先週は汗ダクだったのに、今日はTシャツに軽めのブルゾンを着て、ずっと寒い日。
先週の釣果は2匹、でも1時間弱でそれだけ釣れたこと、プラス、地元の新聞でも「ママカリは好調」との記事に「釣られて」行ってきました。
雨模様だったので娘は連れていかず。
途中、雨が強くなってきて、折りたたみ傘でしのいだが、周りの釣り人はカッパ持参。
こちらはいかにも素人だ。竿を持ち、釣り糸をたぐり、サビキをセットするのは、とっても不自由。
釣れたのは、これだけ。(ママカリとケッケ)
b0057140_22242493.jpg

大きさは、いまいちだ。
b0057140_22251670.jpg

ま、たくさん釣っても、料理するのが面倒なだけだ・・(マケオシミ)

天気は一日中雨模様なので、少し前から気になっていたことを娘に尋ねました。
「(1年半以上前から居間にある)メダカの水槽、やっぱし、メダカは全滅しちゃった?」
「んー、よくわからん」
でも、どうも、魚影が見えない。
なので、もともと、この水槽を買ったときの動機としては、縁日で娘が「金魚すくい」で持って帰った金魚を飼うためだったので
「金魚、買いに行くか」
ということになりました。
熱帯魚はおろか、鑑賞用のサカナなんて買うことは初めてだったのだが。
よく通る道沿いの店で物色していると、メダカは1匹15円、「小赤」と名前のあるちっちゃい金魚は18円。店主によれば
「これが、よく金魚すくいに使う金魚ですよ」
と。
10匹を購入して帰って、メダカの水槽(過去形)をキレイに洗ってから、ポンプを設置しました。(メダカを飼うときに、それは不要、と言われていたので、今回復活)
b0057140_22314666.jpg

店ではすべて赤に見えたが、1匹だけ、色が白と赤の種類も入れてもらいました。

もしも金魚が死んでしまっても、子供にとっては「また買ってくればいい」ということがわかってしまうことは、いいことなのか、どうか・・・
夕食の準備を一段落終えて、タバコを買うために近くまで散歩、みたいなもん。
b0057140_22463116.jpg


なんだか、吸い込まれそうな秋空だ・・・
b0057140_22471139.jpg



b0057140_22475549.jpg

河原では、まあまあ釣りをする家族がいる。
今日は夕方から大潮だ。

あー、のんびり釣りしてぇ・・・・