ゴール
b0057140_20551349.jpg

岡山市内南部の自宅は7時出発。
R2バイパスの加須山交差点から右折し、北上。
倉敷ICに曲がらないでしばらくいって、清音に抜ける道へ。
河川敷グラウンドには7:50頃着。
シャトルバスに乗り、吉備路アリーナへ。

比較的容易に荷物の場所も確保し、8:00頃。
トイレに並んだが、一向に進まない。
諦めて、右足底の痛みを緩和できるかどうか、試しに整体コーナーへ。

受付場所がよくわからず、足底の対応もできるかどうかわからないので、そこらにいた関係者の男性にきいたら「あそこで受付しとる(ここは違うダロ)」とぶっきらぼうに言われて恐縮だ。
「受付」くらいのカンバンあればいいのに。
10分くらい待って、自分の番になり呼ばれた場所には20代くらいの男性整体師が。

事情を話して、先週もフルを完走しました、と話すと「スゴいですね」と。この症状ではムリがあったのか?
触診の結果、インナーソールか、足底のアーチをサポートするシューズを勧められました。
なるほど・・でも、ちょっと経済的に悩む。
今回してもらった、テーピングのはりかたを覚えておくか。
カレのお母さんは60歳くらいだがサブ4らしい。
ボクにも整体師の子供がいれば、マラソンは無敵だな・・とかカレと話していました。

あとはトイレにだけ行っておきましたが、長蛇の列。
結局、ウォーミングアップも、知り合いのランナーを探すのもナシ。

1H30M~2H完走ペース、のカンバンのそばに並ぶ。
9:20スタート。

目標は、せめて2H切り。

やはり、混雑するので、最初の2キロまではキロ7分・6分。
あとはずっとキロ5分台だったけど。

いつもの五重の塔付近
b0057140_20573717.jpg
コースはさすがに熟知していたので、6キロ~8キロあたりの坂道がラップが一番いい。

9キロ付近の給水所は今回もまたも、コップの用意が間に合わない。
ナニやってんだか・・

沿道の応援はあるのだが、なにげに立ち位置が控えめで、ハイタッチがしにくい。
旗を持っているケースも多いし。
そういう点では、後発の大会の高知龍馬マラソンのほうがはるかにレベルが高い。
中には、ハイタッチしたいおこちゃま、もいたと感じていて、そういうコに近づいてハイタッチすると、とても喜んでもらえる。
せっかく応援してくれるのだから、こちらも、感謝の気持ちを伝えたい。
「ありがとう!」と、応援の言葉をかけられるたびに大声で答えていたけど、周りにはあまり浸透していない。

右足の痛みは、やはり解消はされていない。
靴紐を緩めるのも、脱げてしまうリスクを考えると、ベストとはいえないので、最後の秘策として考えていました。
(結局、そのまま走った)

あと1キロで、最後の力を振り絞って10人くらい抜いたけど、タイムはネットで2H2Mくらい。
残念!
2Hは切れなかった。
フルに比べて、かなり短い時間に終わってしまった残念感もある。
フルの方が苦しいのにね(苦笑)今回はフルでもいけたかも。

着替えてから、無料の豚汁に並んだけど・・・
b0057140_20591375.jpg
b0057140_21001107.jpg
きちんと行列を整理されてはいるが、テーマパーク並みの長さ。
15分くらいダラダラ歩いていたはず。
フルマラソン後だと、相当辛そうだ。
で、もらったのがこれくらい。
b0057140_21023286.jpg
b0057140_21030672.jpg
帰りの車の中から、フルマラソンの人を見る
b0057140_21053479.jpg


帰りに、大会で割引になるという8番ラーメンに行こうとしたけど、外から見て満杯ぽかったのでパス。
渋滞の道の途中の筑豊ラーメンへ。マー油ラーメン。
b0057140_21042124.jpg
今のサービスで替え玉タダ、ではあったのでそれに乗ったけど、それほど満足できなかった・・・
マラソンで味覚が変わった?

ハーフで2H切れなかった無念はあるが、やはり、フル以上のほうが、ボクの性に合っているかも・・・?




