b0057140_19513138.jpg

There was a time when I was in a hurry as you are
I was like you
There was a day when I just had to tell my point of view
I was like you


朝、出社してから、鼻水が止まらない。
昨日も、そういうのはあったが、今日は、ティッシュを1分おきに引き出すペース。
これは、マズい。
でも、あとはくしゃみはあるけど、熱も頭痛もないようだ。

薬局で薬を買ってきて凌ぐことも考えたが、かかる費用を考えると、むしろ医者にかかる方が効率的なので、こっちを選択。
まだ、有休がない処遇なのだが、今日夕方まで待つより、思い切って、午後から休むことに決めました。

自宅に戻り、すぐにかかれる近所の病院に行ったが、ここは、もう5年ぶりだろうか。

結局、触診も、喉を見られることもなく、「アレルギーですかな。薬を出しておきます」で終わりました。
確かに、会社を出てからは、鼻水はだんだん少なくなってきて、診断のときは「なにしに来たん?」状態ではあったのだが。
しばらくシエスタをとって、症状は治まっている。

帰ることにしたのは、もう一つ、おかやまマラソンの当選通知ハガキが来てるかどうか、気になっていたのもある。
まだ、来ていなかったけど・・・
なんしょんやー

あ、タイトルは、本当は「ハナカゼの誘惑」でした。
おそまつ。
b0057140_21472385.jpg
(これは、2012年6月)


今日の帰り道で感じた、この時期の夕方。かつて、W杯南アフリカ大会の時期、こんな空の下、家路を急いでいました。たしか。実は、夕陽の美しいのは、6月の晴れ間の夕方ではないか。とも思える。

今日の帰りは、渋滞してたと思ったら、やっぱ、事故か。
b0057140_22584820.jpg


本社に寄る用事があり、大樋橋から抜け道を選びました、

かつての、さくら住座のアパートは、新しいマンション(?)に建て替えられている。
3棟は、1棟(左端)にまとめられるほどのデカさ。
b0057140_22584884.jpg


夜はまだ明るいし、真夏になる前なら、定時後に走ることも、まだ楽かな。
梅雨は、大雨にならない程度に、もう少し続いて欲しい。
朝5時からの、女子サッカーW杯準々決勝、日本VSオーストラリアの試合を見ていたが、今日は残念ながら、7:00までに部活の関係で娘を倉敷まで送っていく約束がある。
前半が終わってから準備をして、6:15には家を出発。
あとは、スマホのネットでのテキスト速報を、時々、娘に読んでもらっていました。

余談ですが、一人で運転中にスマホは危なくて操作できないが、視覚障害者の方が使っている、読み上げ式の音声ソフトを使えれば、プロ野球のラジオ中継のように、安心して試合の様子がわかるのではないか?
また、調べてみよう・・

6:50に倉敷武道館に到着。
娘をおろす。
野球場のそばで車を止めてネットを見ると・・
1-0で勝利!やったじゃん!

さて、娘の部活(イベントの手伝い)が終わるのが、遅くて13時だ、という。
昨日から、ここから走るコースを調べていて、はっきり計測できなかったが、とりあえず、安養寺の向こうの「浅原峠」まで行くことにしました。
距離や時間によっては、福山の階段も登ってみることも考えていましたが、あの浅原峠の北側の坂道は、傾斜がハンパないことは車で通ってわかっていたので、ここも、状況によって判断することに。

とりあえず、倉敷駅まで。
7時過ぎで、やや暑いのだが、空が曇ると涼しい。

倉敷駅は、朝の光のせいか、新鮮でした。
北口
b0057140_19261222.jpg



b0057140_19303921.jpg

南口
b0057140_1932310.jpg

駅の中を北に抜けて、アウトレットパークの横を北上。
客とかがほとんどいない時間帯だったから通ったけど、帰りはここは通りたくないかな。

浜ノ茶屋のサークルK以降はしばらくコンビニもないと思ったので、ここで水を補給。

あとはひたすら、比較的広い歩道を走る。

こんなカンバンが何枚かあるので、やはり、前進しなくちゃ。(^^;
b0057140_19324835.jpg

峠の上まで来てから、福山の入り口が見通せるかどうか確認したけど、かなり下らねばならなそうなので、ここで折り返すことにしました。
娘のお迎えの時間までには必ず戻らないと。
b0057140_19335853.jpg

