先日のiPhone6の水没から、iPhone7への機種変更によるデータ移行についての、覚書。

水没したiPhone6様は完全に旅立たれたようで、蘇る気配はない。↓
b0057140_22195435.jpg
ならば、最新ではないが、iPhone6のデータは家のPC、VISTAーOSにバックアップがあったはずなので、そこから復元してみる。

しかし、iTunesは「バージョンが古いけぇ、おえんで」を繰り返す。
調べてみても、12.3.xxの最新バージョン。

ネットで調べると、おそろしいことに、iOS10にiPhoneのOSを上げた段階で、もはやVISTA-OSマシンではバックアップ不可能。
ダレがこんな仕打ちを・・・

対応策としては、VISTA-OSマシンで今年5月にバックアップしたファイルを探して、外付けHDにでも移して、Windows7以上のマシンにコピーして、iTunesのバックアップファイルのフォルダに入れて、復元することしかない。

ボクのVISTA-OSのPCからバックアップファイルを探して、外付けHDを使って、娘の持っているWindows10マシンを借りてコピーはできた。
しかし、W10マシンでとりあえずiTunesを立ち上げると、エラーになる・・・ボクと同じく、娘もバージョンアップにはあまり神経質ではないので、バージョンはVISTA-OSよりも低い12.1.xxだし。
普通に更新プログラムを探すと、見つからない。
DLサイトでバージョン12.6.xxのものを探してきたが、家ではいまだにADSLなのでDL遅い・・・・
しかも、何度も失敗する。

昨晩、DLしっぱなしにして、朝起きてDLできていたから、インストールだけ指示して会社へ、
結局、休みだった娘が昼間に部屋にきて、失敗していたインストールを再度やり直してくれていたのだが・・

ようやくiPhone7を意識したiTunesだが、元々娘のiPhone6sも繋いでいるので、「xxのiPhone」みたいなデバイスの違いを決めることが必要。

ネットで示された手順ではバックアップフォルダに該当ファイルをコピーすれば、それを選んで復元、と書いてあったが、実際はそのファイルを意識してくれない。
ダミーでバックアップをとり、そこでできたフォルダに復元用ファイルを入れ替えてみたが、容易には騙されないようだ(苦笑)
よく見ると、バックアップがうまくできていないようで、それ以前だと、2016.11になる。
それだとうまくいきそうだったが、そこまで戻ると、どうなん。

昼間には、消えてしまった「おかやまマラソン入金手続き用メール」も再送してくれたので、それが復元によって消えるのも、また困る。


消えた写真や動画はすべてPCにも取り込んでいるので、問題は少ない。
家族や友人とのやりとりのメールや電話帳も一部消えてしまったが、差し迫って困るほどではない。

折悪しく、いつもの通り、7Gの制限を越えたネット使用量の時期に遭遇し、通信速度は低速にされてしまう。
調べるにはかなりストレス溜まる。

これは、物を大切にするのもほどほどに、という警鐘か。
はたまた、こんなドライな対応のA社を贔屓にするのは、もうやめたら?という予兆か。
ちゃんとiCloud使おう(笑



雨の予報をよく見て、朝9時から15時頃までは降水はない、と判断。
走るか。
気温は23℃くらいだが、湿度は60%以上。
走り終わる頃は、25℃くらいだっけ。
汗はかくかく。

表町商店街までで引き返す15キロ超のルート。

京橋朝市のあたり。
b0057140_22065111.jpg
マツバボタンの花は、子供の頃から好きな花。
b0057140_22062123.jpg
石碑の上に猫の銅像、下にもポーズ決めた(?)猫
b0057140_22071856.jpg
(写りが悪いのは後述)


