「参加します」と宣言したものの、天気予報は「午前中雨」。

マラニックのコース試走および、マーカーの設置の作業。

朝9時くらいに成羽美術館に集合予定。

自宅は7:30頃に出発して、賀陽ICに8:10頃到着。
これは昨年のデータと同じ。
途中のR2バイパスはひどい雨で、3車線のうち一番内側には水が溜まっていて、対向車からの水しぶきもあびる。

高梁市街に下りる途中。
なんとなく、珍しい風景だと思い。
b0057140_21383560.jpg


成羽美術館には8:30頃かな。
安藤忠雄氏の設計という美術館は、瀬戸芸に共通する印象がある。
b0057140_21422895.jpg

満開に近い?
b0057140_21434895.jpg


参加者は、主催者のM松氏も含めて9名。
途中で3ルートに別れるには都合がよい。
天気は、小雨。
ネットでのお天気レーダーを確認したあとのボクの予想では、このあともう1回雨がきて、あとは晴れる予想。

走ったあとの段取りとしては、ラフォーレ吹屋でフロと食事を用意してくれるそうなので、着替えを係りの職員の方のクルマに預ける。
で、ボクはカッパやら、気温が下がったときのための上着やドリンクはリュックに入れたまま。

しばらくは小雨の中のRUN。
たしか、3キロ程度走った頃に、雨はほとんどあがり、暑くてみんなカッパを脱ぎはじめました。

赤いきれいな橋が見えたので名前をM松氏に尋ねて答えてもらったのだが、ハッキリ覚えていない・
「なんとか赤橋」だったと思うのだが・・
b0057140_21551385.jpg


途中で、石や枝が道に散乱する道ではできるだけ脇にかわしながら。
b0057140_21584736.jpg



b0057140_2213239.jpg

このあと、さらにルートをわかれて、M川夫妻と一緒に夫婦岩まで登るルートへ。

いつも一緒に走っていたM川夫妻は仲睦まじく、というよりは「ベストパートナー」もしくは「永遠のラバーズ」みたいなからみで、羨ましい限り。
夫婦岩まではほとんど歩いて登りました。

夫婦岩まで着くと、別ルートから既に到着していたミールさんグループ3名と合流。
せっかくだから。
b0057140_229137.jpg

ここまで約13キロ。
あとは吹屋まで6人で戻る。

紛らわしい、と思われる箇所にマーカをつけながら、走る。
天気はかなり良い。
風はあるが走っていれば寒いことはない。むしろ心地よい。
たまに、家の前にでている民家の人から「がんばれー」とか励まされる。
中にはそのあと「あれ?マラニックは今日じゃったかのぅ?」と言う人もいて「試走してるんです」と返す。
なごみを感じる道だ。

たかうね公園の下あたりから、見慣れた道となる。
昨年の22キロのさくらマラニックのルート。
ということは、ラスト5キロのダラダラ坂がある・・

今日の通算22キロあたりから、やはり右足ヒザが痛む感触があり、あとは歩いたり小走りしたり・・・
14時までにラフォーレに着く、という予定には間にあいそうでしたが・・

あと1キロ付近の町並みでは「通行禁止」のカンバンがありましたが、ちょうどM川さん(ダンナ)が迎えにきてくれていて、そのまま工事中(であろう)道を歩いて行きました。
悪かったなぁ・・

ラフォーレでフロに入り、14時頃にみんなで食事。
b0057140_22212833.jpg

運転しない人はビール。いいなぁ・・

このあと、ウルトラマラニックの参加者への案内状の封入作業。
終了後、送迎バスで成羽美術館までみんな送ってもらいました。
b0057140_22292423.jpg


やはり、ゲートルでも効果のない、22キロオーバー時の足の痛み対策なのだが、走りながらM川さんからの、正木山トレイルについて「ロードが多いから、ロードシューズのほうがいいよ」という助言は大いに参考になったのでした。
ありがとうございました!

data:
26.40キロ
4時間2分7秒
消費カロリー 2259kcal


ところで、土曜日の朝10時頃にハピータウンに寄ると、「八天堂のクリームパン」を売っていたので、これは娘達は喜ぶかな、と思って買い求めました。
でも、短大生だった娘には「初めてききました」と言われる始末。
行く末が案じられる・・・
b0057140_2237998.jpg

