b0057140_22011055.jpg

今朝の最低気温は20℃。
本当は、今朝走るべきだったが・・

夕方、18時半には帰宅できたので、着替えて、いそいそと走り出す。
風も強く、涼しい。25℃くらい?
しかし、汗Lessとはいかない。


b0057140_21562913.jpg


今回は児島湾時計回り1周コース。
風はかなり強い。
b0057140_22000170.jpg
昔、タオルを首に巻いて走っていた頃、濡れてきたときに絞って、ジャー、と汗を絞る回数で、暑さの程度を測っていましたが、最高で「3ジャー」くらいだったかな?
今回は1.5ジャーくらいだったろうか。
5キロ過ぎから、やはり調子は上向く。

やっと今月100キロを越えて、プチ満足。


家には、おかやまマラソンの、「いわれのないお詫び」のクオカード2000円が届いていました。
b0057140_22052704.jpg

スポーツ用品店で使えるかと思ったが、使えるのは書店やコンビニばかりなので、大学生の娘に譲りました。


途中のバス停のポスター
b0057140_20034897.jpg
昨日と打って変わって涼しい朝。
これを予想もしていたが、走り始めは8時になってしまう。
早ければ早いほど楽なのに。

クラレの工場がある、かつては「人絹道路」と呼ばれていた道を北上。
交通量は少ないので、車がこなければ車道を逆送して走る。道の起伏が少なく、楽だから。
案外長い距離、ここを走れる。
所詮1キロ程度の距離だが・・

何度も水補給で立ち止まる。
歩道の向こうにもこちらにも、他には走るランナーはいない。
たかが気温24℃くらいなのに、このザマだ。

でも、自分でも不思議なのは、「だから、引き返して帰ろう」とは思わないこと。
いちおう、だいたい決めたルートに沿って走り、本当に痛みとかでダメだったときには諦める方針。
イヤなはずなのに続ける意識。

同じ気温で、ナイトランだったら、どうだろう。
日差しがないぶん、ちょっと楽かも。

こないだ、女性ウルトラランナーのKさんと話していて
「最近は暑いね。走れてますか?」とふると
「でも、早朝は涼しいよね。それで、気温が上がってくるけど、そのまま頑張るしかないから走るんだよね」
と。

うーん、
ボクの場合、夕方走りはじめると、だんだん気温は下がることを期待して、パフォーマンスはあがる傾向となる。

1Lの水はリュックに入れて、さらに500ccの水をファミマで購入。

ようやく14キロ。
あとは歩き。
百日紅(白)
b0057140_20051052.jpg

今月のトータルはこれで98キロ。
今月は富士登山や、暑い日々のせいでなかなか距離が稼げないけど、なんとか100キロはキープできそうだ。
30℃前後の気温で走れたのは、来年に繋がるはず・・


b0057140_20314411.jpg
ボクが小学生の頃から鳴っていた、県庁のミュージックサイレン。
正確には、朝7時・昼12時・夕方5時・夜9時の1日4回鳴っていた。
で、一番なじみのあるのが17時のサイレン。
当時は放課後はほとんど外で遊んでいたから、サイレンが鳴ると、友人から「帰ろうぜ」と言われるし、「(もっと遊んでいたいけど)サイレンが鳴るまで、遊ぼうぜ!」とか話していました。
そんな親しみのあるサイレンも、機材の老朽化に伴い、メンテ不可能となる前に、今月末で区切りを迎える。

数年前に、サイレン廃止の動きがあったとき、実母も投書したりして、存続の希望が多かったため、しばらく延命措置が施されたが、今回はもうムリらしい。
反対意見としては、あの大音量で毎日鳴らされると、迷惑、と言う県庁近隣の住民の意見。
それはよくわかる。
ボクの家は旭川の向かいの、さらに2キロくらい先だったがクリアに聞こえていたから、すぐそばの家の人はさぞかしうるさかったろう。

ちなみに、毎日4回のほかに、もう1回、鳴る時刻がありました。
大晦日の12時、「蛍の光」が鳴る。
これはイキな計らいで、その時間まで起きていられる年齢になると、これを聞けば新年になる、という新たな感慨がありました。