下ってみると、坂の長さがかなりあったことを自覚。
登るときはあまり意識しなかったけど・・

たしか、岡山のスーパーウルトラランナー・よしだーさんは、ここが峠を挟んで8キロのコースなので5往復して40キロの練習するんだ、とかおききしました。
うーん・・・さすがだ・・

気温はあまり高くないはずなのに、あまりペースは上がらず。
14キロ付近のローソンまでで終わり、ガリガリ君を。

娘を待つ間の風景。
水島臨港鉄道。JRではなくてMRなんだな。
b0057140_193553.jpg

13時過ぎにようやく娘が部活から解放されて、昼食もまだだというので、「びっくりドンキー」へ。

カレーハンバーグ・ディッシュ
b0057140_19355977.jpg

ちょっとしたデート気分・・
こういうとこだと、娘もかなりよどみなく話してくれる。
家ではサッパリだが・・
朝は近くの医者に行くけど、そのついでに走るつもりで着替えていきました。
処方箋をもらって薬局に行き、そのまま、児島湾大橋へ。
b0057140_17474048.jpg

風、めっちゃ強いので、帽子は飛ばされそうなので、キチンと締められる農作業用みたいな布ボーシ(なんて呼ぶのだろう・・)に変えました。

空は曇っているので暑くはない。
ただし、ペースもあがらない。
それでも、後半のほうが速い。

阿部池
b0057140_17481968.jpg

走りながら見ていると、何度かタッチダウン・テイクオフを繰り返していたセスナ機。
練習してるかな、と踏んで、ちょっと滑走路の一番よい場所で待ち構えていたら、予想通り、飛んできてくれました。
b0057140_17485376.jpg



だいたい16キロで終わり。
急いで着替えて、シャワー浴びて、午後からB社株主総会に行かなくちゃ。
株主は実母だが、歩くのがたいぎ、だそうなので代理で。

さすがにジーンズでは恥ずかしいので、クールビズの服装にバイク用の薄いジャケットで、バイクに乗って。
ちょっと空が気になるが、雨にはならないようだ。

B社本社ビルの南の駐車場は、あらかじめ予約しておいた車しか駐車できないはずだが、バイクなら、そのまま駐輪場に案内されました。
13時頃。
b0057140_17443679.jpg


入り口では、意外な(でも、ちょっと想定内な)知り合いの女性社員様に出迎えていただきました。(^^;

サービスでもらったアイスコーヒーとパンプキンパイ。
パンプキンパイは中身は甘いのに、生地はやや塩味。
その部屋を出るときになって、撮影禁止だったのに気づきました・・
b0057140_1750557.jpg


さて、総会だが、昨年もそうだったが、やはり、短時間だけど、問題アリの株主Y氏とB社取締役との一騎打ちとなっていました。
情報漏洩の大事件について質問が飛ぶのは当然B社も準備していたであろうし、ここは「今後継続して解決してゆく」ことで一貫していました。
株主は文句を言う権利はあるけど、結局は「損をしたくない。儲けたい」のだから、最後は「もう、事件はええから、オレ達のためにがんばれよ」みたいに大多数の株主は思っていたように感じました。
質問者には「子供の個人情報についてお詫びするのはいいが、(当然、保護者として登録しているはずの)ボクの情報はどうなった?そっちが大事だ」なんていう人もいたが、ちょっと大人気ないかんじが・・

あの当時のバタバタを知っているから、名寄せが困難を極めたことはよくわかる。
ゼミ生も、自分の名前を書いているけど、漢字だったり、カタカナだったり、漢字を間違えていたりして、発送する側も確認が大変なのだ。
でも、急がなくてはならない、誤配することもダメ、モレがあってもダメ。
そこを株主に責められているB社を見ると、同情を禁じえない。

アングリーな質問者の中の一人の女性。
「この様子を見て、わたしゃ、株は売りましたよ!案内が来てたから、今日ここに来てるけど」(←なら、のこのこオミヤゲ目当てに来るなよ、とボクはつぶやきたかったが)
「これから、どんどんここの株価は安くなりますよ!ゼッタイにね!とことん安くなったら、そこで、わたしゃまた買いますけど」
これには失笑。