こないだ、車に乗せた娘が「そうそう、腕時計の電池、切れてるんだけど。もう一ヶ月くらいかな」と。
「そりゃ困るだろう、替えてやるよ」
もっとも、昔と違って、娘にはスマホがあるから、時間を見るのに不自由はないのだろう。

で、数日前に、ここらでは電池交換が一番安い、「ウォッチ職人」へ。
ボクのも、しばらくそのままにしていたのがあったから、一緒に電池交換。
1個500円。
ボクの腕時計は、ベルトも切れかかっていたので、店の女性から「交換できますけど、これ、特殊なので預かりになります。どうしますか?」と。

前の交換のときも、やや時間がかかったのは覚えているが、普通の時計屋にいけば30分くらい待てばいいはず。
なので、丁重に断りました。

で、ベルトの調達には、前も行ったことのある原尾島のハピータウンへ。
しかし・・・以前に行ったときテナントがない・・
どうやら、撤退したのか。
では、「普通の時計屋」を探さねば・・・
出社の時間が迫ってきたので、この日は諦めました。


今日は、やっと午前だけ会社を休めたので、会社に行く途中で「普通の時計屋」を探しに。
さすがに表町にいけば、寂れているとはいえ、いっぱしのウデを持った職人がいることは判っていましたが、偶然、古京ちかくで昔からある時計宝石店へ。
いままで入ったことはなかったけど。

70代くらいのご夫婦の店のようだ。
奥さんは愛想を振りまく係りで、早速時計をみせて「すぐ交換できますか?」と。
ご主人がすぐに来て、交換できる様子。

では、ついでに、と、昔フィリップモリスのサービスで、クロノグラフの販売をしていたので購入したヤツもベルトが切れかかっていたので交換できるかきいてみました。
これも、交換は可能。

新しいベルトを選ぶのだが、いまさらながら、安くはない。
2本分で4600円くらいだったけど、交換してもらいました。

b0057140_23162183.jpg

小さめのギラロシュは、新婚旅行でオーストラリアでヨメさんとペアで買ったもの。
ボクのはその当時のものをずっと使ってるけど、ヨメさんは新居でバタバタしているうちに「落とした」という始末。思い出の品なので、もう一度、ボクの小遣いで買ってやったら、しばらくしてまた「旅行中に落とした」という。
15000円程度、というのは腕時計として高級というほどではないが、既婚者にとっては安い買い物ではないのに・・

夏には汗のせいでベルトが臭うこともあり、やはり安物はよく交換していました。
継ぎ目の部分。この加工が、ちょっと難しいようだ。以前、店によっては加工の手間賃を別途とられた覚えがある。
b0057140_23232444.jpg


もう一つのクロノグラフは、重みがあってよく使っていたけど、夜にバイクの途中で時刻を見るのには少し苦労する・・

では、はめてみようと思うと、オモテウラ逆についていました。
なんてこった。
明日、もう一度いって、値切ってやる(^^;
仕事のせいで、祭日と日曜しか休めないこの頃。
今日は福山で1234階段祭(笑)があるのだが、以前より行ってみたかった、「熊山」に登ることにしました。
そのあと時間があれば、福山へ。

事前に、サイトで地図をDLして、ぺたぺた貼り付けた地図を持参。

朝8時20分くらいに長船サービスエリアに着くが、登山口がわからない。
目的は、坂根の登山口で、ちょっと走ると登山口の位置はわかりました。
長船サービスエリアにクルマを置いて、少し走っていき、やっと登れるか・・と思うと・・

フェンスがあって登れない・・
b0057140_2140333.jpg

困った。

地図を確認して、少し北の「宮ノ鼻」の登山口を目指す。
なんとなく集落の細い道を通るがよくわからない。
畑の女性に聞いてみると、もときた道を引き返さねばならないらしい。
再び、県道から降りた箇所に戻ると、さっき右折したときを左折すればすぐに見つかったはずなのでした・・・
がっくし

入り口
b0057140_21443760.jpg

いきなり傾斜がキツいので、最初はほとんど歩いて。

ちょっと休憩、と止まると4合目。
b0057140_2147237.jpg

まだ、風景はいまいち
b0057140_21484872.jpg


登るうちに、登山道、とは、人が踏み固めた道と、雨で山から水が流れる流路が基礎となっているように感じる。
登山道と排水路は共存している。
b0057140_21523471.jpg

