2017年 08月 11日 ( 1 )

RunKeeperは「(日曜以来走ってない)もっと走ろう!」と警告のメッセージを発する。
こちらは忙しい。ほっといて欲しい。
普通は週半ばに走れたのに、忙しくてムリ。

b0057140_21411042.jpg
朝8時頃、県営グラウンドでスタート。
新調したシューズのモニターも兼ねて。
b0057140_21432237.jpg
思ったよりはフィット感ないし、カッコ良くないけど、まあいいか。

データ的にはまだ28℃程度なのだが、水補給ハンパない。
やっとこさ2周して、それでも時々涼しい風が吹くので、「メッチャ暑さにやられました」という白々しいウソはつけない。
走れない言い訳は、少ない。
b0057140_21422232.jpg
目標の10キロはクリア。
予想外に、この気温で走る人は多い。

帰りに、農マル園芸で白桃。
b0057140_21471834.jpg
それと、ホワイトコーン。
b0057140_21473642.jpg
母親から、用事があるように電話されていたので立ち寄ったら、要領を得ない会話の後、盆なので墓参りしたい、と言っているのがやっとわかりました。
しかし、休みの調整が難しい。明日は大山に登るし。
母親はデイケアで出て行く時間帯もある。
しばらく考えて、一旦帰宅。
母親の墓参りには、階段でサポートする人と、荷物を持っていく人が別々にいるのが安心。
ヨメさんに「荷物持つだけでいいから、ついてきてくれないか?」と頼むと、速攻で拒否。
「(あんな、足元覚束ないお母さんでは)階段でこけてしまうわ!きょーてー!私は行かんよ」
「だから、そうならないようにするために頼んでいるのに
「絶対行かん!」

結局、荷物運びと母親の手を引いての階段を別々の作業にして(荷物を運ぶ間は母はシートベルトで固定(?))、いつもの
墓までのの往復(距離は大したことないが。)とすることで、無事終了。
出来そうにないことを、出来ないと言い切ることの難しさを理解しない人間には、ほとほと呆きれる。
b0057140_21515637.jpg
夕食は、ヨメさんに作ってもらったものを大人しく食べる気になれず、自分でパスタの食事を用意する。
b0057140_21531562.jpg