幸島付近。右側の島は犬島。
b0057140_17323732.jpg

こじまらのF原さんからの練習のお誘い。
実際の駅伝大会には出ませんが、コースは初めてなので、走ってみることにしました。

朝8時に神埼山陸上競技場に集合。気温1℃くらい。(^^;
参加者はボクを含めて6人。
ボク以外はみんな駅伝の似合うランナーさん。

「ゆっくり行きますから」とF原さんは最初話しておられたが、そもそものポテンシャルがこちらとは違うので、どんどん引き離される・・
スタート時に予定のコースと逆方向に走り始めて、しばらくして修正がはいるが、ちょっとモチベーションダウン。

駅伝コースはiBOOKで地図で控えておいたし、こじまらでお馴染みのNさんも車で最後尾をついてきてくれる。(Nさんはちょっと故障みたい)
道も、駅伝のルートを示すカンバンがあちこちにあり、結局はボッチRUNになってしまったけど道に迷うことはありませんでした。

神社や、展望台など、練習会でなければ、ふと立ち寄りたくなる箇所もいくつかあり。
梅はさすがにまだまだのようでした。

8キロあたりまではフラットだが、幸島あたりから上り坂となる。しんどい。
途中の池
b0057140_17332919.jpg

トイレ休憩に立ち寄ったほんぶしん。
こんな山の中なのに、トイレ、めっちゃキレイ。ありがとうございました。
b0057140_17340769.jpg

一旦港に出てから、さらに宝伝までに、笑ってしまうほどの坂が見える。
ここを越すと、下り。
b0057140_17344671.jpg

ここを駅伝選手として走るランナーの苦労はいかばかりか。
最後に、北に戻る上り坂も待ち受ける。
もはや、半分は歩く。

あと5キロで競技場に戻る一直線の道の途中に中継所に迂回する短いルートがありましたが、そこはショートカットしました。
やはり、右足の底が傷むせいで、走りにくい。

約20キロ。
最後の2キロくらいで迎えにきてくださったF原さんと、サポートしてくださったNさんとちょっと雑談して別れました。
b0057140_17361561.jpg
自宅に戻ったあと、12時までに実母の家に行く。
一昨日の夜、顔を見せにきてくれないか、と母に頼まれて、日曜を約束し、ついでに良ければ昼食に回転寿司に行こう、と言ってみる。
たが、昨日もその時間を電話で伝えるのに一苦労で(声がはっきりきこえないらしい)、たまたま家にいたヘルパーさんに代わってもらって予定をメモしてもらいました。
なので、今日も、行ってみても「用はない」と言われはしないかと心配でしたが、今回はちゃんと伝わったようでした。

一番近い回転寿司の海都に行き、皿をまとめていくつもとって、目の前のテーブルがいっぱいになろうとする母を押し留める。食べてから取れ、と。
あぶり卵焼き、のようだ。美味しそうだったのでとる。
b0057140_17353769.jpg

行きたいというので生協に寄るが、駐車場がいっぱいなので一旦EDIONに止めて歩いて行く。
雨が降りそうだったので、帰りは生協になんとか止めて母を迎えて戻る。

一時期より、少しノーマルな時期に戻ったような印象はあるが・・・どうなることやら・・

帰ってからTV観ると、大阪国際女子マラソンで、てんまやの重友が逆転優勝!
やるなぁ!


今日は予報では穏やかな一日、らしい。
走るコースを決めかねていたが、通勤用定期の継続更新するための用事があったので、とりあえず、岡山駅を目指す。
片道だいたい10キロだから、適当な距離か。

おかやまマラソンの終盤コースをだいたい辿っていき、途中から、気が変わって後楽園に立ち寄る。

天気はいい。

残夢軒
b0057140_17103155.jpg
月見橋
b0057140_17110282.jpg

橋の途中
b0057140_17114004.jpg


駅で定期券(カード)を更新する。
黒のTシャツと黒の半パンとタイツの人なんて、他にはいない(^^;
Tシャツは昨年のそうじゃマラソンの限定Tで、さりげなく宣伝しておきました。

