b0057140_21454751.jpg

会社の近くのセブンでは、店内では特に宣伝してなかった。
だからといって、店員に尋ねるのも面倒だった(カンチガイというのもある)ので、そこではタバコとミンティアだけ買いました。
でも、なんとなくもやもやした気分なので、もう1軒、帰路の途中にあったセブンに入ると・・・、見つけました!
指定の缶コーヒー2本でもれなく。
2本を選ぼうとしたけど、セットにしてジョイントしているのがフィギュアのケースなので、適当に選びました。(選んだコーヒーの銘柄、覚えてない(^^;)
バイクの種類は、GSXかニンジャを求めて陳列棚の奥まで探して、このカタナ、めっけました。
小さいとは予想していたが、それにしてはかなり精巧。
ハンドルも動く。
タイヤも前後とも回るし、ちゃんとセンタースタンドが折りたたみででてくるようになってる!

んー、いちおうマンゾク。
ヒデヨシのフィギュアもあればいいのに。(←いまやわかる人は少ないだろうな・・・)
b0057140_10433227.jpg



b0057140_1044066.jpg

80年代、SE、というか、その下っ端のPGとして某大学病院でリプレースのため働いていた頃に出会った「PhilipMorris」のタバコ。
考えてみれば、NECから富士通へのリプレース作業は過酷で、朝4~5時まで勤務しても、8時半には職場に出社する、という生活を2ヶ月くらいは続けていたはず。もちろん、それはボクらだけが特異であったとも思えない。当時の業界の「スタンダード」だったのでしょう。
給料は、その当時の年齢やスキルからいえば、それでもいっぱいもらえたのですが、それを使う時間もない。楽しむ余裕もない。
でも「同病相哀れむ」みたいな感覚で、大阪からとか来ていた、一緒に働く仲間といるのはとても楽しかった。
たしか、この時に日本たばこの製品よりも常に若干(20円くらい)安かった(これは幾度か値上げがあっても同じだった)のが気にいって、このブランドを選んだ気がする。

で、販促のハガキがよくタバコ屋の店頭にあって応募すると、おそらくこのブランドに馴染みのある人が少ないせいか、上の写真の「スタジャン」と「ジッポ」や、もう着ないけどTシャツとか当たりました。
その後も、ライターはいくつかキャンペーンでもらったし。
今は使えないけど、上の写真の青い貝のようなターボライターはお気に入りでした。

さすがに、最近は当選率が低いので、ほとんどあきらめていますが。
b0057140_22533429.jpg

キャンペーンでタダでもらった、「レモングラス」の香りのするタバコ。
「アンケートに答えて」という案内があったので「ひととき、草原に迷い込んだような」と書くつもり。
香りはよいが、普段タール1mgのボクとしては、この5mgはちとキツい。

名前の通り、午睡でもしたいときにゆったりとした気分で吸うのがいいのだろうが。
あ、でも寝タバコはあかん。
今の世間では、タバコは
「百害あって一利なし」
とか言われるのが常で、この流れはどうしようもないのはわかってる。

でもね。

世の中にあるもので、役に立たないものや大多数の人にとっては一見ムダなものは多いだろうし。
もちろん、それで他人に迷惑をかけるのは論外。
あくまで「自分の責任範囲」で人生を楽しむものに、まったく「利がない」といえるのだろうか。
100の害はあっても、せめて1か2くらいは利や「理」もあるのではないか。

てなことで、では目指す姿は何なのか明確ではないけど、愛煙者のせめてものはけ口・可能性を求めて、このカテゴリを立ち上げます。

なお、このカテゴリにどうしてもそぐわない内容のコメントがある場合は、予告なく削除する場合もありますのでご容赦ください。
b0057140_23253140.jpg

「見て見て!!」
と言われてあまりにも似合ってる(笑)ので、迷わず1枚。
去年なのか、ばーちゃんにもらったお面を見つけてきたらしい。

もうちょっと待ってね。
でも、そのままでは、大好きな「豆」を集めて食べるのは無理なようだよ。
b0057140_23323344.jpg


家の近所にある有料の橋。
家を建てた時、住宅業者に言われました。
「この橋の向こうと、こちらの土地では、地価が全然違う(橋向かいがはるかに高い)」
ショッピングストアの数でいえば、こちらよりも橋の向こうの方がはるかに多く、暮らしやすさからいえば橋向かいの方がメリットは多い。でも、
例えば、この有料道路を毎日1回使ってごらんなさい・・・・とかカレは計算を始めて、うんうん、確かにこちらに家を建てた方が経済的だよね、とか納得していた記憶はあります。


それから約14年たって、いまや地価の比較はあまり意味のない時代。
そうは言われても、橋向かいに行くには別の国道の橋を使ってきました。
4月に無料化すれば、こちらの移動ルートはあきらかに変わるはず。
待った甲斐がある・・・かな??
b0057140_21536.jpg



この大晦日に飲んでいたのが、この赤ワイン。
定価2000円くらいのが、ハローズで1000円くらい。
案外美味しかった。
カマンベールも、んまい。
b0057140_2153527.jpg



b0057140_2155455.jpg



↑子供には、これ。
中身は昔でいうガラナなんだけどね。
b0057140_2161347.jpg

昔から、「年越しそば」は「年を越すちょっと前に食べる」と親から言われてそうしていたけど、いつもヨメさんからは面倒がられて、ボク以外の家族はさっさと夕方に食べてしまっていました。
従って、毎年、自分で作って23時頃に食べます。
b0057140_9142158.jpg



b0057140_9151285.jpg



b0057140_9154663.jpg



b0057140_916118.jpg


出崎海水浴場で「愛犬と一緒に日の出を見よう」という催しがあると聞いて、「海から昇る初日」を水平線から見たことはなかったので、犬は連れていなかったけど、家族で行くことにしました。

雨にはならなかったものの、雲は低く、時間通りの日の出が見れないのは覚悟しました。
いつものビーチ(人間用)に行くと、それでも50人くらいの愛犬家(?)が集まっていました。
変わった種類の犬や、正月なのでキチンと服を着せられた小型犬も。
H薬品会社のいつもの管理人がいたので挨拶して、無料の甘酒をもらいました。
思ったよりは暖かい正月ではあるが、それでも寒い。

報道関係も来ていて、地元の3局のカメラは確認しました。

実は日の出を見る以外に2つの企画が用意されていて、1つは「ワンちゃんの初泳ぎ」。
これは、犬もしり込みするのではないかと思っていたら、飼い主はフリスビーを海に投げ入れました。
当然のように、ワンちゃんは海に勢いよく飛び込んで、フリスビーをくわえて泳いで戻ってきました。
忠実だなぁ・・・・気の毒なほど。

もう一つは、犬にできる「一芸紹介」。
一つはフリスビーなのだが、もう一つは「凧揚げ」。
ゲイラカイトなので、ヒモを首輪に繋いで直線で走ればきちんと揚がりました。
シーンとしては、おもしろい。

そんな時間稼ぎの結果、海ではなく、山でもなく、雲間から日の出は拝めました。
写真もいいのが撮れたので、いちおう満足ですね。