太もも痛の日で娘のバースディ・8キロ


b0057140_23082096.jpg

期日前投票に行きました。


昨日の飯野山からの下山時に、いつもは使わない筋肉を酷使したせいか、朝起きて、両方の太ももの筋肉痛を感じる。

普通のトレイルならそんなことはないのに。

でも、イザ起きてしまえば、ちょっと走りにいく意欲が。なんじゃこら。


近所を8キロだけ。

いまどき、これもアート?ぽく見えてしまう。

b0057140_23090458.jpg


逆さ花火?

b0057140_23094509.jpg


石山公園でやってたイベントへ、立ち寄り。


ケールとりんごジュースのスムージー。

青汁の味はまったくしない。

b0057140_23101746.jpg

b0057140_23105184.jpg
なんだか、ここはとても平和な空気が流れてる・・・

b0057140_23114925.jpg
b0057140_23122561.jpg
b0057140_23125502.jpg


5日後が上の娘の誕生日なので、以前より予定していた通り、家族5人揃って回転寿司の夕食会。

いつも同じではない店がいい、という息子の意見で、ちょっと遠いが大福のK寿司へ。

バイパスは渋滞。

店に入ってからも20分ほど待つ。

カウンターの方がいいのだが、順番待ちを管理する店員からテーブル席なら空いたというので、それで妥協。



足りないワサビを足すとき、そっとネタとシャリの間を空けて、小袋のワサビを注入するのが、「職人さんがうっかり忘れたけど、大丈夫だぁ」という気持ちで、正しいと思っている。

b0057140_23132520.jpg
なのに、まるで刺身のように、醤油皿にワサビを足して食べている、ヨメさんと息子。
恥ずかしいから、やめろ、と息子には注意するが、不満そうだ。
口に入って結果的には同じなのだが、醤油皿が、汚いか、汚くないか。
そもそも、ワサビを足す行為自体が、寿司を食べるには失礼なのだが。


こないだいったS寿司はネタも小さく、客の多さのワリには不満が残ったが、今日のK寿司は、家族も満点なようでした。
ただし、オーダーして出てくるヤツに、シャリ2つペアに、これもネタのペアをそのまま乗せたような寿司が。
一つずつ食べるには少し面倒。
てーか、これも、「にぎり寿司」としては作るプロセスがおかしいって。

b0057140_23134772.jpg


娘の誕生日なので、彼女が生まれた日のことを、帰りの車内で話す。

10月のこの時期、会社にいるときの朝10時頃、「生まれた」との知らせをきき、すぐに帰宅しました。

一旦家まで戻り、クルマで病院へ。

帰宅するまで、バス停からチャリで走っている横には、収穫前の稲穂が黄金色に揺れる。

あとで聞いたけど、近所の人がボクのことを見ていて、「やたらと嬉しそうだったよ」だと。

娘の名前はまだ決めていなかったが「秋穂」というのもいいかな、と思いながら。

(ちなみに、当時のTVの東京ラブストーリーの「千堂あきほ」のことも確かにイメージにありました)

そんなエピソードを話してやりました。


安いけど、「白桃味」のリキュールもあとで娘にプレゼント。




by pmrider | 2016-10-16 23:15 | ランニング | Comments(0)