日差しもあるので、駅前の噴水近くで腰かけてオニギリを食べる。
すると、寄ってくる鳩たち。
かつて西川緑道公園や丸亀でもエサをやったが、ここのはその比ではない馴れ馴れしさ、というかずうずうしさ。

すぐ近くにくる。
b0057140_17121556.jpg
勝手に膝に乗ってくる。
b0057140_17130991.jpg
オニギリを途中でばらまいてきました。

そのまま帰宅すると20キロに足りないので、ちょっと遠回りして帰宅。

家には2/19の高知マラソンの案内が。
ゼッケンの「岡山県」の文字は大きすぎでは?
「遠くから、よーきんさった」みたいに応援されるのだろうか?
b0057140_17140015.jpg
通勤に使うダウンジャケットは、もう10年以上使っているせいか、ほとんど防寒効果がないので、ついに買い替え。
今なら半額も珍しくないはず。
ハピータウンで、ミャンマー製だがクロコダイルのブルゾン購入。
16000円ー>8000円。消費税含めて8640円。税金、高いな・・

b0057140_17144693.jpg
b0057140_17152272.jpg
色がおかしいけど、あくまでブルーです。

昼に、なんとなく、多分30年以上ぶりに行きたくなった、お好み焼き・みゆき。
b0057140_17163706.jpg
昔庭瀬にあったけど、今は家から近い、平福に店があることは気づいていたけど、チャンスは失していました。
カウンターと、据付のテーブルには、満席で10人は入れるだろうか。
客は5人ほど。昼食時にしては空いててラッキー。
まず、奥の席が空いていたので席につこうとすると
「まず、注文してよ!」
と女店主、たぶん、みゆきさん?
すぐ、メニューを見るが、普通に肉玉、などなくて選ぶのに時間がかかる。
さすがに「みゆきモダン」を頼む勇気はない。
面倒なので、普通のお好み焼き、大、で頼む。
b0057140_17171737.jpg
カウンターではなく、そばの狭いテーブル席へ。
客は、すべて常連さんのようだ。
b0057140_17182299.jpg
しばらくして、
「ほら、出来たよ!」
と声がかかる。
振り向くと、お好み焼きが盛られたでっかい皿を、みゆきさんがこちらに渡そうとしている。
慌てて受け取り、食べる。
b0057140_17190639.jpg
さすがに大きいが、かつて、初めて、夏に庭瀬の冷房のない店で食べた時に比べては、楽勝。
酢を抜いた紅生姜を使っているようだ。
ソースは、オタフクではない。
気を利かせて、食べ終わった皿とコップを鉄板のそばまで運び、勘定を払う。650円。
ありがとう、の一言もない。

しかし、ボクのみゆきのイメージは、この通り。
昔と変わらないのが凄いくらい。
一人で行くか、そういう経験値を持った友人と行くならいいが、それを知らない人と行くと、今時の愛想のいい店とのギャップをきくのがウザいかも。

インフルエンザ対策ではないが、ビタミン補給に、自分の好みなので柑橘系の果物を買うことが多い。
JAの販売店で、スイートスプリング、というのを買う。

リンゴのように切り分けると食べやすい。
見かけよりも味はあっさりしていました。
b0057140_17202952.jpg
販売店にあった、塩ちゃんこ鍋のレシピ。これで作れるのか。試してみなくては。
b0057140_17210712.jpg
親切だと思うが誤字があるのが惜しい(^^;


途中のガラス張りのショールーム
b0057140_19565155.jpg
汗をかかない気候はウェルカムなのだが、風邪気味なので、仕事に差し支えないように、距離を控える。
そろそろ、30キロ走したいのだが・・

土曜日。
10時頃から市内に向けて走る。

十日市の南。
b0057140_19572516.jpg
いよいよ、旭川を越える橋のルートの工事が始まりそうだ。

ここからは信号は多いが、広い安全な歩道のルート。
一旦止まるたびに、走り始めると、ハナミズが出る・・・
厚手のハンカチでぬぐってガマンする。
このスタイルにも最近は慣れた(苦笑)