今月より、月末の金曜日はなるべく早く、15時過ぎには退社することを勧奨するという国の方針。
ドコノ「ドイツ」がそんなことできる?(伏線)

今の丸亀での作業は2月末で終わりなので、この金曜の仕事はそれでも定時で帰る。

アンパンマン列車の止まる夕暮れの駅
b0057140_21014003.jpg

これまでも、作業場所が変わる前に、それまでの仕事の終わりの意味で、自分を慰労するつもりで一人で飲みに行っていました。
今回、立ち飲みの店として、初めて行った桃太郎大通りの「琥太郎」にしようと思っていました。
「のんき坊」も「鳥好」も「成田家」も、昔は安かったようだが、今はそれほど割安感がないから。
でも、ふと思い出して「ドイツパブ」に心変わり。
ここも、久しく来ていない。

6:30頃岡山駅に着いて、ドイツパブに電話すると、予約でいっぱいではないようだ。

バスで天満屋までいき、あとは歩き。
b0057140_21050670.jpg
店には19時前には着いたはず。
カウンターに座り、同じカウンターには既に2名ほど男性がいました。
あれ?
あれあれあれ?
見たことあるような人が・・・
5回くらい確認して、思い切って声かけたら、県内の有数の超有名・高速・変態(^^;ランナーのA山さんでした・・
b0057140_21025884.jpg
これまで、FBでコメントは交わしても、直接タメで話すことはほとんどありませんでした。

A山さんは16時頃から、クレドで演奏があると言っていたので、まさか、と。
「それは終わって、これから、20時半から次のステージがある」
とA山さん。
しばし、歓談していました。
高齢の親を持つ子供の苦労話から、ランナーとしてのアドバイスとか。
有益な約1時間でした!

クヌーデル。ニョッキみたいなもん。作り方の勉強のために、前にも頼んだなぁ・・
b0057140_21041265.jpg
チョリソー
b0057140_21054777.jpg
シンケンヘイガー。ジンで38度は、まだユルい?
b0057140_21062785.jpg
ジャーマンポテト
b0057140_21071533.jpg
G&Gロック。メニューには書いていないし、もう、原酒はほとんど残ってないのよ、と、いつもの店の女性に教えてもらいました。
懐かしい味。
b0057140_21080153.jpg
トマトチーズ
b0057140_21084737.jpg
料理も美味しいので、好きなだけ飲み食いするとかなりの勘定になることはわかっていたので、控えめに終わりました。

しかし、ザワークラフトも作りが雑だし、トマトチーズも、トマトが薄い。
他の客が頼んでいたハンバーグやファイアーチキンは美味しそうだったけど、かつての「少し安くて美味い」イメージは、やや損なわれているかも。

メニューに日本酒があったのは驚き(獺祭もあった)


土曜日。

通販で買ったテムレスがきていました。
b0057140_21103718.jpg

午前中に、そうじゃ吉備路マラソンの前日受付に。
明日はご尊父の四十九日でDNSと言われていたA山さんと、またもすれ違う。奇遇。

清音駅前でパンを買う
b0057140_21112212.jpg

寒い日だが、10度くらい。
13時くらいから走る。
明日も考えて、10キロ。
途中、またも、足底筋膜炎が・・

昨日のA山さんとの話で、
「足底筋膜炎?そういうときは、思い切りシューズの紐を緩めて走るといい」
「え?まるでカパカパなかんじで?」
「そう。クッションとか挟むのはダメ。前だけはしっかり締めておけばいいよ」
と教えてもらっていました。
走り始めはいつも通りでしたが、痛みを感じてから、そうしてみると・・・
痛みはなくなりました。
かといって完全に違和感の意識がないとは言えないけど、やるとやらないとでは大違い。
これなら、ちゃんと走れそう!

