b0057140_06371.jpg

貞子3D・・・地上波で見たけど、怖くない・・・

多分、貞子シリーズは20年以上前に深夜のTVドラマで見たのが最初だったと思うが、そのほうがまだ怖かった気がする。

「怖い映画」といえば、最近では一番に思いつくのは「SAW」。
これは、会社のスタッフに勧められてDVD借りてみたが、二度とみたくない。
出来としては、とても巧妙で、優秀な作品だとは思うが。
いかんせん、アレをアソコに仕舞うとか・・・いろいろ・・それはないじゃん・・てな・・
シャロン・ストーンの映画も、概してコワカッタ(笑)
「ミザリー」も・・
(もともと、ホラー系はスキではないので、ネタはとても古いですが)

貞子3D、スパイダー化した貞子の場面は楳図かずおのコミックにも似ている。
人間離れした「声」で相手を攻撃するのは、かつて「大冒険・ラブ」でデビューした「聖 日出夫」(代表作:『なぜか笑介』)の「地獄の雄叫び」を彷彿とさせる。

「なぜか笑介」といえば、今の織田の木10ドラマ「Oh My Dad!」の「じらし」に似ている。
仕事を理由に、どうしても守れない約束。

ドラマを見るとき、どうしても展開を予想するけど、なかなか読めないのは「woman」かな・・・
b0057140_22503354.jpg


「斉藤さん2」
ありがちな展開。
赤ちゃんの泣く理由を類推する過程を、親が「拷問」と思うか「経験」と受け止めるかで、子供の運命は決まる(苦笑)ように思う。
泣くときには
・ミルクが欲しい
・オシメが濡れている
・眠い
・げっぷがでる
といった理由に分類されると思う。病気のケース以外として。
それを消去法で試す過程を「ウザい」と思うかどうかが、カギなんだよな・・・


今日、実母の下血のことで、市内のK病院での診察に立ち会うことにしていました。
実母は80代で、なんとなく、ボケのような感覚があることも否めない。

1週間前に、そういう事情を携帯で実母から説明されて
「じゃ、立ち会います。9時半からの診察なら、8:45にお母さんの家に行けば十分だよね」
といったにもかかわらず、自分でもホレボレするほどピッタリの時間に実母の家に着いたら、もぬけの殻。
携帯に電話してみると
「K病院までタクシーで着ているので、玄関で待ってます」
と。
はぁ?
待ち合わせするならするで、時間や場所を約束するのが常な親だったのに・・・

やっとK病院に着いたはいいが、あまりここには縁がないせいで、2箇所の「玄関口」があったのに気づいたのは、母の姿が見つからなかった後でした。
西ではなく東の玄関でようやく落ち合い、産婦人科にも同席。
医師の説明によれば、卵巣腫瘍で、摘出することを勧められました。
昔の人間なので、手術はかたくなに嫌がっているのは見てとれたけど、「ダイエットじゃん」と手術には賛成意見を話して、あとは昼前から仕事に戻りました。

仕事でいえば、約束を反故にされたり、はっきりいって「いいかげん」な実母ではなかったはずなのに、今はもう、それを受け入れるしかない。
これも「実験的日々」か・・?
天気予報では、涼しいのは明日までのようだ。
今朝の朝の最低気温、22℃くらいだと。走ればよかった・・
明日朝も、まだ気温が低そうなのだが、会社の早番なので早朝RUNは無理。
なので、今日はどうしてもナイトランを。
会社では昼間も眠くて、体調はイマイチなのだが、これが逆療法になるか・・・などと期待・・・

19時前のスタートなので、ヘッドライトは装着。
夜が早くなったなぁ・
予定は13キロ。でも、途中で5キロコースへ変更。

たぶん、気温は24~5℃くらい?
さすがに以前よりははるかに走りやすい。
4キロあたりで、給水のために立ち止まることが多かったが、今回はもう少し粘れる。
給水は2回だけでした。
暑いけど、我慢して走れるかどうかが、気温の差なのか。

5キロで帰るのがちょっと物足りなくて、直進する予定のダイレックスの前の信号が赤だったので、道を横切って、もう少し遠くまで走りました。
結局8.15キロ。

まだ、走れそうだ。
気温、このまま低いままだったらいいのに・・・


写真は、昨日の半沢直樹。かっけー
b0057140_21393110.jpg


銀行員が金庫で書類を捜す行為がスリリングなシーンになるなんて、意外だ。
視聴率40%、ミタ越え、あるのか???
RunKeeperでは、少し前から、アクティビティに勝手にSaturdayMorningRunとか名前がつく。
今日は、久々に Afternoon Runだ。

