ヨメさんはいつもの年通り、さっさと寝る。
子供3人は、ボクが時事問題を投げかけても理解していないのにボクが失望している様を見るのがイヤなのか、リビングからは去る。
(今時、慰安婦問題とか、STAP細胞とか、食いつきが皆無なのは、どうだろう)
自室はヨメさんの寝室と繋がっているので、PCで遊ぶこともできない。(あとで、うるさいと言われる。当の自分は、イビキがうるさいのにね)
つまんない紅白(他チャンネルも、くだらない)を見るだけ。
大原櫻子、あそこまでカットされると、歌の良さは7割減。なんのために出たのか。

ああ、つまらない年末。

b0057140_21342903.jpg


午前中は天気もよかったのに走る時間がなく、昼からは小雨の降りそうな天候なので、ランはやめて、折りたたみ傘を持って、スロージョグ。
汗をかきそうだったので、歩く。の、繰り返し。

家まで近くの道。
b0057140_16394844.jpg

ここを、11月に走ったなぁ・・
b0057140_16402091.jpg



結局、12月はこれを入れて207キロ。
2015年の累積は2006キロ。
しまった、2015キロにすればよかった。
来年は、2016キロ走ろう・・・

昨日、古着の店で買った、キクチタケオのTシャツ。
700円くらい。今年の自分へのご褒美だ(ササヤカ~)
b0057140_16405064.jpg


1/2に行く、吉備津彦神社のプロジェクションマッピングの下見に。
b0057140_16411867.jpg

2つの灯篭を同時に見るロケーションをキープするのは難しそうだ・・


朝起きてすぐ、カズノコの塩抜きを始めようとすると、もうヨメさんがキッチンにいる。
「そこ、使いたいんだけど。切りのいいところで30分くらい」
「まだおせちの準備してるんだけど・・」
「昨日もしてたろう。いつもは31日一日で済ませていたから、今回は30日で済んだかと思った。」
「でもね、昨日始めたのは朝一番じゃなく・・・(以下、クダラネー言い訳)」
「わかった。待つから。」
「そんなに急ぐなら、洗面所でやれば?」
「をいをい・・・食べ物をそんなとこで扱えない」じゃ、そっちが洗面所でやれば?とは言い返す気にもならない。
カズノコの皮を取るのは、冷水で時間をかけてやるのでけっこう辛い仕事であることを、ヤツは知るよしもない。
(塩抜きしてから皮を取る方法もあるけど、試した結果、身もボロボロになりそうなので元のやり方に戻しました)

30日の晩は旧来の友人と成田家で忘年会。
18時半にきたときは店は満杯。予約してたから大丈夫だったけど。
b0057140_16431550.jpg

これは常温。でも、今なら冷やと同等。
b0057140_16433683.jpg

いまどきは、家では燗のお酒を飲むことはほとんどないから、ここでは燗酒を必ず飲む。
ボクの父親が家で飲んでたときは、たいていは燗だったよなぁ・・


年末の休みは長いほうがいいけど、新年に出社してから、仕事感覚を取り戻すのに、いつもちょっと時間がかかる。
それをなくすには短いほうがいいけど・・(^^;
今は自宅でも子供と会話することもほとんどなく、ジャマ物扱いされている感覚。
あからさまに「オヤジ、うぜぇ~」とか言われることがないのは救いかもしれないが。
しかし、かつての楽しみのある正月は、もう二度と現れないのだろうと推量する。
気持ちがどんどん離れているヨメさんと生活する限り。


えー、アクセス数を見れば、こんなブログでも見ていただいている方もおられるようです。
こんな文章を最後まで読んでいただくのははなはだ恐縮ではありますが、よろしければ、また来年もよろしくお願いします。なんとか生きていきますね(苦笑

皆様、よいお年をお迎えください。
年間2000キロなんて、まだまだランナーとしては「駆け出しレベル」だと思うけど、自分としては「拍手!」な意味あり。
b0057140_200187.jpg