廃止まであと5日となった今日、まずは12時のサイレンを動画に撮るために、後楽園の中洲南端へ。ももくんのそば。
三木記念ホール・衛生会館が取り壊し作業中だったとはまったく知りませんでした。
騒音がジャマだな、と思いながら、準備する。
b0057140_20363931.jpg
YouTubeにあったサイレンの動画では、1分ちょいの演奏時間。
演奏が終わるのが、ちょうどの告知時刻。12時。
だから、失敗しないために、2分くらい前から録画開始すればOK。
b0057140_20341528.jpg
NTTの時報を聞きながら、iPhoneのデジタル時計アプリの時間を確認。ぴったりだ。
11:58から写真ソフトを起動し、途中からサイレンが鳴る。菩提樹。
演奏が終わってから、すぐに編集で冒頭部分約37秒をカット。
FBにアップ。カンペキだ。



今度は17時。
はなまるうどんでかけ大を食べてから、家に戻り、15時頃から操山にRUNで向かう。
気温はここまでで最高気温29.2℃。
これならいける。

旗振台にはロープが張ってある
b0057140_20350768.jpg
展望はよくなっているような・・でも、違法に伐採されている?
b0057140_20355357.jpg

昨日の大雨のときは水溜りになっていたと思われる道の跡
b0057140_20381274.jpg

三勲神社跡までいき、県庁をはじめとする街を眺める。
b0057140_20392838.jpg

ここでも、正午のときと同じやり方で、カメラのパンのリハも済ませて待ち受ける。
結果は、OKだ。
FBにアップ。
他のハイカーがたまたま来たらどうしようか(音がはいる)と思っていたが、まだ暑いであろう夏の山に来る人は、少数のようだ。

(実は、撮った動画をチェックしていると、知床旅情を大声で歌いながら歩いてきた男性がいたので、間一髪セーフでした)

山を降りて、途中で足の指が痛くなって歩きにしたが、無事にミッションを終えました。
トータルで13キロくらい。
30℃前後の中で行動したにしては、ダメージは少ない。


夕方17時頃の帰り道。
雷が鳴り、ズボンのすそは、気をつけて歩いていても、ビショビショ
b0057140_23074279.jpg

とりあえずイオンモールに逃げ込み、以前より予定していた通り、写真展へ。
場所は詳しくきいていなかったが、1階のイベントホールにありました。
b0057140_23083908.jpg

フジフィルム主催の、アマチュア写真展?
もともとは、知り合いのナミさんのフィルム写真展示のお誘いで足を運んだのですが。
b0057140_23091702.jpg
小山薫堂や写真家の方がセレクトした10枚程度の写真は、さすがにクオリティが高く、じっくり見ていると、係りの女性から「感想を書きませんか」と手書きボードと、たくさんのメッセージカードをもらいました。

メッセージを送りたい写真に、メッセージを残し、向こうにあるポストにあとで入れる仕組み。

見ていると、だんだん見慣れるうちに、自分でも「良さ」の基準が上がってくる。
ホタルの乱舞、なんて写真では、なかなか感心できない、みたいな。

それでも20枚くらいはカードにメッセージを残しました。
もちろん、ナミさんにも。

自分と同じような感性を持っていると考えられる写真も多い。

最後まで見ていると、やや疲れてきました。
時間を見ると、もう18時半。1時間以上、ウロウロしていたことになる。

ふと見ると、大学生の娘からメールが。

福山まで行ったけど、帰りに笠岡までしかJRが動かない。迎えに来れる?と。

え?まだ降ってたの?
娘によれば、岡山のバスも止まってるみたいだけど、と。

えええ?