紐の長さで違いがわかる。
緩めた右足
b0057140_21125716.jpg
普通の左足
b0057140_21134256.jpg
昔はハーフとはいえ大会の緊張感が前日にあったが、今はそれほどでもない。
2時間切りはかなり難しそうだが、切れなかったら、もうハーフは卒業して、フル以上のレースにシフトしよう・・・







浦戸大橋から桂浜の方向(だと思う)
b0057140_22130065.jpg

本当は、京都マラソンの抽選に落ちたから、ここを選びました。
でも、昨年のニュースで見て、快適な道に見えたから。

知り合いにも参加する人がいましたが、前日の泊まり。
当日の人もいたが、朝の移動時間はかなり早くしなくてはならなそうだ。

結局、前泊の宿をとるのに決心がつかず、当日行くことにしました。
高速でざっと1時間半。
当日受付は8時までだから、それまでに高知ICから高知城付近のパーキングに止めなくてはならない。
ここを、高知城付近に7時までに着くことで予定。
逆算して、朝4:30起床(!)で計画する。

そんな日の前夜に限って、横で寝るヨメさんがイビキはかくわ、いごいごする。
眠れない。
ウイスキー飲んだりしたけど、ダメ。
早めに寝たのに、結局は寝付けなくて睡眠時間は2時間くらい。
最後はゼロも覚悟してたのだが・・眠れないのは辛い。

4:53自宅スタート
5:10早島IC
5:40頃坂出IC付近
6:00頃川之江JCT
6:30頃南国SA付近
6:43頃高知IC

眠気が気になって、高知駅付近のセブンで100円コーヒー。
駐車場を探すが、高知城に一番近いパーキングは安いが7:30オープン。だめじゃがな
適当にコインパーキングを探すが、あまり安そうにない。仕方がないが。

ランの服装に上着だけ着て、着替えを入れたリュックで「ひろめ市場」付近を通って、城西公園へ。
b0057140_22143763.jpg

距離も遠いし、寒い。
記念品の受付もわかりにくい。
スタートまで1時間もあるけど、Eブロックに並べ、とのアナウンスのみで、大会を盛り上げる放送はない。
少しでも暖かい日向で待つ。
b0057140_22155032.jpg
待っているそばの店の、このカンバンの意味がわからないので、高知の人と思われるランナーにきいてみる。
「薄いのはだめ」みたいな意味らしい。
b0057140_22164413.jpg

スタート直前のゲストランナーの紹介で、金哲彦さんも走るし、lilicoも走るようだが、姿は見えず・・・
これは途中の写真。
b0057140_22174974.jpg

9:00スタート。しかしEブロックのボクらがスタートラインに達したのは号砲の7分後ぐらい?
b0057140_22201652.jpg

さっきまでは寒かったのに、走っていれば高知らしく、暑くなる。
応援の人は多く、ハイタッチしてみる。
誰もがそのつもりではないだろう、と、手を出してくれているか、くれそうな(子供とか)を狙っていきました。

エイドでは「まほろばトマト」が。これは美味しい。
b0057140_22213002.jpg

ゼッケンには比較的大きく「岡山県」と書いてあるので
「おかやまーがんばれー」
と数回呼ばれました。悪くない。

続く列
b0057140_22224843.jpg

この辺りで、「恋」の生演奏があり、一瞬、恋ダンスのフリを。

いまどきだが鯉のぼり
b0057140_22233064.jpg

海の近くにくると、風が強く吹き、涼しい。


20キロ付近の、ポイントとなる浦戸大橋が見えると、テンションあがる。
その直前のエイドで、持ってきていた自作の「おにぎらず」、を食べる。
いよいよだ。
b0057140_22250994.jpg
標高でみると、それほど恐れるに足らず、と思っていたけど、これ、2段の坂ですね。
一旦登ったかと思うと、さらに左に曲がって登っている。
b0057140_22261172.jpg
下り
b0057140_22265842.jpg
無事に最大の難関を越えて、花街道へ。
b0057140_22281860.jpg
ここは海もよく見えて美しい。今大会の、美味しいディナーのようだ。
逆に、それまでの田舎道はアペリティフであり、ここのあとの道は、寿司屋の「アガリ」でしかないかも。