リビングのフローリングのワックス掛けは年末のボクの恒例行事だが、以前から、30日にやることでヨメさんに伝えていました。
しかし、29日の今朝になって朝早く起こしに来て「今日が会社休みなんて知らなかった。できればこれからやって」と。
はぁ?(←まちゃまちゃ、ぽく。こないだのTV、懐かしかったな)
28日で今年の仕事は終わり、と伝えてマスケド。
眠いので、そんなんできっか!と返事。

しかし、そうすれば、おせちを作るのに効率的なのに、と捨てゼリフを残していたので、家の総体的なメリットを考えれば、今やるべき。
リビングにおりてゆくと、娘の食事が用意されている。
これではムリ。バタバタして埃が舞うのはよくない。
仕方なく、リビングのテーブル周辺以外の床を先行して掃除しておきました。
・・・なんて隷従的なボクなんだろう。

自分の部屋の仕上げの掃除をしていて、昔の北海道ツーリングの写真アルバムをみつけて、しばし、めくって見ている。
いかんいかん。
はるか昔、25万くらいで買った、マックのパワーブックを見つけて、電源を入れてみようとしたが、電源のジャック部分が壊れている。
液晶画面も、なんだか膨張しているようで、使えなさそう。
無常感にぼおっと・・・
いかんいかん。

昨日から、携帯のメールがおかしい、とだけしか言わない実母から夜中の2時半に電話があったが、要領を得ないし、こちらは掃除中なのでほっといたが、気になったので、一段落ついてから実家に行ってみました。

来客があるようでクルマが止まっている。
中に入ると証券会社の社員が年末の挨拶にきているようだ。
玄関には、無造作に、「正月のお飾りキット」みたいなのが、昨年に続いて置いてある。去年はこれを組み立てた。
どうみても、これはやっておかなくてはならない作業だろうから、証券会社の社員と話している母はそのまま続けてもらい、組み立てて、玄関の上に飾る。
b0057140_202301.jpg

(あとで知ったが、29日は9(苦)に通じるので、お飾りを出すべき日ではないそうだ。ソンナノカンケーネー!(コソット))

終わってから、廊下で会話を聞いてみるが、ボクとの会話と同様、母の記憶力の欠如によって、相手はとても苦労しているようだ。
身にしみる。
部屋に入って、大事な話なら、今後ボクも教えてくれるよう頼みました。
曖昧な記憶や判断力で、勝手に株や証券を買わされて、あとで「そんなこと言ってない」とか言い出されると、母も証券会社も不幸だ。


外は寒いが、1時くらいから、走る。
以前の、あまり走っていない頃は新しいルートを考えていたから新鮮味があったけど、さすがに最近は新鮮味のあるルートを考えるのに苦労する。
周回コースなんて、ボクの大嫌いなコース。
それを打開するために、いちおう、ルートは考えないで、途中で変更することで、自分を納得させる。

ひとまず操山を目指すつもりで、シューズはトレイル用。
岡辛木神社付近から登る予定が、曹源寺付近から、に変更。

b0057140_205782.jpg

八畳岩古墳
b0057140_2053461.jpg

シダ
b0057140_206823.jpg



結局17キロ。
速度はイマイチ。

これで、明日か明後日で6キロ走れば、年間2000キロ達成だ!
自分自身の覚え。

数日前から、玄関のドアのカギ(上)が途中から回らなくなっていて、しかたなくカギ(下)を使っています。
b0057140_1819279.jpg

が、できれば新年までに直したい。
シリコンスプレーを使っておいたから、しばらくしたら直るかも、とヨメさんが言っていたので、昨日試してみたら、やはり以前のママで、ペンチで強引にカギを締める有様に。
これは困った・・
ネットで調べると、ドアの鍵には専用のスプレーが必要なようだ。

最近開店したナフコでは「潤滑油には、KUREみたいなオイルスプレーと、シリコンスプレーとかあるけど、ドアの鍵用は、パウダースプレーを使うんです」
と店員さんにきいたけど、その店にはない。
大福の支店に行ったが、ない。

