<   2012年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

いよいよ、初めての大山高原クロカンの日だ・・


自分の経験からすれば、高速で岡山ICから蒜山ICまで約1時間。
だから、今回は溝口ICまで行くけれど、豪円山まででも家から2時間、と踏んでいました。
NEXCOでは、早島ICから溝口ICまで1時間45分くらいかかる、と表示されたけど・・
8:30~9:30が受付時間だから、まぁ、6時台にでれば余裕だろう。

朝6:20頃、自宅を出発。20分後に早島ICに入る。
渋滞もなく、後ろから飛ばしてくる車もなく、快調。

高梁に近づくと、霧がけっこう深い。
b0057140_17432552.jpg


でも、蒜山高原SAで軽い朝食とったあとは、7時過ぎの空は一変。サワヤカ~
b0057140_17533240.jpg


桝水原からの大山。
b0057140_17573464.jpg

ここの温度。おそらく走りはじめた頃は30℃くらいだろうか。標高差(800m)が高いのに数値はあまり差がないようだが、それでも、下界とは感じる暑さに差を感じる。
b0057140_18171082.jpg


まだ8時半なのに、駐車場はかなり混雑している。
ちょうど、屋内駐車場を解放しようとしていたので、こちらへ。
狭いけど炎天下の下にクルマをおくよりはいい。
b0057140_18224555.jpg

シャトルバス(スクールバス?)は常時2台ほど待機していて、待ち時間はほとんどない。

総合体育館とシャトルバス
b0057140_1826020.jpg


受付して、もらったもの。
「むきぱんだ」のタンブラー・無料ドリンク(ゲータレードラン)引換券・入浴割引券・ジンギスカン食べ放題100円引き(1300円→1200円)券
b0057140_1963384.jpg

入浴割引券とジンギスカン割引券は使わず。

むきぱんだ、着ぐるみ
b0057140_1982798.jpg


9時くらいには会場に着いたので、ゆっくりと1周してみました。
芝の感覚は、とてもよくて、坂道も、トレイルの練習で登った操山に比べればまだやさしい。
予想したよりは急坂に感じられませんでした。
2周の4キロでエントリーしたけど、やっぱ、3周の6キロでいけばよかったかも・・とちょっと後悔。

ただし、実際に走った後では「4キロでよかったカモ」(なんじゃそら)

10:00。6キロのスタート。先頭は西脇工や如水館の高校生だ。
なぜか、直前になると、みんな腕や腿を一斉にたたくため「パチパチパチパチ」という音が大きく響く。
パンフでは370名あまりの集団だ。
b0057140_19143035.jpg


実況中継を含めた、会場のマイク担当はプロ(なのか?)のせいか、けっこうおもしろい。
来月、レースの様子は山陰中央TVで放映されるらしいから、アナウンサーだったか?
スタート地点から、コースを上り下りするシーンは見えないから、簡易の中継塔にも人が登ってレース状況をリポートしてたし。

さて、11:00になり、ボクの4キロのスタート。
b0057140_19203064.jpg

軽く置いていかれた。
b0057140_19233222.jpg

2周目を走りながら。うねうね
b0057140_192926100.jpg

結局50位。だいたい半分くらいのとこか。
またもラストスパートしたよ。
b0057140_19313739.jpg


あっつい。
でも、天候としてはピーカンな晴れではなく、日差しがある時間帯と、曇った時間帯が2:8くらい。
風がちょっとでもあれば、案外涼しい。
岡山に帰ってから、暑さに違いがあることに気づきました。

豪華商品が当たる抽選会があります!とあまりに何度もアナウンスされたので、12時過ぎまで、そのままぶらぶら。
大山そばやかき氷やスイカやいろいろ売るブースがあり、ヤキイカのいいにおいがしていたので、「白いか」というのをもらいました。
2杯で300円。うーん・・・いまいち・・・やらかすぎる・・タレもうまくない。
すぐ横に「野菜汁」(200円)があったけど、ほとんど品切れだったので「バターポテト」(50円)にしましたが・・アルミに包んだジャガイモを温めたものだけど、これもいまいち・・・・

結局抽選はさっぱりで、帰路につきました。とほほ

ついでに、大山寺の近くにクルマをとめて、おみやげ屋へ。
これは、スルメぽいけど「タケノコで作ったんです」と店の人。
おもしろいので買ったけど、この量にしては高すぎる。
b0057140_19412462.jpg