このへんから、やはり右足底が痛くなる。
27キロ過ぎで折り返しのランナーとすれ違い、県庁のYさんを探すが、見えない。

歩きもはいる。
しかし、エイドの食べ物は結構試す。
塩を振っただけの薄切りのキュウリは美味しい。
アンパンも。
従って、不安になり、トイレを使う。
ムダな時間が多い。

32キロ付近、最後の折り返し、仁淀川大橋より。
b0057140_22295798.jpg
ウェディングドレスで走るとは・・・しかも若くキレイな女性。
b0057140_22310730.jpg
32キロ過ぎの「かつおめし」を楽しみにしていたけど、ちいさいおかかオニギリでした・・
b0057140_22320953.jpg
足の前半が痛いので、無理やり後半で着地するように走ると、ちょっと楽になりました。

あと2キロからはずっと止まらず、予想外に長く続くスタジアムへの坂道も、歩かず。
トラックに出る直前も、短いけどさらに坂がキツくなる。
b0057140_22330109.jpg
最後は、意地でスパートをかけました。

完走証発行の列は長く渋滞していました。
足が痛いし、風も寒いので、早く更衣スペースに行きたいのに、人が多く、場所は遠い。
更衣室、といっても、練習場の片隅のオープンな倉庫のような場所でした。

着替えてから、高知駅方面のシャトルバスに乗りたいが、乗り場は遠い・・・
乗るときの段取りはよいようでしたが。

県庁付近で降りて、車を止めた場所に戻る。
足がゆっくりしか動かないので、遠く感じる。

駐車料金は、やはり高い。1700円。しゃーないか・

「ひろめ市場」を通ったけど、これは、というめぼしいものはなかったので、お土産は南国SAで選ぶことにしました。
とにかく、座りたい。

しかし、走っている途中も、ちょっとおかしかったけど、気分が悪い。
吐けばスッキリするような気分。
なんとか南国SAまで行き、トイレでゆっくりしていると、なんとか治りました。
帰宅時刻が、ずっと遅くなるかな、とか覚悟していましたが・・
南国SAを出たのが16:15くらい。
家には18時前。

半生のカツオブシと、塩味芋けんぴを買ったけど、大会の景品にも同じ味の芋けんぴがありました。カツオブシも「どこでも売りょーるよ」とヨメさん。どーにでもしてくれ
b0057140_22372539.jpg
記念品のトートバッグと芋けんぴ
b0057140_22344109.jpg
完走のあとでもらった「ぼうしパン」「馬路村ドリンク」「ゼリー」と、エイドでもらったビスケット
b0057140_22360521.jpg

木製メダル
b0057140_22382413.jpg
途中でiPhone用携帯バッテリーを道に落とし、すぐ拾ったけど、使えず(残量ゼロ)。
治してみるけど、ちょっと心配。
タイムはネットで4H58Mほどで、歩いたり、トイレに行かなければ、もうちょいマシになったはず。
それにしても、なんとなく組織の対応が冷たくて(応援は暖かいですが)またここにくるかどうかの確率はかなり低いです。
b0057140_21183325.jpg
メモ。
行きの高速代、2050円。安い。
帰りの高速代、3960円。たか!

明日が高知龍馬マラソン。

フルの前日に、どうすべきか考えた末、今月の走行距離があまりに少ない(62キロ)ので、ちいとは走らんと、と。
でも、明日に影響してはいけない。
右足裏の筋膜炎も、完全に治ってはいないので、無理はしない。
結論として、ロードで使わない筋肉を使う、トレイルにしました。
車で護国神社まで行く。
操山も久しぶり。

冷たい小雨が降っていたけど、そのうちあがる、と見てスタート。
b0057140_17462062.jpg
落葉が濡れて褐色で、滑りやすいので注意。

しかし、案外楽に坂を登れました。
毎日の駅の階段2段とばかしのおかげか?(^^;

ハイカーも、こんな天気なのに数人見かけました。

いつもどおり、岡辛木神社まで。

サイフを忘れてたけど、いちおう拝んで、明日のことや家族のことをお願いしておきました。
悪いけど、ツケにして・・・(^^;
b0057140_17470045.jpg

昨日アップデートしたiOS(10.2.1)のせいか、インスタグラムにあげられない。なんで?

