<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日は午後から墓参り、という予定だったので、朝、7時半から釣りへ。
いつもの岸壁。
前に、まあまあ釣れた場所。
昨日息子を誘ったとき「行く」と言ったら、今の初心者用の竿ではなく、もうちょい長い竿を自分用に買うつもりだったが、それはまた今度にしよう。

いままではキレイにパックされたサビキ餌だったが、今回はブロックの安いエサで。ほぼ半額。
これも、やってみなくちゃ。

岸壁で糸を垂らしたのが8時頃。

すぐにアタリがきたが、釣れたのは・・これ、なんて魚だ?
セイゴのさらに小さいのに見える。タイっぽい。
ま、いいや、と続けていると、今回は「けっけ」がハンパでなくよく釣れる。
外道なんだけど。
ちっちゃいのは、たぶん、竿をあげるたびにひっかかっていて、たぶん20匹くらい逃がしたと思う。
そのたびに「ボク、ボクじゃダメだから、お父さん呼んでおいで」とつぶやいたせいか(わら)まあまあのも連れました。比較用に、普通のボトルキャップを置いておきます。
b0057140_19493123.jpg

11時くらいに、エサもなくなり、糸もからまってしまったので「潮時」としました。
ママカリ6匹、けっけ4匹、セイゴ・ジュニア2匹、くらい。

いいんだ。満足だから。
b0057140_19515947.jpg

夏前くらいから、ちょっとドキドキもんで走っていた通勤のバイク。
もう、リアタイヤの交換時期だとはわかっていたが、交換費用をヨメさんに交渉するほどのパワーは持ちえていない(つーか、文句言われると面倒)ので、ちょっとした収入をアテに、ついに交換。
持っていったバイク屋さんでは、着くなり「よーちびてますねー」と、一瞬見ただけで言われてしまった・・

交換前
b0057140_23421751.jpg

交換後
b0057140_23423948.jpg

こうしてみると、一目瞭然だ。

やれやれ、これでしばらく安心して乗れる。

交換費用:約20000円(アローマックス)
交換までの走行距離:約27000キロ・3年半
今日のもう一つの目的地、「まんのう公園」へ。

中央駐車場が満車ということで、やや離れた道のそばに駐車。
コスモスまつり、とのフレコミだが、まだ、やはり時期が早いようだ。
でも、なんだか居心地のよさそうな場所。
b0057140_20392077.jpg

本当は、弁当でも持ってきて、朝から晩まで過ごすのがいいのだろう。
訪れるべき最適な家族の構成は、やはり夫婦と小学生低学年までの子供連れ・・だと思う。

一番奥には展望台がある、というので登ってみました。
実母はさすがにキツそうだったので、休憩所に残して、子供2人と。
途中の階段は、ボクや中学生の娘にはちょっとキツい。大学1年の息子は平気そうだったが。
満濃池が見渡せる。
b0057140_20423328.jpg


案内所まで戻ると、花で飾った、ここのシンボルらしき「ドラゴン」のモニュメントが。
b0057140_2044082.jpg

暑いので、アイスを食べる。
でも、珍しいモノ好きなボクは新しい味、ハケーン。
「碁石茶・味」
ごせきちゃ、と読むらしい。高知のお茶だとか。
抹茶味に似ていないでもないが、はるかに淡白。後味は悪くない。260円くらい。
b0057140_20455394.jpg



b0057140_20461855.jpg

あとは、お土産を買って、滝のある場所から、キバナコスモスの咲く道へ。普通のコスモスもあったけど、まだまだ花は少ない。
b0057140_20472513.jpg



b0057140_20474955.jpg



b0057140_20481083.jpg



b0057140_20492885.jpg

本当は、今度の10月の連休くらいが見ごろなのだろう。
今度は、今回来れなかったヨメさんと上の娘を連れてくるかどうか。

まだ、予断を許さないが・・・(^^;

レンタルサイクルをさっさと借りられれば、別の楽しみもあったろう、と思いました。
ここでも、行列できてたし・・・・
ついに、念願叶って(?)さぬきうどんの有名店に行ってきました。
・・・・って、実はこの店は、15年ほど前に、高松で勤務していたときから「ここのは美味い」とは聞いていたのですが。

前日までに店のメニューや地図はプリントアウトして、事前にナビにも設定。
もちろん、あまりに客が多かったときのために、代替の店の候補も3店ほど地図を用意しておきました。

実母(敬老の日なので)と息子と下の娘を連れて、朝10時に岡山市内を出発。
あにはからんや、R2バイパスはやや渋滞気味。
さては、このまま早島ICまでノロノロで行くしかないのか?!とドキドキしましたが、途中からはまあまあの流れ。
ICに入る左側の車線にはちょっと強引に割り込んで、高速に乗ったのはいいが、故障車がある、とのインフォメのせいか、普通の道路みたいな速度。
こんな速度で瀬戸大橋を渡ったのは初めて。
風景をゆっくり見られるのはいいけど。
与島PAは入り口から渋滞していたので、立ち寄ることは避けました。
天気は、サイコーに近い。
b0057140_2020187.jpg

坂出ICで降りてからは、ナビもセットしていたけど、ほとんど悩むことない一本道。
時々道が込んでくると「うどん客がここまで?」とか「ニューレオマの客のせいか?」とか心配のタネは尽きない(わら)