大山寺の坂道を登っていったけど、またも汗ダクになりそうだったので(でも、もう着替えはない)引き返して、抹茶ソフトを食べました。あっさり味。

帰りに蒜山高原SAに寄ったけど、駐車場、ほとんどいっぱい。
「蒜山やきそば」を、いまだに食べたことなかったので550円で買ってみました。
うむ・・・確かに、美味しい。
b0057140_19451781.jpg



あとで参加者名簿を見たけど、岡山市の人なんて、ほとんどいない。
ただし、この暑い夏に出る大会としては、この大会は最適に思える。
暑い暑いといっても、高原はやはり気持ちがいい。
b0057140_22301038.jpg



b0057140_2231521.jpg

生協ファンな実母がくれた、冷凍のウナギの蒲焼。

帰宅して、ヨメさんはすでにグースカ寝ている。
いつものとおり、自分で一尾を3等分して切って温めて、ドンブリ飯に盛る。
やらかい。
good。

あとから帰った息子と娘にも温めてやったさ。


案内のハガキがきていた。
暑いけど、走らにゃ。
b0057140_22344497.jpg

あとで読むと、「なにこれ」みたいになりそうだから、説明・・・

ロンドンオリンピック、男子サッカー予選は、日本のグループでは他3国はスペイン・モロッコ・ホンジュラス。
今日の第一戦の相手は、FIFAランク世界一のスペイン(の、U-23代表)。
アナウンサーの説明では、国際大会で日本がスペインを破るのは初めてだそうだ。

余裕で攻めるスペインに対して、自陣のクリアボールを徳永が慎重に前線にパス。最後は清武のシュートがディフェンダーにあたってコーナーへ。
扇原のコーナーキック・ハーフバウンドの球を大津が足で決めて、先制の1点。

その後、永井へのロングパスを防ごうとしたスペイン・ディフェンダーが1発退場、レッドカード。

何度も追加点のチャンスはありながら、最後まで2点目は奪えなかったものの、オーバーエイジ・吉田麻也を中心としたディフェンスでこの1点を守りきって、歴史的な勝利。
大津と酒井(ひろき)の途中負傷退場は気がかりだが、最大の強敵を相手に堂々とわたりあい、目下のところグループ1位という快挙に、不満を示すサッカーファンはまずいないだろう・・・
b0057140_1195973.jpg

(ちなみに、格下の相手とのゲームでイエローカードを出されるのは、かなり屈辱的ではないかと推察する)

ちなみに、昨日は女子サッカーの予選で初戦カナダを2-1で破っているが、ニュースバリューとしては、スペイン戦のほうに価値を与えるべきだろう・
18時半過ぎから、RUNだ。

昨年も見た合歓の木の花
b0057140_21471679.jpg

走り始めの旭川東岸
b0057140_21452489.jpg


旭川大橋のバイパスから見える夕日
b0057140_21483184.jpg

ダラダラと6分/キロオーバーで走っていたが、土手の上の見通しのよい場所で5’12/キロがでたが、これが今日は精一杯。
歩いて帰る橋の上
b0057140_21501080.jpg


今日も、なんとか満足できた1日として締めくくれた・・・
b0057140_2151396.jpg



そうそう、中国地方だし、別に節電意識が強いワケでもないのだが、家では家族がエアコン使いすぎみたいな気がするので、7月で自室で寝るときエアコンつけたのは2日。
今日は、3日目になりそうだ・・・
今に「熱中症になるヂヂイ」と呼ばれることになるかな・・・案外耐えられることも、自分としては「チャレンジ」だったりする。
でも、一度エアコンを使い始めると、後には戻れなくなる懸念もイッパイ・・・・
午後から会社は休むことにして、用事を済ますために、バイクで近所の郵便局へ。
冷房の効いたフロアから外に出ると、またも暑さがコタえる。

今度は、高校の娘の、保護者懇談会へ。

高校に着いたのは14時頃。
暑さもピークだ。たぶん、33℃くらい?