10キロを越えた復路は追い風となり、自分でもペースが良い。
北区役所前も明るい。
b0057140_19580078.jpg
新京橋からの輝く旭川
b0057140_19583153.jpg

案外快調だ。
20キロ、キロ6分1秒くらい。
満足だぁ。


日曜日。
昼からの都道府県対抗男子駅伝の中継までには戻らねば。
本当は児島半島グルリンパ30キロの予定(気持ち)だったが、寝坊して諦めた。(^^;

旭川河口経由の、いつもの北上ルート。
b0057140_19590996.jpg
渡り鳥?
b0057140_19595066.jpg
この寒さのせいか、すれ違うランナーは昨日も今日もほとんどいない。

10キロで終わって、TV中継に間に合いました。
結果は不満だけど・・・(岡山は27位だったか。)


その他、のちのちのために、今日のハイライトなニュース・・
・1/20就任のトランプ米大統領の就任式だったが、反対派のデモ・抗議活動もあり、異様な就任式に。
・稀勢の里、初優勝。昨日で星の差で優勝は決まっていたが、千秋楽で白鵬を破っての優勝。横綱審議委員会で審議。おそらく横綱昇進。
しかし、不安感のある相撲だしなぁ・・白鵬は負けてやったんじゃないか?
・近所のGSのレギュラーガソリンの値段は120円/L
・明日の夕方からは瀬戸内でも積雪の予報。

娘の成人式の写真のラッシュらしい。
b0057140_20002306.jpg


北区役所の前
b0057140_23390744.jpg
今週のはじめから、朝の最低気温はマイナスを記録(といっても、ー1℃とかー2℃とかだが)しているので、見ただけで、バイクに乗る前に勇気がいる。
上着のダウンジャケットはおそらく古くてダウンが使えていないようで、防寒の効果は低い。

木曜になってやっと最低気温はプラスになったが、気象情報をよくみると、日の出時刻が7時前後になったとはいえ、7:10発のマリンライナーを待つ時間帯が、その日の一番の最低気温を記録する時間帯だったとは。
バイクを降りて、電車に乗るまで、まったく暖房のない場所しか通らない。
もう少しの辛抱だ・・・

b0057140_23400071.jpg
JR四国の「手動で開くドア」については、いまだに悩む。

降りる駅に着く前に、開閉ドアのボタンを押せる場所にいればいいが、そうでなかったとき
・開閉ドアのボタンのそばにいる人が、ボクと同じ駅で降車するかどうか
・開閉ドアのボタンのそばにいる人が、ボクと同じ駅で降車するとしても、スマホいじりしているのでちゃんとタイミングよく押してくれるか
・開閉ドアのボタンのそばにいる人が、手動開閉ボタンのことを知っている人なのかどうか
みたいなことを考慮しておかねばならない。
さらに、乗車するとき、
・車内の人がボタンをちゃんと押して降りてくれるか
・降車する人がいないとき、すぐにこちらが外からボタンを押さねばならない
みたいなケースを考慮しなくては。

ボクのベストな手順は、ボタンのそばに立ち、降車の少し前から、「ご心配なく!ボタンを押すぞ!」みたいに指を押す構えをしておく。だな。


職場には、システム的な仕事での指示を受けるユーザ会社(Å社)の人がいて、その雇用主のようなシステム管理会社(B社)の人がいる。
B社の休憩スペースのような狭いフロアで仕事しているせいで、勤務時間中だというのに、B社の男性社員がいきなり現れては、「おやつ」代わりに常備されたお菓子をボリボリ食って、A社の人としばし雑談して戻ってゆく。
もともと、システム開発の仕事では夜中に長時間勤務するケースも多く、徹夜同然の社員が少々仕事中に休憩みたいにおせんべいやチョコをボリボリやっていても、それほど厳しく注意されない風土がある(と思う)。
それはわかるのだが、B社の特定の社員だけが、食べるときに「ぴちゃぴちゃ」と下品な音をたてる。必ず。
ボクの母親ならかなり厳しく叱るであろう、躾のなさ。
それだけはやめて、と、口には出さず、ガマンする日々。対等な立場なら「そんなことして親や恋人はなにも注意しないんですか?」といいたい気分。
しかし、今日になって、某うどん店で、カウンターの横に座った地元と思われる男性客も、「ぴちゃぴちゃ」と・・・
地元の風土なら、もうどうしようもない。