ここならではの風景
b0057140_21505955.jpg

パノラマ
b0057140_21564686.jpg

走りやすい
b0057140_21554536.jpg


地図はあったけど、途中で道に迷いました。
道そのものは整備されているけど、立て札とかが不備な印象。

熊山神社
b0057140_2283155.jpg

でっかい杉の木。なんとなくエナジーを感じる・・
b0057140_221039100.jpg

熊山遺跡。確かに、不思議な形だ・・
b0057140_22114545.jpg


山頂の展望台。いまいちよく見えない。
さっき通った途中の景色のほうがいい。
b0057140_22125219.jpg

こういうふうに見えるらしい。
b0057140_2214071.jpg


帰り道。この鍛冶神社、を目指せばささっと着くことがわかりました。
b0057140_22184589.jpg


結局通算約9キロ。獲得標高670mくらい。
朝9時スタート、12時頃ゴール。
これで2時間以上。
正木山は標高をそれほど感じないで済むことを願う・・・


では、今度は「イカレポンチ杯」で賑わっているであろう、総社の「福山」へ。
13時過ぎに「清音ふれあい公園」へ。
道はまったくわからなかったが、たしか、強化合宿があったとき、ここからスタートした、とかいう記事がFBにあったはず。
b0057140_2229456.jpg

途中でハイキング客と思しき男性に「この道、福山にいけますよね?」と確認。
「いけますよ。歩きだと30分くらいかな」
「あざっす!」
しかし、途中の案内板はあったけど、「まさか舗装路ではないだろう」という先入観のため、荒れた山道を彷徨うハメに。
一旦戻って、リセットしていけましたが・・・

幸山。「コウザン」と読むようだ。
b0057140_2231746.jpg

奇跡の一本松も顔負け?
b0057140_22324572.jpg

ここからも風景は絶品。総社の北東方面
b0057140_22334391.jpg


福山に到着。
今回選んだルートでは、イヤでも一部福山階段を登ることに。
350段程度だけど・・・

今回のようなイベントがなければ、頂上はいつもこんな風景?
b0057140_22361516.jpg

15時すぎからの表彰風景
b0057140_22373348.jpg


片付けをちょっと手伝って、帰りはイカレポンチ杯女子2位・3位の方と同じ方向なので送ってもらいました。
サンキュウです!

梅も、そろそろ終りか・・?
b0057140_22412999.jpg

今日が、短大を卒業した娘の資格試験の発表日。

就職も決まってるけど、これに落ちるとすべては、ぱぁ、に。
医療系の学生の就職は、一般の学生に比べてかなり楽だとは思うけど、このハードルを越えなくてはならない、それがこの3月末の時期、というのは、人によってはかなりプレッシャなのではないか。

もっとも、大学側も、落ちそうな学生は受験させないだろうから、サイアクのパターンは想像していませんでした。

昼の2時過ぎ、娘からメールが。
合格だったらしい。

「おめでとう」の言葉に続けて短めにメッセージをメールで送る。

生憎、今日は会社からは早めに帰ることはできないので、ケーキはガマンしろ、と。

予想以上に仕事は多く、夕方コンビニでオニギリを買ってきて、長い試練に備える。
23時過ぎにようやく完了し、帰りは雨。

せめても、と、セブンイレブンでアイスを買いました。
b0057140_114797.jpg

ハーゲンダッツなら、普通の女子なら文句ないと思うのだが、ウチの娘やヨメさんは食べなれないものは気に入らないことがあるので、安いのも含めて買いました。
娘1人だけに買うのでは悪いので、家の女子3人分。
(さすがに、ガリガリ君は買わなかった)

で、家に戻ると、みんな就寝中・・・・
ま、・・・・いっか・・・・
21日に走っていてコケて、ケガした右手。
箇所でいえば、甲の近くに3箇所ほど小さなキズと、問題なのは人差し指の先の皮が直径5ミリほどむけてしまった箇所。

キズはある程度乾燥させれば、あとは快方に向かうのだろうが、手は毎日洗面所で使うし、コンタクトを使う身としては、中指で代わりはできるものの、なんとなく時間がかかる。