帰りは日差しもでてきて、快適に。
b0057140_17480168.jpg

車まで戻って7.5キロ。
トレイルのほうが、足底の痛みは意識しないみたいだ。
以前よりもかなり改善しているし。

明日の家の出発予定は5時。5時半までには早島ICに入り、1H30Mで高知ICへ。
(多分、1Hでいけると思うのだが)
駐車場を探して、8時までに受付。
天気もよさそうだし、気温も適当に低い。

高知自体も、室戸には数年前に行ったが、市内に行くのはバイクで四国をソロツーリングした時以来だから、30年以上前かなぁ・・
地理はほとんどないに等しい。





昼前から、以前練習会で走ったコースを使った「西大寺駅伝大会」が開催されるので、どんなものか、見に行きました。
かなり寒いので、防寒対策をして。
b0057140_20230694.jpg

以前ダウンロードしたコース図の中で、2区のコースと4区のコースで距離が近い場所があり、ここにバイクを止めて2箇所の撮影を試みることにする。
(水門湾近くと後呂という地名の場所)

バイクを置き、歩いて11時半くらいには現場到着。
アングルのよい場所をロケーション。
12時レース開始、と書いてあったし、そばには大会関係者らしくオレンジのジャンパーを着た女性がいたので「トップランナーはどれくらいの時間でここまで来ますかね?」と尋ねると
「トップは20分くらいですね」と。
たしか、第一中継場(中学生は第二)までが6.3キロくらい。
だいたい時間通りに、ちゃんと先導の白バイのあとにランナーが来る。
写真を撮っていたが・・・あれ?中学生ばっかしみたい・・・?
いちおう、こじまらのF原さんのチームが3チームということで、何枚か撮ればいくつか当たるだろうと思ってはいたものの・・・規定で、この区間はメンバの人の子供が走っているのか?

だいたいのランナーが過ぎた頃、4区の川のあたりに移動。
そこの大会関係者に「トップはそろそろ来ますか?」ときくと「あーここはもう終わりじゃね」
「え?宝伝から戻るランナーは・・?」
「あ、高校生以上は、スタートは13時35分だよ」
えー。

かなり寒いし、昼食も、食べてない。
でも、このまま帰るのもイヤだ。
ゴール近くのコンビニで何か買うことにするが、そうすると駅伝コースと重なり、ちょうど先頭ランナーと先導の白バイを前方に見ながら走ることになりました。
追い越すのはなんとなくランナーには危険だし、しばらくついていきました。
まるでマラソン大会のバイクカメラマン気分?

ローソンに入り、あつあつの肉まんでしばし寛ぐ。イートインスペースがなかったのは残念。
そのあともゴールを目指す中学生ランナーを応援していましたが、交差点でランナーを優先的に通す一方、渋滞する車を通す警察のやりとりに、見ていてハラハラ。
完全に交通規制すると、地元からは「ジャマ!」みたいに言われるので、と、女性関係者は話していました。
でも、ランナーからすれば、ちょっと可哀想。
b0057140_20281165.jpg

さて、と、またも2区の場所に戻る。
時間があるのでウロウロ。

かなり古いが、巨大なパイプのあるビル。なんだろう、これ。
b0057140_20302000.jpg
ここも、こんぴらさんや由加山に関係してる。
b0057140_20312958.jpg
b0057140_20350531.jpg

やがて、先頭が来る。
b0057140_20355168.jpg
この人、飛んでる(^^;
b0057140_20365193.jpg

なんとか、知り合いのS水さんとO郷さんは見分けた。
b0057140_20375177.jpg
b0057140_20385328.jpg
またも4区に移動。

先頭
b0057140_20412167.jpg
集団
b0057140_20422958.jpg

終始、マラソン大会のように「がんばれ~!」と声を出していました。
そばには一般の応援の人はほとんどいない。

個人的にはムダな写真もいっぱい撮ったけど、本人からすれば、あれば嬉しいよね?
なんとか渡してあげたいが・・

いつもは土日にまとめて30キロ程度は走るのだが、今日はこのあと、寒さもあるし、右足の足底筋膜炎の治療のため、思い切って「走らない」ことにしました。
まだ痛みはあるけど、なんとなく、治る方向に向かっているように思えたから。
この際、思い切って1週間足は休めて、19日には潜在的な能力を信じて走るしかないな、と。




