ハーフマラソンは9:00スタート。
8時までに着くことを目標に、朝7時に家を出る予定だったが、早く起きてしまったので、6:45には出発。
早く着いたとき、どうやれば一番よいか、考えながら走っていました。
倉敷ICを過ぎるまでは予定よりも早めだったけど、そこから、なにげに渋滞。
7:40頃に、指定された駐車場のうちの1つ「清音ふるさとふれあい広場」へ。
b0057140_15273370.jpg

気温は、かつての星の郷マラソンを思えば暖かいと思ったけど、曇っているので、やたらと寒い。
ボクも、他の人もほとんど冬用の外套を着ていきましたが、上着なしで、駆けていった女性もいました。さぞかし寒かったろうに。

駐車場が近いのはいいけど、2.2キロしかないので、ここからは会場までの送迎のバスはでない。
でも、案外歩く時間は長く感じました。

なんか、人がいっぱい
b0057140_15315255.jpg



b0057140_15323195.jpg

参加者15000人規模だもんな・・・

ゆるキャラ、というか、ふつーの着ぐるみ、いました。
こういうのが走ることもあるんだけど、これはきっとムリ。
b0057140_15342174.jpg

一人で参加なのでアリーナの中の休憩スペースが荷物が置きやすかったので、そこに着替えなどを。
グラウンドでウォーミングアップして、そろそろかな、と走る姿に。Tシャツ1枚で。
b0057140_1536517.jpg

スタート地点。
なにせ3000人近くの集団なので、目標タイムごとに並ぶ。
ボクは大人しく、目標タイム2時間以上の集団へ。
ぼっけー多い
b0057140_15385112.jpg


そして、9:00スタート。
号砲は聞こえず「スタートです」のアナウンスだけ。周りの人も苦笑していたようだ。
人多い!走れない!1キロまで、まるでLSDの7分/キロ。これじゃダメだ。
b0057140_15403199.jpg

いつもは隙間を抜いてゆくのだが、隙間すらない。
同じようにイライラしていた人もまわりにいたと思う。
昨年の5.4キロのほうが、まだマシ。

最初の坂道。ホンマに、見渡す限り、走る人。
b0057140_15434237.jpg

でも、人はバラけてきたから、少し楽になりました。
沿道の人の声援にも「ありがとー!」と何度も答えながら。
もしかしたら、ボクのすぐ後ろのランナーへの声援だったかもしれないが、まあいい。

吉備路に入る。
五重塔とバナナマン
b0057140_15461838.jpg

もう少し五重塔に近づく
b0057140_15474654.jpg

応援してくれる方々
b0057140_1550599.jpg


中間点近く。足守川。これ、いいなぁ。(自分でいってる)
b0057140_15514486.jpg


ここまでの10キロで、RunKeeperの計測で56分くらい。
出足の遅れを考えると、よく走ってる。
2時間切り、というのも夢ではないかも。
山越えのあと、下りを一気に加速して、10人くらいは抜いたはず。
でもあとから思えば、それがいけなかった。

なんとなく左足のスネが痛む。
どんどん抜かれる。
悔しいが、どうしようもなく、現状維持で走る。
止まることだけはしないように。
エイドが増えてくる。
水を含み、次ではバナナを食べて、次では「黒砂糖どうぞ」とお子ちゃまがカゴにいれてくれているので、1つもらった。
食べると、ノドが乾くので、給水。

手作りのデコレーション
b0057140_155841.jpg


しかし、足の痛みはちょっと治るかと思うと、またブリ返す。
17キロ付近で、歩く誘惑にかられるが、それだけはガマンしました。

あと1キロ、の表示をみて、ゆるゆるとペースを上げました。
それでも、10人くらいはパッシングしたはず。
ゴール前でも、ちゃんとスパートできたのは嬉しかった。

2時間12分48秒。
フルマラソン選手並みのRUNの時間ではあるので、心肺機能は、まったくよくやってくれていると思う。
クラス別で357位/462人。
初めてなんだから、まあいいじゃん!てなかんじ。