外は、確かに雨だ。
お天気レーダーを見ると、まだ雨は強く降っている。

10日ほど前には、地下街が冠水したこともあったが、今日はそこまではいってないようだし、歩行者には落ち着きがある。

バス停に18:45くらいに着き、時刻表ならあと3分でくる、帰りのバスは、一向に来ない。
てーか、いつもはこの時刻は、わらわらとたくさん走っているバスが、ほとんどターミナルにいない。

娘からは断続的に、実況中継がはいる。
新倉敷止めになりそう、とか、いろいろ。

おそらく車内なので、通話にはでないでメールオンリーなので、どれだけ焦っているかはよくわからないが。
どんなことがあっても、状況に応じて対応してあげるから、と答えるが、とにかく家に帰って車に乗らなくては。

このままバスが遅れに遅れると、マズい。
車で迎えにきてもらう案を計画してみる。
しかし、家に電話しても、ヨメさんは寝ているのか、出ない。
今日が仕事かどうかわからない、上の娘にメールしても、反応なし。(仕事中だったようだ)
息子に電話すると、出たのはいいが、玉野の自宅に帰っている。
仕事先の市内の病院なら、迎えに来てもらう予定だったが、そこからだとかなり距離はある。
簡単にカレの妹の事情も話して「まあ、いいわ。なんとかする」と話すと「じゃ、それでお願いしまーす」と、事の深刻さをまるで理解しない反応に、若干カチンとくる。
本当に、実に役にたたない家族だ・・

やっと、19:30頃にバスが来て乗り込むが、長蛇の列で待っていた乗客はバスに満杯。
途中の繁華街のバスターミナルでも、積み残し客がでる。
降りる客がいても、バスの前部まで歩いていけないすし詰め状態なので、降りる人は一旦中央ドアから一旦でて、前部ドアから再度はいって料金を支払う。
こういうときに限って、カードの残量では料金が足りなくて、オロオロする客が。
早く帰りたいのに。

結局、いつもは40分あれば帰れる道を1時間。

そのうち、なんとか倉敷駅まで達していた娘からは「動き出したよ!」と嬉しそうなメールが。

家で車に乗り換えて、今日はバスは当てにならないので、岡山駅まで迎えにいくことで娘に連絡。
市役所からの渋滞で、時間がかかる。
駅前のロータリーで待ち合わせしたが、ここでも渋滞。
なので、ざっと見渡した結果、車の少ない「(駅前で一番煌々と明るい)ハリウッドのパチ屋の前まで来て」と伝えて、歩道脇で待つ。

やっと、娘を回収。
21時10分くらい。
遅いのでおなかが空いてるかな、と、小さなせんべいを持っていき、食べさせる。

やっと、長い今日の夕方が終わった・・

関係ないけど、昼に食べた「柴田商店」のとんこつラーメン。
野菜「マシ」。
なかなか減らない野菜は食べていてやっかいだが、先に麺をほじくって、野菜をスープに沈めると、低く収まり、プレッシャが軽減されることを学習しました。(^^;
b0057140_23095691.jpg



b0057140_23134768.jpg

(1)
ロボットが高齢者の話相手になる社会
老女が購入した人型ロボットが話し相手になる
やや痴呆の進んだ老女のワガママやきまぐれに、辛抱強く対応するロボット
最後には、いらだった老女の持つ杖で倒されて傷つくことがあっても、決して恨み言や不平を言わないロボット
そのうち、老女の家族しか知りえないエピソードを話すロボット
驚く老女
自分の息子が、事件で殺害されたことも忘却していた老女
息子が息を引き取る死に際に、メモリをロボットに写しとる技術で記憶の保存を望んでいた
葬儀には、老女が望むとおりに、ありがたいお札や衣装を着ていくこと、遺産相続を、ロボットが事細かに録画しておくことで、実現する理想的な終焉
ではロボットの最後の望みは?
いくらかの遺産を、遺族の目を盗んで手に入れて、同じ人型ロボットに、親の記憶をインストールして、知らない土地で2体で永遠に過ごすこと・・


(2)
古くからあったと思われる、山中の廃屋。
迷い込んだトレイルランナーの青年
埃の積み重なった一室で、疲れきった青年は仕方なく一夜を過ごす
翌朝、光の届く部屋で、青年は不思議な光景をみる
昨夜、自分と思われる人物が動いていた軌跡を、埃が再現している
この埃は、もしかして、過去の空気の動きを記録できるのではないか
さらに廃屋を探査すると、埃の溜まったコップが見つかる
なにげなく、埃を少し床に捨ててみる
すると・・・・
埃の溜まった時期の、廃屋にいた人々の様子が、ありありと表現される・・・以下次号


いつか、ストーリィに起こせるかな・・?


