これは、ちょっと失敗作。
牛窓で買ってきた「ズッキーニ」を使ってみたかっただけ。
酸味強すぎ。
コンソメでそれは和らぐと過信していたのだが・
でも、ミートローフのおかげで、「うげー」な味でもない。
次回に期待(?)だな。
b0057140_036369.jpg

実母が以前からこの店に昼食に行きたい、と話していたので、この連休ならいけるかな、と家族にも声をかけましたが、行けるのは息子のみ。それも、行くギリギリまでグースカ寝てる、という。まったく。

場所は西大寺の南。隠れ家的なロケーションのトラットリア(でも、イタリア料理主体でもない)。
大きながっしりとしたテーブル。窓からは小さな漁港が見える。
b0057140_18153932.jpg

大きくしてみたが、やはり外はわかりにくいかな・・
b0057140_1818530.jpg

地下には、建築家の店のご主人の作品ギャラリーがありました。
b0057140_18194652.jpg



b0057140_18201333.jpg

店のほうは、奥さんと、もう一人(おばあさん?)が仕切っていました。
洋風のランチ
b0057140_18211688.jpg

和風のランチ。てんぷらメイン。ピーマンのてんぷらは、苦味が少ないどころか甘みまで感じる。自家製の野菜らしい。
b0057140_1822298.jpg

食後のコーヒー。ここの食器は、備前焼が基本のようだ。
b0057140_18231026.jpg

ランチはどちらも800円、食後のコーヒーは200円。値段でいえば、地域性とメニューの中身からすれば高すぎるように思うが、自家製の野菜の味をとれば、逆に安いともいえる。
どちらにしても、味は文句ありませんでした。
女性や高齢者には十分な量だが、息子みたいに食べ盛りな客には物足りないかも。

ついでに、今日は残してきた娘達のために、なにか買ってきてやろう、と、牛窓に行ってみました。
なにか魚の市でもあればと思ったけど、結局、中光商店でてんぷらをいろいろ買いました。

そこで、もう帰途に着くつもりだったけど、ふと、「オリーブ園」に寄ることにしました。もう、20年くらい来ていないだろうか。

入り口の料金所の看板には、「駐車料金500円」。
え?展望台だけなのに?アホらし。
でも、ここまできたなら、と料金所でワンコイン払うと、おみやげ交換券をくれました。
あとでおみやげコーナーで提出すると、300円くらいのオリーブせっけんをくれました。結局は200円か。
山の上なので風が相当強く、暑さは感じない。
天気も時折陽の差すまでに回復していました。
b0057140_18474440.jpg

展望台の下には「日本で2番目においしい」と幟のあるソフトクリーム屋がありましたが、登る途中で見た山本牧場のジェラートの方がいいかも、と、ここではスルーしました。

山本牧場の店では「スイカ」を選んだけど、そういう味はしなくて、でも甘さ控えめで美味しい。
この暑さ(31℃くらい?)では、食べてて2割もいかないうちに溶ける溶ける・・・
b0057140_18493011.jpg



b0057140_1850648.jpg

でも、目を離すとすぐに行列、できてたし。
b0057140_1851951.jpg

日曜というのに、朝8時過ぎには起きて、娘の英検受験のため、西大寺の学芸館高校までクルマで送迎。
学校の前で「ちょっと」止めるつもりだったが、警備員のにいちゃんは「送り迎えは正門以外でお願いします!」と冷たい口調。ほっといてくれ。タカビーやな。

いつ終わるかわからないので、平島まででて、ダイレックスで「電子タバコ」を1980円で買えたのはラッキー。
ついでに、懐かしいと思って久々に「YouMeタウン」に行って、自分用1000円Tシャツと、1個100円のミスド5個買ってしまったさ。
ヒマがあるとついどうでもいいモノを散財するクセは直らない・・・・

「夕食を作ってほしい」
と朝、ヨメさんから言われていて、自分が作ってみたいものと、子供達が喜びそうなものの論理積を求めると、メニューは「普通のハンバーグと、豆腐ハンバーグ」に決まりました。
で、一般的な「ランチ」とすれば、あと必要なのは「サラダ」と「スープ」。
できあがりは、これ。
・チーズのせハンバーグと、チーズのせ豆腐ハンバーグ
・紫タマネギ・じゃがいも・ニンジン入りコンソメスープ
・キャベツ・キュウリ・ダイコンのスライスサラダ、ごま油ドレッシング添え
b0057140_22402282.jpg


豆腐ハンバーグは、何度も失敗して、子供には人気なかったけど、今回は「鶏がらスープの素」を混ぜたので、まんざらでもない。
以下は、極めて個人的な「覚え」ですので、あしからず・・


1週間ほど前から、フロに面する洗面所の「吊引き戸」(どう呼べばよいか、も、初めはわからなかった)で、閉めようとするといつも同じ箇所でつっかえるような堅い感触があり、ついには「開けっぱなし」にしていました。
でも、それだとキッチンから丸見えなので、脱衣所として使う、年頃の娘にはそうもいかないので、なんとか直す決心をしました。

もちろん、業者に頼めばカンタンなのだが、これくらいなら自分でやれるかも、という気持ちと、まあ待て、でも「餅は餅屋」というではないか、という思いが交錯していました。
業者を呼べば費用もかかる、という要素もあり。

さっそくインターネットで調べてみると、それらしいサイトはいくつもあり(そこで、吊引き戸、という言葉を発見しました)読みふけっていましたが、ウチのケースに当てはまるものがない。

一旦外してみればもっとよくわかるかと思ったけど、雨戸のように容易には外れない。

吊引き戸の上部
b0057140_23352352.jpg


戸を繋いでいるのは上の2箇所。
ある部分に来ると異音がするので、とりあえず「シリコンスプレー」を買ってきて「シュー」してみたが変化なし。
椅子を使って、上からよーく観察すると・・どうも、留め金はネジ式のようだ。
適当に回してみる(とはいえ、専門のレンチなどなく、たまたまサイズの合ったものを使用)と、・・・あれ?なんだか、感触が違ってくる・・・・

両方をあれこれいじっているうちに、原因がわかりました。
要するに、天板となる柱と、引き戸が平行でないと、マトモには動かない。

ネジ部分
b0057140_2341997.jpg

2箇所のネジを調節することによって、見事、直りました。ふー。

こういう情報は共有すべきなので、あとで中1の娘にも、(やや自慢げに)説明してやりました。
そのあとで彼女曰く
「でも、なんでそうなったん?」
そうなんだよ。
それが大事なんだ。
そのことに気がついた娘を思わず褒めてやりました。

気温の変化とか、もう築15年以上になる家の建材としての疲弊度とかあるけど、恒常的に発生するとすれば、それは意識しておかねばならない。

でも今は、昨晩から「どうして直せばよいか」を悩んでいた自分にとっては満足な結果が出せたことを、よく覚えておくことだけにしておこう・・・
または、同じような悩みに遭遇した人の参考となることを願いながら・・・