総会出席のオミヤゲ(マドレーヌ)
b0057140_1752363.jpg



b0057140_17524781.jpg

いちおう、「戦利品」として実母に見せて、母の分だけ残していただいて帰りました。


今年も、母の庭に咲いている花。アガパンサス、というらしい。
b0057140_17544624.jpg

なんか、「花火みたいな花」だ・・
b0057140_1756468.jpg



さて、明日は早朝に倉敷運動公園に娘を送ってゆくので、ついでに、「浅原峠攻略」を画策中・・・・
多分、気温は、28℃くらい?
会社から帰宅して、すぐ着替えて、走る。

朧夕陽?
b0057140_22333024.jpg


新岡山港経由で、本当は百間川河川敷コースにまわる予定が、まだ工事中なので、引き返して、北へ。

b0057140_22333179.jpg


洲崎のダイレックスで2Lの水と、500CCのチューハイを買ったので、リュックは重い。

またも、岡南大橋の登りでダッシュして、トータル13キロぐらい。

帰宅してみると、またもヨメさんは「悪態モード」。
汗ビショなボクは風呂にすぐ入りたかったが、「私、先に風呂入るから!」と。
はいはい。
「アンタは好きに楽しんできとんじゃから」
(なんか、実家で手伝いしてきて疲れているようだか、こっちもずっと仕事してたんだけど)
走るのは、楽しくはない。
走れたからこそ満足しているだけ。
いかに、走る人と走らない人が分かり合えないか、自覚する瞬間。
「こんなに、洗濯物入れて。」
仕方ないだろ。汗かいたのだから。置いておけば、また文句言うだろ?
イヤなら、自分でやるから、ほっとけ。

すっかり、こちらも、たそがれちゃったよ!
2週間ほど前より、ヨメさんの玉野の実家の義父母から作業の依頼をされていた、実家の庭の松の木の伐採。
盆栽として植えていたけど、ほっとくとどんどん伸びてしまったので、切りたいんだ、と。

天気予報では朝方まで雨。
その通り、8時くらいまでは雨。
実は、行くならば、自宅から13キロほどなので児島半島縦断して走っていくつもりでもあったけど、それもパス。

8時頃には雨が降りそうもない天候になったので、一人で玉野の実家へ。
ヨメさんも同行する予定ではあったけど、前日に、天気次第でどうしようか、とヨメさんに相談しようとすると「忙しいから!」などと剣もほろろな対応なので(洗濯物を干しているときは他の会話はできないらしい、シングルタスク人間のようだ)ほっときましたとさ。

チェンソーを使う役割なのだが、切った枝をまとめておく役割のはずのヨメさんがおらず、やむなく義母に頼みました。
できるだけ、幹は短く切り刻んで・・

幹がMAX直径20センチ・高さ3mくらいの松の木を6本くらいと、そのまわりに伸びている竹も十数本切りました。
8時半くらいから11時半くらいまで休みなく(途中、チェーンの調整で2度ほど中断)働いて、すべての予定を完了しました。
あっつ。

切っていて、なにげに出来た「森のブーツ」自分ではそう思っていますが・・
b0057140_20513550.jpg


帰りのコンビニで、ガリガリ君・梨味。んまい。

昼食で、自分でチャーハンを作っていると、大学1年の娘が「走っていると、塩分必要でしょ?父の日だし」とくれたキャンディ。
ありがたい。
b0057140_20575277.jpg


ならば、この暑さ(28℃くらい?)だが走らねばなるまい(←なんで?)
買い物を兼ねて、8キロくらい、ゆっくりジョグ。

マルナカで会社の昼食用のパン、ダイレックスで水2Lとビール。
だんだんリュックが重くなる・・・

最近ここらに開店した「天下一品ラーメン」。
ボクは好きだけど、かつて下中野とか児島にあった店は閉店している。
友人にきくと、京都の本場から比べると、かなり味が落ちるらしい。
客の順番待ちを想定して入り口前でボードを手にしてたたずむ女性店員が、ちょっとカワイソウ・・・
b0057140_2111736.jpg