一番のネックは、PC。キーボード。
いまさらながら、人差指を一番よく使う。
キーに触ると、いちいち痛む。
まいった。

おまけに、マウスの左クリックにも人差指は使う。
痛みを避けるために、やっと、右シフト(中指で左クリック、薬指で右クリック)にようやく慣れてきました(笑)

こういうときに限って、会社では次々に仕事が発生し、どこから先に手をつければよいか、しばし呆然・・

でも、厄介なACCESSの処理のプログラムは案外早く(2時間くらい)動かすことができて、ほっとしました。
イヤなことばかりの仕事でも、しばしの満足の瞬間・・・
彼岸なので、墓参り。
実母を連れて、高校の娘も同行させて。

クルマを降りる墓地の近くの場所は、やや坂道になっている。
高齢な実母なせいか、いままで何度も来ている場所なのに、今日は出てくるときにこけそうになる。
幸い、道の溝にはまるでもなく、腰の高さの段差にころがるように倒れたので、大事には至りませんでした。

ツバキと空
b0057140_23135986.jpg


せっかくなので、コーヒーでも一緒に、と提言し、娘もボクも朝食抜きだったので、珈琲専門店が母の好みではあったが、ファミレスなら軽食も選べるだろう・・と帰りの道の途中のジョイフルを目指しましたが、スタバがあったのを思い出して、予定変更。
b0057140_2315557.jpg

ショートで300円は、やっぱ安いよなぁ・・
娘の注文はカプチーノとスコーン。
ちょいと、コドモから成長したかな。

家に帰って、安倍総理出演のテレフォンショッキングは録画しといた・・
b0057140_231984.jpg


で、録画している間は・・走っていました。
14時半には娘を駅前に送ってゆく約束があったから、12時過ぎから走って確実に帰れる距離のルート。
幸い、天気はまあまあいいが気温は冬そのもの。
児島湾一周ルートへ。
風、メッチャ強い。

こないだ買ったゲートルを初めて装着し、快調ではあったのだが・・・4.5キロ付近で、転倒。
郡の、このあたりの歩道はオールフラットではなく、なめらかではあるが起伏があることは知っていたけど、不覚。
左手ヒジ・左スネ・右手てのひらを負傷。
スネは、ゲートルがあったのでティッシュを挟み、右手はそのままガマンして、左手ヒジは帰りのファミマで「滅菌ガーゼ」を買って患部にあてて、タオルで縛りました。
b0057140_23374892.jpg

不幸中の幸いで、走ってみるとさほどの痛みは感じない。
そのままUターンで自宅へ。
往復で約9キロ。

一旦絆創膏みたいに患部を治療して、着替えないで娘の送迎へ。

予定通り、15時までに岡山駅に送り届けて、さて、走るか。
左ヒジと左足膝小僧あたりは痛みがあるが、キツいこともない。
もしもまたこけて、同じ箇所を傷めても大丈夫なように、ヒジとヒザにはサポータを。

以前より考えていた、「操山グルリンパ」ルートへ。
さいの野球場近くにクルマを止めて、時計回りに回る。
ヒジも膝も痛みはない。エンドルフィンのせい??

できるだけクルマの通行量の少ない道を選ぶので、百間川から西に進むときにいくつか選択肢がある。
今回は、足のダメージもあるので、少し短いルートを通りました。
西大寺線は危ないのですぐ南のやや細いのではあるが通行量の少ない道。
さらに、東山峠を越えるとき、旧道(普通の県道の北側の道)の坂道を進む。
あとは旭川の河川敷まで出て、河川敷をゆったり。
もうすぐ花見か・・
b0057140_23541757.jpg

いつも逃げないね、キミたち・・
b0057140_23531368.jpg


ゴールまでで18.6キロ。
b0057140_022790.jpg


今日通算27.6キロ。


ゲートルの効果は、あったように思う。
足の痛みは以前よりは少ない。
以前、ホスト中心だがソフトウエア開発会社に勤めていたときは、会社で購入していた「日経コンピュータ」が休憩室に置いてあって、「動かないコンピュータ」の特集は、自戒もこめて、よく読んでいました。

そのあと、転職して次のソフトウエア会社で派遣先(ではなく請負だったか)に行ったときは、休憩室に「日経ビジネス」があり、これはコンピュータ専門ではなかったけど、かなり興味をそそられました。
とてもおもしろい。

