<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0057140_0131339.jpg

4月には人出でごったがえす、土手沿いの桜。
なんだか、痛々しい。
植えられてから、もう40年以上だっけ。寿命からいえば、限界に近いとか。

枝の上に乗れば、「ぺき」って折れてしまいそうだが、ところがどっこい、相手を思い切り投げ倒す大技に備えているようにも見えました。

寒いけど、がんばれー

本当のスープレックスは、こちら
b0057140_0172443.jpg
b0057140_22443878.jpg

最近、新発売のタバコ。
ニオイもケムリも少ない、という。
だから、買ってみました。

いまや、「味を楽しむため」ではなく「せめて周りの人に迷惑かけないように」種類を選んでいる。
情けないことだ。

このタバコのカンジンな味は、いまいち。
それでも我慢して吸っていると、だんだん喫煙自体もイヤになる・・・・という魂胆か??
毎年恒例の、ワイン試飲会。
会費1500円で、赤・白・ドイツに分かれたカテゴリーで各10種類程度のワインを試飲できます。全部無料ではないけど、6割くらいの種類は無料。100円とか200円の有料試飲もある。

その中で、珍しいワインを、希望者を募ってグラス1杯ずつ販売してくれる企画が1時間ごとぐらいに主催者の酒屋の人からアナウンスがあります。

レディガフィ2005(約40000円)
b0057140_22155863.jpg



真ん中のビン
b0057140_22162976.jpg



b0057140_2217412.jpg

友人が2500円でグラスで買ったものを少しもらいました。
よく熟成した、というかんじ。
他のワインには余計なものがあるが、これはぎゅっと凝縮したような。
(よくわかってないけど)

イケム2001(約35000円)
b0057140_22192032.jpg



サイズは、ハーフのようだ。
b0057140_22194686.jpg



b0057140_22211797.jpg

同席した友人2人が乗り気だったので、仕方なくワリカンで。グラスで4500円。
白ワインというよりは、もはやワインという飲み物ではないような。
かといってコニャックでもない(当たり前)。
やはり、ぎゅっと詰まったかんじがする。
「健康になりそうだ」とは友人の弁。

たまたますぐそばの席にいた男性2人組も、ボクらのワインに興味ありげだったので、ちょっと分けてあげました。
その代わりに、彼らが頼んだ有料ワインを少し味見させてもらいました。

リヴザルト1956
b0057140_22251351.jpg

ここまでの年代モノだと「すっぱいか?」と心配でしたが、そんなことはない。
しかし、おそらく酒樽のせいか、古臭い酒蔵のような匂いがしました。
それはそれでこのワインの歴史に思いを馳せてしまうのだが。

以下は、帰りの岡山駅前のイルミネーション。
b0057140_22271661.jpg



b0057140_22274459.jpg



b0057140_22282380.jpg