でも、左足はちょっと深刻だ。
ランニングを始めたころによく感じた痛みに似ているが、低くても階段があると歩きにくい。
ちょっと狭苦しいロッカーで服を着替えて、無料サービスの豚汁の長蛇の列に並びました。
寒い。
全然、列が進まない。
きっと作り直しているのだろう。
進み始めると、一気に列が減りました。

味は・・・普通。
b0057140_165713.jpg

でも暖かいので、これはごちそうでした。

甘酒も、試してみようと並んだけど、作るのにまだまだ時間かかりそうなので、諦めてホットコーヒーにしました。
手が温まれば、こちらでもいいや。

エイドの最後のほうで配ってくれたパン。
b0057140_1674333.jpg

さすがに食べながら走るほどの距離はなかったので、これはオミヤゲ。

帰りには駐車場まで送迎バスがでていたけど、バスの階段を上るのが「たいぎ」だったので、ゆっくり歩いて駐車場までいきました。
老人みたいに、ちょっと足を引きずりながら。



そうじゃマラソン、2回目だけど、5.4キロではなく、ハーフ以上を走ってはじめて、良さや悪さを感じれると思いました。

沿道の応援は気持ちがよく、一生懸命に旗を振る幼児には、こちらも手を振り返す。
とても行き届いていると思いました。
ただし、開会式では市長は「今後もっと大きな大会に」と目標を掲げていましたが、これには「?」です。
なんとなくですが、規模はせいぜい5000人くらいが限界ではないかと。
参加者を増やすならば、それなりのインフラも必要。

まず、アリーナ、というか体育館の出入りが面倒で、まいりました。
入り口出口が分かれていないので、そろそろ開始時間だ、と出てくるランナーは思ったようにスムーズに体育館を出られないようでした。
レース自体も、人が多いのは仕方ないけど、あのスローペースは、いかがなものか。
ま、「自分は早いペースなんだ!」て主張して前に陣取ればいいのだろうけど・・・
キャパオーバーな気はします。
結局、それが無料サービスに並ぶ人の列にも影響する。
コースとしては、10キロのコースがあれば、5キロでは物足りない、ハーフには勇気がいる、というランナーも参加してくるかも。

全体的な運営はまったく問題ないと思うのです。
ただ、今後も参加者を増やすのであれば、道の広さやスタート位置の見直しなど、このままで進めるのはいかがなものか、と思いました。
そうじゃマラソンの当日は一人で行くので、記念品やゼッケンはまえもって受け取ったほうが楽。
朝10時からなのだが、ネットでは「設営しているので会場では駐車できません。市役所などの近隣の駐車場を使ってください」と書いてあったので総社市役所に向かいました。

止めたのは朝9:45頃。

道を歩く人は「いかにも」なカンジの人ばかりで、白いビニール袋(記念品や参加者名簿が入っている)を手にして歩いてるのを見ると、もう受付はしているように思えました。

道端の幟
b0057140_2310125.jpg


ハーフマラソンの受付を通りすぎて、記念品のコーナーに先に行ってしまい、「ここじゃないですよ」と言われる。でも、あくまで対応は穏やかだ。
「おはようございます」の挨拶も多い。

b0057140_2313413.jpg

でも、ボクみたいにスーツ姿のセンシュの人はいなかったよなぁ・・・

5キロのコースに出る、と話していた会社の別部署の女性に「いよいよだね」とメールすると、最近は毎日4時間くらいしか寝れないほど仕事が忙しくて、キャンセルするつもり、と悲しそうな返事が。
そんな人も、もちろんいるのだろうな・・・

今日は午前休にしていたので、11時過ぎには会社にはいり、仕事は済ませていたが、なるべく面倒なものはまたあとにまわして・・(来週がキツくなるのは考えないことにして)

夕方から、ばらばらと集まる請求の確認結果を、「明日があるから早くしてくれ」とも言えずに、黙々と確認し、間違いないことを確認して、ようやく安心して走れる気分になれました。土曜日の、20時頃。