ネットでは、普通にホームセンターにはないタグイのスプレー、みたいな説明もあったので、月曜の帰りに、イオンの中のハンズに行ってみました。
DIY用グッズも多いはずだから、ここならあるかも。

しかし、店員にきいてみたけど「そんなものは扱っていないです」とちょっと冷たい対応だったので、本当はついでに他の品物も見るつもりだったけど、やめて帰りました。

今日の午前中にだいたいの家の掃除を済ませて、パウダースプレーを求めてホームセンターのハシゴをするつもりで、近くのタイムに行ったら、すぐ見つかっちゃったよ・・
b0057140_18211362.jpg

税込み712円。
思ったよりは高くない。

家で、隙間にノズルでシューしてみる。
b0057140_18231427.jpg

すぐには効果は現れなかったが、数分すると、元通りに回りはじめました。

やれやれだ。
b0057140_2340913.jpg

FBで、若くして亡くなられた身内の人との思い出を惜しむ話がありました。

実は、ボクの父親は、50代で亡くなっています。ボクが21歳のとき。
だから、父親の年を、今越えて、自分の息子との関係性については未知の領域。
(それはこっちに置いといて。)

父親は結局会社では「ヒラ」だったけど、葬儀は自宅で行い、さほど大きくもない自宅の庭から道路から、かなりな人が参列してくださったことは覚えています。
母親によれば「(父親は)役付でもないのに、それにしてはたくさん人がきてくれた」そうだ。
200人くらい?

父親は亡くなる前の数年、心臓の病気のため、何度か入退院を繰り返し、それでも、いまどきなら退職勧告を受けてもおかしくないのに、「親方日の丸」だったから、ボクらの生活が大きく変わることはありませんでした。
(母親も共稼ぎだったし)

たしか、戒名を決めるとき、家族に加えて、初めてみる女性(おそらく父親の同僚の)も同席して決めた記憶があります。
「優しい人でした」とその女性は涙ながらに決まった戒名に同意していたようでしたが、もちろん母親もいたし、いまどきの怪しい関係ではなかったと思います。
単に、父親が性別を越えて多くの人に親しまれていた証だと思っています。

まだ若くして多くの人を悲しませるのは罪かもしれないけど、そういう人が多いことは、父親についてボクらが知りえなかった真実を知る上では、残された家族にとっては(不敬ではあるが)むしろ安心できることではある。
父親が生きてきた軌跡が、少なくとも間違っていなかった証なのだから。


では、もしも長生きして大往生したとしたら。
残された家族の悲しみはかわらないけど、おそらく、同年代の知り合いは既に逝去した人も以前よりは増えるだろうし、悲しむ人は少なくなる。
だから、告別式に参列する人は少なく、盛り上がりには欠けるかもしれない。


自分の死期を決めることはできないけど、運悪く早世したとしても、結果として悪いことばかりでもない。

親しい友人には話していますが、僕の葬式のときは、好きな曲をBGMにかけて欲しい、と頼んでいます。
ラリーカールトンの、「Room335」または、MondoGrossoの「Life」または、佐野元春の「RainbowInMySoul」・・
通夜には渡辺美里の「LongNight」?(もちろん、残された家族へのメッセージとして^^;)

「じゃ、オレも頼むよ」と、友人からは
pfmの「セレブレーション」
をリクエストされています。
をいをい、聴いていきなり生き返るなよ・・?
b0057140_1859124.jpg

