県北の天気予報では「雪」とかもあったので、たどり着けるかどうかも不安でしたが、朝7:45に家を出るときは気温0℃くらい。
寒いけど、それほど極端ではないと思いました。

矢掛は、まだ篤姫頼みか。
b0057140_1530174.jpg

バイパスはこの時間だとさすがに快適で、8:55には会場に着。
9:30までに受付を済まさねば。

この時間の到着は、全体としてはかなり遅いほうで、駐車場も、すでに7割くらいは埋まっていたはず。
しばらくすると、この状態
b0057140_1533513.jpg

近くをジョグしてみると、スケートリンク化した池が。完走証には「気温4℃」と書いてありました。
b0057140_153593.jpg


記念品
b0057140_15315979.jpg


入り口ゲートとゴール
b0057140_15364578.jpg



b0057140_15375497.jpg


開会式で、てんまや陸上部の小原怜さんが。よくみえねー。
あとで近くで見たけど、写真よりは実物がカワイイように思えました。
b0057140_15393916.jpg


10:20 10キロスタート 迷ったけど、Tシャツで走りました。寒さに困るほどではない。
b0057140_1542437.jpg

最初が下りのせいか、3キロ過ぎまでラップが5分ちょうどくらい。ボクとしては速い。
でも、なんだか楽しい。
b0057140_1543372.jpg



b0057140_15442513.jpg

折り返し後。どこまで下るのか、やや不安でした。
b0057140_15452218.jpg


途中で、靴ヒモが3度ほどゆるんでストップ。この理由の一つは、このあと。

確かに、以前に下見でクルマで走ったときより、さすがにアップダウンがキツく感じたけど、それも、勉強のうち。下りはどうしても苦手だったけど、途中で、楽に速く走れる方法を思いつきました。もちろん、登りやフラット面の走りとはチェンジしないといけないことも・・

会場に戻る寸前の登り坂で、対抗車線からピンクのウエアの女性ランナーが右手を横に出してこちらに走ってくる。おお。小原怜だ。
前を行くランナーと同じように、こっちも、右手を差し出してハイタッチならぬミドルタッチ、みたいなことを。
えーなぁ、これ。元気でた。

ゴール前ではお決まりのスパートで5人ほど抜きました。
でも、種目別では220人くらい中116位。
53分34秒。これでも、自己ベスト。この坂道でこれなら、満足。

参加者に振舞われる豚汁。
b0057140_15535326.jpg

これは、結構イケる味でした。
まわりでは「オレは3杯目だ」という会話もきこえていました。
でも、相当たくさんあったのだと思う。
このナベが4つほど用意してあったし。
b0057140_15552794.jpg

そうじゃマラソンでもこういう軽食があったと思うけど、長蛇の行列に諦めました。
けど、ここは、どんどん出てくるので待ち時間ナシ。

アンケートを書いて、そのあとは近くの特産物販売施設でオミヤゲのヨーグルトを買って帰ったのでした。



てのは、お決まりのリポートですが、いくつか気になる点が・・

実は、口コミでこの大会をきいて、「とても雰囲気がよい」みたいなことが書いてあったせいか、「え?それほどでもないやん・・・」てな印象でした。
悪い、というのではないけど。
イマドキのステマではないけど、ここは3割ほど差し引いたほうがいいかなと思いました。
あくまで、個人的な感想ですが。

応援する人に勇気をもらう、とは、よく言われることですが、今日は、その感覚のカケラは感じられた気はします。折り返しを過ぎて、坂道ばかりでややヘバったとき、ちょうど人通りの多い場所で応援してくれる人に手を振ると、なんとなーく、ペースが上がって前の人を抜いていけたような気がします。手を振ることによる「ハンドパワー(笑)」?
確かに、こっちはヘボランナーでも、応援してくれることにはちゃんと感謝しなくちゃ。

