朝6時半に起きて、新岡山港のフェリー乗り場へ。
ここはいつものランニングコースの一つで、折り返し地点でもある。
だから走っていっても良かったのだが、雨模様の予報だったり、着替えを大きなリュックに詰める必要があったので、チャリで行くのが妥当だと判断しました。

ちょうど、日の出が近い
b0057140_22541258.jpg



大会参加者は、フェリー料金2割引。(片道860円)
往復を買っておく。

いつもの大会前はオニギリ1個食べておくのだが、今日はフルなので2個(笑)フェリーで

朝焼けの児島湾大橋。こういう風景はフェリーに乗らなければ撮れない。
b0057140_2323397.jpg


かもめの餌付けしてる人が。
マネして子供がきゃあきゃあ。
b0057140_2365324.jpg



児島湾の入り口
b0057140_23333211.jpg

会場のある公民館までは無料バスで5分。

既に相当の人が集まっていて、手荷物置き場のスペースがほとんどない。
ようやく建物のすぐ外に確保し、準備。
b0057140_23331576.jpg

9:30スタート。
気温はやや高めに感じるが、そのうちコースが海沿いに変わると北側なのでときどき日陰となり、冷たい風も吹いてくるので、暑さのダメージはあまり大きくない。
しかし、事前に見たコースの標高は図面では高くても40mくらいだったので、さほど心配していなかったけど、繰り返す坂の上り下り。
上りは比較的速度が落ちなかったので逆に抜いていくこともあったけど、坂の箇所を覚えておいて、帰りのときに用心したくても、箇所の数やだいたいの場所を覚えられない。

沿道にはお年寄りや小さなお子さんが応援してくれていて、こちらも「ありがとうございます!」とできるだけ答えておきました。

なんだか体調は悪く、5キロ過ぎで、「ここでリタイアするとカッコワルイよなぁ・・」と思いながら、このままでは完走がかなり難しいことは感じていました。

汗はかなりかいていたので、給水所ではほとんど水分やミカンやバナナやレモンを補給。

ハーフやフルを折り返した知り合いのランナーを見つけられたので、撮影しておきました。

見える風景は紅葉と青い海。
バツグンのコースでした。
b0057140_23341044.jpg



b0057140_23344296.jpg

いままでなったことのない右足の足首の痛みが発生。
しばらくすればすこしおさまる。
でも、今度は左のふくらはぎが時々ケイレン。
止まってストレッチしながら、それでも走り続ける。
塩キャンディもなめながら。

折り返しまでもうちょい
b0057140_23352511.jpg

折り返し地点ではコールドスプレーがあったので、「ラッキー!」と思って左足に使いましたが、あまり状況は変わらない・・

両足の骨盤と脚の付け根あたりに違和感があり、それでも歩くことはできるのでガマンしていたけど、左足のケイレンは何度も発生し、時刻は12時半になろうとしている。
制限時間は5時間半なので15時までにゴールしなくては。
でも、あとおそらく19キロを歩いていると全然間に合わない。

港の近くの係員の男性に声をかけて、リタイア宣言。
しばらく待つことに。

汗は冷えてきたけど、寒さに困るほどでもない。それでも係員の人は「よかったらどうぞ」とジャンパーを貸してくれました。
今年そうじゃでリタイアしたときは、何も貸してくれなかったなぁ・・

他にもリタイアした人とセットで運ばれるようで、一旦乗って走り出しても、次の給水所で別のクルマに乗り換えて(全部で2回)最終的にはボクを入れて男性4名女性2名を乗せてゴールまで戻りました。
14キロ地点から一気に戻ったけど、かなり遠い距離を走ってきたんだ・・と感じる。

23キロまでで、累積標高は600mくらい。完走すれば1000mは越すだろう。


ゴール地点で、弁当の引換券を渡し、5種類くらいの弁当を選ばせてもらう。
買えば350円くらいかな。あたためはなし。(当たり前)
人からは「すごく美味い」ときいていて楽しみにしていた暖かい素麺も無料でもらいましたが、完走という満足感のないボクにはイマイチな味でした。
b0057140_2338153.jpg