今日の岡山市の最高気温は35.6℃(15:40頃)
b0057140_20404123.jpg
土曜日も日曜日も、早起きでけん!走れん!プンプン!(←自分が悪い)

日曜の今日は、9時からこじまらの救命講習を、児島消防署にて。
参加者は20名程度?
昨年よりも増えているかな?
ボクも、これで3回目か。
修了証も3回分なので2枚目。

それでも、毎回まったく同じ内容ではないのが救いか。
研修用人形も、今回は解剖の憂き目に
b0057140_20412634.jpg
(気道がいかに開いているかの確認のため)


今日は広島の白竜湖での合宿から娘が帰る日なので、メールで確認して、13時には市内に戻らなければ。
例年なら、食事して、安全祈願までつきあうのだが、今日は12時前で退散しました。
N谷さん夫妻やU田さん、主催者のF原さんと大会の打ち合わせがてらいろいろ話するのが楽しみだったのだが、致し方ない。

疲れたらしく無口な娘を家に送り届けて、14時。
さて、できれば走りたいと思うのだが、この暑さでは走っていると「バッカじゃないの?!」と言われそうな戸外の気温。
用事を済ませていると、案外風があることに気づく。
16時前から、途中が歩きでもいいから、走ってみることに。

旭川河口に近い、いつものルートには、日陰なんてありそうもない。
ゆっくりとLSDぽく走る。

しかし、海に近くなると、児島湾大橋や、大型の倉庫がある一角は、日陰がありそうだ。
ここを、しばらく周回するか。
b0057140_20423133.jpg

b0057140_20430584.jpg
b0057140_20433565.jpg
b0057140_20440503.jpg
案外、日陰って、あるもんだ。

b0057140_20443569.jpg

だいたい1キロあまりのコースを3周くらい。

広い道路を渡るための地下道
b0057140_20453310.jpg
b0057140_20462754.jpg

そこで、もう戻ることにして北上。
セブンイレブンで、アイスを買うことに。

実は、初めて食べる「あずきバー」
b0057140_20465957.jpg

最初はかなり硬い。(>.<)
でも、ちょっと元気出た。

遅いなりに、ジョグできました。

暑くても、なんとか動ける。


新しいグローブ
b0057140_20241173.jpg
また暑い日が始まる・・
涼しいうちに走るには早起きしかないけど、またも起きれない・・・

朝9時過ぎから、大人しくエアコンのきいた自宅でTVの前に。

多分結果はダメダメだけど、次への期待を込めて、女子5000mの決勝から。
b0057140_20250370.jpg

声も顔もカワイイ。
上原美幸、東京でのマラソン、期待するぞ!

ついでに見ていた女子棒高飛び、ニュージーランドの19歳の美形アスリート
b0057140_20300406.jpg

銅メダルだった。
かあい~

そして本日のメインイベント、男子400mリレー。
b0057140_20361110.jpg

結果はいわずもがな。

2位じゃダメなんですか?
と訊かれて、それでも十分、と、某政治家に答えるのはシャクだが、それでもいい。
吉田、いいんだよ!銀でも。

サッカーやマラソンほどエキサイトする時間はなかったけど、レース後に日の丸をまとった4人の選手がゆっくりとグラウンドをまわる時間は、永遠に続いて欲しいと願った、日本人としては幸福なひととき。

入場時の「サムライ・パフォーマンス」もナイス。
いかにもいまどきの日本人らしい。

午前中の、ダメダメな、それでも暑い戸外を避けて満足な時間を過ごせた数時間。



いいかげんに新調したかった、バイク用グローブ。
たしか2年くらい、ボロボロの状態で、それでもかろうじて使える状態だったので捨てないでいたが、もう限界だ。

バイクグッズの専門ショップも、最近は閉店が相次ぎ、どこに行こうかと迷う。
おそらく今日の最高気温36℃くらいの時間帯、古京の「ライドオン岡山」に寄る。

皮製品としてはバツグンの品質と信じている「カドヤ」のグローブを探すが、ない。
手にはめて試してみて、これを選びました。
b0057140_20370932.jpg