少女の像を取り囲む花
b0057140_22074765.jpg

暑くて汗ダクなのだが、走ることはできる。
途中、セブンイレブンで、ガリガリ君休憩すると、また走れる。

ようやく、目標の15キロを超えて、あとは流して走るか歩くか、というときに、不運発生。
水路に沿った道で、iPhoneを落とす。滑って、そのまま水路にぽちゃん。
iPhoneは、ウエストポーチに入れて出し入れしていたが、途中から汗でびしょびしょになるので、薄いビニール袋に入れていました。
落ちたときも、口は開いていたけど、躊躇うことなく水路にそのまま右足を入れて救い出したので、さほどの「水没」ではないと考えていました。
ちゃんと画面は表示中。
しかし、少し操作すると、一部の領域にあるアイコンが動作しないようだ。(左上がNG)
まー、以前iPhone4を一瞬水没させたときも何事もなかたし、あとで乾燥させてみるか・・と自宅に戻ると、・・アップルのロゴマークが点いたまま。
電源を落とそうにも、長押しすると元通り。
見ていると、縦にストライプな画面になったり、ちょっと異常・・・まいったなぁ・・
(ランニング途中の写真は、RunKeeperで自動で保存される写真から復元したけど、写りは少し劣るようだ。)

昼食はヨメさんと娘のぶんのパスタを作る予定だったので、その準備をして、再度様子を見ると・・・画面真っ暗・・(T^T)

ネットで調べると、電源を落とさなかったのはNGだったが、数日乾燥させると復活する(こともある)そうだ。

ダメもとでSBショップに電話する。
ボクの契約では、あんしんパック、という、水没リスクを意識したサービスには入っていない。
「修理できるかどうかは、駅前のビックカメラの4F(のアップルのサービスコーナー?)で聞いてください」と。
SBショップでは、修理はできないけど、機種変更のご相談には乗れます、と。
やっと、半年前にiPhone6の端末代金は払い終えたのに、という無念さはあるが、落ち着いて考えてみて、一度、機種変更の経費についてきいてみたい、と考える。

SBショップで、相談。
だんだん、復活は難しいと思える。
修理、という名の、ハード交換には、36000円程度覚悟が必要。
一方、機種変更は容量が128Gになるし、追加は月1300円程度。
よく話してみると、家でもSBのADSLを使っているので、「最初の2ヶ月は1500円程度、それ以降も1000円程度の月あたりの携帯料金値引きがあります。しかも、PMさんのファミリー全員に」
ときたもんだヲイ
息子や娘は就職と同時に口座引き落としは別々になっているが、元々の契約者がボクなので、全員恩恵に与れる。ありがたい。
しばらくiPhone6を乾燥して、復活に賭ける気持ちが、いっぺんに機種変に傾く。
まあ、いいじゃん。
iPhone8も気になるが、端末代金も高額になるというし。

ブラックの本体があったので、それで、決め。

問題は、今の本体からのデータ継承なのだが、電源が入らないので、少し前にバックアップしていたiTunesのデータを使えば、多分大丈夫だろう。
よしよし。

表面の保護フィルムの代わりに、今回は保護ガラス(いずれも百均)も買って、カバーはこの前リタイアさせたシリコンカバーの、カメラ部分を自分でハサミで切り開いて(そのままではレンズが隠れてしまう)、いちおうは対応完了。

データの復元は、iTunesを開いて、iPhoneを意識させて・・・意識させて・・・意識せんがな!なんやこれ!
「iTunesの最新バージョンをダウンロードしてください」
とポップアップが表示されるが、ネットでみれば、これが最新バージョン。

よくよく調べると、
「iPhoneがiOS10になった時点で、WindowsVistaの最新iTunesには対応しない」
という結論。
VistaのiTunesでバックアップを取っていても、iPhone7に買い替えすると、バックアップは意味をなさない。
なんやそれ!責任者、でてこーい!あ・・もう天国か(^^;

対策としては、W7以上のPCにVistaPCのバックアップファイルを物理コピーして、W7以上のPCでバックアップファイルを使用するのだと。
なんて面倒な!