参加賞も多い。醤油・ごま油・プロテイン試供品・ウェットティッシュ・Tシャツ
b0057140_23384459.jpg


サービスはとてもいいと思いました。

寒くなってきたのでとりあえず着替えて、土庄港行きの無料バスがいたので乗り込む。
13時半くらい。

次のフェリーは14時半出航。
港の観光センターの1割割引券を下船時にもらっていたので、家族と会社用におみやげを買ってから乗船口へ。
さっきまでの好天とはうってかわって空にはいっぱい雲が広がり、お天気レーダーでみると雨が近いのはわかりました。

フェリーに乗り、新岡山港まであと20分くらいのとこで、雨が降り始めました。
粘って完走を目指すと、もっとひどい状況になったかも、と思うと、今回のジャッジは仕方なかったかな・・

残念な結果ではあったが、ハーフではバッテリーが心配だったiPhoneだけど、今回は充電用バッテリーも用意していたけど、使わなくてもまだ、フルでも残量がありそうでした。
右足の裏が痛むことがあったのでテーピングしていったのは、正解でした。

まずは、脚も万全にして、出直しだ!
b0057140_23304888.jpg

日曜の大会に向けて、数ヶ月前のエントリー時から、状況はかなり変わってきている。

思えば今年2月には笠岡のハーフ・坂出の15キロ・個人的に33キロ、とか調整したあとに迎えた「そうじゃマラソン」で初のフルマラソン完走を目指したものの、力及ばず35キロでリタイア。
捲土重来を期して今回の小豆島にエントリーしたあとに発生したアクシデント。

8月の右足脛骨骨折以来、大会はおろかまともに練習もできない。

思えば、そうじゃでは過信もあり、「ハーフを2回分走っていきなりサブ4。いぇい」みたいな気分だったが、そうではなくて、今度は「ちょい早めのLSDでとりあえず完走」することが、今の自分には合っているように切り替えようと思っています。

元通りではないにせよ、日々、足は回復しているのがわかるが、ちょっと回復が足踏みしているように感じるときもある。
まずは、自分をわきまえて、出せるベストを尽くすしかないな・・


一方、会社ではトラブル続きの業務があり、マラソンの日は日曜なのに、休日出勤する社員もいるようだ。
今のところ、ボクに応援要請はでていないが、なのに、自分は休んで好きなことをする、というのは心苦しい。
もしも、応援を頼まれれば快く引き受けるべきであり、それでフルマラソンの苦しみから大義名分のもとに解放されるという筋書きも抵抗はないのだが、ここは頑張っておくべき。

もしも、フルマラソン完走できても、内心「ふっふっふ」と満足しながら出社した会社には、おそらく疲労困憊した社員の「どよん」とした空気があったとすれば、あまり浮かれていてもダメだ。
むしろ、リタイアしてこちらも「どよん」としていたほうが気が楽・・・

好きに生きることは、なんだか難しいよなぁ・・
右足の状態はほぼ90%回復と思っているが、残りの10%は「下り坂の不安」。
登るのはまだいいが、階段を下りるときは重心を右にかけられない(かけるのが不安)。
だから、トレイルもしたいけど、下り坂でまたケガをしては・・と足が遠のいていました。

しかし、最近、「だから、やらないでいると、もっと回復が遅れる」と思いはじめて、今日は数ヶ月ぶりに操山へ。

自宅から5キロほど普通の道を走っていく予定だったが、昨日の16キロのせいか、ムリできないカンジ。
なので、登山口までクルマで行くことに。

気がつくとガスがかなり少ないので、できるだけ近い場所まで。
曹源寺に近づくと、山の紅葉が見事で「おいでおいで」しているよう。
しかし駐車場は満杯。
登り口を護国神社に変更しました。
b0057140_188554.jpg

旗振台まで登って、あとは東にいけるだけ。
結局岡辛木神社まで、往復約7キロ。

ハイキング客も多く、トレイルランナーとしては
・すれ違う・追いつく前に歩きに変更
・「こんにちは」と必ず挨拶
・「抜きまーす」と声をかけて追い抜き
と、注意。

ふと気づくと、走路に、昨年は落ち葉がいっぱいあったのに、今日はほとんど掃除されていて、快適に走れるようになっていました。
もちろん、落ち葉が残っている道もあるけど、メインの道はかなりキレイ。
b0057140_18112899.jpg

進むうちに、岡辛木前で、道で清掃しているらしき20人ほどの集団に会いました。
比較的高齢な方と、中学生くらいの子供。
b0057140_18102446.jpg

初老の女性に「ボランティアで清掃活動ですか?」と訊くと「清掃というよりは、そこの森を整備して、植林しているの。道も、下に新たに1本通れるようにして。あそこの竹薮もキレイにしたのよ」