さらに、システムテストを進める上で、ゆき詰まった部分があり、A社の担当に相談・調査依頼した結果、一部のファイルのレイアウトが変更されたが、最新の実行用シェルではソートキーが以前のままだったため、異常処理が発生するのは当然、という結論。
ボク「変更されたならば当然テストしてますよね?テストされていれば、そのテスト用シェルがどこかにあるんじゃないですか?」
A社社員「いや、しーー・・(B社のテスト漏れのようだ)声が大きい」
まー、結果オーライで解決したけど、のどかというか、自分らに甘いというか・・・(^^;



今日は週末で、ちょっとだけ早めに帰り、イオン岡山に寄る。
古くなったフェイスタオルの新品を買い、さらに、3COINショップで、娘に似合いそうなニットキャップを半額で買う。(300円の半額(笑))
以前に「ニットキャップ要らないか?」ときいたときは「髪がぺっちゃりになるから要らない」と断られたが、あまりに似合いそうなので、買って、帰ってから渡す。
ちゃんと受け取ってくれた。ほっ

駅からの帰りはみぞれまじりの中をバイクで。
ジャケットもオーバーパンツも防水スプレーしているのでさほど心配ではないが、今日のようなみぞれだと、雫がメットにくっついたままで視界が悪い。
むしろ、高知に降るような大雨のほうが、流れてくれるので視界は良い。
旭川の土手沿いのいつもの帰り道は比較的空いているが、道は暗い。
視界の悪さを補うためには、ライダーでない人にはわからないだろうが、普通は締めてしまうバイザーを半分ほど開けて、バイザーを介さない視界を頼りに走る。
もちろん、そうすると雨やみぞれが顔にかかるが、 
  顔が濡れるリスク<視界が遮られたままで走るリスク 
なので、こうする。
いつか、こんな課題も克服できるメットが開発されるのだろうか。
自動運転バイクは、開発には困難があるだろうし、バイク人口が少ないままの日本では、見合う結果を求めにくいのが難だな・・
やっと週末か、と思ったら、年末に続いて、喉がやや痛い。
熱はないようだが。
しかも、強い寒波が来ている。
雪も積もるかも。

無理はしないつもりで、土曜日は午前中に気温があがってから走る。
午後はまた、風が強くなるのが瀬戸内の冬の気候だから。
さすがに上下はトレーニングウエア。
b0057140_17285649.jpg
風が強いが、西風なので、東に向かえばほぼ無風に感じる。
b0057140_17305888.jpg
逆に、西に向かうと、かなりの寒さを感じる。
喉もそうだが、ハナミズがでるので、厚手のハンカチをすぐとりだせるようにして走る。

できるだけGO EAST。
避けるべきGO WEST。

一日中、寒い。
そうすると、夕方になって、ヨメさんから、今日は上の娘も夕食不要なので、下の娘と3人で、ラーメンでも食べに行って温まりたい、と。
本当はハナがでるので、家でおとなしくしたかったのだが。
今日はいよいよ、香川でブラタモリ、もあるんだし。

人気店で待つのもイヤだし、街中の店を考えました。
「とみ吉」は長浜ラーメンが美味い店だったが、数年前に行ったときもあまり流行っていなかった。
食べログのクチコミでも、だんだん評価が下がっている。
電話してみても、でない。