いくつかのAPLはインストールすれば復元と同じ状況にはなるのだが、できれば普通に復元したい。

幸い、大学生の娘はW10のノーパソは持っているので、それを借りることにする。
それまでに、Vistaのバックアップファイルを外付けHDにコピーして、それをノーパソにコピー。2Gくらいあるので、時間はそれなりにかかる。

なんとか筋書き通りにきても、娘のノーパソも勉強用なので、iTunesのバージョンが古いままだ・・
「デバイスから無効な反応が返ってくるため、接続できませんでした」
などとエラーが出る。

インストールしなおしているが、まだ、作業中なので、結果はどうなることやら。
iPhone7も、ホームボタンのタッチがなにやら変だし、アイコンの移動のときの長押しも、それまでとちょっと違う。
今はまだ、新品への買い替えというのに、不満感多すぎ!
日曜日。
午前中に、義父の家に、父の日のプレゼントの「ウィンストン・1mg・ロング」を持っていく。
昨日コンビニで買ったが、1カートンで4200円もする。
ボクがカートン買いしてたのは、その半額の頃までだったか。
義父は、ちょっと恐縮していたようだ。
ま、年に1回のことだし・・
昨年は半カートンで我慢してもらったんだよな・・(^^;

ついでに、バイク(VTZ)のシートの破れを補修するためのシートをライドオン岡山まで買いにいき、とりあえず補修完了。
サイドスタンドの立て方が不十分だったので、いきなり立ちゴケ。Gパン左ひざに穴。古いから、ダメなら捨てよう。

今日の本当の予定は、玉野の義父の家まで走っていくことだったが、往復すれば24キロは確実に超える。
ちょっとそこまで気が乗らなかったので、昼食(自分で作ったヤキソバ)後に、暑い時間帯に近所を10キロ目標でスタートする。

しかし、暑い。
気分は乗らない。
あっというまに500ccの水は飲み干す。
気温は27℃前後だったか。
帰りに店のある道を選び、なんとか8キロ。
でも、ラスト3キロくらいは、あれこれ考えないで走ったから、あまり止まらず。
これでいくか。ノーシンキング。
今月はこれでやっと105キロ。ふぇ~まだまだやな!

今年は雨がほとんどないのに、紫陽花が見事に咲く家があちこちにあるような気がする。
b0057140_17243380.jpg

夕方、ダイレックスでiPhoneケースを100円で購入。
ケースと、液晶保護フィルムと、クリーナーのセット。
b0057140_17245022.jpg
もう、この大きさのスマホ(iPhone6)は過去のものになりつつあるのだろう。
こないだの何かの大会で、ボクのiPhoneで撮ってもらおうとしたら、初期に購入した茶色に変色したようなシリコンケースだったので「なんか、きたなーい」と撮ってくれた女性がつぶやいていたと思います。
あのときは、まずは本体を衝撃から守るのが第一だったからデザインはどうでもよかった。
実際、これまでのケースで地面や床に落としたことは少なくとも7~8回はあったはず。でも、無傷。
その功績には報いたいが、そろそろ、他の人のオシャレなケースにも合わせないとな。
しかし、いかに保護フィルムに気泡ができないように貼ることの難しさよ。
裏ワザでもあればいいのに。

土曜日。
仕事が午前中に終わらず、そのまま1時間繰り越して、解放されました。

明日が父の日なので、もう35年以上前に亡くなった実父の墓に行き、ビールを供えるためのランを予定していました。

中消防署の駐車場に車を止めて、着替える。

旭川中洲を見ながらのルート
b0057140_09413643.jpg
鳥には天国?
b0057140_09415277.jpg
以前にも、この時期に同じルートを走り、27℃くらいの暑さにへとへとになりましたが、今回は児島100キロの耐暑練習のつもりで。
風もあり、県下には乾燥注意報も出されているので、空気はサワヤカ。
なんだ、これならなんとかいけそうじゃん、と思って少しして気温をチェックしたら25℃くらいでした。
どーかなー、練習になったのか?

