「高速道路上限1000円の旅」に行きたいといっていた、実母を連れて坂出へ。

坂出近くで、「うどんサイト」でオススメの、「製麺所」のタイプの店が安くて、食べるシステムにも興味があったのだが、「売り切れ次第閉店」とか「11時~12時くらいの1時間のみ開店」とか縛りが多いので、比較的普通な店へ。
だから、順番を待つ行列もない。

カーナビでは「目的地周辺に着きました」とアナウンスされるが、それらしい店はない。
電話番号を使った検索手段なので、店に電話して場所を教えてもらえばいいと思ったが、そもそも、自分がどこにいるかを説明しなくてはならないだろうけど、目印の建物とかがない場所。
ここは港湾施設や工場ばかりの地域。

でも、ちょっと離れていくと、ナビはもう一度案内を復活し、それらしい場所でやっと見つけました。
立地から察するに、ただの「製麺工場」が片手間にやってたうどん屋が、客の評判を呼んで、「じゃ、ちゃんとした店作ろうかの~」と思って建てたような場所。
b0057140_0173556.jpg

ボクがいつも比較用に注文する「かけうどん」。(+ゲソ天)
b0057140_0181535.jpg

麺はさぬきうどんぽいコシがいまいちで「あれ??」な印象でしたが、実母が頼んだ「釜揚げ」をちょっと分けてもらうと、こちらはナイス。

店の人の愛想も、とてもよかったです。

そのあと、どこに行くともなく、「瀬戸大橋記念公園」へ。
ここは、瀬戸大橋ができて、同時にできたであろう、公園。
橋が完成してもう20年経つけど、実はここに来るのは初めて。

緑が多く、おそらく「道の駅」の資格を得たことで、公園の維持費もまかなえているのだろうと推察できるほど、清潔な場所でした。

子供連れが多く、でも、とても落ち着ける場所。

記念館につながるメインストリートには、橋を模した噴水。
b0057140_0194246.jpg



b0057140_0203742.jpg



b0057140_023555.jpg

滝をフィーチャした公園があり、そばをくぐりぬけることができる。
b0057140_0223026.jpg

「どだま獅子」というらしい。一般にいう「獅子頭」を石で作ったモニュメント。緑が鮮やかだ。
b0057140_025188.jpg


映画「UDON」でも使った「マリンドーム」。アマチュアバンドが、男性なのにaikoの歌練習してる。
b0057140_0253454.jpg

これは裏側から
b0057140_0263635.jpg


公園では、熟年のカップルがいいかんじで休んでいる。まさに「安寧なひととき」
b0057140_0274494.jpg

橋を描いている若者
b0057140_0282870.jpg

自分の影で作る「日時計」。たしかに、今は1時40分くらいだ。
b0057140_0292696.jpg

橋を通る電車
b0057140_0295215.jpg


瀬戸大橋タワーからの絶景。
b0057140_030257.jpg

おそらく、タワーの最高地点。(地上108m)
b0057140_0311512.jpg



b0057140_031495.jpg



b0057140_0321277.jpg


市民の憩いの場所としては、うってつけ。
旬を過ぎた施設としては、大満足できるクォリティでした。