18時前にその近くに車を止めて直接店の様子を見に行ったら、やってないようでした。
いよいよ、雪花が舞う夕暮れ、「やまと」に行くことに変更。

パーキングに止めて、少し歩いていく。
b0057140_17391971.jpg

ヨメさんと娘はラーメン、ボクはここの魚醤系のはイマイチなので避けて、カツ丼。初めて食べる。
b0057140_17413720.jpg



カツ丼は、期待はずれ・・次回はもっと早い時刻に「だて」に行かなければ・・
b0057140_17420351.jpg

無事にブラタモリまでに帰宅してフロまで済ませました。(^^;
b0057140_17593454.jpg
「うどんは飲み物」と断言するタモリとさぬきうどんとの出会いが水と油の関係になるかと思いきや、さぬきうどんの店をあまり硬くない麺の店にしたので、うまくいったカンジ。



日曜日。
またも寒い・・・
雪は積もってなかったにせよ、外の車のフロントガラスをホースの水で溶かしていたら、またもホースが凍った様子・・・(^^;

喉もスッキリしないけど、やはり熱はないし、咳もさほどではない。
悩んだけど、走ることに。

雪雲が近づく
b0057140_17533021.jpg
雪だらけに
b0057140_17550868.jpg
阿部池を回る。
日差しがひととき戻る。
b0057140_17554743.jpg
滑走路
b0057140_17563394.jpg
あとは昼食を済ませて、都道府県対抗女子駅伝を見るだけ。

独特の走り方でちょっとカワイイ、長崎県の大学生ランナー。
b0057140_17580796.jpg
小原、あと2秒で2位!追い上げに泣けた。
昨年のオリンピック代表選出レースの名古屋ウィメンズで1秒に泣いたのに続く無念。
小原のトラウマにならねばよいが・・
b0057140_17571532.jpg





b0057140_17175166.jpg
昨日は娘の成人式、ということで久々のスキヤキだったが、以前より、瓶に入った市販の「スキヤキの素」を使うよう命じられていて、これが味が薄いので、あまり使いたくない。(そう言っているのは家族でボクだけなので立場が弱い)
自分の父親から引き継いだ、肉に砂糖と醤油を十分にかけてダシを取るのは、「味が濃いから」とヨメさんが拒絶するようになってから実現できないでいる。なんのためのスキヤキか。

その残りの、よく味の沁みたダイコンとかを翌朝に食べるのが大好きなのだが、今回も、あまり美味しくない。
でも、それしかないので、朝、自分で卵を入れてさらえる。
味も自分で調えたのだが、ややしつこく、満足感はない。
しかし、走るか、このあと。胃もたれするー

午前11時頃、天気予報では雨の確率はかなり低いのに、まあまあの雨が降っている。
車で百間川河川敷コースの駐車場までいくが、雨は止まない。
お天気レーダーではもう少し待てば雨はあがりそうなので、30分ほどシートでうとうとしながら待つ。
この連休は、朝寝坊しすぎ。さらに、ほっとけばまた昼寝もできそうだ。どんだけ疲れてるんだ?

雨がやみ、シューズを履きなおす。
コース決めも適当で、とりあえずいつもの河川敷コースを。
フラットなのに、速度がでない。
代わりに、治りきっていない風邪のせいでハナがでる・・・

米田橋あたりまでが5キロなので、そこで折り返すつもりだったが、ふと、百間川の向こう岸に行ってみたくなる。
初めて北岸の土手の下を走る。

南岸と違って舗装路は少なく、砂利道だらけ。
しかし、ほとんどフラットで、行く手を遮られる道もなく、この日は車は皆無。安全だ。
b0057140_17231026.jpg
そのままずっと最後までこちらを走る。

終点近くに、たしか、飛び石みたいなルートで元の岸に戻れる場所があったと思ったので、行ってみる。
しかし、今日は水量が多く、諦めました。
b0057140_17245249.jpg
10キロで終わり。

来月は、3年ぶりにハーフのレースもエントリーしたので、スピード練習もしないといけないと思うが、以前よりもラップはあがらない。
ナイトランだと、たいていラップがあがるんだけどね・・

今月の通算、やっと70キロくらい。
昨年の1860キロは最低クリアだな・・
月平均160キロくらいいかないと・・・(^^;