確かに、このとおり。通りやすくなっている。
b0057140_18123794.jpg

どうやら、富山地区の方らしい。
向こうには軽トラがあるから、そこから草刈道具などを運んでいるようだ。だから、あまり山の奥までは手がまわらないだろう。
うーん、こういう人がいるからこそ、操山をいつものようになにげなく走ることができるのだ。

走る途中ではっぱを拾うボランティアもありそうだが、ちゃんと片付けて捨てるとなると、カンタンにはいかない。
しかも、今の時期に拾っておくべきであり、これは毎年続く山の営み。
いつか、そんな呼びかけがあれば、操山を走る人はまっさきに協力すべきだよなぁ・・

竹も、すべて伐採するのではなく、登るときに支えになるように一部はポールのように残してあるように思える・
b0057140_1817398.jpg


ふと見かけた「シダの姿見」
b0057140_18181044.jpg

走っている途中で動画も撮ってみました。
すれ違ってちょっと会話した女性トレイルランナーは、たしか6月にRUN馬鹿で一緒だった女性でした。(名前忘れた)

スピードがそもそも遅いせいもあるけど、登り坂は以前ほどしんどく感じない。
b0057140_18145888.jpg

降りるのも、ちょっと怖いけど、これはこうやって慣らしていかないと、本当にずっと走れなくなるかな、と考えを改めました。


こんな美しいスタジアムでプレーできて、君たちは幸せ者だよ!
b0057140_18134350.jpg

23日。
来週に迫った小豆島のフルマラソンを前に、「本当に出るのか?走れるのか?DNSしちゃえば?」と自問自答する答えを得るために、金甲山の周り1周の旅へ出発。

薄い霧の中
b0057140_17165412.jpg


7時半過ぎに自宅を出て、児島湾大橋を渡り、時計周りに、まずは小串を目指す。

金甲山。あの向こうまで・・
b0057140_1719467.jpg

今年の2/11に33キロ走ったコースと同じ。
右足のせいで鋭い痛みではないが動かすたびに出る鈍痛は、実はしばらくすると気にならなくなり、また、しばらくしてぶり返す。
前回よりもかなり遅いペースではあるが、立ち止まることなく狭い歩道を走る。
今日はサイクラーも5~6人のパーティで走っているのをよく見かける。

桃太郎荘(が昔あった)への登り口近くで、道端の老人から「どこまで走るん?」と訊かれる。
「ずっと、金甲山の向こうまでです」
「ふーん」
ここらでは、そのくらいの距離を走る人はザラなのか・・

番田あたり、12キロくらいで脚の違和感のため、歩いたり走ったり・・・

珍百景。よく似たカンジのが九州にあったような。どっちいきゃいいんだ。
b0057140_17202715.jpg

右足の親指の付け根にもマメができそうなイヤな感覚があり、16キロ、梶岡のサークルKあたりで終了。

夏にも、ここからなら家の近くまでバスが通っているのでそれを利用したが、時刻は10時で、次のバスが来るのは11時10分くらい。
こりゃ、待てないな・・と、ヨメさんに回収を依頼。
別件の用事もあったので、無事乗せてもらって帰りました。

だが・・このままでは、フルマラソンは・・
不安が付きまとうが、諦める結論にはまだ達しない・・


午後から、高3の娘の用事につきあって車で連れまわしているうち、FBのT中夫妻の、操山の楽しそうなトレイルの記事、そして曹源寺の紅葉の写真が。
これは、行かねばなるまい。
娘もつき合わせることにして、いってみました。
駐車場はほぼ満杯でぎりぎり置けました。
b0057140_1722233.jpg



b0057140_17233834.jpg

娘もちょっと気に入ったようで、モデルにして写真も撮りました。
親の欲目を抜きにしても、まあまあの顔立ちの娘なので、堂々と撮影会みたいに撮れることは嬉しかった。

知らないよその人も、思わず娘の写真撮ってた・・というのはまったくのウソで、バカ親の妄想だ(^^;
このキーワードが、今はほとんど通用するんだ・・

「オラフです」といった画像が出ていても「それがなにか」みたいな反応しかできないとか、お笑いのネタについていけない感がするので、昨日ついにレンタル。

会社で、興味のある人に声をかけると、ほとんどの人が「見ていない」もしくは「シアターで見たけど、また見たい」という反応なので、期待に沿うことにしました。

「おもしろいんですか?それなら見たい」というヤツもいたけど、だから、見てないから借りてきたんじゃん。
b0057140_0232410.jpg

ストーリーとしては・・ワンピース風なら、

王子の青キジがヒエヒエの実を食べたにもかかわらず、世界政府にその力を提供することなく、ニコロビンのように能力を知られることを恐れて逃げ隠れる展開だが、いつか妹の危機を救うことで国の人々に認められる、という寓話。