午前中は自分の部屋の片付けをして、昼から15キロRUN。
b0057140_18593289.jpg



クルマで行くと渋滞にハマりそうなので、RUNの途中、この10日ほど前に開店したナフコへ立ち寄り。

酒類(バーボン)は、お隣のダイレックスに比べて、バカ高い。1.5倍くらい?
ヘッドライトは800円で手ごろなのがあったけど、ルーメンが表示されていないので、いくら「明るい!」と書いてあっても実感がない。
店員の男性を呼び止めてきいてみると「見本があったはずですが」と説明。
見本で照らしてみるが、明るい店内ではよくわからない。それでも、たいした光量ではないようにみえました。
「(明るさの度合いの)ルーメンがどれくらいかわかりませんか?それで比較できるのだけど」
と途中で、無線が入り、店員はそちらに受け答え。
こっちには「失礼します」の一言もない。
「もう、ええわ」と言って店を出ました。

しかし、今日だけのハミガキの安売りコーナーがあったのは覚えていて、家でヨメさんにきいてみると「買ってきて」と。

そういえば、数日前から、玄関のドアのカギ(上)が途中から回らなくなっていて、しかたなくカギ(下)を使っているが、できれば新年までに直したい。
シリコンスプレーを使っておいたから、しばらくしたら直るかも、とヨメさんが言っていたので、昨日試してみたら、やはり以前のママで、ペンチで強引にカギを締める有様に。
これは困った・・
ネットで調べると、ドアの鍵には専用のスプレーが必要なようだ。
じゃ、ついでにナフコで探してみるか。お手並み拝見だ。
渋滞がイヤなので、バイクで再度ナフコへ。

それらしいスプレーのコーナーで探すが、それらしいものはない。
やや年配の男性店員にきいてみると、そういう商品があることは確認できました。
しかし、生憎品切れ。
「パウダースプレー、というんです。大福のナフコならあります」
と言われたけど、時刻は17時をまわり、気温もかなり寒い。
どうしようかと思ったが、バイパスを使えばすぐのように思ったので、大福まで。

スプレーのコーナーで見当たらないので、またも店員へ。
若い男性店員が探してくれたが、ない。
「品切れか、もう扱っていないかもしれません」
残念だが、ここ以外のホームセンターで探すか。

初めて行ったナフコだが、店員の対応はイマイチ、商品の説明は詳しいが、最終的に顧客満足に至ってはいない。

今回の州崎店は本来は9月に既にオープンしていたはずなのに、おそらく、右折して入店するクルマの対応が当時は不十分だったのだろうと推量する。
2階のTwo One Styleは見ていておもしろいが、隣のダイレックスも、客の数はさほど新規ライバルの影響は受けていないようだ・・・。
クリスマスのフルムーンは38年ぶり。
前回は、ボクが高3のときだったとは。
b0057140_21182058.jpg


24日には「例年通り、クリスマスケーキを買っておいたから取りに来て」と実母に言われていたから、18時に退社後、NTT岡山前から国富まで2キロほど歩く。

ただケーキをもらってサヨウナラでは申し訳ないので、かといって、一人暮らしの母にケーキを買っていっても「いつも冷蔵庫がいっぱい」な母にマトモに食べられるかどうか。
それなら、少し日もちがする、パンに。
天満屋地下街のパン屋のポンパドールは、母もお気に入りだった記憶があるので、そこで、なるべく入れ歯の母でも食べられるようなパンを選ぶ。
袋も赤で、クリスマスぽい。

母の家でケーキを受け取るが、丸い形ではなく、長細いカタチ。
b0057140_21185658.jpg

なんだか持ちにくい。
家まで帰るルートのバス停までは脇に抱えて持って歩く。
バスに乗って帰って、停留所からは折り曲げたら取っ手があることに気づきました。
なんてこった。

例のごとく、クリスマスイブだが帰ってもヨメさんは「おかえり」も言わずに自分の部屋にいるだけ。
上の娘は仕事で、大学の娘もまだ帰りは遅い。

いちおう準備してくれていた鳥の足のローストを自分で「チン」して食べるが、あまりにやわらかくて物足りない。

この日の唯一の楽しみは「クリスマスの約束」。
「コクりたい」と歌う小田は、やはり笑える。
b0057140_21195325.jpg


25日も、会社を出てからすぐにバスに乗るのではなく、なんとなく西大寺町までアーケードを歩く。
クリスマスだというのに、そんな雰囲気ではない、表町商店街の人通りの少なさ。
新京橋の前でバスに乗ったが、倉田のマルナカの前で下車。
今日も、定期のルートの半分くらいしかバスに乗っていない。