水辺では子供が遊ぶ
b0057140_09424229.jpg
墓地の近くのセブンイレブンでビールを買う。
あとはそれほどキツくない上り坂を数百mくらい。

お供え。銘柄は、自分の好みで。初めて買う種類。
b0057140_09425812.jpg
拝んでから、さて、と少し悩む。
そのまま、まかって持ち帰るか、今まさに喉が自然に欲しているように、ぐいっといくか。
ここまで6.5キロ、帰りにまたかく汗の量を考えれば、飲んでもきっと大丈夫。
で、飲みました。(^^;オヤジにカンパイ
すはー!
夏の海で、海の家の休憩に飲んだような味だ!

空き缶を持ち帰るのだが、小型のリュックにはおさまりにくい。
リュックの中を探ると、あると思っていなかったけど、クセにして持っている、三角に小さく折ったゴミ袋発見!やるなぁ、オレ(^^;
つぶして、収めて帰路へ。

足元が危なくなるかとおもいきや、かなりいいパフォーマンスで走れたようでした。
悪くない。
・・・でも、あとでラップを見ると、それほどよくないタイムでしたとさ・・

帰宅すると、その代わりに(?)というか、息子が父の日のプレゼントをヨメさんに言付けていました。
b0057140_09431968.jpg
サンクトガーレン、ていう地ビールのブランドのようだ。きいたことがないが、有名なようだ。

今日は自分で夕食を作るつもりだったので、適当にパスタのセットにして、4本入りのうち1本を飲みました。
喉も渇いているせいか、ウマい。
b0057140_09433963.jpg
b0057140_09440744.jpg
やっと、ボクが逆の立場だったら父にしてあげたであろうことを、息子にしてもらえました。
今の息子の年代のとき、ボクの実父は他界していました。
今度仏壇に報告に行こうか・・オヤジ、何もしてあげられなくてゴメンと。


余談。
庭のトマトがしおれかけ。水が足りないと思うので水遣り。
まー、6/7の入梅以来、全然雨、降ってないし。がんばれー
b0057140_09443140.jpg




児島半島港めぐり100キロウルトラマラソン、練習会。

梅雨入り直後。
いつもなら、イヤになるような暑さなのだろうが、今日の最高気温予測は25℃程度。ならば行くか(←ヲイヲイ)

練習会のプランとしては、大会のフルコースを主催者のF原さんと希望者が走り、その途中のルートで参加・離脱はOK。

ボクの参加は、後閑あたり36K給水地点から貝殻山を登って梶岡の59K給水地点付近までの予定。
車を置く場所の関係で、梶岡のスーパー「タマヤ」に置いて、そこを起点・終点とすることにしました。

タマヤの、駐車場の端っこに止めると、なにやら、1台置いた向こうの車に、視線を感じました。
着替えて、準備していると、そこの車の運転手の男性はタマヤの店員と少し言葉を交わしてからこちらにくる。
「練習会の人ですよね?」
「はぁ、そうですが・・よくわかりましたね」
「まぁ、お互いこんな格好だし、おそらく、と(笑)」
Sジキさんといわれる。今回初めての参加者だそうだ。
「あとで買い物するから、車を置かせてくれるよう頼んでおいたんです」
マメやー

電話で、F原さんが今、田井におられることはわかっていたので、
「(本隊を)迎えにいくために、逆送しましょうか」
と申し出る。

9:15頃、2人で出発。
ほどなく、先頭Gと思われる2名の先頭ランナーとすれ違う。

話していると、Sジキさんはサブ3.5ランナーなので、ボクとしては遅いペースに合わせてもらって申し訳ない。
途中で先に行ってもらい、出崎口(36K給水地点)で今回の練習会のスタッフで参加されているのであろう、U田さんがエイドを店開き(^^;)されていました。ここで待とう。
b0057140_19181494.jpg
ほどなくF原さんら5名のランナーと合流し、再出発。
スタートの鷲羽山から玉野までとか、金甲山登山口までとか、ランナーのコースはさまざまだ。