6900円+税だけど、
「7000円でいいかな?」
「うーん。いいですよ」と、同世代に近い男性店員。
昔よくあった個人店主の店みたいないい加減なとこが好き(笑

明日は、9時から児島ウルトラの救命講習だ・・
早起きして朝5時から、少しでも走れるだろうか・・・


b0057140_20011033.jpg
またも早朝RUNの機会を逃した・・
今日は走らないでいいや、と思いながら、県営グラウンドなら走れるかも、と行ってみる。
朝10時くらい。
気温は32℃くらい。
走る人、いままで暑い日にも結構見かけたけど、今日ばかりは、外周を走るランナーは3人いたかどうか。
いかに酔狂か(苦笑
お盆だし。

b0057140_20015051.jpg

5キロくらいで、やめておきました。

帰りの道端。
ラーメンの世界だけでなく「マシマシ」は普通に使われる時代?
b0057140_20023524.jpg

夕食を作る約束をしてしまったので、昨日蒜山で買ったジャンピーを使って肉詰めを準備する。

b0057140_20031902.jpg
でか。

その前に、枝についたままの枝豆を使って自分でビールのツマミにする。
しかし、予想外に、枝豆、あまり美味しくない(T~T)

b0057140_20035162.jpg

家族に作ったのは、残った冬瓜を使ったスープやサラダだったが、自分で言うのもナニだが、不味い。
b0057140_20043280.jpg

娘も、「昼に食べ過ぎたから」と気を遣ってくれているのか、いつもになく残してしまう。
すまぬ。父が悪かった。
でも、ヨメさんは平気で平らげる。
ボクの作る夕食の評価に、実は第三者的にはどう評価されるのどうか、とても悩む瞬間。


大山とねずみ男(笑
b0057140_22221590.jpg

朝6時半、出発しようとすると、TVではリオオリンピック、7人制ラグビー男子3位決定戦がいままさに始まろうというところ。
しかし・・・さすがに南ア相手ではムリだろう、と無視して6:40には車で出発。
後でみたら残念ながら予想通り、敗退・・・

今日は、この10月に開催される新庄トレイル大会のボランティアとして意思表明した手前、基本的知識を得るための自主的研修。
7:00には早島ICに乗り、8:00には北房ICを出る。
R181を通り、新庄村に入り、毛無山の登山道の起点に着いたのが9時くらい。

暑いけど、30℃そこそこか?
b0057140_22234010.jpg

すぐに登山開始。
他のハイカーも全然いない。
山の日を外しているとはいえ・・
途中からは勾配があること以上に、ブヨなどの虫が顔のあたりを飛びまわるのが困る。
虫除けスプレーは使っているのだが。
b0057140_22245063.jpg

道は那岐山みたいなゴロゴロの石はないけど、坂道は続く。
ちょっと休憩しようもんなら、虫が寄り付いてしまうので、また歩き始める。始末が悪い。
予想よりも険しい道でした。

やっと1時間くらいで毛無山山頂に着く。
しかし、ここは360度のパノラマ。
こんな山頂、来たことないかも。

ふと見ると、・・・おお!大山じゃないか!
b0057140_22255086.jpg

ローソンで、今なら160円以下のオニギリすべて100円のを買ってきていたので、2個補給。

ここで引き返すか、さらに縦走するか。
リュックに入れてきた水は900ccほどで、ちょっと心もとない。
持ってきた登山路の地図を見て、白馬山まで行って下山することに決める。

カタクリ自生地

b0057140_22270593.jpg
途中、ハイキングしているご夫婦に追いつく。
ご夫婦の奥さんがいろいろ話される。
いままで何度も来られているそうだが、今日ほど大山や蒜山がきれいに見えるときはない、と。
1日違いだけど、さすがに山の日、と制定した時期だけありますね、とか話ながら少し一緒に移動。

b0057140_22281585.jpg
こちらは先を行き、白馬山へ。
ここの展望は、イマイチ。
b0057140_22290039.jpg

ここからは下山。
傾斜はかなりある。王子ガ岳からの降り口に匹敵するかも。

シューズの中の爪がダメージあると感じていたけど、11:20には下山完了。

着替えてから、先日のボランティア協議会で問題になっていた地点を確認に行く。

蒜山の手前で江府町に向かって左折。
iPhoneのマップと、会議でもらった地図を照合しながら進み、多分ここだ、と思う場所で、会議の主催者Mさんにメッセで確認をとる。
次回は、許可をもらった上で、ここで草刈すればいい。