そういえば、父の日なのに、ボクの父はほったらかしだ。
もう、20年以上前に亡くなっているのだけど。

一旦帰宅してから、バイクで実家へ。
オヤジはキリン一筋だったから、当時は3流メーカーのサントリーのビールは気に入らないかもしれないけど、まぁ、飲んでみろよ、オヤジ。
美味しいから。
b0057140_2122781.jpg

夕食は、看護師の娘が全部作ったそうだ。
b0057140_2141021.jpg

彼女からは父の日といっても何も直接のコメントはなかったけど、これが代わりの誠意なのだろう、と解釈することにする。


あとは余談。

ふと見ると、かかとのゴムの減りが違う、ランニングシューズ。
右足の骨折をかばう走り方のせいなのだろうと推測。
そろそろ、新しいの、欲しい・・
b0057140_2151623.jpg

ランの練習に行くとき、家人がいつもいるとは限らないし、会話も少ないので、うっかり家の鍵を持たないではしり始めると、帰宅時に締めだしを食らうことになることもあるかな(実際はない)と心配だったので、掲示板を百均で買いました。
b0057140_2161394.jpg

天満屋ハピータウンのseriaの店員さんは、とても親切に案内してくれました。
帰りのコースの途中の、老舗喫茶店。
紫陽花が、よさげ。

b0057140_18264120.jpg


天気予報を考えると、今日は午前中に走るべき。
気温が上がらないうちに、と、朝6時半のスタート。
多分、20℃くらい?
日差しはないか、湿度のせいか、風がないせいか、さほど楽ではなかったです。

百間川にでる。
b0057140_18264197.jpg


b0057140_18264295.jpg



名前は知らない小さい花だけど、あちこちに、固まって咲いているから、キレイだ。
b0057140_18264244.jpg


b0057140_18264300.jpg


b0057140_18264378.jpg


b0057140_18264431.jpg


b0057140_18264451.jpg


この道では、夏は草の香りがいっぱいだが、今の季節は、水の香りがする。

この時間帯では、ランナーは、あまり多くは活動していないようだ。

用意した水、1リットル。コンビニで、さらに500ccを飲み干しました。

家に着く頃は、空はいつのまにか、夏になっていました。


b0057140_18264551.jpg


b0057140_20555447.jpg

偶然、NHKでやってた、ママカリの特集番組。
b0057140_20555488.jpg

サカナくん、牛窓に来てたんだ。

確かに、ボクが子供の頃は、ママカリは苦手でした。
釣りの好きな父親が、「どや!」と言わんばかりに、季節になると、丼いっぱいに酢漬けのママカリが入っていた、食事用のテーブル。
結局、箸をつけることはなかったから、多分、父親が、寂しくたいらげていたのだと思う。
今考えると、罪悪感も。
b0057140_20555593.jpg

和食とイタリアンの、ママカリ料理対決は面白かったが、審査員としての、地元小学生、もうちょい行儀が普通の子を選べなかったか?
厨房も、なんか貧相で、完成した料理の品質と落差があるので、シェフがかわいそうに見えました。


また、秋には、ママカリ釣りを再開するかな・・・
b0057140_21572112.jpg

よくわからないけど、実母からは、「父の日だから」と言って、酒とか服とか、ビールをよくもらう。
ま、ボクの子供からは、父の日だからと言って、何も期待できないから・・・

よく考えると、実母は、父の日だと巷で騒いでも、贈る相手は、とっくに亡くなっている。
母の日も、そう。
ボクも、いつか同じような境遇になれば、そうするだろうか。

会社から帰って、おそらく26℃くらいの中13キロ走った後に飲んだせいもあって、独歩は格別の味でした。^_^

b0057140_23211785.jpg

ラセター監督の、カーズ及びカーズ2。
同じくプロデューサーとしての、プレーンズ及びプレーンズ2。
ボクにとって、見事に、ハマる。

どちらかといえば、お子ちゃま向けだし、フルCGでない実写なら、なんてことのないストーリー。
あ、だから、敢えてCGなのか。
でも、今日見た、プレーンズ2は、なんだか泣けた。

こいつ、サンダーバード2号みたいで、好き。
b0057140_23211730.jpg


またいつか、既成の名作を、フルCGアニメでリメイクする、という試みが、あるだろうか。