「ありのままで」のBGMで雪山に登るエルサにはなぜかナミダするシーンもあったけど、ミュージカルに慣れない人にはどーなのかな。

「ベリベリの実」オラフは、「ハウルの動く城」のカルシファーみたいに、魅力的な脇役だ。
クリストフのCGは、どのキャラクターよりも実写に近いリアリズムを感じる。
エルサの吹き替えの松たか子の声も、今後のカノジョの将来の活躍を予見させる。

女性社員は「(シアターで見たけど)もう一度みたい」というが、それほどでもないかなぁ・・
今日の予定。
9時から沢田柿まつりに並んで、
10時開幕と同時に柿・赤袋1000円ゲット
去年は10時20分頃には山陽女子マラソンのハーフの先頭集団が岡北大橋を通過していたので、それまでに岡北大橋南側舗道へ到着

柿の赤袋がかなり重いのは知っていたので、クルマで行かなくてはならない。
でも、クルマで山陽女子マラソンを観戦できる場所に一旦移動するとすれば国富の実家なのであるが、それでも時間がかなりタイトになりそう。

結論としては
折りたたみのチャリをクルマに積んで行き、柿ゲット後にはチャリで河川敷から岡北大橋まで移動する。
という予定。

果たして、今朝は9時前に会場近くに着いたのではあるが、駐車場を曲がるはずがうっかり通り越してしまい、「しまった!」と思ったが、そのまま原尾島のいつもの河川敷にクルマを止めて、そこからチャリでいくことに変更。もう、あまり時間をかけたくない。

昨年はヨメさんと9:20頃に着き、寒かったので「早すぎたかな」とちょっと後悔したのですが、お目当ての柿は、ボクはゲットできたけど、ヨメさんは品切れで、別の袋を買うことになりました。
あそこらへんがボーダーラインだったか。

今年は、9時には列に並んだけど、昨年と同じような位置だと思いました。
あと1時間・・・・

そのうち、赤袋の個数を示すカンバンを持って走ってる・・
b0057140_2045372.jpg

ついに、行列はこんなところまで。
b0057140_20461151.jpg

10時の開場と同時に行列が動き始める。
さらに赤袋のコーナーに並んで、無事購入。
b0057140_20472777.jpg

本当はこのあと、一服して出店を楽しみたいところだけど、時間がない。
すぐにチャリに乗り換えて、袋に入れた柿の重さに耐えながらクルマのとこへ。

あとは河川敷を走り、岡北大橋近くまできたけど、ハーフのランナーが来ているので、東側から西側に横断できない。
選手は西側を走るので、道を渡らねば。
そういえば、岡北大橋の下にはトンネルのような通路があるはず、と思って走って行き、無事西側に出ました。

カイハタさん、伴走?爆走?
b0057140_20495887.jpg

國清さんめっけ。あとで見たら、10キロで優勝。すげ~!!
b0057140_20505566.jpg


思ったよりも気温が高めで、汗をぐっしょりかいた選手も多く見ました。

一旦家に帰って、14時頃から、今回の10キロのセンシュに敬意を表して(?)百間川河川敷を10キロRUN。

さかさ芥子山?
b0057140_20515149.jpg

ススキ
b0057140_20522826.jpg

今日は「二兎を追うもの一兎をも得ず」みたいな展開もおそれていたのですが、万事うまくいきました。
チャリティランのM松氏から「野菜1袋100円で販売」の告知があったので、「是非、2袋」と注文を。
さて、どうやって買いにいくか。
土曜日の県営グラウンドで「11時まで、桃太郎パートナーズの練習があるので、それまでに」という返信だったので、クルマで普通に買いにいけばよいのだけど、可能であれば、20キロの練習も兼ねて、と色気が。

