東日本大震災/熊本大分大震災/鳥取大震災チャリティラン~season6 3月

今日は、J2ファジアーノ、ホーム開幕戦。
b0057140_22415795.jpg
b0057140_22424271.jpg
さぞかしオーディエンスに溢れて、駐車場がすぐいっぱいになるかも・・・と思いながら、昼2時キックオフなので、そこまで心配はいらないかな・・
結果としては、駐車場はガラガラ。(^^;
ま、朝8時半だし。

今回は震災からの年の区切りということで(?)日本赤十字の方も参加。
b0057140_22443125.jpg

ステッカー・ティッシュ・ピンバッチをもらった。
b0057140_22451658.jpg

いつものS野さんと雑談してから、走り出す。
b0057140_22462863.jpg
この季節、まだいい景色は見れない・・・
b0057140_22470455.jpg
カンパ。右の袋の「大実(おおみ)キンカン」は、皮が甘くて、実が酸っぱい。でも美味しかったです。
b0057140_22495783.jpg
なんとか10キロ走り終えて、受付場所に近づくと、なんだかカラフルな風景が。
なんか、参加ランナーが集まってるー
記念写真撮ってるみたいで、向こうから「早く早く」と手招きされるので、ダッシュ!

きいてなかったけど、全員で記念写真を撮りました。
こんな横断幕で記念撮影
b0057140_22480831.jpg

主催者のM松さんからは、3月11日には追悼を兼ねて「3時間11分ラン」するよ、と。
昔のボクならしり込みしたと思うけど、それくらいなら、フルの練習くらいの距離になるので、参加することで意思表明。
午前中に診療に行くので、遅刻の可能性もあるが・・
それにしても、またNHKでも震災の記憶を蘇らせる報道がある。
ぼーっとしていると、あのときの真剣な気持ちが失われてしまいそうだが、阪神淡路のときは5年で仮設の人が解消されたのに比べて、東日本ではまだ続いている現状。
あの頃の、コンビニで消灯した暗い街中や、ニュースしか流れないTVの記憶も、いつしか薄れてしまうのかもしれないが、事実は確かに存在したことを思い出しながら、11日に走ろうと思う。


帰りに、TVで紹介されて気になっていた、赤磐市の「高倉山」にちょっと登ろうと考えてみる。
自分の先祖の墓地の近くから登れるようにネットで書いてあったので、墓参りではないけど、ついでに立ち寄ったオヤジの墓。
見ると、骨を収めた「塚」が破壊されている。普段は円錐型なのに、大きな溝が。
おそらく、イノシシのせい。
実母に写真を見せて判断を仰ぎ、結局は石材店に修理依頼。
のちに調べて、高倉山への登山口は墓地の近くではなかったのが判明。でも車を置くのはそこらでもいいようだ。
またくるぞ、高倉山。



夕方になって、下の娘が来週、部の研修で玉野の研修施設に車で行くための運転ガイドを依頼されました。(車の運転歴が浅い娘なので)
倉敷からの部員を岡山駅で拾って、荷物とともに玉野の施設まで運ぶときのルートを、助手席に座ってナビゲート。
ほとんど、おかやまマラソンのコースと重複する。
ざっと2時間ほどの娘とのデート。
曲がる道を間違えるけど、それでもリカバリする方法を教えて、ちゃんと彼女の経験値になっていると思う。




by pmrider | 2017-03-05 22:59 | ランニング | Comments(0)