3日間、まるごと練習を休んだのは、まだ、ちょっと気になる右足親指のせい。
今回は、「エクササイズ」よりも、「レストア」をメインに。
寝坊して、RUNのスタートは10時くらいになったけど、それでも9時半くらいに家を出発するときのクルマのフロントは凍ったままでした。

右足のスネの痛みはやや治ってきたようだ。
でも、ムリしないように、今日はおとなしく10キロの予定。

いつもの原尾島の駐車場をスタートして、後楽園までの往復ルート。

温度は5℃くらいだったと思うけど、風もなく、天気は上々。
上着は1キロくらい走った途中で腰へ巻きました。

はじめの3キロはいままでの中でも、かなり早いペース。たしか、15分28秒。
やはり途中からはダルダルの6分ペースになったけど、気分としては良い結果なのでした。

後楽園付近。天気がいい。
b0057140_16252957.jpg

水路にいた鳥。鴨?
b0057140_1626381.jpg

アップしてみました。
b0057140_1627312.jpg


百間川に戻ると、こちらでも、水鳥の撮影に夢中な集団が。
b0057140_1628934.jpg


気温はまだ低いのだが、この日差しのせいで遊びにきている親子連れや、少年野球の大会などもあったようだ。

春は、もうすぐそこ。
さっき、正月が終わったような気がするのに。(苦笑)
朝9時に、血圧の関係で定期的に通院する近くの個人病院へ。
診察のあとはすぐに走れるように、それなりのトレーニングウエアで。
10歳くらい年上の女医さんにも「これから走るんですか」と訊かれる。
「そうです」
「何キロくらい?」
「今日は15キロです。来週はそうじゃもハーフ走るので」
「ほぉ~」(女医さんと看護師)

本当は、距離はしんどかったら誤魔化すつもりだったが、言葉で言ってしまった限り、変更するのには抵抗あるぢゃないか。。

クルマで、岡南ハピータウンの駐車場の南端に行き、そこからスタート。
家からそこまで、3キロ。
目標は、上の娘が通っていた「玉野光南高校」まで、往復14キロ。

ちょうど4年前の3月のはじめ、自己推薦で玉野光南高校の合格が決まっていた娘と、4年下の娘と、チャリで通学の下見をした道。
その、約1週間前には胆嚢の摘出手術を受けて、4日の入院で飛び出してきた。
今日は、そこを走っていく。

以前は、そんな14キロも自分の足で走るようなしんどいことをわざわざするのは愚かで恥ずかしいことみたいな価値観だったが、今は違う。
いくらジョギングレベルでも、この寒さでTシャツで走る人は、ランニングできる人の能力が普通のひととは違うことを証明しているように思う。
それが思い過ごしであってもいい。
自分では、それで自信を持って行動する時間を得られるのだから・・・

渡り鳥がいる
b0057140_043699.jpg


温度は4℃くらいなのだろうが、なんとなく、汗をかいていてもいつもの暑さは感じられない。

途中で写真も撮りながら、トレーニングとはいいながら、楽しみながら走っていました。

途中の定食屋(?)
なんだかヨミニクイ・・
b0057140_0454257.jpg


結局、往復で距離は15.5キロくらい。
1時間37分もかかった。

これで、ハーフは、関門の時間以内には走れる・・・はず。
明日からは、ちょっと距離はセーブします。
走りたい、という欲望をマッスルに与えておくと同時に、走っていればなんともないけど、押さえるとちょっと痛い右足のスネも休ませねば。





全然関係ありませんが、11日の誕生日に実母からもらった、酒。
本醸造の、これはとても美味しかった。
b0057140_050385.jpg



b0057140_0514595.jpg


次の「にごり酒」。
これは・・・アカン、オリが溜まるタイプは、飲みにくい。
アルコールのキツい甘酒状態なので、一気に飲み干さねばならない(オリが残る)。
b0057140_054969.jpg



b0057140_055312.jpg

会社には、ランニングしてる、とボクが話すると興味津々な反応する女性社員がいるが、自分では走らない、という。
でも、カノジョの子供たちはランニングしているようで、そのための雑誌「ターザン」を購入しているという。
その1冊を貸してくれる、というので読んでいました。