やがて、そこの会社も辞めて、今の仕事になるのだが、この雑誌はずっと読みたい、と思って、自分で購入することにしました。
でも、ウィークリィとはいえ1冊600円くらいの雑誌を買うには、だんだん経済的に苦しく・・・
10年近く続けたあと、ついに購入を断念しました。
b0057140_0325187.jpg

そのあと、購読再開の勧誘電話はありましたが、経済的理由をネタにすると、それ以上はしつこく言ってきませんでした。

でも、今日、電話を同僚から取り継いでもらい「日経、とかの人からです、PMさん、どうします?」と。
「出るよ。仕方ない」
しつこく電話してくることもあるし、いままで、こういう勧誘のタグイでは、いかに相手を怒らせずに、引き取ってもらうかが課題だ・・
電話の向こうからは、消費税UPに伴って値上がりするけど、半年に限り、現状のままでサービスできます、などと一方的に話をきかされる。
ウチの会社もコールセンターがあるから、これで1本分の料金ももらうのだろうし、あまりムゲに切るのもあんまりだな、と大人しくしばらくきいていました。
最後に「では、どうでしょう、お考えになっていただけましたか」と言われてからが勝負。
購読をやめたのは、経済的理由である。
でも、御社の雑誌のクオリティの高さはよく理解している。
ボクも、大好きで、素晴らしい雑誌だ。
しかし、個人レベルでは、やはり限界なんです、と。
いとも容易く、相手は引き下がりました。

ナイス。

以前、タバコを辞めたときの動機にも似ている。
タバコは、いきつけにしていた飲み屋のステキなおねえちゃんと同じ。
ずっと一緒にいたいと思うけど、いかんせん、カネの切れ目がすべての理由。
嫌いで別れるのではない、許せ、と。


一番アカンのは、そういう理由なのに、たとえば、しつこく自分から誘ってくるねーちゃんだな・・・
不治の病の話なので、やたらしめっぽくなる予想もあったけど、今回は、いつしゃべれなくなるのか、けっこう緊張感を持ってみていた気がします。演出の勝利?

b0057140_23165025.jpg

やはり、このシャンパンの瓶(の中の手紙)がキーだな
b0057140_2318288.jpg


メグとタクトは同じ内容。まあそうだよな
b0057140_2318594.jpg



b0057140_2319454.jpg

涙はでなかったけど、希望のもてるエンディングなので、良いと思う。
b0057140_2320253.jpg


ところで、今日は仕事から帰って急いで食事をして、チューハイを用意して22時のこのTVの前にリビングにいたのだが、2階から降りてきた高校の娘は「このTV、一人で見たかったのに・・お父さん見ているとは思わなかったわ。まあいいや」
(注:番組はTV内蔵のHDに録画予約はしている)
「をいをい、一緒に見ればいいじゃん」
「一人で見たいの」
「黙ってるから、見ればいいよ」
「お父さんがダメというのじゃなくて、おねえちゃんでも一緒。一人がいい」
「じゃあ、映画館とかにはいけないじゃないか」
「映画館は一人になれるから(暗いから?)」
「じゃ、電気消してみればいい」
「そこまでは・・(苦笑)」
やれやれ・・最終回だから、楽しみにしていたのだろう、と思って
「お父さんは自分のPCで見るから、リビングで見ろ」
ログインの関係で、最初はちょっと見れなかったが・・

かつてはTVは家に1台だったから、家族で見ることを拒否できなかったはずなのにね・・



関係ないけど、ちょっと前に見切り品で買った、ドレッシングの素。
オリーブオイルさえあれば作れる、という重宝なモノ
b0057140_23284791.jpg

ヨメさんに「いつか使ってくれ」と頼んだのに、賞味期限ぎりぎりまで使おうとしないので、自分で。
最初の香りはいいのだが・・途中からちょっとしょっぱすぎ・・・
東日本大震災チャリティランの主催者M松さんのことをヨメさんに話すとき「わからないかな、そうそう、葡萄の人だよ」というと、かつて購入したときの「生産者からのメッセージ」みたいなチラシの写真を思い出してか「ああ、わかった」と頷いていました。