金曜日。
仕事場所の都合で、休みにすることに。

午前中に、歩数計をサーバに取り込むためにふれあいセンターまで行き、それから正月のGREAT RACEのBSの放送をDVDに撮ってもらったHさんを尋ねて市役所へ。
さらに、直接提出しなくてはならない会社の書類を、本社に行って事務に手渡す。

受け取ったDVDを観てから、ホールトマト缶があったのでミートソースを作る。
b0057140_21565859.jpg


風邪による体調は100%回復していなかったので、ようやく16時頃に走る決断をして、近所を回る。
11キロ。

夕日に染まる児島湾大橋と大型船
b0057140_21581126.jpg
橋げた
b0057140_21584306.jpg
夕日と高速船
b0057140_21591523.jpg

土曜日。
早起きはできず、ようやく11時前には走る気持ちに。
その前に、昨日作ったミートソースで「ミートうどん」を作る。
b0057140_21595099.jpg
悪くない。
スパはフォークとスポーンを使うが、同じカーボな食べ物なのに、こちらは箸で食べるのが正しい。謎な。

はじめは、操山と竜ノ口山のツイン、ではなくデュアル・ピークス踏破を予定したが、操山でかなり履いてきたロードシューズが下りで滑ることがわかったので、竜ノ口は中止。
そのかわりロードで走る。

操山からの降り口。初めて通ってみる。
b0057140_22005974.jpg
b0057140_22015077.jpg
盲学校のそばに出てきました。

旭川河川敷はまたも工事中。
b0057140_22022865.jpg
北端からの折り返し場所
b0057140_22025987.jpg
巨大ロボに見える?
b0057140_22032728.jpg
簡易銭湯にも見える簡易トイレ
b0057140_22042321.jpg
ちょっといつもと違って見えた相生橋
b0057140_22045556.jpg
15.5キロ。

日曜日。
下の娘の成人式なので、まずは、朝6時半までに一番近所の写真館の2Fの美容院まで連れて行く。
準備が整ってから迎えに行くつもりだったが、上の娘のときはかなり待たされたので、それまで、二度寝。
予定より早く、9時過ぎには、ボクへの携帯が通じないから、と、家に電話してきて、母親を通じてボクに連絡してきた娘。
わ!すまん!
急いで仕度して迎えに行く。
もともと、式典自体の集合時間は12時過ぎなので、遅刻することはないが、着付けしてもらってからは、早めに「できたて」を会場に送ったほうがいい。
しかし娘は「時間があるから、着物をお母さんにも見せたいから。みんなそうしてる」と一旦帰宅する。
本人と、母親との写真を撮ったあと
「お父さんとも撮って」とスマホをヨメさんに渡すよう言われる。
普段の様子や、上の兄や姉からすれば、ボクとの写真なんて撮りたいと思っていなかったように感じたが、こちらの娘だけは違うようだ。
おとなしく写真に納まる。
あまり、キレイな格好ではないが・・・(^^;

モノクロに加工。本人に見せても「う~ん・?」と言うが、かなり出来はいいと自分では思う。
b0057140_22053221.jpg

10時半くらいに、まだ閑散とした会場(岡山ドーム)に送っていく。
家に戻るのも面倒なので、ハードオフとかに寄って時間をつぶす。
たぶん、娘を迎えたとき、昼食もロクに食べていないだろう、と、リエゾンでパンをみつくろって買う。
こちらも、いつ呼ばれるかわからないので、食べずに待機。

14時半頃、娘から連絡があり、迎えのために置いていた駐車場から歩いて迎えに行き、あまりに駐車場所のグラウンドがドロドロなので、途中で待たせて車を回す。

晴れ着の女性は着物のすそをめくっていた人もいたし、アベックは、女性をお姫様だっこして移動していました。(笑

FBでは、多くの人から祝福のメッセージをもらう。
ありがたいことだ。



年末に喉が痛く、31日の走り納めはやめておく。
咳も熱もないが、やや内臓が調子悪く、いつものように服を着ても寒いので、もう1枚セーターを着る。
風邪薬でしのぐことにして、昼寝とかしてたら、ちょっと回復。