11時45分くらいには、無事店の前へ。でも、これからだ。
b0057140_20225056.jpg

駐車場にはさほど待たずに入れた。でも、店の前にはざっと30人くらいの行列。
b0057140_20235460.jpg

日向は暑い。でも、やっと日陰にくるまで待っていました。もうすぐだ。注文するまで。ここで待ち時間は20分経過。
b0057140_20244659.jpg

注文は、みんなシンプルに「釜揚げ」。うどんがでてきたのは、店に着いて約1時間後の12:45。
b0057140_20261341.jpg

あつあつではなかったが、でも、さすがに美味いわ。(これは、大:350円)
つけ汁が大きなツボに入っているとか、ショウガは自分で摺るとか、なかなかいいぞ。

こんな店が、会社のそばにあればいいのに・・
最近、朝の目覚めが億劫で、「すわ、オレも[うつ]になったか!」と考えてもみるが、ちゃんと起きれる。
でも、さすがに最近は疲れがとれないので、午前中の休みにしました。
でも、フルにAMを休む気はないんだけど。
気になる仕事もあるし・・・

今日はいつもの時間に目覚めたあと「ああ、今日はゆっくり出来るんだ・・」と二度寝を決め込みました。
でも、夢で目覚めてしまった。
良い夢ではない。
いや、途中まではまあまあだったが、雨の中、バイクで道を急いでいて、前方の軽にぶつかって転倒し、前方に投げ捨てられたシーン。
キズはそれほどでもない。
そのうち、誰かが助けにきてくれるかと思ったが、誰もこない。
自分で立ち上がれたので、事故の現場に歩いていくと、呆然と座る男性二人組み。
え?・・・・どうやら、ボクの会社の別部署の人間のように見える。(会社のロゴのジャンパーを着ている)
そのそばには、こういうトラブルがあると駆けつける、会社のK氏の姿があり、苦虫を噛み潰した表情で、ちらっとこちらを見る。
仕事で忙しいのに、よりによって、内輪同士の事故とは・・・と心の中の声が聞こえてくるようだった。
そこで、目が覚めた。
悪夢とはいわないが、あまりいい目覚めではない。

その前にも、やたらと道を急ぐ自分がいる。
なぜか、高校生で。
おまけに、自分は県立普通科のH高だったのに、いつも同じ県立普通科ではあるが、D高だ。(何度も、こういうことがあった)
通学のため、始業時刻に間に合うようにしているのだが、さて、授業の準備ができていない。
教科書をカバンに入れようと思っても、時間割すら思い出せない。
いつから授業に出ていないかも、記憶がない。
もしかして、ずっと、授業に出ていないのではないか。
そんなボクがおめおめと教室に行くことにはかなり抵抗がある。


もっと前には、大学の下宿のシーンが映っていた。
一人暮らしだったので、実際にはそれなりに汚れていたが、よくある「ゴミ屋敷」ほどではない。
でも、片付けないでそのままの部屋が、なぜかそのまま残されている。
なんとかしなきゃ・・・と思いつつも、手のつけようがない。
大学卒業時には、すべて整理して、その「がらん」とした部屋のシーンも目にやきついているのに。
もしかして、それこそが夢だったのか?
自分が片付けなければならない部屋が、まだどこかで時限爆弾のようにボクの訪れを待っているのだろうか・・・?


事故の夢の暗示は、謙虚に受け止めよう。
だからこそ、用心して生きていけるのかもしれないから。
b0057140_23182925.jpg



b0057140_23185028.jpg



b0057140_23191087.jpg

今日の雨は非道かった。
でも、夕方からは急速に天気は回復。雲が速い。

高2の娘は体育祭の準備のために学校にいたが、夕方、迎えにきてくれ、とメール。
昨日も帰りが遅かったそうで、母親に迎えてもらってクルマで帰った。今日の朝も送ってもらって学校へ。

だから、チャリが置き去りにされていたので、今回、ボクのミニバンで回収。

学校で待ってるから、と彼女は説明するが、学校のどの場所で待っているかの説明が不足していたので、あとで「迎えに来る人の気持ちになれよ」と諭しました。

大学生の息子はといえば、今日は同窓会のような集まりのようで、帰りは遅いという。
チャリではないのでバスの時間が気になるところだが「クルマを持っている友人に送ってもらうから」と。
ならば「缶コーヒーを玄関においておくから、送ってくれた友人にお礼に渡しておくように」とメールしておきました。

毎日が土砂降りのような気分だが、いつか晴れ間が見えてくるのだろうか・・・・・?
b0057140_2383237.jpg

数日前の、近所の土手の風景。

仕事では、出来るだけ「ポジティブ」に。
イヤなことがあっても、本当に深刻な事案でなければ「へらへら笑って」済ませることが多い。
急な仕事の割り込みがあっても、そう。
少々のストレスはあっても、それはいまどき、ボクだけの問題ではない。

そうはいっても、しんどいんだぜ、ということを、本当に珍しく家でグチったら、数日後には「仕事でよく弱音はいてるし」とヨメさんに言われる。
そうじゃないだろ?

じゃ、誰にホンネを話せばいい?

こいつに、もう、ホンネは話せない。不快になるばかり。家族なんて、ボクにはいない。

印象的な風景にひと時の安寧を感じるしかないか・・・・

家では、隣の犬がしょっちゅうけたたましく吼える。(来訪者がいればおかまいなし)
持ち家なので、変に文句も言えない。
だから、休みといえども、落ち着いて本も読めないし、DVDも見れないから、昼間は外出がちになる。

救われないな・・・・
b0057140_235581.jpg



b0057140_2353561.jpg

「絶品チーズバーガー」は傑作だ、とのウワサはあったが、食べたことはない。

その次回作のこちらを試してみたが・・・・

いまいち。