それほど目を見張るような記事はないけど、いまや毎回10キロ、月100キロ以上は走るボクにとっては、やってきたことの確からしさを確認はできました。

ただし、ボクがRUNしている関係で話をきいた県内のかなり優秀なマラソン・ウルトラマラソンランナーのN氏によれば「10キロ走れればハーフの20キロは走れる。でも、ハーフが走れたからといって、フルマラソンは、ハーフとは別物。精神力やエネルギー補給などでステップアップすべき」と。

でも、ターザンでは「ハーフが走れれば、フルも走れる」ようなニュアンスにとれる書き方をしている。

ここは慎重に、ターザンの言い分は参考程度にしておこうと思う。


そういえば、この日曜に、古本屋でランニング関係の本があるかどうか、探してみたけど、まったくありませんでした。
実用書、というのはもともと品揃えが少ないのだが、「ダイエット」とか「野球」「サッカー」「ゴルフ」という題名はあるから、メジャーなものしか「売れ筋」になっていないのだろう。

ランニングがブーム、と言われるが、こんな古本屋でも関係する本を揃えることがない以上、まだまだ一般的な傾向ではないように思える。
本を買った人が、それほどカンタンに売り払うことがない、という意味では、逆に浅いブームではない、という確証にもなるのだろうか。

佐々木功氏の本が欲しいけど、なかなか見つからない。
kaisya no siriai kara wowow de rokugasita dvd no kakou wo tanomaremasita
cprm no seide muzukasii toha kotaetakedo nantoka [cprm hazushi]dekita tenmatu
(ookina koe toka kensaku ni hikkakaranai younisinaito)
aete [オペレーション]to yobimasu

これは、自分の覚えも兼ねて。

オペレーションのためには特定のフリーソフトを用意。
これで吸い上げられるファイルの拡張子を「mpg」にするのがミソだったな・・
いっぺんやったけど、ここを忘れて、回り道した記憶が。

mpgをDVDに移すソフトを1年限定ライセンスで3300円ほどで購入。
もう少し金額をはたいて永久ライセンスもあったが、その頃には、こんなソフトも遺物となるのだろうから。

作成したDVDは、CPRM対応していないDVDプレーヤでも再生可能。
いつか、BSを録画してDVDにしてもらった同僚から、DVDをもらっても、なかなか再生できなかった苦労がウソのようだ。

一方、DVDレコーダの代わりにPCに録画した番組(といっても、ワンピースばっかし)の容量が、1TBもある外付けHDDの中を圧迫しつつある。
だから、BDに退避しようとしたが・・・
再生用ソフトもバージョンアップしないと、録画できたかどうか確認できない。
このアップデートも、時間がかかりました。

25Gのディスクファイル容量から考えて、30分の5番組をまとめてBDへコピー。
すると、再生時のゲージは、1番組ごとにしか出ない・・・
チャプタージャンプというか、たとえば3番組目に飛ぶことができない、ってのは、どーよ・・・

まいっか・・・・
いつもの日曜は、たいていRUNの日。
時間を気にせず、走れる最適の日ではあるが、なんせ、昨日は20キロ走ってたためか、やや、足がだゆい。

ムリして、明日の仕事に支障がでては、と(←弱虫)、いやいや、それでも、仕事ができない理由を、大切な趣味におっかぶせるワケにはいかない。

とにかく、気が進まないときは、やらない。
これが、いままでのRUNのポリシーなので、ここまでの実績を考えると、曲げる気はない。

それでも、座っているときは「走るか?」とか何度も迷ったけど・・・

家の灯油を買う用事のついでに、中古CDを買いに行きました。
でも、最近はほとんどそういう探し物をしたことがないし。
iPhoneでぐぐって、市内の店を見繕って行ったけど、結局、お目当てのものはなし。

表町の「Groovin'」は初めていったけど、おもしろそうなものがいっぱいあって、でも、案外、値段は高い。
ポールマッカートニーとウイングスのCDは買いたかったけど2500円近くする。