母校なので、懇談会の場所のある棟はわかる。。
階段で3階まで。
基本的にはもう夏休みなのだが、生徒はけっこういる。
部活の吹奏部や放送部と思われる集団や、グラウンドでは野球部も。
b0057140_20543774.jpg


ボクの予定時間まで30分以上ある。
廊下の窓はオープンだが、風はない。
渡り廊下も、同じだった。
まいったなぁ・・・汗ダクダクだ。

唯一、階段の踊り場だけは涼しい風が入っている。ここで待つか・・・
b0057140_2058759.jpg


早めに、冷房の効いた教室に担任の先生に案内されて、息をつけました。
ボクの高校生の頃は、エアコンなんてなかった。
いい時代になったということか?


懇談会が終わり、家に戻って、クルマで再び会社へ。
暑いのに、それでも夕方なら走れるかな、と期待して、ウエアをもっていきました。
17時半くらいで仕事は片付いたので、近くの百間川の河原へクルマを置く。
着替えて、外に出ると、空は曇っていて、一雨きてもおかしくない空気。
天気レーダーでは、すぐに雨はきそうにない。

タイミング悪く、着替えているときに、離れてはいるがクルマが止まり、BBQの準備しているようだ。
戻ってきてからまた着替えることを思うと、そばでわぁわぁして欲しくないので、クルマを少し移動。

河川敷のコースは、暑いのだけど、走る感覚はとても快調だ。
やはり、ノンストップで走れるコースは気楽だ。
5’40/キロくらいで5キロ走ったところで、一旦終わり。

熱中症も心配だし。
喉が乾いたので、もってきた「グリーン・ダカラ」を一気に飲み干したい誘惑にもかられる。

半分歩きながら、大昔の軽便鉄道跡として残る道(これは、ボクが小さい頃に親に教えてもらった道で、いまやあまり多くの人は知らないかもしれない)をたどっていきました。
これは、走ることでしか、軌跡を残せない。

約1時間のRUN。
Tシャツは、搾ると汗がじゃあじゃあ出る。


昼休みに、週末に行く予定の「大山高原クロスカントリー」の事務局にTELしました。
おそらく一人で行くので、手荷物の預けるスペースはあるよね、といった問い合わせ。
それは、もちろん、ある。
「で、参加者はどれくらいなんでしょうか」と尋ねる。
「おかげさまで、いままでで最高の850名ほどですので、コースが込み合うかもしれません」
と、困ったような、嬉しいような感触で答えてもらいました。
そーか・・
じゃ、多少遅くても、混雑のせいにできるか・・なんてね・・・

ジンギスカン食べ放題、おいしそうなので、行こうかなぁ・・


全然関係ないけど、会社の誰かがくれた「面白い恋人」。
初めてみた。
b0057140_21214243.jpg

朝9時から、義父母の家の畑の雑草を刈るために、草刈機を2時間くらいぶんぶんしてました。
やわい草なので手間がかかるし、暑い。
カンカン照りではなかったのは救いだ。

予定のRUNは早朝にできなかったので、それから午後1時半過ぎくらいから操山トレイルランへ。

・・・とはいっても、前回に比べて、あまり走れない。
最高気温は33℃くらいか。

今回は走りながら水分補給できるボトルにお茶を入れていったが、振動で、泡だってたさ・・
b0057140_19484963.jpg

さすがに、普通に山歩きしている人も少ない。

数年ぶりに東にある笠井山へ向かいました。
途中の石碑。
b0057140_19521880.jpg

明治42年、と読める。えーと、1909年。
山歩きに関する注意書きのようだ。
クルマや馬で乗り入れてはいけない、とか、鳥や魚を捕ってはいけない、とか?

古墳があると、ちょっと立ち寄る余裕はあるのだけど、すぐに「蜘蛛の巣ブレイカー」みたいになってしまうので、何度か引き返すことも。(でも何度か蜘蛛の巣突入・・)
要するに、蜘蛛の巣があるということは人があまりきていないんだ・・