本当は、朝、雨が降っていなければ久々の20キロRUNもできるかと準備していたが、一向に雨は止まない・・

娘が岡山駅近くに遊びに行く、というのでクルマで送っていき、昼食にポモドーロぽいスパを自分で大盛りで作って食べたら、走る決心がゆらぐ・・・けっこう暑いし。

1時間ほど「シエスタ」のあと、14時半くらいから走ることにしました。
気温は、まだ27℃くらいだ、と信じて。ちょうど北の涼しい高気圧に覆われるだろうし。

阿部池を回るルート。ここも、しばらく来ていない。
b0057140_18355336.jpg

ウォーキングする人はいるが、走る人はほとんどいない。
あとで調べると、この時間で30℃くらい。
それでも、先週までだったら、こんな時刻には走る気にはなれない。
明るい日差しの下を走る、てのもいいもんだ(爆笑)
b0057140_18384591.jpg


もってきた水分は1L。
やっと10キロくらい。

岡南大橋の上は、とてもいい風が吹く。
b0057140_18402779.jpg

早く秋になって、10月の蒜山ハーフの練習をしておかなくちゃ・・・
蒜山の上り坂は、児島半島の長谷峠よりは標高差が少ないので、たぶん止まらずに走れるだろう・・・
そもそも、ウソップらがメリー号をカヤ(の執事)から譲り受ける話からかなぁ、と思っていたけど、クロもジャンゴもいない。

かなりのダイジェスト。
つまらないぶんは、実際にTVで見た記憶で補完せよ、とでもいいたげな。
まぁ、いいんだけど。

ハッキリいって誤算なのは、メリーとの別れにタッキー&翼の歌を使わなかったこと。
全然泣けん・・・
通常回のTV放映時ならば、何度見ても泣けるのに・・・

ルフィらの顔の描写も、なぜか緻密で、シワが多くて見ていられない。

ロブ・ルッチが、ヤケに「カワイイ」と思ったのはボクだけ??

かつて放映時のTVの描写
b0057140_23344411.jpg

ジェットガトリング
b0057140_23353241.jpg


悪くはないんだけど、「タメ」の部分がないし、迫力はいまいち。
放映当時、一時期オープニングだったD-51の歌を使っていたのは嬉しかった。
今回のエンディングもmoumoonの「memories」だったのも嬉しかった・・

「空島編」を、ノーランドの話も一緒に編集してほしいが、それだと上映時間は4時間は越えるな(苦笑)
岡山の最高気温はまだ36℃くらい。
でも、朝晩は、けっこう涼しいのはわかってる。
そう、秋はもうすぐ。
涼しさ、ブラボー!

・・てな暗示を自分にかけながら、夕方からRUN。
昨日も、少し早く帰宅したから、ヨメさんから
「今日、走るの?」ときかれたから
「いや、今日はやめとく」というと
「そうね、危ないしね」

・・カチーン・・
危ないというなら、普段の通勤のほうがはるかにリスキー。
それはわかってるから、RUNのときは、出来るだけ安全な道を選んでる。
なのに・・てなことで。

風は、今日は比較的強い。
かといって、いつもの13キロコースを選ぶための「旭川大橋高架下分岐」では、弱気になって約8キロコースへ変更・・・
b0057140_2240199.jpg


汗の量からすれば、結局は気温は低かったように思える・・・
b0057140_224174.jpg



昨日、DVDで見た「プロメテウス」。
そりゃ、監督も同じなので、「エイリアンのオマージュだよね」と、プロメテウスの評価の高かった女性社員に会社で文句を言うと「知らなかったの?プロメテウスは、エイリアンシリーズのプレリュード的な作品よ」と。なるほど。
でも、かなりグロだ。
アンドロイドがクビだけで生き残る部分も含めて、エセ・エイリアン。
主演のノオミ・ラパスはとても気に入ったけど・・・・
さすがに、この暑さの連続はうんざりだ・

日曜に少しでも走る予定がなくなったので、せめても、と夕方からRUN。

バイクで走っていると、さすがに朝晩はやや秋の気配は感じるのだけど、走れば一緒(苦笑)
b0057140_032271.jpg

岡山の最高気温はまたも35℃前後だったから、この18時でも32℃くらいはあったんだろうな・・

幸いに、今日は足の痛みはなし。
最後の岡南大橋では、iPodから聞こえる曲にインスパイアされて、頑張って走りました。
「ゆず」の曲は、以前は「命果てるまで」が自虐的だが「あるある」と思っていたし、走るリズムとちょうど合うのでよく聞いていたけど、今はやはり(ちょっと以前の歌だが)「翔」の歌詞に泣けるし、気分が高ぶる。
「♪ボクらはいつも試されている 
立ちふさがる大きな壁に 
だけどひとつだけ信じて欲しいんだ
それはボクらにしか越えられない壁だと♪」

暑いけど、早く帰れれば、走るぞ!