で、問題はこれ
b0057140_1641620.jpg

計測チップは、いままではゼッケンについたものしか使ったことないけど、これはシューズのヒモに通すらしい。
だから、一旦、クツヒモを緩めて、締めなおすことになる。
これが不十分だったせいか、もう一つ、足の指に負担をかけないためにちゃんとクツヒモを今日は結びなおしたせいか、途中で3度もヒモがゆるんでしまったので一旦止まって締めなおし。
いままでにはなかったこと。うち1回は、チップのほうの足だったし(←ヤツアタリにも思える??)
でも、スタート直前になって、「シューズにチップがないですよ」と係員に指摘される女性がいて「えー!どこにあったん?」「ゼッケンの袋と一緒にありますよ」という会話もあり・・・慌てて取りに行く女性・・
なにか理由があるのだろうが、いままで通りのほうがいいように思う。

豚汁について。
いままでの大会ではゴールすると係の人が水やお茶をくれたと思うのだけど、今回はナシ。
このインフルエンザの警報発令時に、うがいもしないですぐに豚汁を食べるのには抵抗がありました。
だから、もらった水でうがいできればいいなぁ、と思っていたけど、それはナシ。
近くの施設でうがいしてから、豚汁をもらいにいきました。
周りの人は、全然気にしていないみたいだ。
もしくは、水くらい、走りながら携帯してた??

天気もまあまあで、ボクとしてはこの気温はまったく問題ない。
でも来年はどうかな・・・
他にいい大会があれば、ここにはこだわらないような気がする。

得点は・・70点くらいかなぁ。
日曜の大会のため、週の半ばで、少しでも走ったほうがいい。
とはいえ、仕事もあるし、うかつに休みなどとれない。

昨日、客先の仕事に使う資材が足りないことに、夜になって気づき、今朝、通勤途中で客先に立ち寄ることに決めました。

だとすると、家を出るのは、ちょっとゆっくりでもいい。
(ちょっと、といっても20分程度だが)

今は、朝7時前には夜の帳は去ってくれることは知っている。
だから、7時から8時にかけて10キロRUN。
これなら、汗をカンタンにシャワーで流して着替えて会社にいける。
ただし、いつものように出社する時間としては、支度する時間が足りない。

週末を除けば、これがチャンス。


7時に、はたして、走る気で起きれるかどうかも、大切な要素。
気が乗らないならば、やめといたほうがいい。というのがボクの考え方。
もしも、事故が待っているかもしれないし。
そんな予感がすることは、あまりないけど。


あとからネットで調べると、最低気温-1.4℃の中、Tシャツとトレーニング用のウエア上下だけでランニング開始。
寒くはない。
ただ、吸い込む空気はいつになく冷たく、喉をたたくようだ。

-1.4℃の計測は、走っている真っ最中の7:30頃だ。

今日のコースは東周りで旭川大橋を経由して旭川西岸に回るコース。
旭川大橋の急坂を、これまでは下ることはあっても、登ることはなかった。
あまりにも急で、チャリでは必ず押していったから。
でも、走ってみると、案外ノンストップで行けたりする。

b0057140_232006.jpg



b0057140_23203074.jpg

何度見ても、夜明け前後にこの場所に来るとき、鏡面のような川の水面には見入ってしまう。

いつぞやは、渡り鳥の大群を間近で見ながら走った。
すぐ近くをウォーキングする、知り合いでもない人と「すごいねー」と言葉交わしながら。

寒さは、ボクのランニングの敵ではない。
むしろ、好ましいアトモスフィア。
b0057140_23335317.jpg

村上春樹氏の詩。
岡山のスーパーランナー「西もも」さんのブログの紹介から借用。
(もしも、ここを西ももさんが見られていたら、お断りしておきます・・)

泣けそうになる詩。

あらゆる文章にランニングの要素が凝縮されていて、どこがいいかといえばとても迷うのですが、ボクとしては、最後の1節が好きです。

「そしてあとにただ、空だけを残す」

チャレンジングな動機ではじめたランニングですが、起きていれば仕事のことで悩み、寝ていても夢に出て、ぐっすり寝ることもできず、まどろんでいる。
そんなときは、走るしかできなかった。
というときも、少なくありません。
走りながら、白やグレーの雲のことを考えて、それを振り払う方法はないのだけど、いつか、そんなことがあったことを忘れる。
走る理由としては、それも「アリ」だと思います。