話は朝9時にさかのぼる。

朝から、実母の将来に向けて、介護施設の担当と兄と3人で会合。
介護施設の女性担当のUさんから、「お母さんが施設を希望しておられるので」と。
母の家に集まり、あとで母も参加して説明をきいていると
「私は施設なんて行かない」
「え?(この前は行きたいと言っていたのに)」とUさん苦笑。
まあ、考えが翻るのはいつものこと。
結局は、当面はデイサービスが楽しいそうなので、回数1回増やすことに。
しかし母から「増やすとお金がかかるのでは」といわれるが
「大丈夫、保険で十分カバーできる、余剰のお金はかからない」と説明する。
その会話が、このあと最低6回エンドレステープのように繰り返される。
兄も、いつもになく優しく辛抱強く繰り返して説明する。
ようやく納得。
まいるなぁ・・



昨日の夜。
家族からなにもない誕生日は苦痛なので、表町に飲みにでる。
とことん寒い日なので、ちょっと後悔。
安い居酒屋で考えてみるが、いい案は浮かばない。
昔、子供の頃に家族で来たことのある「鳥好」(とりよし)に決める。
b0057140_20440960.jpg
寒いのだが、とりあえず生中。
b0057140_20450983.jpg
盛り付けがキレイなたこ酢。400円。
b0057140_20474474.jpg
ヤキトリ、若鶏とズリ。1本130円。
b0057140_20484954.jpg
ビールのあとは、値段の関係で「金陵佳撰1合」。280円。(焼酎・ビールよりも安い)奥は鳥酢。
b0057140_20494898.jpg
これは燗と常温で飲み比べて、どちらも美味い。

とことん飲むほどのサイフの状態ではないので、これくらいで。3000円ちょい。
こういう店には、ボクみたいに一人の客も少なくない。


今日の夕食は、予定通り、塩ちゃんこ鍋。
いつかJAの店でレシピをみつけて、やってみて、と頼んでいたモノ。
ビールを出そうと冷蔵庫を開けると、いつもビールを置くスペースに、下の娘からバースディプレゼント。
b0057140_20510239.jpg
上の娘に比べれば、話もするし、ボクが買った酒のツマミを、分けてやることもある。
だから、ボクが欲しいものも、あまりブレない。
見ている人はちゃんと見てくれている、というのを、やはり信じよう。
思えば、彼女が小さい頃から、父の日のメッセージカードとか、どうぶつの森のセーブポイントの説明とか書いたメモをくれていて、それはまだそこらに貼り付けている。
いたいげな50代(笑




先週、行く時間があったのに忘れていた、「日生の殻つき牡蠣を買いに行く」。
だが、よく考えれば、あの日は放水合戦があったので、大渋滞だったろう。

今日の朝8時過ぎに出発し、頭島まで行く予定。
昨年は、同じような時期に、まず牡蠣を購入してから、備前(ハート)日生大橋をランで走って渡っていったので、牡蠣がウマイといわれる頭島で牡蠣売り場を見つけたが、買うチャンスを失っていたから。
約50分かけて着いた売り場らしき建物には閉店後の佇まいしかない。
b0057140_16364090.jpg
フェリー乗り場近くなので、さみー

仕方なく、そのままいつもの五味の市へ。
途中、展望台、と案内版があったので、立ち寄り。
しかし道は狭く、対向車がくると面倒そうだ。
幸い、歩行者はいても、車には合いませんでした。
この寒さではねぇ。

