<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

(イツココ風)は~じめて、コイン精米に行ってきたんだ~ばかやろこんにゃろめ~

b0057140_193439.jpg



b0057140_1101233.jpg



b0057140_1103235.jpg


玄米を見た記憶もほとんどないし、「コイン精米機」の存在は知っていたけど、農家に知り合いのいない自分には永遠に縁のないことだとずっと思っていました。
でも、いつも農家からお米を買っている義母が半分分けてくれる、というので2袋(合わせて60キロ)分の米を精米にかけてきました。
上が玄米、中が、精米の種類(があることすら知らなかった。「白米」でやったけど)を選ぶボタン。
玄米を大きな漏斗のような所に移して、お金(10キロで100円、あとは10キロごとに+100円)を入れてボタンを押すと、下の写真のように精米されたお米がでてくるので、玄米を入れてきた袋に受けます。

味にこだわる人は、食べるときに小出しに精米して食べるらしいけど。
b0057140_119827.jpg

約10年にもなるので、これくらいになっても不思議ではない。
今は、右後ろのドアが内側からしか開かない。
外からは開けない、という「逆チャイルドロック」状態。
おまけに、右後ろのブレーキランプがキレている。
(早く直しなさいって)

先立つものがないので、まだしばらくは我慢の日々が続く。
b0057140_1715944.jpg


今年の岡山国体開催、ということでかなりキレイに整備された県営グラウンド(正式には岡山総合グラウンド)。
これはアリーナの外のレンガ舗装の広場。

秋というにはすこし暑すぎる気候だが、落ち葉と枝の影は、もうすぐ来る季節を待てないように演出をしてくれているのでした。
b0057140_1649872.jpg


敬老の日なので、実母と一緒に家族で昼食。
予約は当日では12:30からは無理で、13時に入れました。
店では駐車場に入れるのにもしばらく待ちましたが、入り口の外にも並んだ客に比べて、すっと入れただけよかったカモ。

昼のランチメニューのうち、1520円の、いわば「松花堂弁当」のようなランチ。
4つのパーツに別れたお膳(箱)を縦に積んで運ばれてきて、それをテーブルに広げると、かなり窮屈。
周りも、敬老の日のせいか、そういうお年よりを連れた家族が目立つ。

よくいく回転寿司の味とはダンチだが、烏賊はいまいちだったか。

法事で使ういろんな仕出し屋のものに比べると、はるかに安くて美味しい。
b0057140_2141021.jpg



b0057140_2132865.jpg


夏の兆しの消えた夕方の河川敷。
国体のボート競技会場となったために整備された河川敷は、まだ緑に覆われている。
風は心地よいが、初秋というには、やや寂しい雲と空。

いつか、あまり暑くない、雲の多い昼間に、仰向けに寝転んでいたら、さぞかし気分いいだろうか。
b0057140_18325892.jpg

ちょっとだけ早く帰宅して、デジカメのテスト。
百間川の河川敷で、誰か知らない人の飼い犬を撮影してみましたが、タイムラグはあまりないようだ。
なんとなく、暗めに映るのは、調整の問題?

まだ、あまり操作わかってないし。
b0057140_1655205.jpg

ついに、デジカメ購入。
500万画素、カシオのEX-Z55を、リサイクルの店で。
でも、中古ではないようだ。(業務用で使用したもの?)キズも汚れもなし。
カカクコムで26000円なのに、ここでは22000円。
同じ値段・スペック・デザインでSONYのもあったが、メモリースティックDUOというので、「引き」ました。

ヤマダでは20000円以下でフジのFINEPIXの400万画素ではなくオリンパスのCAMEDIAを勧められたが、XDカードの将来性にギモンなのと、デザインがいまいち。
(ほとんど買うつもりになっていたが、現金に持ち合わせがなかったので、「カードで買う」、というと「いくぶん値引きが減る」、ときいて、一旦出直したのは吉だったか?)
SDカードも128Mで3000円弱のがあったし。(こちらのヤマダよりは安い。全国最安相場は1000円くらいだろうが)

子供もHPを作っているし、いままで誕生日にいいものを買ってやれなかった息子へのプレゼントも兼ねて。
でも、アイツはモノを大事に使わない傾向があるから、今度こそはよく言い聞かせておかなければ・・・

今晩は、写真を撮る上でのプライバシや、取り扱いのミーティングだな。
b0057140_23305459.jpg

本当に久々にヘルメットを新調しました。
これで、え~~っと、5個目くらいかな。
でも、今まで使っていたのは、もう15年くらい前に買ったやつだったかも。
その期間ずっと使っていたのではなく、買ってから数年、「寝かして」(^^;いました。
メインのメットは別にあって、例えば、えーっと、誰かを後ろに乗せるときのために買いました。

実際はほとんど使うことなく、それまでメインだったメットが使えなくなったので、数年前からメジャーに昇格させて使ってきました。
中のクッションが一部はがれて、顔の横を守るスポンジがハミでたらヨメさんに幾度か直してもらってなんとかやりくりしてきましたが、最近はバイザーがそろそろ限界に近かった。
雨の日など、半分カンで乗っていたようなもの。
いまさら、バイザーだけ交換するのも恥ずかしいし、有名ブランド(アライとかショーエイとか)でもない。

このメットはブランド物でもなく、15000円のどちらかといえば安物だけど、さすがに軽いし、中もアタマが窮屈ではない。視界も良好(当たり前か)で、快適です。

久々に、「このまま走り続けたい」と思いながら、無念ながら自宅に着いてしまいました。
b0057140_219886.jpg

台風14号接近中。
たまたま今の時期なら仕事も比較的落ち着いているので、15時半くらいであがりました。
去年のちょうどこの時期に来た台風よりも風は大人しいように思えたので、無謀にも土手沿いの道を通ってバイクで帰っていました。
突風は何度となく吹いて、なるべくアオられないように注意はしましたが、ちょっと怖いので、やはり土手から降りて通行量の少ない道に変更しましたが、それでも家屋の途切れる部分から強い風が吹いて、ひやひやしながら帰宅しました。

車に乗り換えて、ちょっと買い物に行ったけど、車とバイクでは、強風の下では全然安心感が違う。
近くの旭川の増水具合を見に行ったら、水は逆流していました。(上の写真、向こうが海)
心配するほどではないが、そばにあるタバコの自動販売機はカバーで覆われていました。
店の人は「塩水にやられるといけんからな」とつぶやいていました。
夜中に満潮になることは予想されるが、「どうせ、冠水はしないだろう」といういつもの安心感をぬぐえないでいます。子供も、いつも通り、TVでアニメ見てるし。

ボクも子供の頃床下浸水を体験したけど、水の中をじゃぶじゃぶ歩いて「探検」した楽しさしか記憶にない。
敢えて、戒めを受けたくもないけど・・・