2016年の最後の太陽を撮りに、ふらふら川岸へ。走らないけど。

b0057140_18172139.jpg
息子は31日に家に来ていたけど、今年は、今住んでいる貸家で年末を過ごす、と。
上の娘は例年通り夜勤。下の娘も、いつも自分の部屋で過ごしている。
だから、夕食後は、なにげに一人で紅白を見ながら、これはという場面のみ録画しておく。
関ジャニや、ゆずは下の娘も見るかな、とか思いながら・・


元旦。

下の娘とヨメさん作のおせち。
b0057140_18181223.jpg
縁起物だが、食べられるものに限定したようだ。あとで残って困らないように。
ボクの好きなクワイは高すぎて除外(^^;

おとそ代わりに買ってきた吟醸酒。
最高、ではないが、予算的にはムリなので、そこそこ。
b0057140_18185058.jpg
いつもは、あまり飲みたがらない息子も、この酒はちょっと気に入ったようだ。

いつもどおり、実母の家に挨拶に行き、カンタンにお茶を飲んで、上の娘はこのあとも夜勤が続き、一緒に行動できる時間が限られるから、いつもお参りする飽浦神社にそのまま行くことにする。
お参りのあと、階段の上で記念写真を撮るのが恒例。
今回は、家族を並ばせて、そばにいた人にシャッターを押してもらいました。
5人で揃って写真に写るのは、かなり珍しいかもしれない。子供が小さいとき以来、ボクがいつも写真撮っていたし。
ちゃんと撮れたあと、今日に限ってボクが使っていたマスクをしたままだったことに気づき、ちょっと残念。

あとは家族ではなにもすることもないので、喉の調子もまあまあなので、走ることに。
年賀状の返信投函も兼ねて。
7キロ。
下は半パンではなくトレーニングウエア。上は上着を着ていたが、すぐにTシャツに・・

14時からの天皇杯を見る。
延長で、鹿島2-1川崎。
朝はかなり寝坊しているのに、なぜか、眠い・・

2日。
兄一家と、実家で挨拶するため、こちらは息子と下の娘だけ連れて(あとのメンバは都合が悪いらしい)午前中に出かける。

14時頃から、時間が確保できたので、走りに行く。風邪はすっきりしないが。
いままでと違い、昨日今日は、一日の最低気温の時刻ではなく、なるべく気温の高い時刻を狙って走る。

百間川では外国人グループがBBQ。そりゃ、彼らには正月なんてタダの休日だもんな。
b0057140_18192634.jpg

冬のたんぼ。
b0057140_18195892.jpg
子供の頃は、こういうところは格好の遊び場だった・・・

早く済ませたい、と思いながら、ついついルートを延ばして14.5キロ。
体調には変化なし。


3日。
午前中に、実母の米寿のお祝い(の一環?)で赤飯を持っていき、さらにヨメさんの実家まで挨拶に。
お茶とお菓子だけのささやかな挨拶。

家では箱根駅伝を最後まで見て、正月だというのに食事ほったらかしのヨメさんに代わって昼食に小さめのオムライスを娘のために作る。
そうするとヨメさんからは夕食にも「やきうどん作って」、などとオーダーが入るので、準備。
済ませてから、走ろうか、と考える。
風邪は、あまりすっきりしない。かといって、熱はない。
明日から仕事なのでムリはできないが、少しだけ・・・と思って走り出す。

阿部池
b0057140_18203499.jpg

かつての「花回廊マラソン」コースを回るように走り、11.5キロ。
やはり、数ヶ月前より、走ることへの抵抗が減ったように感じる。
以前よりも、途中でこれくらいでいいか、とか妥協することが少なくなった。
せっかくだから、走ろう、という気持ちが勝つ。

今年は第10回記念開催となる児島100キロウルトラマラソン出場、という目標を立てたので、さらに走らないと!

いぇい!