楯越山、という場所らしい。
確かに日生港から四国方面まで見渡せる。
冬の空気のせいで澄んで見える。

日生港を出港する2艘の船
b0057140_16405758.jpg
備前日生大橋
b0057140_16413290.jpg
幸福の鐘、だとか。
b0057140_16421301.jpg
時刻は9時半を回っていて、早くいかないと、今日は牡蠣がなくなるかな、とか考える。

今年は、水揚げが少ないらしい。
1500円で、昨年の1000円分の量みたいに見える。1500円のを買う。
b0057140_16431282.jpg
だいたい24個ありました。

中身は帰って食べてみました。
これならいいかな。
b0057140_16441736.jpg

市場の前はあまりに寒いので、なにか暖かいものを食べたくなり、散々迷って、たこ天に。
b0057140_16451059.jpg
「イイダコ天500円、アナゴ天400円、タコ天300円」
と売り子のお姉さんに教えてもらう。
一旦その場でもう一度揚げなおしてくれるので、アツアツだ。
そばのマヨやケチャップは自由にトッピングできる。
串なのでちょっとずつかけ分ける。
b0057140_16454535.jpg
塩コショウが一番だったかな。

もう昼だが、昼食前にちょっと走る。
足の調子の確認用。
この1週間、毎日サロンパス。
でも足底筋膜炎の症状は治りきっていない。
先週のような痛みはないが、硬くなっている感触。
キネシオテープで覆ってはいたのだが。
この距離ならいいが、フルで我慢しきれるか?
約14キロ。
ネガティブスプリットが定着してきたようだ。
2キロほど走ったあとは上着は脱いでまたもTシャツ。
下は普通のトレパン。

高知のフルまであと1週間。
走らないほうが治るのだろうが、そうすると、走る距離が短く不安になる。
ムズカシイナー
b0057140_16462397.jpg
今日は自分の誕生日だが、家族からはおそらく何もない。
・・というふうに言うと、ヨメさんに言わせると「明日の夕食はナベにするから、それでいいじゃない」ということになるらしい。あれだよ?ナベしててもほとんど、娘に話しかけても生返事だし「そうですね」みたいな答えだけだよ?向こうから話しかけることはまずない。そんなナベを、ボクが望んでるとでも言うのか。

ヨメさんや子供の誕生日には、リクエストはきいても大抵何もリクエストがないので、せめて、と、好物の回転寿司に連れていってやるが、ボクがリクエストをきかれることは皆無だ。
せめて、今夜は一人飲みに出かけるか・・・





b0057140_16241531.jpg
本当のタイトルとしては

東日本大震災/熊本大分大震災/鳥取大震災チャリティラン~season6 2月

なのだが、今回は内容がほとんどない(苦笑)ので、やめておきました。
参加者はちょうど10人・・・

例年、2月の第一日曜日は近い場所で人気のあるマラソン大会が目白押しなので、チャリティランへの影響は避けられそうもない。
しかも、冬の雨。

いままでにボクもこの時期の大会に出て、3回欠席したことがあります。
丸亀ハーフ・笠岡ベイファーム・日本のエーゲ海
どれも面白かった大会。

今日は、その大会参加者の知り合いもいるけど、残念だろうな、とか思いながら、チャリティランを走りました。

おみやげ(?)の野菜(デカい大根と葉っぱつきニンジン)
b0057140_16400331.jpg
大きさ比較
b0057140_16405415.jpg
キンカン。ほとんど店で売っているレベルのものだがエイド用に、と差し入れされてました。
b0057140_16415540.jpg

初めて食べたけど、思ったより酸味はない。走っていると、息にずっとキンカンのいい匂いが。

結局ゼッケンを忘れて、そのままカッパ着たまま2周。
b0057140_16424152.jpg

始まる前に、主催のM松さんに質問。
「最近、右足の裏の前の方(一番幅の広い部分の真ん中)が、しばらく走ると痛むのですが・・」
「ここ?(と手でだいたいの痛みの位置を示される)」
「そうです」
「足底筋膜炎(ソクテイキンマクエン)だな。」
即答。
「手のひらで物を掴むように、足の指で曲げ伸ばしするといい」
そばにいたKさん奥さんからも
「ランナーなら、みんな通る道よ」
と言われました。
「2週間後にフルなんですが・・」
とつぶやくとM松氏
「・・・・」
無回答。
こりゃ、マズいかな・・?