梶岡でエイドのあと、いよいよ登りに向かう。
というより、歩道の脇の草がボーボーで危ない。
昨年まで草刈した日々の記憶が蘇る。

練習会なので、自分で離脱ポイントは決めればよい。
なんとなくしんどいので、金甲山登山口までで引き返そうかな、とかネガティブになる。
でも、道路脇の草が邪魔なので、ここを引き返すのもイヤだな、とか思い巡らしながら、金甲山登山口エイドでU田さんらと雑談していると、不思議と嫌気はなくなる。
すぐ後ろにいたスタートからここまで走ってこられたランナーさんは金甲山を登って終わりにするそうだったが、先行していたF原さんらは全員金甲山に向かったという。
ボクは大会はBコースなので、(大会には金甲山にも登る110キロのオプションコースのAコースと、登らない100キロのBコースがある)貝殻山に単独走。

坂道なので、走らない(定番?)
というか、本番ではここまできてさらに走って登るのはかなり難しいと。
だから、歩いていった実績でどれくらいかかるかを記録しておくつもりで。
途中でフラットな部分は走ったけど。だいたい山頂まで30分。

途中で向こうの山に見える大量の産廃。
いつか問題になるんじゃないか?
b0057140_19184165.jpg
山頂でエイドがある、とU田さんが話しておられたが、誰もいない。
ま、それは予想できたので、気にせずに下山する。
あとは、途中の脇道への曲がり角を間違えないようにしないと。
カーブミラーがあるので、発見は容易かな。案外下った地点に思えました。

下りではあるが、急なのであまりペースはあがらない。
ここも草刈ポイントなので、今度草刈作業で来るときのことを考えながら走る。

全体を通して、ランナーは我々だけで、自転車のライダーがやたらと多かった印象でした。

桃太郎荘跡のエイド地点。ここも誰もいない(笑
b0057140_19190235.jpg
しばらく下ると、U田さんの軽トラが下から来て止まってくれる。
桃太郎荘跡のエイド地点に向かわれるそうだ。
スポドリをペットボトルに補給させてもらう。これで、最後まではバッチリだ。

山は下りても、まだこれから何箇所か登り坂があるのはわかっていました。
でも、今日は坂道を降りる途中、かなり涼しい風が吹いてくれました。
まだまだ、諦めたらアカンと、言いたげに。

暑さと弱気以外に、歩みを妨げるヤツ
b0057140_19194080.jpg

最初の金甲山登山口までが10キロ。
貝殻山を登って終点までが15キロ。

梶岡のタマヤでは、駐車代代わりに何か買おうとしたけど、ロクなものなし(すいません)
割引の炭酸水とお茶を買う。

昼食に、うどんを食べることにする。
昔からあったのは知っていたけど、行ったことのなかった、古そうな・・・あー、いやいや、「シニセ」の辰乃家へ。
通り過ぎるとき、案外(またも失礼)客が多かったようなので、気になっていました。
ま、うどんなので、ボラれても被害は少ないはず。

箸とうどんは、食べているようにうにゅうにゅ動いている
b0057140_19202703.jpg

自分で麺をタモで温める、言わばクラシックスタイルなセルフ。
玉は中で280円。油揚げをのせて360円。
麺はさぬきうどんらしくコシがある。
ダシはこんなもんかな・・
カツブシとネギは入れ放題だが天かすはなし。
ま、こんなもんかな・・ごくノーマル。
b0057140_19205022.jpg










午前中は仕事があるので、午後より原尾島の河川敷Pよりランニングスタート。
もう13:30を過ぎている。
100キロマラソンに備えて、暑さの中を走る練習。
たしかこのとき27℃くらい?