そんな中で見つけた「三畳岩」。
b0057140_1950233.jpg

見晴らしがバツグンだ。
南の方向。
b0057140_1943513.jpg

できれば正月には初日の出を拝みたいところだが、あまり多くの人が乗れない岩なので、ちょっと実現するのは難しい。

全体で6キロくらい走破。
15時くらいにクルマに戻りました。

駐車場近くの里山センターに涼みに行ったが、エアコンはなかった。なんてこった。

たぶん、今日だけで水分2リッター以上飲んでる。
b0057140_018979.jpg

ベラルーシとは比べ物にならない強さのメキシコ。

最初の1点は「オマケ」のようなものだが、大津の一発は感動した。

ヒガシは、たまたまの得点だが、あまり期待できない・・ハズしまくりだし。
もともと、デジカメプリントはそれほど使う頻度もなく、以前のフィルム時代から使っている「キタムラ」の、ネット経由の注文用ソフトだけを使っていました。

最近、ちょっと、値段が上がってるようだが・・

ここはネット経由で30円/枚。
他にも、安いサービスはいっぱいありました。↓
http://www.autv.org/tech/print/

注文してすぐに(数時間)でプリントできるほうがいいか、ゆっくり届くけど安い方がいいか。

メール便とかの経費や、コンビニで支払うときの手数料とか考えたとき、ボクの注文枚数は20枚いかない場合が多いから、今のキタムラとかのほうがいいかも。

先日は、ネットで注文したのをキタムラに受け取りに行き、もう少し焼き増しする必要があったので、iPhoneにあった写真を店内のPCで直接取り込んで注文することにしました。

メモリカードのはやったことあるけど、USBで繋いでできるのは知らなかった。
ただし、読み込みはかなり遅い・・・(写真、全部iPhoneに保存してるので)

最後の注文ボタンを押すときに、値段が37円/枚だったことに気づきました。
まぁ、数枚だから、そのままOK押したけど、ネットでの注文との値段の違いは、何なんだろう。

オペレーションはほぼ同じだから、あとは店まで足を運ぶ手間の有無でいけば、同額もしくは店内なら安くてもいいんじゃないかな・・
今朝の気温は、6時でおそらく26℃くらい。

眠いのをガマンして、6時半にランニング開始。
今日は、ニューシューズでニューイアホン。

イアホンは、先日カナルタイプの新品を買ったのだけど、周りの音がまったく聞こえないことは、RUNする人にとっては、けっこう危険を感じる(背後のクルマや人の気配を感じられない)ときが多かったので、オープンタイプのを980円で買いました。その、お披露目。
b0057140_233243.jpg


値段が値段だけあって、ちょっとチャチいけど、まあいいや。

シューズは、爪に異常がでないように、かなりつま先に余裕を持った大きさのを買ったので、それは問題なし。
もっとピッタリのほうがよいように思ったけど、5’50/キロくらいのペースで走れたなら、まあ、いいだろう・・・

暑さに負けて5キロちょい。

今は熱中症も気になるので、ちょっとノルマはセーブしよう。

この日曜は、義父母の家で草刈を予定しているし、仕事ではなんか追い詰められてる。
暑さの中、雨を避けて走る時間を確保するのに、腐心する。

梅雨明け前日、ついに家ではエアコンを解禁したが。翌日から、またも扇風機の日々。
ガンバルゾ
帰宅して、たまたま夕食は大学生の娘と一緒になったけど、話していて態度の悪さにムカつくこと甚だしい。

きっと、もしも入院しても、家族のお見舞いは否定したくなるような気分。
こいつは他人だ、と言い張る。
でも、たぶん、もう少し年をとると、「ああ、この人は家族と他人の区別がつかないんだ」と、認知症みたいに思われるのだろう、ということに気づきました。

多くの悲しい認知症の人の中にも、こういう人はけっこういるのではないかと気の毒に思えてきました。


昨今の世相をみると、「ネットで墓参り」とかいうこともできるらしい。
実家を遠く離れて仕事している人がいる限り、当然の需要だ。

だからということでもないが、自分としては「骨を埋葬」ではなく「海に散骨」して欲しいと願う。
あの世にいってまで、参られて、ヤな人に会いたくない。
それを義務みたいに思われるのも心外だ。
遠くの海まで、船をチャーターするはずなので経費的には難しい面もあるかもしれない。

散骨は自分らしさを表現するための、ちょっとエコで誇らしい気分も含まれていると思うが、おそらく、そのうち、墓参りもできない人が増えて、墓地自体が不足してくると、散骨が法律で定められる可能性も否定できない。

こだわる意味は薄れてくるに違いない。
なんてこった。