でも、葡萄の人ではなく、スゴイ人なのに・・

昨年もらった「ランニングの世界・15」をヨメさんに見せて「読んどき」と言ったあと、数日たつ。

「読んだか?」ときくと「読んだけど・・・そんなに苦労すること、ないんじゃない?」という感想。

やはり、「走る人」とか「困難を克服したい人」「自分を試したい人」と、「そうではない人」との溝は深いな・・と。

これでは、ヨメさんと、母親にもっとも影響を受けやすい娘達も、父親のボクの生き方を理解できるはずはないな・・・

逆に、本を読んだだけで、そういう気持ちを理解されるのも、薄っぺらな親切心に過ぎないかな・・
昨日の晩から、「明日はどこを走るか」を考えながら帰宅。
4月に正木山トレイルもあるし、ロードだけではあかんやろ。

自宅から、操山を越えて竜ノ口まで行って往復するルートでケッテイ。
操山まで素直に北上するとあまり距離が伸びないので、百間川河川敷から行って、岡辛木神社から縦走するルートへ。
今日は気温があがりそうなので、なるべく早い時間に出発したかったが、結局8時。

渡り鳥
b0057140_20335092.jpg


日曜に走ると、いつもやってるボート部の練習
b0057140_20344476.jpg


操山に登る。
なぜかいつも足を止めてしまう小さな池
b0057140_20364143.jpg


里山センターでトイレ休憩。
少し進むと梅の花。
b0057140_20382179.jpg


今日は、陽の光は春に近いけれども、風の温度は、まだ冬に近い。
百間川河川敷にでるが、まだ工事中なので土手を走る。
今日は原尾島東詰の交差点を地下道から抜けるルートを発見しました。
でも、東の土手を走るうちに、土手だけではなくクルマとすれ違う道も選択しなくてはならず・・・

今日気づいた、問題の箇所
b0057140_2043221.jpg

かつての土手の道をそのまま活かせばいいのに、中途半端。
横断歩道を作ればそのままいけるのに・・・
b0057140_20444367.jpg


このまえ、村松さんにアドバイスいただいたとおり、なるべくまっすぐ足を上げるようにしてから、快調に走れていました。
でも、竜の口までもうちょいのとこで、またも右足の腸脛靭帯に痛みが・・
目標の、竜ノ口八幡宮まではムリにしても、竜ノ口山頂までは行きたい。
いけるか?
自分にジャッジを求める。
登るからには、独力でおりなければならない。

登り口で一瞬考えたあと、ちょっと坂道を行くと、痛みはあまりない。
いける。
ただし、進むうちに、逆に下りが厳しい。
腸脛靭帯の痛みがくると「がくっ」と足をすくわれそうだ。

いつもどおり、Tシャツに半パンのいでたちでは、とぼとぼ歩くとみっともないので走るようにするが、かなりヤバい。
それでも「オニギリ持ってきたんだから、山頂で食べるぞ!」というイヤシイ(笑)欲望にかられて、山頂まではたどりつきました。
19.6キロくらい。

ベンチで座ってのんびりオニギリをもぐもぐしていると痛みもなく、全然平気なのだが・・
今日は、山頂では風が強い。
思わず、途中で脱いだ上着を着る。

さて、問題の下り。
膝が気になってゆっくりしか降りられない。
帰りは、どうやらバスで帰ることになるかな、それでも、バス停まで歩くのも辛い。
家に電話する。でない。
娘2人のケータイにも電話するが、11時くらいなので、おそらく、まだグースカ寝てるのだろう、出ない。

やはり、自分が好んで走るからには誰の力も借りられないな・・と、諦観。
グリーンシャワー公園入り口までの下りも、時間がかかる。
初めて通ったが、日差しはあり、気持ちのよい登山路なのだが・・

b0057140_20595998.jpg


しばらくして、ようやくヨメさんにつながり、迎えにきてもらうことに。

家に戻ってから、今度の正木山トレイルの準備のため、ソックスを買うためにエイコースポーツへ。
コンプレッション・タイツは、やはり高価なのでまだ買えないが、山を走るためには足のサポータが必要なのは感じていました。
短パンでは足がむき出しになるので、長クツシタを探しました。
しかし、案外高いな・・
ゲートルにしました。(でも、安くはない)
b0057140_2154831.jpg


我ながら、20キロ過ぎても平気で走れない自分がはがゆいが、これも積み重ねるしかないな・・
家族のサポートはほとんど得られないから、ルートは、また再考だ・・・

b0057140_21115727.jpg