走っていれば、毎回、なんらかの向上要素が見つかる。
距離や、速度や、止まろうとする誘惑を何度振り払ったか。

確かに、ランニングブームだから、という意識だけではじめても続かないように思います。
でも、続けられれば、人生の経験のうち、とても貴重な時間を得られる贅沢を享受できると信じます。
これは、自分のための、備忘録でもありますので、読んでもあまりおもしろくないかも・・・

数年前から、自宅の壁の補修とかの案内で、知らない業者から電話がかかったりしていました。
でも、先立つものがないし、見た目はそれほどでもないので「無視!」していましたが、ヨメさんからは、さすがにそろそろ。。。という相談もあり。
資金も、なんとか貯金の満期がくるのでなんとかなりそうなので、2週間ほど前に相談会のようなものに行き、見積もりをしてもらいました。
今日は、その説明と、契約のためにMホームの営業担当が来訪しました。
建てて20年で、「それにしては傷みは少ない」そうだが、「普通は10年か15年でやるもの」だそうなので、補修用の塗装材料も1ランク上にしてもらいました。かなり値段は張るけど、いちおう予算範囲内だし、仕方がない。

3月一杯の補修完了が、工事の「特別割引サービス」の恩恵を受ける条件なので、この3月の3週間の間は、家の周りに足場を組まれて、ちょっと不自由な生活となる。


本当は、午前中に走る予定が、この打ち合わせのために昼前に変更。
阿部池周回コース。
ちょうど、プロペラ機とヘリの離陸中。

プロペラ機。走りながらだと撮影は苦しい。
b0057140_15421064.jpg



b0057140_1543795.jpg


ヘリ。なんだか落ちてきそうだ。
b0057140_15443098.jpg

なんとなく「虫」に見えないでもない。
b0057140_1545223.jpg


久々に1キロ4分台が出た。
6分台に落ちることもない。
これで、今週もトータル30キロ。
来週は、走る時間を作るのがかなり難しそうだ・・・
ずっと以前から、週に一度は利用しているパン屋「おかやま工房」。

少し前から「明太子フェア」と称して、明太子を使ったパンの種類が急増。
ガーリックフランスを模した「明太子フランス」はとても美味しいが、230円は、やや高い。
ハーフなら買うが。

最近の商品の「明太子フォンデュ」は一番のお勧め。
150円。

明太子関連のパン1個ごとにスタンプを1個押してもらい、3個で抽選券1枚をもらえるキャンペーンがあり、時々買うこと6個ちょい、抽選券を2枚もらいました。
抽選は1/20、つまり、今日。
必ずその日に立ち寄れる保障はないので、そこから数mはなれた家に住む実母に、抽選に行ってもらうよう頼んでおきました。

全然、そんなことは忘れていて、今日、仕事に行く前にパン屋に立ち寄りました。

いつもの休憩スペースが抽選コーナーに変わっていました。

平日無料サービスのホットコーヒーをもらい、コーナーの隅で飲んでいたら、いつのまにか実母が抽選コーナーにきていて、ボクには気づかない様子。
そのまま見ていたら、1枚目は4等。エコバッグ。
b0057140_020198.jpg


2枚目では、係員が「おお!」と声をあげる。そして、鐘を鳴らしました。
1等。ふくやの明太子120g。
b0057140_0215428.jpg


ここで、実母に声をかけました。
実際に当てた側としても、さぞかし嬉しいことだと思う。
あとで「少し分けようか」とメールしたけど、「いい」とのことでした。

「実際には、どの程度のものなの?」と係員の男性にきいてみると
「1000円くらいです」とのこと。
元手は抽選券2枚分、パン6個で900円くらいだから、それ相当かな。

あとは黒糖クロワッサンとか、ガーリックフランスとかがいいね。
コロッケとか挟んだパンは、以前は避けていたけど、ナポリタンスパ入りコッペとか、ペパーシンケンサンドとか、なかなかいい。

