<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仕事では、ほかの人に迷惑かけないよう、休みをとるときは午前休であっても、10時には出社して、問い合わせの電話に対応している。
ほかの社員が休みのとき「なんで休んだりすんだよー」と、冗談であれ、言われていることを耳にすると、できれば、そういう印象は避けたい。

家ではここ2ヶ月ほど、日曜は夕食はボクが作っている。
調理するのは楽しみでもあり、クリエイティブな活動であるので、それほど苦でもない。
ネットの情報を使えば、素人でも、そこらにある安価な材料で案外美味しいものも作れる。
その証明をしたいためでもある。
ヨメさんの単調な食事にはあきあきする。
それで子供をはじめこちらが文句を言わないことに安穏としていることも、腹立たしいが、そういう「育ち」ならば、それ以上文句言う気にもなれない。

今日も、年に一度の、会社の費用で飲み食いできる宴会だったが、ボクは幹事ではなかったが、いろいろみんなの世話を焼いていたにもかかわらず、それに報いられるようなうれしい出来事はない。
解散のあと、二次会に行くグループもいたが、車椅子の男性を高島屋のそばのタクシーまで送っていってやった。
バスで帰る前に、ミスドで子供のためにささやかながらドーナツを買って帰った。


少なくとも、ボクは正しいことをしているよね?
それを認めてくれる人は皆無だが、ムリヤリ自分を納得させるしかない。

なのに、なぜ・・という問いかけは眠りの奥に仕舞っておくしかない・
岡山の花火大会には、何度も行ったせいか、子供は興味を示さない。
翌日の玉野の花火大会は、行ったことがない。

朝「行くか?」と訊いたがヨメさんは「行ってもいい」といいながら、子供の反応はない。

昼間に、みんなでファミレスに行き、それから帰って、ボクは夕食の3品を作っていた。
玉野までいくなら、20時から花火なので、18時半くらいに家を出るよ、と伝えておいて。

それまでに間に合うように、ちょっとずつ夕食のおかずの準備をしていました。
・ゴーヤ・シーチキン・茗荷の炒め物
・鳥ムネ肉のマヨソース添え
・豆腐ハンバーグ

作っている最中に、ヨメさんからは「子供は行きたくないみたいよ」だと。
ならば、最初からそう言えよ・・
なんのために頑張っているのか。

毎日勉強やらで忙しい子供たちではあるが、ほんの一瞬の夏の行事に興味がないのは、ボクとしては信じられない。
教育が悪かったのか、しつけが悪かったのかはよくわからないが、明らかに、3人もいるのに、ボクの感性に合う子は一人もいない。

明日いきなり死ぬかもしれない、という気持ちで毎日を大切に、知識の吸収に貪欲になるべきなのが学生時代だと思うが、そういう意識はヨメさんの怠惰な態度から、とても芽生えないようだ。


b0057140_2363692.jpg



b0057140_236567.jpg


玉野の市内はほとんど知らないので、路地を迷いながら、結局はフェリー乗り場の近くで勝手に駐車(苦笑)。
岡山の花火大会では最近見られなくなった大輪の花火がここでは見えて、いちおう満足。

でも、花火とは、誰かとつむぐべき記憶としての価値も大きい・・・


無念だ。
今の境遇は我慢して生きるに値しない。