では、と、中川イサトのギター・インストはあるかな、と探して、店員にもきいたけど、ダメでした。

でも、しばし、かつてレコード屋であてもなしに1時間くらいぶらぶらしていた中高生の時代を思い出していたのでした。

駐車場に戻る前に、たしかこの近くにあった「はらドーナツ」を探したのですが、たぶん、閉店していたようでした。残念。
その近くに、なんだかオサレなパン屋が。
b0057140_20312333.jpg


どのパンも美味しそうだったのですが、買ったのはフォカッチャと切り分けのシフォンケーキ。
これはシフォンケーキ
b0057140_20361875.jpg

お店の情報
http://r.tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33000312/dtlrvwlst/2843605/

ステマかどうかのご判断はお任せしますが、とてもかんじのいい店であることは間違いない。

結局、味見したのはヨメさんだったが、特になにもなし。なんてこった。

今日は、ひたすら、休養。
PCのディスクチェックしてから、このあと、ブルーレイディスクの再生用にソフトのUPDATEする予定。
でも、なんだか、ヨメさんと同じで、なかなか思うように行かない・・・
金曜の晩も帰りが遅く、夕食は23時頃。

なのに、土曜の今日は、8時には目が覚めてしまう。
自分で決めた予定通り、近くのランニングコースの中では、もっとも安全かつフラットで、20キロ超を走れる百間川河川敷コースへ行くことにしました。

外気温は、おそらく1℃くらい。
でも、スタート地点の原尾島の広場では、温度ほどの寒さは感じない。
上着は着て走りはじめたけど、2キロくらいで脱いで、走りながら腰に巻きました。

やはり、ウォーミングアップを2キロくらいしたほうが、走るのは楽な気がする。
でも、だからといって、ハーフマラソンくらいを余裕で走れるチカラは残しておかなくては。
若い時代はそれほど気にしないでいいだろうけど、ボクらの場合は、その加減がムツカシイように思う。

走る温度としては、申し分はない。
いい天気だ。
b0057140_2374740.jpg


後楽園の外の水路にいた渡り鳥
b0057140_2382356.jpg


かすかに、向こうに岡山城が見える
b0057140_239228.jpg


よく見かける、フリスビーサッカーと、オモチャみたいなコンテナ列車
b0057140_23101089.jpg


もしも、どうしてもしんどかったら、呼び出せばすぐにきてくれる、大昔のアニメ「スーパージェッター」の流星号みたいなのがあれば、もしかしたら、10年後のランナーは、もう使いこなしているかも、とか考えながら。

できるだけ、そうしよう、と思いながら、なんとか走りきれそうだったので、そうじゃマラソンのリハーサルを兼ねて、ハーフマラソンの距離、21.1キロを走破しました。
2時間11分49秒。
トップクラスのマラソンランナーの、ちょうど半分じゃん(爆笑)

汗も普通で、息もゼエハア言うワケでもない。
ただし、さすがに足にはキているようで、ゆっくりしか歩けない。

外気温は、いつのまにか10℃近くまであがっていました。

昼過ぎに、ミサワホームの営業が、家の外壁の塗装工事の件で打ち合わせにくるので、それにあわせて家で待機し、壁と屋根の色を決定。
工程表もできて、あとは3月中は作業完了時期まで、やや不自由な生活となる・・・


仕事が残ってる(というか、金曜の晩に、月曜納品の作業を忘れていたのに気づいた)ので、それから14時半くらいに会社に行き、一人きりで20時過ぎまで仕事してました。

やや苦しかったけど、「月曜にやろう!」と投げ出して、明日もモンモンと悩むよりはマシ。


昼に、ちょっと実母の家に寄って、もらったのは誕生日ということもあって、長野の地酒メーカーの酒(以前、飲んでみて美味しかった)でした。
一方、家では、ボクがカネのないときにやむなく買っていた、格安の「第3のビール」。1本100円税込み、を6本パック。
所詮、カネがない、ということだろうが、誕生日なら、ハレの日として、ちょっと工夫を加えるのが、ボクの主義。経済性では測れないイベント。
確かに、以前、プレミアムモルツをもらったが「ヱビスがよかったのに」みたいなレスポンスしたせいもあるかもしれない。
でも、こういうプレゼントは、いただけない。
子供にも、こういう贈り物は、せめて大事な人にはするべきではない、と話すつもりだ。