売れ残ったチキンが安売りかな、と期待したけど、全然。
それでも1つだけフライドチキンをカゴに入れる。
ビニール袋で値札のPOSがないので、レジでは、女性パートが値段がわからないふうだ。
「198円だったと思うよ」とヘルプする。
「198円で、1個でよろしいですよね?(アナタの年齢では、家族用に買わなくてもいいのですか?みたいな印象)」
「値段は、そっちが当然わかってるはずでしょ?」と、ちょっとイジワルに。

トップバリュの商品が少し安いからここにくるけど、商品をすべてPOSに通してから、今度はWAONやカードでカードを確認させるときにかかる時間がとても不快だ。
現金ならはるかに早いのに。

今日もまた、一人の夕食、一人の夜。
かつて、ボクの父親にも、ボクはこういう年頃の頃、ほとんど会話はしていなかった気はする。
輪廻転生、因果応報、時代はそのまま繰り返して、後悔の日々は戻らず、そしてボクの子供らにも繰り返すのだろうか。
クリスマスとか、父の日とか、勤労感謝の日とか、いっそないほうが、どんなに気が楽か。
b0057140_18274081.jpg


週の半ばの水か木に1回10キロを走っておくのがいつものプランだけど、このあと午後は雨、明日は夜は用事があるので走れない。
よって、今朝の早朝に走るしかない。

冬の朝RUNは初めてではないけど、この冬至の前後は初めてだったかも。
7時前はまだ薄暗いんだ・・

近所の土手では工事のため、片側交互通行になって久しい。
ボクの日常の行動には影響ないけど、この道を走るとき、少し交通量が減るのは危険が減るので歓迎だ。
b0057140_18245621.jpg


百間川河口の西詰はキレイに整備されて、ランナーや歩行者のリスクはかなり軽減されたと思う。
b0057140_18252964.jpg

工事用の簡易な柵も、ゾウやウサギやサルに続いて、たぶん子供の描いた絵を使ったものに変わっている。
このフクロウは、なかなかのもんだ・・
b0057140_1825548.jpg


いつものように、上着は着てスタートしたが、途中からはTシャツで。(下は半パンではない)
寒さは全然気にならないが、靴紐が緩んで、締めなおすとき、指がうまく動かん・・・

渡り鳥、なんか多いように思うが、こんなもんか?
b0057140_18261865.jpg


11キロを走って帰宅し、9時からはヨメさんからの頼みで墓参りへ。
山陽女子ロードレースがあるので、渋滞を避けて。

帰りは実家に寄る用事があったのだが、ロードレースのコースに近づく。
渋滞は予想されたが、ちょっと観戦したかったので、けやき通りを南下。
b0057140_1827732.jpg


昼からDVDで見た

「海街diary」

最初は親子関係がややこしくてよくわからなかったけど、隅々まで行き届いたシーンやセリフ。
鎌倉を舞台にしたTVドラマには「最後から2番目の恋」があったが、その舞台も一部映っていたような。
そうそう、ブラタモリで取り上げた風景も。だから、一度は、鎌倉に行ってみたくなる・・
ハデなアクションも、泣けるような感動シーンもないのだけど、引き込まれる。
キャストも、ゴーカだな!
リリー・フランキーはいつも「地」で演技できるみたいだ。
自分らを捨てた(理由はよくわからないが)母親にキツく当たるクセに、翌日再会すると、そのまま別れるのがさびしくなるような幸の心情が、響いてくる。
家族の会話が、見ている自分自身を投影しているよう。
父親とは、亡くなってから、その生きた軌跡を讃えられる映画の、なんと多いことよ。
生きているうちに、そう言ってあげれば、オヤジは最高に嬉しいはずなのに・・・(^^
姉妹の特徴が相互に共通性をもっているおかしさ。
長澤まさみがむやみにダラシナイ映像で映っているのも、それはそれで新鮮。

