b0057140_0361319.jpg


通勤途中でずっと気になっていた風景。
川から引き上げたにしては意味なく河川敷の中央にあるし、川で使おうとして諦めたとしても、もう半年以上はほったらかしにしているだろうか。

可能性のあるのは、いつかの台風で増水したせいで取り残された舟では、という仮定。
今年の夏には、カレは川への帰還を果たせるだろうか・・
b0057140_1925974.jpg


店で働くボクには、こういう風景しかほとんど見えないのだが、今日の「出演者」はかなり多かったような。(といっても、夏のこの天気のこの時期ならば、当然の賑わい)

自作のコンピレーションCDを持っていったら、管理事務所で何べんも使ってくれたようで、DEPAPEPEの音楽が心地よい。
でもお客さんもそうだったかどうかは不明・・
b0057140_21225397.jpg



b0057140_2124247.jpg


海の家の仕事から帰っても、まだ家の用事で原付や車でうろうろしてました。
まだ19時くらいまでは十分に外は明るいし。

家の中は暑いのだが、川辺はかなり涼しい風が吹く。
まだ、夏真っ盛りとはいえないようだ。
b0057140_23293937.jpg


減量のせいか、昨年までとは汗のかき方もしんどさも違うような気がする。
客があまり来なかったせいもあるけど、朝8時からだいたい夕方5時半くらいまで立ちんぼうなのにもかかわらず、それほど疲労はない。

今年は、浜の奥で犬専用の「ドッグビーチ」が作られたので、マスコミがけっこう来ている。
海を管理している某H薬品会社の集客対策だろう。
でも、ボクのいる「普段の浜辺」は、まだ恩恵には浴せないようだ。
b0057140_23492994.jpg


昔、神戸で撮った後輩のコのビデオ。(震災よりも前)
お互い、相手がいたから、どってことはない神戸観光なのだが、こうして見ると、なにかしら「きゅん」と心が震えるものがある。
案外、彼女にしては思い切ったミニを着ていたよなぁ、とか・・・
第三者から見たら、街中でビデオカメラを回すのはちょっと奇妙な光景だったろうが、それでも彼女は精一杯笑顔でいてくれたよなぁ・・・とか。

そして彼女とは「10年後に、ここで再会しよう」と、たしか9年目くらいまではきっちりとお互い覚えていたのだが、結局、再会する勇気がでなかった(もちろん、彼女一人待たせたのだはなく、ちゃんと連絡はした)。

逆に、別のフラれたコの映像では、「どうしてあんなに夢中になっていたんだろう」とか多少シラけた目で見る余裕もできていたし。

どちらにしても、古い時代の映像は、今の生活の憂いをしばし忘れさせてくれるのはたしか・・・
b0057140_0231734.jpg



b0057140_024214.jpg


昔撮った8ミリビデオから、今PCに接続しているキャプチャユニットを使えば、デジタル化してDVDにも保存できることに気づきました。
早速、バイクの勇姿(^^;)を探してきて、キャプチャ。
やはり鮮明ではないが、今のうちに手をうっておけば、これ以上は映像が劣化することはない。

ちなみに、上は山陽自動車道。下は瀬戸大橋を北に渡って岡山側に抜けるときのトンネル。
そーいえば、どっちも同じくバイクに乗った後輩を連れて行って、当時は18万円くらいしたカメラを無謀にも走行中に撮るよう命じて「落とすなよ!」と念を入れて撮らせたものだった・・・・
カレはさぞかしプレッシャーだったろうに・・・