朝はゆっくり8時頃起きて、8:40頃に家を出発。
こないだ買った赤のシューズのデビュー。
しかし、靴底がやや硬く、あまりいい走り心地ではない。

右足も骨折から約3ヶ月。
痛みはあるけど、今回はしだいに直っていきました。

新岡山港まで南下してから、百間川河川敷を北上するコース。

いつものとおり、カヌーの練習している。
b0057140_0202334.jpg

練習中の1艇と、しばらく競争して走っていました。さほど差はない。
b0057140_0213446.jpg

途中にあった赤い実のある木。
b0057140_0225750.jpg

11時までに県営グラウンドに、という約束が危うくなるので、途中で連絡を入れました。
結局は5分ほど遅刻したのだけど・・
2時間16分もかかった。

桃太郎パートナーズの練習終了のタイミング。
M松氏からご提供の野菜類(サツマイモ・カブ・赤カブ・ダイコン)を結局は100円でいただきました。
「売れ残って持って帰ると、重くてかなわん」と、100円で「入れ放題」に近い。
それでも、かさばるので、そこそこにいただきましたが・・
ダイコンやカブの「葉」がもらえるのは嬉しい。

まさに紅葉の季節だ。
b0057140_025783.jpg



b0057140_0282759.jpg

この重さの荷物をかかえてはもはや走ることはできないので、あとは家まではバスを使いました。

駅前。
b0057140_0293955.jpg

夕食は、ヨメさんから「どっか外食しよう」と。
「なんで?」「娘2人は、玉野の息子の家にお泊りだそうよ。食事作るの面倒だから、どこかで食事」
ならば、と、いままで行ったことのない店を検索したが、ヨメさんの好みとボクはあまり一致しないし、あっさり系がいい、というので・・・
b0057140_0302799.jpg

初めての、「ザ・めしや」
こういう定食屋は、思わずたくさんとってしまう傾向があるので控えめに・・
約700円。
b0057140_031196.jpg

日米野球も、MLB相手にノーヒットノーラン。

満足。
いつもの通り出社。
今日から3日、タテマエではあるが「休みます。」と関係する社員にメール配信。
休みといいながら「木曜のX時から。それと金曜のX時からX時までは勤務します」と本文に添えて。
なんじゃそら。

昼過ぎには仕事も落ち着いたので、あとのカンタンな引継ぎは同僚に頼んで、せっかくのチャンスに、「天神そば」を食べたい衝動にかられて・・

いきました。
13時過ぎなのに、店の外には2人ほど待ってる人。
b0057140_23335277.jpg


顔なじみのおばちゃんは、さすがに年のせいか裏方に回っていて、切り回す主役の女性は見たことのない人だ。
3番、大盛り。800円。
b0057140_2335037.jpg

最初は懐かしい味だったけど、食べ進むうちに、違和感がありました。
ちょっと塩辛過ぎる。
以前は、もっと「ズルズルいわして一気に食べる」感があったのだが・・これは年齢も影響してるかな(苦笑)
ここを知ってから、もう30年以上たつかな・・

17時には会社に戻る予定なので、休みだといっても思い切り遊ぶことはできない。
ずっと気になっていた、今年の紅葉。

ネット検索では足守の近水園とか豪渓とかが見頃だそうなので、とりあえず総社に向かってバイクで走る。

さみー!

R180は片側1車線だし、やたらとクルマが遅い。イライラ。

せっかくの風景なら、陽の高いうちに行かないとムダになるなぁ、と焦りながら、15時前に着きました。
b0057140_23381060.jpg



b0057140_23392351.jpg


思ったよりは色づいていない。
平日だというのに、客はそこそこいるのにね。
b0057140_23403422.jpg



b0057140_23415895.jpg

あとは豪渓を登って帰ることにしましたが、空気は寒く、ワインディングを楽しむよりも、早く下に下りたい気分。
分かれ道の立て札で「総社」へのルートを選んだけど、道は長く続く・・・

ようやくR180に戻り、ほっとしました・・
スーツにダウンジャケットの人間が、もしも事故しちゃ、恥ずかしいし・・・

とにかくこの時期としては寒く、厳冬期ではないにせよ、どこかで暖を取りたかった。

会社に戻る時間にはやや余裕があったので、近くの農産物販売店で紫芋とカリフラワーを買いました。
カリフラワーは、ちょっと前に「ためしてガッテン」で、ナマで食べると美味しい、と言ってたので・・

