高知龍馬マラソン2017を走ってきました

浦戸大橋から桂浜の方向(だと思う)
b0057140_22130065.jpg

本当は、京都マラソンの抽選に落ちたから、ここを選びました。
でも、昨年のニュースで見て、快適な道に見えたから。

知り合いにも参加する人がいましたが、前日の泊まり。
当日の人もいたが、朝の移動時間はかなり早くしなくてはならなそうだ。

結局、前泊の宿をとるのに決心がつかず、当日行くことにしました。
高速でざっと1時間半。
当日受付は8時までだから、それまでに高知ICから高知城付近のパーキングに止めなくてはならない。
ここを、高知城付近に7時までに着くことで予定。
逆算して、朝4:30起床(!)で計画する。

そんな日の前夜に限って、横で寝るヨメさんがイビキはかくわ、いごいごする。
眠れない。
ウイスキー飲んだりしたけど、ダメ。
早めに寝たのに、結局は寝付けなくて睡眠時間は2時間くらい。
最後はゼロも覚悟してたのだが・・眠れないのは辛い。

4:53自宅スタート
5:10早島IC
5:40頃坂出IC付近
6:00頃川之江JCT
6:30頃南国SA付近
6:43頃高知IC

眠気が気になって、高知駅付近のセブンで100円コーヒー。
駐車場を探すが、高知城に一番近いパーキングは安いが7:30オープン。だめじゃがな
適当にコインパーキングを探すが、あまり安そうにない。仕方がないが。

ランの服装に上着だけ着て、着替えを入れたリュックで「ひろめ市場」付近を通って、城西公園へ。
b0057140_22143763.jpg

距離も遠いし、寒い。
記念品の受付もわかりにくい。
スタートまで1時間もあるけど、Eブロックに並べ、とのアナウンスのみで、大会を盛り上げる放送はない。
少しでも暖かい日向で待つ。
b0057140_22155032.jpg
待っているそばの店の、このカンバンの意味がわからないので、高知の人と思われるランナーにきいてみる。
「薄いのはだめ」みたいな意味らしい。
b0057140_22164413.jpg

スタート直前のゲストランナーの紹介で、金哲彦さんも走るし、lilicoも走るようだが、姿は見えず・・・
これは途中の写真。
b0057140_22174974.jpg

9:00スタート。しかしEブロックのボクらがスタートラインに達したのは号砲の7分後ぐらい?
b0057140_22201652.jpg

さっきまでは寒かったのに、走っていれば高知らしく、暑くなる。
応援の人は多く、ハイタッチしてみる。
誰もがそのつもりではないだろう、と、手を出してくれているか、くれそうな(子供とか)を狙っていきました。

エイドでは「まほろばトマト」が。これは美味しい。
b0057140_22213002.jpg

ゼッケンには比較的大きく「岡山県」と書いてあるので
「おかやまーがんばれー」
と数回呼ばれました。悪くない。

続く列
b0057140_22224843.jpg

この辺りで、「恋」の生演奏があり、一瞬、恋ダンスのフリを。

いまどきだが鯉のぼり
b0057140_22233064.jpg

海の近くにくると、風が強く吹き、涼しい。


20キロ付近の、ポイントとなる浦戸大橋が見えると、テンションあがる。
その直前のエイドで、持ってきていた自作の「おにぎらず」、を食べる。
いよいよだ。
b0057140_22250994.jpg
標高でみると、それほど恐れるに足らず、と思っていたけど、これ、2段の坂ですね。
一旦登ったかと思うと、さらに左に曲がって登っている。
b0057140_22261172.jpg
下り
b0057140_22265842.jpg
無事に最大の難関を越えて、花街道へ。
b0057140_22281860.jpg
ここは海もよく見えて美しい。今大会の、美味しいディナーのようだ。
逆に、それまでの田舎道はアペリティフであり、ここのあとの道は、寿司屋の「アガリ」でしかないかも。

このへんから、やはり右足底が痛くなる。
27キロ過ぎで折り返しのランナーとすれ違い、県庁のYさんを探すが、見えない。

歩きもはいる。
しかし、エイドの食べ物は結構試す。
塩を振っただけの薄切りのキュウリは美味しい。
アンパンも。
従って、不安になり、トイレを使う。
ムダな時間が多い。

32キロ付近、最後の折り返し、仁淀川大橋より。
b0057140_22295798.jpg
ウェディングドレスで走るとは・・・しかも若くキレイな女性。
b0057140_22310730.jpg
32キロ過ぎの「かつおめし」を楽しみにしていたけど、ちいさいおかかオニギリでした・・
b0057140_22320953.jpg
足の前半が痛いので、無理やり後半で着地するように走ると、ちょっと楽になりました。

あと2キロからはずっと止まらず、予想外に長く続くスタジアムへの坂道も、歩かず。
トラックに出る直前も、短いけどさらに坂がキツくなる。
b0057140_22330109.jpg
最後は、意地でスパートをかけました。

完走証発行の列は長く渋滞していました。
足が痛いし、風も寒いので、早く更衣スペースに行きたいのに、人が多く、場所は遠い。
更衣室、といっても、練習場の片隅のオープンな倉庫のような場所でした。

着替えてから、高知駅方面のシャトルバスに乗りたいが、乗り場は遠い・・・
乗るときの段取りはよいようでしたが。

県庁付近で降りて、車を止めた場所に戻る。
足がゆっくりしか動かないので、遠く感じる。

駐車料金は、やはり高い。1700円。しゃーないか・

「ひろめ市場」を通ったけど、これは、というめぼしいものはなかったので、お土産は南国SAで選ぶことにしました。
とにかく、座りたい。

しかし、走っている途中も、ちょっとおかしかったけど、気分が悪い。
吐けばスッキリするような気分。
なんとか南国SAまで行き、トイレでゆっくりしていると、なんとか治りました。
帰宅時刻が、ずっと遅くなるかな、とか覚悟していましたが・・
南国SAを出たのが16:15くらい。
家には18時前。

半生のカツオブシと、塩味芋けんぴを買ったけど、大会の景品にも同じ味の芋けんぴがありました。カツオブシも「どこでも売りょーるよ」とヨメさん。どーにでもしてくれ
b0057140_22372539.jpg
記念品のトートバッグと芋けんぴ
b0057140_22344109.jpg
完走のあとでもらった「ぼうしパン」「馬路村ドリンク」「ゼリー」と、エイドでもらったビスケット
b0057140_22360521.jpg

木製メダル
b0057140_22382413.jpg
途中でiPhone用携帯バッテリーを道に落とし、すぐ拾ったけど、使えず(残量ゼロ)。
治してみるけど、ちょっと心配。
タイムはネットで4H58Mほどで、歩いたり、トイレに行かなければ、もうちょいマシになったはず。
それにしても、なんとなく組織の対応が冷たくて(応援は暖かいですが)またここにくるかどうかの確率はかなり低いです。
b0057140_21183325.jpg
メモ。
行きの高速代、2050円。安い。
帰りの高速代、3960円。たか!

by pmrider | 2017-02-19 22:39 | ランニング | Comments(0)