夕食後、Nスペでは東日本大震災の地域の信用金庫のドキュメンタリーをやっていた。
銀行なんて地味な職業がベースでも、なんだか、とても胸をうたれました。
大銀行は、所詮被災地のことは何も考えていない。
国も、いいとこいってるのだが、被災者の気持ちはやはりわかってあげていない。
なぜか、銀行員がヒーローという、類まれなプロットだと思いました。
今日は、娘の、高校の自己推薦の受験日。
送っていく予定にしていたが、天気予報はかなりの冷え込みを予想している。

クルマのフロントには毛布をかけていたので、朝にフロントの氷を溶かす手間はいらなかったけど、毛布かけると、ガラスが汚れるのがイヤで。

出発前に、外の水道でちょっと濡らした雑巾で、フロントを拭いたら・・・
みるみるうちに、ガラスに凍結してゆく・・・・

そうか、今朝の最低気温はたしかー2.6℃だったし、まだ、8時前の戸外は氷点下だったのか。

もう一度、ぬるま湯をかけて溶かして、水滴を拭こうとしたら・・
また凍るよ。ナンジャソラ


10時頃から会社には行って、やるべきことを済ませました。
勤務としては、1日休み。
昼間も、雪花が舞う。
午後から娘を迎えに行き、そのまま帰宅。

まだ、日が沈むには早い。
だから、百間川を10キロRUN。

でも、たしか温度は4℃くらいなのに、風が強いせいか、かなり寒く感じました。
ひとたび汗をかけば、しばらくは風を受けても「涼しい」印象でしたが、今日は、「寒い」と感じました。

それでも、道の途中でクルマと遭遇するリスクのある箇所を回避する道もみつけたし、今日走った甲斐がありました。


久々に、一番風呂に入れたし!(カナシイ)
今朝は4時に目が覚めました。
たしか、昨日の夜12時過ぎに寝たはずだけど。

いつものように、それからは、仕事や、家のイヤなことばかりがアタマに浮かび、それをスッキリ解決する方法を考えるが、正解はでない。
そんなこんなで、予定していたRUNの時間が近づく。

6時20分過ぎに家を出る。
気温はプラス0.4℃くらいだったはず。
寒くはない。
でも、今日はなんだか、ペース悪い・・・・

旭川大橋を越えて、そのまま戻ると10キロにはならないので、初めて、橋の北側に足を伸ばしました。

安全な河川敷コースがあり、そこに降りてしばらく北上。

すぐに、また車道に戻る道になったので、Uターン。

夜明けまでには、あと10分くらい。

b0057140_22255464.jpg

川面には渡り鳥が泳ぐ
b0057140_2230221.jpg


家に帰ると、すぐにシャワーで髪を洗い、スーツに着替えるのだが、今日は生憎中学の娘が洗面所で顔を洗っている。早くうがいしないと、インフルエンザが心配だ。
体も冷えてくる。
今日はあまり運がよくない。

寒さがそれほど気にならないのはいいが、そんなことをしてインフルエンザになってしまうと、会社は数日休まなくてはならず、「バカなことしてるよ」というふうに見られる。

いままで、そんなインフルエンザに罹患したことはなく、ちゃんと面倒がらずにうがいをしていれば、おそらく大丈夫だ、とは思っているが、全面的に安心するほど愚かではない。

走ることで、体力をつけて予防するか、そんなリスキーなことは、せめて今はやめておくか・・・

でも、できれば「攻め」の姿勢のほうが、うまくいくように思える。

走り始めてしばらくして気づいた、西にとても大きく見えた月。
b0057140_22413619.jpg


会社の帰りには、東に大きく輝いていた。