見たあとの余韻は、とても心地よい。

b0057140_1828710.jpg



b0057140_18284394.jpg


夕食に、ふと、ナイトスクープでネタになってた「砂糖入りカレー」を作りたくなり・・
b0057140_18292869.jpg

入れた砂糖は小さじ2杯くらい。
b0057140_1829583.jpg



b0057140_22162784.jpg

右はダイコンとダイコン葉に白ダシとマヨとシーチキンを混ぜたサラダ。
砂糖入りカレー、自分としては、おいしいと思うけど、あのナイトスクープみたいに「うまい!」と絶賛するほどではない。
娘にも感想を聞いても「コクがあるかも・・」というので「実は・・」とタネあかしをしたけど「ふーん」とも言われず。
だめだこりゃ
ランニングを始めた頃の日記のありかを思い出して、フラッシュバック。


ジョガー
2009年11月29日10:05


朝、家の周りを走ってきました。
もちろん、いきなりで足を痛めてはいけないので、ほんの1.5キロくらい。
ただし、岡南大橋を往復したので、坂道の登りは走り、下りは歩いていましたが・・ここの坂、チャリだとちょっとキツいが、走るとそうでもない。
適度の汗にしておかないと、体を冷やしてしまうので、この程度。
走るはおろかジョギングもここ10年以上、ほとんどしたことがないが案外まだ走れるな、という印象。
すぐに息が切れると思ったのに。

そのために、昨日はg.u.で1500円あまりでトラックパンツとパーカを買いました。
安いけど、色がいまいち。だけど、「もしかしていきなり断念する」ことも考えられるので、これくらい。
でも、もともと、ボクはモノを大事にする性格だから、(イコール、捨てられないで部屋がキタナイ)こうやって自分を追い込むと、やるべきことをやる「トリガー」になりえるのでしょう。

「走ろう」と思ったのは、特に理由はなし。
ダイエットでもないし、会社の健康指導を受けたからでもない。長生きしたい、ということでもない。
でも、「人間、運動くらいしなきゃ」というカンタンな動機。

子供の頃を思い出すと、家では「ひやかし」の風潮があり、なにか新しいことをしようとすると、よほど良いことでなければ「なにやっとん」「やめたほうがえーよ」と親とかに言われて(言われるか?と思って)諦めた記憶があります。
もちろん、それで親を恨むワケではありませんが、今は、そういうしがらみが、あまり、無い。
だから、それは自然な流れとして受け止めようと思っています。

そういえば、最近ネットで読んだ記事に「Benefit Finding」という概念があることを知りました。ハンディのある状況でも「ま、いっか」と受容する考え方で、詳しくは書きませんが、とてもおもしろい。
そんなかんじなのかな、とも思います。

健康増進のためになにかやっていれば、その人が買うタバコは増税対象にはならない、というタスポの素晴らしい効用もあるかな・・と期待するのは無理そうですが・・(^^;

b0057140_03570.jpg

iPodの価値

2009年12月06日09:30

今日も、朝8時前から30分ほど走ってきました。
今度は、平地を港のほうへ3キロほど。
歩いた部分もあるけど、実質20分ほどは走っていたはず。
寒くないどころか、汗も十分だ。

だから、先週は「ジョギングシューズを買いたいのだが」とヨメさんに話をして、安売りシューズ店でメイドインチャイナのを買ってきました。(いちおうブランドはスポルディングだが)
まあまあの履き心地だが、やはり、安売り感は否めないな・・というのはナイショだ・・