この少し東
b0057140_22295874.jpg

実は、今日の休暇は、建前は「夏季休暇」だ。
蒜山の道の駅に行ってみる。
クリームチーズのジェラートを食べる。300円。ンマイ。
b0057140_22310334.jpg
b0057140_22312410.jpg

野菜市で買ったもの。写ってないけど、早世の二十世紀梨も買いました。250円。
b0057140_22323505.jpg
すぐそばにあったヒマワリ畑。
b0057140_22354927.jpg
b0057140_22364507.jpg

お盆なので、家族で回転寿司にでもいくか、と家に電話し、子供のうち下の娘だけは都合つくのでヨメさんと3人で、今回は珍しく「スシロー」へ。娘の前期試験も終わったし、その意味でも。
G.U.の跡地。
b0057140_22340034.jpg

20分待ち、と予約画面にはあったが、実際は10分くらいか。
それはいいけど、システムとしてはややおそまつ。
ずっと前に別の場所のスシローに来たとき、醤油を入れる小皿がなく、これは最初に取った皿を再利用することで対応することにかなりの違和感がありましたが、今回はちゃんと小皿がある。
しかし、ネタは小さいし、寿司メシは少ないし、酢の味にムラがあり、美味しくない。
最後のほうで画面から注文した2皿は、1皿は注文と違うけど、でも同じ値段なのでそのままとって食べました。
(○うなぎ ×アジ)
でも、もう1皿は明らかに違うので、皿はとらずにスルー。
「ふざけとるな!」とボクが憤慨しても
「しゃーないじゃん」と娘。
「よく見ろよ、このアジがウナギに見えるか?」
「知らんがな」
みたいな会話に、ますます不快感増幅。
注文履歴が表示できるので確認したが、落ち度があるのは向こう。

とりあえず、ここには二度と来ない。
b0057140_21053106.jpg
高速道路経路 各SAでは他の車の待ち合わせもあり最低20分程度滞在
岡山IC   21:30
西宮名塩SA 23:15
大津SA   00:35
刈谷PA(PAといいながら、施設はデカい)
       02:13 
駿河湾沼津SA05:15
御殿場IC  06:20
約550キロ

朝食後出発    7:00
水ケ塚駐車場   7:50
シャトルバス出発 8:15
富士宮口五合目着 8:45 標高2400m

登山開始 9:00
六合目  9:15
標高3000m 10:23
元祖七合目   10:27
八合目     11:05
九合目     11:37
九合五勺    11:55
山頂      12:34(オニギリ休憩)
剣ガ峰     13:00

下山開始(御殿場口)13:30
七合九勺(赤岩八合館)14:38 標高3280m
下り六合      15:22
宝永火口      15:54
富士宮口五合目着  16:20


富士登山駅伝当日
御殿場口5合目         7:20  標高1400m
駅伝5区スタート(7区エンド) 8:40 標高約2000m
戻り
駅伝5区スタート(7区エンド)14:15
御殿場口5合目        14:45

帰り道
御殿場IC  15:30くらい
駿河湾沼津SA16:00~17:00
刈谷PA   18:55
西宮名塩SA 22:15頃
岡山IC   12:00頃

最低経費は以下の通り。
・1車4人でワリカン経費 ガソリン代+高速料金(ETC割引)
・個人的経費 宿泊料+水ケ塚駐車場+シャトルバス往復
ガスは岡山で112円/L 御殿場では124円と119円で給油
 合計 16564円
実際は、これに食事代(今回はオニギリ・コンビニ弁当など+オミヤゲ)が加わります。

バスツアーでは最低21000円程度だったから、やや安い程度?

以上、ご参考になれば・・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
水曜日にナイトラン10キロ。

b0057140_21070312.jpg
山の日の木曜はなんとか早起きして5時スタートで10キロ。

b0057140_21074456.jpg
気温は昨日の夜よりは低いのに(23℃くらい)なぜか、暑さがこたえる。

両手の日焼けは痛みはないが、水ぶくれが不気味だ・・