会社では1時間くらい作業して、帰宅へ。
明日が下の娘の誕生日なので「なにかいるか」とメールで訊いていたものの、ステーショナリの月並みなモノが欲しい、といっていたので、ちょうど帰宅時に戻ってきた娘と「うさぎや」へ。
b0057140_23424774.jpg

なにか記念になるボールペンかなにか、いらないか、と誘ってみるが、必要最低限のホッチキスとか穴あけだけでいい、という。
残念、そして不憫だ・・


買ってきた紫芋で、クックパッドでみつけたチップスの作り方で作ってみました。
まあまあの出来。
バースデイプレゼント、これでいいかな(苦笑)
b0057140_2344431.jpg

実母から、ボクの娘に、「上の2人の兄弟には学資保険とかしてあげたけど、C子にはなにもしていなかったから」と、援助してくれる方法を考えてくれていたようでした。
その結果、今なら「教育目的なら遺産相続の免税」の制度が使えるので、いくらかの準備をしてくれるようでした。

証券会社で説明をきき、書類を準備するのだが、戸籍謄本が必要。
区役所は日曜は休みなので、平日が休みにくいボクには悩みのタネだ。

今日の火曜日、午後から、少し余裕ができそうなので、15時半過ぎてから「区役所に行きますが、また戻ってきます」と同僚に言い残して一旦退社。
ホンネからいえば、さっさと退社する、と宣言してしまいたいとこだが、そういうときに限って、あとで緊急の対応の電話がはいることがあるので、これはジンクス。

区役所では書類の発行にある程度時間がかかることは覚悟していたけど、今回は驚くほど手続きが早い。
申請して、精算まで、10分くらいだろうか。手数料450円。
やればできるじゃん。

秋の色濃い「けやき通り」。くもりっているのでイマイチ。
b0057140_23593796.jpg

会社に戻るものの、そういえば、バイクのオイル交換時期(69000キロ走行)なので、もう、仕事やる気、70%くらい減退。
最低限の仕事だけして、16時過ぎには再び退社。
なにやっとんじゃ

いきつけの自動車整備工場でオイル交換。
帰宅して、18時前から13.5キロラン。


(以下は覚え)
昨日はGSでバイクに給油、リッター147円。
VTZはだいたい25キロ/リッターなので150キロくらい走ると1000円分給油していたが、以前の高値の頃より、けっこう給油に余裕がでた印象。
朝起きたときから外は雨・・
いつものチャリティランなら、雨の止んだときを狙って走れたりするけど、お天気レーダーで見ると、今回ばかりは楽観できないようだ。
いちおうカッパは用意して、県営グラウンドへ。

9時25分頃に着いたと思うが、参加ランナーとしては一番乗り。
M奥さんと村松奥さんがおられたけど、テーブルもないし、募金箱もない。
「今、用意しに行ってるんです」と。

この雨模様では、さすがに開催されているとは、普通の人は思わないのだろう(苦笑)
集まりはとても悪い。

雨だが紅葉。雨なのが残念。
b0057140_2012263.jpg



b0057140_20135385.jpg

スタート時はげーくんと並走しながら話。
「5分40秒/キロくらいですね」
と1キロあたりでげーくんに教えられる。
これでも、いつものペースより、実はずっと速い・・

あとは少しゆっくり目に・・・

ボク以外は、田中ファミリーのお子さんも含めて、みんな固まって走っているようでした。
b0057140_2015592.jpg


最初の1周こそカッパを着て走ったけど、あとは脱いで走りました。
雨は間断なく降るけど、最終的には3周、7キロくらい。
b0057140_20175175.jpg

あとの男性ランナーは10キロ、最後はキロ4分30秒ペースだったとか・・
今のボクには「ムリ!」なので、ちょっと悔しい・・・
b0057140_201918.jpg


UTMFのDVDのお礼だ、ということでサワヤカMさんにもらった北天まんじゅう。
以前より、西ももさんが絶賛していたので食べてみたかった饅頭。
予想していたよりもはるかに食べやすかったです。感謝。
b0057140_20195777.jpg


家帰ってからも雨なので、走ることもできず、こないだようやく「シューズを買うのに使ったら」とヨメさんにもらったJTB商品券を持って、スポーツ用品店へ。
アディダスがいいのだけど、予算と合わない。
女性店員さんと相談して、アシックスのシューズに決めました。
色は白と赤しかない。
ならば、赤でいいかな。
b0057140_202112.jpg

ニューシューズなら、ちゃんと練習して走らねばなるまい。
がんばらんと。