なぜか、ここではあまり値段を気にしないで(比較的)買っているように思う。
月末の「星の郷マラソン」の案内がきた。
b0057140_23132890.jpg

10キロコース。
ここは、アマチュアとはいえスピードランナーが揃う大会だときくから、つられて、あまりムリしないようにしなくちゃ・・

1/29 井原市 星の郷マラソン
2/5  牛窓   エーゲ海マラソン

岡山の東西のはしっこを走りぬける!なんてね・・


最近、体重も安定していて、なんとなく体質が変わったように感じる。

休日には朝食抜きばかりか昼食もちょっとしか食べないことが多く、そのぶん、夜にナベの機会が多く・・・・夜中にラーメン作って食べることも多くなったように思うけど、それはあまりウェイトに影響していない。
(ちなみに、22時前なら、夜食の弊害は少ない、とTVで言ってたし)

週に3回くらい10キロ超/回のランニングをしていると、そこでどんどんカロリーは消費されていて、そんな流れが体の中で速度を増しているようにも思える。
15キロくらい走れば、RunKeeperの計測値ではあるが、1000kcalくらいは消費しているので、ボクの年齢の1日のカロリー必要量の1600kcalのほとんどをこの時間で使い果たしている計算だ。

それでも、まだ適正な体重ではないので、さらなる努力が必要か。
会社でトラブルが起きると、ストレスのため、とたんに体重が減る、という経験則はあるものの、これはちょっとイヤだな・・・
昨年末にランニング中に交通事故に遭った人とかのことを時々思うと、最近は走るコースを以前より慎重に選ぶとともに、交通ルールだけは守らないと、逆に、ランナーが事故の原因にされそうな心配もあるなぁ、と考えます。

今日は、週30キロのノルマ(あくまで自分の勝手)を果たすべく、百間川の河川敷を走りました。
最終的には13キロちょい。

こないだiPhoneに入れたJogLogをちょっと使ってみたけど、計測がデタラメなかんじがしたので、その500mほどは入れてません。あとで見ると、マイル表示でした。
マイル表示をキロ表示にしたいのだが、英語オンリーなのでよくわからない。これは「買い」ではなかったな・・

おそらく気温は3℃くらい。
途中から上着は脱いでTシャツ1枚で・・

ここは、土手を走ることになるので、かつての「ロッキー」のトレーニングシーンみたいに、渡り鳥が羽ばたくこともありなかなか気分はいいのだが、橋もあるので、そのときは土手下に下りることになる。

さらに1箇所だけ、橋の道をどうしても横断する箇所があり、ここだけはクルマに気をつけて、一旦足を止める必要もある場合もある。
ムチャをすると、ドライバーに怒鳴られそうだし。

ここを回避するには、下の河川敷の道を通ればいいのだが、何度か調査した結果、そこから北1キロくらいはかなり整備が遅れていて、デコボコ道が続くので、さすがにいつきてもそこを歩く人はいない。
土手に上がる階段も、そこだけは作られていないので、ここだけは不自由をガマンしないと。

思うに、ここをせめて舗装しなくてもフラットにできれば、今回の百間川河口付近から、後楽園までの約15キロがすべてつながる。
ここなら、暴走車に轢かれる可能性は極めて低い。
ところどころある河川敷に降りるための広場でクルマに遭遇する可能性はあるが、一般道とは危険度はまるで違う。

