正月早々から、上司から持ちかけられた、異動の打診。
自分にできることを別事業部の部長に直接会って話し、あとは適性にあった職場を見繕う、ということだそうだ。

転勤は今の家の事情を考えれば否定するではないが、いままで積み重ねた自分の経験がまったくムダになる部署での再出発には、年齢を重ねすぎている。
しかも、単身赴任で赴いても、いつか地元に戻れる保障はまったくなく、片道切符しか持たされない行き先。
所有する車やバイクは今後使うこともなくなり、きっと処分してしまうことになる残念さ。

1週間ほどたった頃に、その異動先を検討した結果が知らされることになり「この日は都合が空いてますか」と上司にきかれる。
大丈夫です、と答えるが、その前日にはなんとなく異動のことを伝えていたヨメさんからは「異動って、いいチャンスじゃない」と無責任なことを言われる。
一人暮らしは気楽、というのはあまり責任の重くない若い頃のオハナシ。
仕事もキチンと遅い時間までやり、いくら遅く帰っても生活の準備をすることがいかに負担か。
それでも自由に使える金があれば苦労を回避することもできようが、どう考えても経済的にもぎりぎりの生活が待っている。

結局、上司からの検討の結果をきくと「あなたに適切な職場はなし」と。
営業職なら望みはあるが、そこでは高い目標があるのはわかっていて、若造でそれを志望する自分がいれば別だが、今はまるで負け戦に等しい。
一方、今の職場では毎月赤字続きであり、そのまま残留する選択肢は残っていないようだ。
「退職勧告ですよね」
「いや、法律もあるし私の口からは、辞めろとはいえないでしょ」
タヌキだなぁ・・

辞めたとしても、ボクの担当する業務は多岐にわたり、これを残る社員に引継ぐのは大変なのはわかっている。それが心配だ、という話をしても
「それでも、なんとかなるもんですよ」
と上司は気楽に言い放つ。
いままでも、そういうことは何度もあった。
そこには黙って苦しむ社員がいつも歯をくいしばっていたというのに・・・

ひとまず、上の言うことは受け入れる、というか、粘って残ったとしても、今の職場の損益の悪さからすれば、時限爆弾のように、さらに悪い結果が待っていないとはいえない。
残った社員の方に苦労をかけないためには、社員は辞めるけど、処遇を変えてスタッフリーダーで仕事を継続する案が残されている。
これだと、大幅な給料ダウンとなる可能性はあるが、たちまち収入ゼロになるワケでもない。
その間に、別の職場を検討することになるが・・

いっそ、生活レベルを適応させて新しい生き方をしたいように思うが、家族の反応は、それを期待できそうもない・・・
今日、会社では、今月はじめのボクの健康診断の結果が返ってきました。

なんか・・・

さんざん・・・

2年前に比べて、いろんな数値が悪くなってる。
2年前といえば、禁煙した頃。
そして、ランニングを始めた頃。

何にもならんじゃん・・・・

って。

ヤケになるのは簡単なんだけどね。

ガマンすることで、違う部位に負担がかかっているのか。
よくわからないけど。

でも、よく言われる、「とにかく禁煙しましょ」
という医師の誘いには、「乗らない」という選択肢もあってもいいかと思いました。

とにかく、経験することだ・・・
b0057140_22443878.jpg

最近、新発売のタバコ。
ニオイもケムリも少ない、という。
だから、買ってみました。

いまや、「味を楽しむため」ではなく「せめて周りの人に迷惑かけないように」種類を選んでいる。
情けないことだ。

このタバコのカンジンな味は、いまいち。
それでも我慢して吸っていると、だんだん喫煙自体もイヤになる・・・・という魂胆か??
b0057140_23232072.jpg



b0057140_23235348.jpg

これは、新発売「セブンスター・レボ」のパッケージについていた小型「Lighter」。
火が点くのではなく、灯が点く。

こんなちっこいライターがこれからしばらく、オマケに目立つようになったなぁ・・・
100円ライターにも、こんな「ライト」が付いてるのもあったし・・・・・
b0057140_23163255.jpg



b0057140_23175145.jpg

タバコを買うと、時々ついてる、無料のライター。

そのシリーズ。

もう2年前に近くのコンビニで、ごく普通に、カートン買いしたとき、ついていました。
ロゴからすれば、F1カーのモデル。
置物としてはなかなかいいが、いざ使うと、案外重いしかさばるし、持ち運びには今ひとつ・・・
b0057140_10433227.jpg



b0057140_1044066.jpg

80年代、SE、というか、その下っ端のPGとして某大学病院でリプレースのため働いていた頃に出会った「PhilipMorris」のタバコ。
考えてみれば、NECから富士通へのリプレース作業は過酷で、朝4~5時まで勤務しても、8時半には職場に出社する、という生活を2ヶ月くらいは続けていたはず。もちろん、それはボクらだけが特異であったとも思えない。当時の業界の「スタンダード」だったのでしょう。
給料は、その当時の年齢やスキルからいえば、それでもいっぱいもらえたのですが、それを使う時間もない。楽しむ余裕もない。
でも「同病相哀れむ」みたいな感覚で、大阪からとか来ていた、一緒に働く仲間といるのはとても楽しかった。
たしか、この時に日本たばこの製品よりも常に若干(20円くらい)安かった(これは幾度か値上げがあっても同じだった)のが気にいって、このブランドを選んだ気がする。

で、販促のハガキがよくタバコ屋の店頭にあって応募すると、おそらくこのブランドに馴染みのある人が少ないせいか、上の写真の「スタジャン」と「ジッポ」や、もう着ないけどTシャツとか当たりました。
その後も、ライターはいくつかキャンペーンでもらったし。
今は使えないけど、上の写真の青い貝のようなターボライターはお気に入りでした。

さすがに、最近は当選率が低いので、ほとんどあきらめていますが。
b0057140_22533429.jpg

キャンペーンでタダでもらった、「レモングラス」の香りのするタバコ。
「アンケートに答えて」という案内があったので「ひととき、草原に迷い込んだような」と書くつもり。
香りはよいが、普段タール1mgのボクとしては、この5mgはちとキツい。

名前の通り、午睡でもしたいときにゆったりとした気分で吸うのがいいのだろうが。
あ、でも寝タバコはあかん。
今の世間では、タバコは
「百害あって一利なし」
とか言われるのが常で、この流れはどうしようもないのはわかってる。

でもね。

世の中にあるもので、役に立たないものや大多数の人にとっては一見ムダなものは多いだろうし。
もちろん、それで他人に迷惑をかけるのは論外。
あくまで「自分の責任範囲」で人生を楽しむものに、まったく「利がない」といえるのだろうか。
100の害はあっても、せめて1か2くらいは利や「理」もあるのではないか。

てなことで、では目指す姿は何なのか明確ではないけど、愛煙者のせめてものはけ口・可能性を求めて、このカテゴリを立ち上げます。

なお、このカテゴリにどうしてもそぐわない内容のコメントがある場合は、予告なく削除する場合もありますのでご容赦ください。