へ。

あとは、夜の準備だ。
なにせ、経験がないので、どきどきする。

勝山のマルイで、弁当とかを調達。

まずは、汗を流すために、日帰り温泉に向かう。

特にどこ、と決めていなかったが、最終目的地は休暇村蒜山高原のラドン温泉。
そういうのを調べていたとき、ちょっと気になっていた湯原の温泉がありました。
郷緑温泉。
立て札があったので立ち寄ってみると、時間は16:30まで。
過ぎているので、NG。

やむなくラドン温泉まできて、安心したのだが、入れる時刻は18:30から。
今は17時。かなり待つなぁ。
閉館時刻まではチェックしたのだが、夕方の部(ここは昼と夜の2つの営業時間帯がある)の始まりまではチェックしていなかった。
500円という値段に惹かれたのだが。
では、と。昼間に、島根のYさんと雑談していて、スポーツ公園の快湯館がいいよ、と言われていました。
ネットで調べると、740円の入湯料が、クーポンで600円になる。これでいくか。
思ったよりも蒜山での移動距離がかさむのはちょっと閉口したが、行ってみることに。
かつて蒜山ハーフマラソンに出たときのスタート地点のそばだ。

けっこうな客で賑わっている。

屋内のフロに加えて、初めて露天風呂に入りました。
曇天ではあったが、外の冷たい空気が心地よい。
岩で積んだ湯船自体はさほど広くないので、後からくる客のために、そこそこに退散しました。

あとは、睡眠のためにビールを買ってくるだけ。
持ってきた保冷剤はぬくもってしまったので、なるべくさっさと買ってさっさと臨戦態勢に入りたい(笑

幸いローソンがすぐにみつかり、ビールとチューハイを買って、道の駅に向かう。
もしも、満杯とかだったらヤだな、とか思いながら。

果たして、道の駅の、ホテルと反対側は、ガラガラ。
牽引されるキャンピングカーが1台あったけど、人の行き来はほとんどない。
車を置いて、洗面所(トイレ)の位置を確認。
本当に、24H解放されていてくれよ、と思いながら。

18時くらいには、ラジオを聞きながら食事+酒宴(^^;
ここで聞こえるABCラジオでは、今日にもカープの25年ぶりの優勝だというのに、やはり4位ヤクルトと5位タイガースという超マイナーな試合を中継している。もう、Bクラスになったら罰として中継なんかさせんなや。->タイガース

今回の最大の懸案は「車中泊で十分な睡眠をとれるか」でした。
21時頃、睡魔が来るのを迎え撃つつもりで、シートを倒す。
なにかの記事でみたように、足元にダンボールを置いて、足がまっすぐになるように寝る。
最初は、これでOKだったみたい。

1時頃目覚めて、うとうとしながら、寝返りのうちにくいシートと格闘。
おそらく、最低6時間は寝られたはず。
夜中の、満天の星空を見る幸運にはめぐり合えませんでしたが・・

5時過ぎには目覚めて、うとうとしながら起きる準備をして、6時には着替えてランニングスタート!

東西のどちらに向かうか迷ったけど、とりあえず西へ。
しばらくして、三木が原までの距離が表示され、あそこまで往復すればだいたい10キロだとわかりました。これでいこう。

途中の蒜山の風景がキレイだったので道を横切ると、そこはサイクリングロード。
これ、いいじゃん。
ここをひたすら走りました。

b0057140_20515327.jpg
早朝の山の風景に、何度も足を止めて写真を撮りながら。
おかげで、ペースめっちゃ遅い(^^;

カっけーヘアスタイルの、「すいとん」
b0057140_20505187.jpg

木の途中にある塊。なんだっけ。?
b0057140_20494628.jpg


トトロと縁、あったっけ?

b0057140_20532230.jpg
あまりキレイではないけど、雲海?
b0057140_20545660.jpg
ひるぜんワイナリー。ここで折り返し。
b0057140_21562503.jpg

最初の5キロは下り基調かと思い込んでいたが、案外登りもあったのでした。
車の通る道より、サイクリングロードは起伏がなだらかになるように設定されていることもわかりました。

森のビリヤード。栗ですけど
b0057140_21572073.jpg

10キロで終わって着替えて、8:30には蒜山ICそばのローソンへ。
時間が早いので、そばの産直市でショッピング。草刈参加者のSさんと会う。
こちらも、枝豆と、「生キクラゲ」を買う。

ローソンに戻ると、軽トラに乗る女性がいて、そばに駐車するも、妙に違和感がある。
見ていると、地図を地面に広げはじめたので、もしや、と声かけ。同じ作業の、新庄村側の関係者のKさんでした。
しばし、今日の作業について会話。
そのうち向こう側に予定参加者らしき人影が見えて、そちらに。

最初はM松さんと真庭市のOさんと一緒に、演習林(?)へ。
M松さんの乗車式草刈機の大活躍で、こちらは残った道の脇の草刈のみ。
b0057140_21582141.jpg
Oさんは「午前中に終わるかどうかびみょー」と言っておられましたが、実際は10時半くらいで作業完了。
b0057140_21591706.jpg
そのあとは鳥取大施設からの草刈。
ここも、先頭にたつOさんががんがん草を刈ってゆき、しばらくして、山頂から刈ってきていた部隊と合流。ルート貫通。

b0057140_22001253.jpg

とりあえず、今回の新庄トレイルランルートは「開通」したようだ。

時刻は13:30くらい。
皆さんは「風の家」近くの蕎麦屋に行くようだったが、こちらは体調も、ちょっとイマイチだったので、このまま帰りました。
新庄村経由。
そういえば、こないだRSKのボイスでやってた「城」があったはず。
あった
b0057140_22011830.jpg

蒜山の夜は、少し寒くてジャージを着たし、新庄も25℃くらいだったけれど、下界はやはり暑い。

高梁SAで食べた「高梁醤油ラーメン」540円
b0057140_22020259.jpg
税なしなら500円。
スープは美味しいけど、麺はイマイチ。でも、値段と、高速のSAからすれば、こんなもんかも。

実はこの2日の間に実家でちょっとバタバタがあったけど、こちらは用事を理由にパスしていました。
お詫び、ではないけど、いただいたブドウを関係者に配ってから、帰宅しました。

夕食時、家族に2日間のことを話すが、特に、リアクションはなし。
否定はされないだけまだマシなのか・・・・


by pmrider | 2016-09-11 20:55 | ランニング | Comments(0)