東日本大震災チャリティランの会場の県営グラウンドも、3箇所の駐車場入り口が危険だと思う。

いつか、岡山市内で大規模なマラソン大会を開催するなら、ここを練習用に整備してくれれば、痛ましい事故が起きる可能性はかなり低くなるはず。

もちろん、小規模な市民マラソンにも使えるのだが、一人で走っていて、いきなり倒れると、人通りが少ないので、カラスのエサにされそうなリスクは残っているかも・・・



b0057140_15553816.jpg

朝7時前後、うとうとしながら、体を休めるほうが楽だよなぁ・・と思いながら、今日は走る予定にしていたし・・・と、8時過ぎまでぐずぐずしていました。

でも、ふと、布団を跳ね除けてしまうと、とたんにRUNモードへ。

RUNを長く続ける秘訣は、いつも同じコースではなく、新しいコースを考えることが、走る楽しみになっていくことだとも思う。

今日は、自宅を起点として、児島湾をぐるっと回る初めてのコース。
想定距離は10キロちょっと。
b0057140_0362099.jpg

最初は信号で止まる場合を注意しなくてはならないが、アップダウンもあり、トレーニングのバリエーションもある。

こないだ登った「児島湾大橋」を、今回は南から越える。
b0057140_041984.jpg


結局、12キロのコースとなりました。

昨日は、ついに「そうじゃマラソン」のハーフマラソンに申し込んでしまったので、今は普通になっている10キロのランニングを、さらにレベルアップしなくてはならない。
あと一ヶ月ちょい。



・・・・なんとかなるか!!
野球やサッカーのメジャーなプロスポーツでは今はオフの時期だが、ボクのRUNの世界では、今の寒い時期が、レース時期。

2/5の牛窓、エーゲ海マラソン10キロの案内。コースは前島一周。
b0057140_05978.jpg


その1週間前の1/29には星の郷マラソン(10キロ:井原市)にエントリーしてる。
案内状はまだだけど。

そして、2月26日にはビッグイベントの「そうじゃマラソン」があり、明日、締め切りぎりぎりでハーフマラソンにエントリーする予定。ハーフを走れるかどうか、という決断に迷っていた部分もあるが、エントリー・フィーも、3500円、と、やや高い。
最大2500円程度がいままでのボクの相場なのだが、今回はフンパツだ!(笑)

関係ないけど、昨日の朝の月
b0057140_0595044.jpg

午前中、中3の娘と、実母の初詣に付き合いました。

「そういえば、子供たちの受験のときは、いつも正月に竜ノ口八幡宮にお参りしてたなぁ・・今年は、すっかり忘れてた」
と心の中で思って、まだ12時過ぎなので、一人で行ってみることにしました。
もともと、どこかで走る予定にはしていたし・・・

いままでのお参りは、登山用にスニーカーぽい靴は履いていったが、服はほとんど普段着。
今日は、いつものトレーニングウエア。
気温は7℃くらいで、上着は不要と思えたが、もしも汗が冷えたときのために、着ていきました。

はじめは上着のまま、最初の休憩所の広場では、脱いで腰に巻きつけました。
やはり、坂道を「歩く」のと「走る姿勢で行く」のとは違う。かなりしんどい。
もちろん、あまりに急な坂もあり、そこは歩いて行ったけど・・・
むしろ、下りは足元に気をつけすぎて、走りにくい・・・

すれ違ったり追い越したりするハイカーに、ボクみたいにTシャツ1枚になっている人は1人もいない。
当然か。(苦笑)

きっと「こんな坂、よく走るよなぁ」とカンシンしてくれているのだろう、と、その人たちの視線を受け止めることにする。「アホちゃう」と思われてるかもしれないが、それは無視だ。せめて今、気持ちよく走るために。

竜ノ口山頂。標高は257m。だそうだ。ここまで約25分くらいか。
b0057140_1792829.jpg



b0057140_1795889.jpg

スタート地点は海抜0mではないけど、川も近いので、少なくとも標高差200mくらいは登ってるのではないか。
RunKeeperのエレベーションは坂の通算だろうが、258m、とでている。

いつもは歩いて45分くらいのコースを、33分で到着。
お参りして、おみくじは「小吉」。
でも、けっこういいことが書いてあるので、よかった気がする。

いつものようにお宮の裏を回る。
北方向
b0057140_17141529.jpg


帰りは、山頂を経由しないので、20分くらいで駐車場に着いてしまいました。
ツール・ド・モンブランのキリアン選手みたいに舞うような下りはなかなか難しい(笑


午前中に初詣したとき実母が撮った写真が、もうできていたので見てみました。
うーん・・娘の太腿より、ボクの太腿のほうが細く見えるのだが・・・この感想は黙っておこう(できれば)