さっそくネットで調べると、原因は、要するに「走りすぎ」。
対策は、休ませること、血行をよくすること。
それで自然治癒するのが普通だと。
有森さんも、2つのメダルを獲得したオリンピックの間の期間に一か八かで手術して、成功したとか。

今日はキネシオテープを巻いていき、比較的痛みは少なかったので、2週間後の高知マラソンでもそれでごまかしていくしかないか。
調べた結果わかった、血行をよくするツボとか、教えてもらった足指の運動とか、わかった以上、できることはやっておこう・・

以前より計画していた、「丸亀からことひら街道でこんぴらさん」のルートのRUNを実践してみました。
b0057140_23313360.jpg
予定では、岡山駅7:55発のマリンライナーでスタートするつもりが、バイクで岡山駅に行った結果、1便遅くなることに。
しゃーないか。

計画では丸亀駅からは9:00前後に出発するはずが、これでは9:40丸亀駅着の電車でスタートすることに。

丸亀で着替える算段を、比較的待合時間の長い坂出で済ませる。
しかし、気温はまだ寒く、下半身がcepのゲートルではやや寒い。

丸亀駅から、かつてことひら街道出発地でもある「太助灯篭」まで移動し、そこからRUN開始。

b0057140_23224109.jpg

だいたいのルートはわかるし、ことひらの位置もわかる。予定は12キロ。
しかし、今回は街道に沿って走るのが原則。
途中で、歩いてことひら方面からくる集団にも遭遇しました。

丸亀市内では親切な道標も、途中では曖昧になる。
こんなかんじ

b0057140_23235626.jpg
このマークを確認しながら走るから、いつもの練習よりは速度も控えめになる。

方向は合っているのだが歩道と呼ぶにはあまりに危険で狭い箇所もある。

あと4キロ?
RunKeeeprでは10キロ越えてるんだけど・・

b0057140_23255509.jpg

結局、参道口には14.5キロかかりました。
11:40頃到着。
b0057140_23263517.jpg
さて、予定としては、こんぴらさんを2登以上。

2月なので参拝客は少ないと思っていたけど、中国の人も多いようで、そういう人の横は歩いて通過する。
今になって感じるが、階段は1段すつよりも、2段の方が楽。
自分のステップに合った段差のほうが疲れない。
観ていると、2段登りの観光客も少なくない。

ブラタモリでやってた飴屋でオミヤゲを買う。
b0057140_23275717.jpg

神域になると、なんとなく空気もひんやりしてくるので、走りはやめて、スロージョグに留める。
b0057140_23284551.jpg
同じようにランの格好で走る人も2名ほど見かけました。

2回目は、ちょっとしんどいけど、3回目も「やれ」と言われれば「ムリ!」とは答えないだろう。
2回の往復で1時間くらい。4.5キロ。
ログは、なんかヒワイ?
b0057140_23295839.jpg

それほど休む間もなく、今度はことひら街道に途中で加わる感じで道を探していきました。

途中にあったさぬきうどん屋はどれも魅力的なのだが、今回は「山神うどん」へ。

日曜日は閉店、営業は11:00~14:00まで。
今回は13:30頃にいけました。
b0057140_23342675.jpg
麺はしっかりコシがあり、ネギもシャキシャキ。
かけうどん大330円だったが、やはり。ゆだめを頼めばよかった。

丸亀まで戻るには、右足の底が傷むので、善通寺駅まで行くことに変更。
それでも、たいしたショートカットにはならない・・・
b0057140_23362235.jpg
丸亀までの乗車券で一旦降りて、ロッカーに預けた荷物で着替え。

無事に岡山までもどりました。

おみやげの、ウサギ年の干支のお守りはヨメさんにやり、べっこう飴は娘達用。
おみくじに入っていた犬のおまもりだけが自分へのオミヤゲ。
b0057140_23365965.jpg