今日の朝は、ちょっと「面倒感」があり、走ろうかと迷っていましたが、なぜかスイッチがはいって、走り出すことにしました。
いつまで続くか・・・

走っていて感じたのは、iPodを携行するのが結構重要であること。
BGMもなく黙って走ると、苦しいときに「なんでこんなアホやっとんじゃ」とか思いそうですが、よく言えばドライブ感覚で音楽を聴くことで続けられる。
ノーマルのイアホンでは振動でよく外れるので、それ用の新しいのも買おうかな・・
マラソン感覚ではなく、ジョギング感覚を持ち続けることが大事なのかなとも思います。

こういうのを、概念として表現すると「Benefit Finding」なのかな。

「Benefit findingとは、苦しみを経験することで、それまでは何でもないと思っていた出来事に意味と価値を見出す過程をいう。近年、医学の世界で注目されている概念であり、慢性疾患や不治の病に侵され、「病とともに生きる」ことを強いられた人々の中に、絶望感が生じながらも生きる力を失うのではなく逆に強め、他者から見れば不幸と思われる状況にさえも、価値を見出す人がいることで生まれた概念である。」

「まず、自分が遭遇している困難な状況を『理解する』必要がある。人間はいかなる場合でも、自分の置かれている状況が把握(=理解)できないことには、それを上手く乗り越えることができない。把握できないままだと、「なんで神様は自分にだけこんな仕打ちをするんだ」などと思い、その困難と向き合うことを避けるようになる。」

「『理解』の次は、自分の遭遇している困難を『否定しない』プロセスを迎える。」

「「否定しない」とは、「こんな状況にあるけど、まっいいか」と思える感覚であり、肯定したり、ポジティブに受け止める感覚とは若干異なる。その困難な状況を都合のいいように解釈するのではなく、『ありのまま』を受け入れるのだ。その状況がいいとか悪いとか、何らかの評価をするのではなく、「そのままの状態を見る」「現実をあるがままに見る」ことである。」




I.M(インスパイアド・ミュージック)もしくはW.U.M
2009年12月20日23:39

今朝も走っていました。15分ほどずっと走った後、「ちょっと休もうかな・・」と思ったとき、ちょうどイアホンから流れてきたのは、こないだカセットから復刻した佐野クンの「君を探している(朝が来るまで)」。

これでは、止まっているワケにはいかない。

もうちょっと、頑張ってみるか!
そんな、「インスパイアド・ミュージック」もしくは
「ウェイクアップ・ミュージック」。




ーーーーーーーーーーーーーーー
記録している範囲内での記録。
2010年   86.7Km(10月~12月)
2011年  923.0Km
2012年 1482.9Km
2013年 1462.8Km
2014年 1324.3Km
2015年 1930.8Km(本日現在)
トータル 7210.5Km

まだまだだな!!
朝はゆっくり起きて、10時からTVを見る。
全国高校駅伝大会。
まずは女子。

1区から、ラストの宮脇工と世羅のデッドヒート。
小吉川、なんかカワイイので応援(笑

アンカーの世羅の向井、30秒差なら逆転可能、といわれていて、今回は35秒差。
それでも逆転できる。
あの群馬の選手との体格差を見れば、納得できる・・
でも、あれだけ言われていてちゃんとやりきるのは立派だ・・

興譲館が、下位から6位まで追い上げたのもスゲー!

男子は、アフリカの留学生がいるかいないかが大きく順位を左右するのは、いかがなものか・・・
倉敷がケニアの留学生ニシオカのせいで大きくジャンプアップしたのはいいけど、そういう傾向で「オレもオレも」と続く高校があると、大会としてはどうなんだろう・・・

3時くらいから、走る。
レンタルDVDの返却も兼ねて、ツタヤとダイレックスに寄るための、お買い物RUN。

本当は9月に開店予定だったが、おそらく右折車の渋滞対策が不十分だったためか開店がこの17日に延びていた、ナフコのせいで、R30から大渋滞。
走ったほうが速い(笑
b0057140_222748100.jpg

13キロで終わり。
これで、夕食のナベも安心してたらふく食べられる(笑

007の映画公開コラボのハイネケン
b0057140_22283684.jpg