讃岐富士~中村うどんの旅RUN・18キロ

この10月から、通勤のたびに朝見かける、讃岐富士こと、飯野山。
香川にくれば、必ず目につく、印象的な山だ。(高速道路で坂出ICを出れば目の前だし)

緑に覆われているようだが、頂上に登れるのか?
調べてみると、登山道が整備されているという。
高さは400mくらいだから、高山ということもない。
でも、登り始めの海抜次第で険しさが変わるが、まず、最初はほとんど平地だと思うので、獲得標高はけっこうある、と予想していました。

登山の案内サイトでは、標準で登りが1時間。
健脚な人で30分、とある。
登山道は3本あり、急登の階段の東からのルートは、行くまでの距離を考えて、今回はパス。
北からの近道ぽいルートは登山客が少なそうなので、そこでトレイルするか。
西からの一般的なルートは下りに使う、ということで計画しました。

駅まではバスで行き、いつもの通勤に使う便の1本遅い時刻のに乗り、もしも寝坊したら・・というシミュレーションも兼ねて乗る(まわりくどい説明だが、わかる人にはわかるという・・^^;)
b0057140_22084444.jpg
b0057140_22093358.jpg
坂出で乗り換えて、宇多津駅へ。
改札を抜けて、上着を脱いで、ランの服装へ。

初めてきた宇多津駅
b0057140_22101436.jpg

掲示板でだいたいのルートの目印を確認するが・・・迷っちゃったよ・・
モニュメント
b0057140_22110031.jpg
マップのソフトで、とりあえずR191を南下すればよいことはわかりました。
いまどきは祭りのシーズンで、お神輿(ちょうさ?)が練り歩いている。
b0057140_22114286.jpg

b0057140_22121768.jpg

坂出からの登山口
b0057140_22125648.jpg

登山口がわからなくなって、近所のご主人に質問。
「あの電信柱の角を曲がればええ」といわれても、電信柱、たくさんあるよ・・・
奥さんがわざわざついてきてくれて、やっと登り口がわかりました。ありがとうございます。

そのあとも、あまり親切ではない立て札はある。
b0057140_22134357.jpg

こちらからの登山客はマイナーなのか?
立て札に「頭上にスズメバチの巣あり。注意」とあり、みると、・・ある。
b0057140_22144244.jpg
ささっと通過。

舗装路がしばらく続き、そして山道に。
けっこうな登り坂だ。

通常の登山コースとクロスする場所(3合目)に着く。
b0057140_22154812.jpg
すれ違う登山客(トレイルランナー?)の男性2人連れもいたけど、こちらは急登を選択。
b0057140_22171036.jpg
竜ノ口よりもややキツい坂が続く。

次第に山頂の光が木漏れ日になって見えてくる。
眺望はまったく望めない。

予想よりも早めに、頂上への道が開ける。
b0057140_22180866.jpg
あと200m。
頂上までの最後はダッシュで。

頂上からの景色はまったく見られない。
記念写真を撮ってもらったが。
b0057140_22191606.jpg

西の方の景色
b0057140_22202355.jpg
b0057140_22211401.jpg
b0057140_22214838.jpg

展望台、と案内板があったので行ってみて、そのまま降りれると思ってどんどん降りたが・・・・これはマズい。
まるで修験者の通る道のごとく、崖のような箇所もある。
間違ってる、と思いながら、引き返すのも面倒。
いちおう、トレイルとしては「道」と認識できそうな幅の山道はあるので、そのまま下る。
本当は、下りはヤワいハイキング道を悠々と降りるつもりだったのだが・・・かなり、滑りそうでハラハラドキドキな道。

それでも、やっと「本道」に出て、山を下る。
b0057140_22224034.jpg

西からの登山道入り口
b0057140_22235778.jpg
登りも下りも、だいたい30分ずつくらい。

今回のトレイル用シューズは、もともと先端の遊びが少なくて自分の足にマッチしていない面はあるのだが、靴底のことを考えると選ばざるを得ませんでした。
その代わり、足の親指が圧迫されて、ずっと傷む。

下りでは一層爪が圧迫されてイヤなのだが、なんとか下まで降りて、中村うどんを目指す。
気温は高めだが、日陰ではいい風が吹く。
b0057140_22244343.jpg
ときどきiPhoneのマップで確かめながら、12時前にはやっと飯山町の「中村うどん」へ。
カンバンもないけど、なにげなく人が集まっているので見つけました。
b0057140_22253018.jpg
b0057140_22255984.jpg
b0057140_22262874.jpg


初めての店なので、いつも通り、標準的な評価のために「かけうどん」を注文。
大で2玉、320円。さぬきうどんとしては安くはない。
b0057140_22265841.jpg
もう、ネギは自分でとってきて自分で切るようなことはないようでした(笑

麺はといえば、いままでのさぬきうどんの感覚からして、太くないし、硬くない。
これは期待して損したか、と最初は思ったけど、食べていくと、喉越しはよく、美味しい。
さぬきうどん、の自分なりの定義が間違っていたことを認識しました。
これも、確かにさぬきうどん。

食べ終わって店の外で駐車している車を見ると、県内は2台くらい?
奈良・大阪・豊橋・練馬・徳島・・等

あとは土器川の土手をひたすら北上。
クルマの通行量はさほど多くはないけど、途中からはあまり安全でもない。

宇多津駅まで計18キロくらい。
「おでかけネット」で検索すると13:11発の上り電車があり、それに急いで飛び乗りました。

岡山駅には14時過ぎ着。
b0057140_22274613.jpg
無事に、初めての登山&うどん屋めぐりがうまくいきました。

そういえば、と、もう10年前の映画「UDON」を引っ張り出してきて見ました。
その頃、見る前までは知らなかったうどん店のこともわかるし、実際に行った店のシーンが出ると「なるほど」と思う。
映画としても、よく出来た作品であることを再認識したのでした。

b0057140_22382065.jpg


by pmrider | 2016-10-15 22:30 | ランニング | Comments(0)