最近見つけた、熱中症対策飲料。クールブレイク
b0057140_0343962.jpg

けっこう、「冷や~っ」とする。
朝9時に、下津井の祇園神社へ。
b0057140_2283139.jpg


サポートスタッフ10名ほどで、安全祈願。
下に下りると、以前、瀬戸大橋といえば、できてすぐに、たいてい友人や恋人未満(笑)の人とよくきていた公園へ。
b0057140_22113270.jpg


あとは、マラソン当日はバイクで先導する予定なので、細い路地など、下見するつもりでマラソンルートに沿って帰宅していました。
なんか、オモロイ店めっけ。でも、なんで宇都宮ギョーザ??
b0057140_22135315.jpg


そのとき、通話のコールが。
主催者のFさんからの、協力要請。
走行ルートに、レース前日にキロ表示や矢印を設置するための、いわば設計書みたいなものを作るために、ポイントで写真を撮る、または既に撮った写真が正しいかをチェックする作業。

下津井のFさんの実家まで戻り、Fさんのクルマでルートをトレース。
止まっては降りて、を繰り返すので、エアコンも用を成さない。あっついい・・・・

昼食の玉野のすき家。
「トリコ」とコラボなお好み牛玉丼。生卵の扱い方がよくわからんかったけど、美味い。
b0057140_2220518.jpg


貝殻山へのルートは、まだ通行止めになっていたので、子供の森(?)経由の遠回りのルートで、とにかく山頂へ。
こちらはアップダウンが激しく、でも、今回金甲山をパスするならば、これで代わりの過酷さを演出できるように思えました。

暑さにまいる中、18時過ぎに作業が完了し、下津井からバイクで帰宅しました。
風は涼しく、猛夏は過ぎてゆく予感がしました・・・
金曜の晩に、高校の同級生2人と、テンマヤのビアガーデンへ。
b0057140_23542546.jpg



b0057140_23551497.jpg

ここに来るのは、バドガール目当てで来たとき以来だ・・(もう10年以上前?)

ちょっと割引で3300円。
b0057140_23563475.jpg

おかわり
b0057140_23565198.jpg

肉は鳥ばっかし・・・ま、牛肉だと、行列ができて、たちまち品切れになるのだろう・・

これは美味しかった
b0057140_23581945.jpg



b0057140_2359752.jpg

とてもやらかい・

なぜかTVがきていたけど、浴衣の団体が目当てだったようだ。
1時間半ほどいて、友人の奥さんの迎えのクルマで帰りました。
まだまだ、飲めたのだが、比較的下戸の友人の意見を無視するワケにもいくまい。
帰ってから「早く帰ってきたねー!」とヨメさんに言われた。ほっとけ。

土曜は会社の地域の夏祭りで、毎年、会社の駐車場を提供してる。
b0057140_022940.jpg

以前は、子供が無断で好きな場所にチャリ置いたり、ゴミが散乱していたけど、今はカイゼンされたみたいだ。

夜の、世界陸上・男子マラソン。
こんな周回コースとは思わなかった。
でもフラットなコースは、選手には都合がいいのだろう。
それとトレードオフな、暑い気候。
とはいっても、24℃くらいだから、かつてのロサンゼルス・オリンピックやロンドン・オリンピックよりは、まだマシだったのだろうか。
中本、すげー。
b0057140_0101383.jpg

遅いペースのレースとはいえ、5位は大健闘だったと思うよ。
b0057140_07957.jpg

ロンドンオリンピックの選考レースの琵琶湖マラソンでも堀端は惨敗だったけど、今回も・・・故障があったとはいえ、全然アテにならんな・・
おそらく、12時の気温が35℃だったから、15時くらいなら最低でも33℃くらい?

お盆だが仕事で出社するものの、やや仕事も落ちついているので、午後から休みにしました。
では、走るか。
でも、どこ走る?この暑さで・・・
いっそ、県営プールで泳ぐ・・?

最近、とんとご無沙汰の操山に行く気持ちが高まり、着替えて、クルマで護国神社のあたりに停めて、出発。
操山の東西の隅を往復で10キロが予定だったけど、なにげにしんどくなって予定変更。
ほとんど日陰で、時折風もあるコンディションなので、ここは踏みとどまるべきだ、と思うも、汗には勝てず・・
しかし、ゆっくり歩くと、耳元では蚊の飛ぶ羽音がぶんぶん聞こえるので、また走り始めるという・・
b0057140_21421852.jpg

用意した水分は1.5L。
なんとかクルマまで戻ってきました。

夕方には実母の家に家族5人で訪れて、送り火を焚き、舟を運んでいきました。
日ごろは一人暮らしの息子が日曜まで家にいるというので、夕食は、マリンポリス。
ここに行列があるのも珍しいと思う(くら寿司東岡山店は予約もままならず)が、EPARKで予約入れていたので、19時半にはちゃんと席につけました。
タコと中トロが、んまかったなぁ・・・満足。