道端の菊
b0057140_18290996.jpg
車を止めた橋の下は風もあり、涼しいのだが、やはり6月だ。
平坦なロードを走るとダルい。
2キロ過ぎから、今度は坂道練習で操山の東端へと登る。
しかし、水補給などで、ロクに走れない・・

アザミ
b0057140_18293992.jpg
岡辛木神社
b0057140_18301449.jpg
今日もコントラストの強い風景にあう。
日陰だし、風も時折吹いて涼しいのだが、なにせ、虫が顔の付近につきまとう。
最後は、タオルを頭の上で振り回しながら走っていました。(キチガイみたい?)
ハイカーにあわなくてよかった(^^;

竹林
b0057140_18305729.jpg
シュバルツバルト(と勝手に呼んでいる暗い森)も、今日はかなり光が入っている
b0057140_18311755.jpg
緑に光る石
b0057140_18313562.jpg
近づく⇒苔が光る
b0057140_18322168.jpg
こんな工事があるらしい。
b0057140_18325614.jpg
ついでに、道の周りの草が整備されれば都合がよいが。
作業する人は大変だな。必ずここまで登らなきゃ。

これはツツジだったと思う
b0057140_18395545.jpg
里山センターでちょっと休憩。
スポーツドリンク550ccPETをイッキに飲み干す。
500ccの水もリュックに入れてたんだけど、なくなったので。

花火みたいに見えるアジサイと百合
b0057140_18401687.jpg
車に戻った時刻の気温、29.7℃でした・・・

本日のガソリン価格。117円。この前よりちょっと下がった。
b0057140_18402930.jpg


本当は走って県営グラウンドに行くつもりだったが、寝坊して車で。
参加者の女性のS野さんからは「走ってくるって、FBに書いとったんじゃねー」と追及を受ける(苦笑

夏は近いが、風はまだ涼しい
b0057140_23191576.jpg

参加者は40名ほど?この時期にしては多いと思う。
b0057140_23163504.jpg
日差し
b0057140_23165429.jpg
「黒潮食堂」ブランドのフルーツゼリー
b0057140_23180573.jpg
同じく黒潮ケーキ。どっちも、ンマー
b0057140_23171706.jpg

同年代の女性ランナー、S野さんとえっつんさんとしばし雑談。
えっつんさんの姪っこさんはこの秋結婚式だそうだが、日程が二転三転しているらしい、
「早く決めてもらわないと、秋のマラソンのエントリーができないわ(ぷんぷん!)」
踊るさんま御殿の「最近イラつくこと」のネタとしては採用できそうもないが、まさしく、ランナーあるある(笑



午後から、ちょっと立ち寄ってみた、問屋町。
意外なシャレた建物には驚きだが、あまり馴染めそうにない雰囲気。
b0057140_23412502.jpg

b0057140_23410404.jpg

b0057140_23313153.jpg



土曜日。
午後から仕事は休みなので、帰宅前に走ることにする。
着替えも準備した。

セブンイレブンで、100円オニギリを1個だけ買って食べてから、いつもの原尾島の河川敷駐車場へ。

日差しは暑そうなのだが、風はあり、涼しい。

車で着替えて走り始めるが、足がちょっとだゆいのでゆっくり。

道端にあった花
b0057140_13081874.jpg
花びらが蝶に見える
b0057140_13110090.jpg
風は涼しく、気温も25℃いってなかったはずなのに、走りはあまり良くない。
河川敷の道は、工事のために途中で土手に迂回させられるので、いっそそのまま、岡北大橋を渡る。

新鶴見橋のたもとで信号でストップ。
ふと橋の下を見ると、トンネルで抜けられそうだ。
初めて通る道。
出石町にでる。
たぶん、ここらの河原で、「でーれーガールズ」の主演2人の会話シーンが撮影されたように思う。
b0057140_13184042.jpg
いかにも6月な。
b0057140_13190193.jpg
初めて通った道だが、なかなか面白そうだ。
バイクや車では見れない風景。

国吉康雄のイベントがあるらしい。
b0057140_13192627.jpg
アートな建築
b0057140_13193852.jpg
石山公園通過
b0057140_13195460.jpg
岡山城の北側の道で見た花?果実?
b0057140_13201648.jpg
烏城の烏
b0057140_13203965.jpg
途中で水500cc飲んだはずなのに、なぜかやたら喉が渇くので、走り終わる前にセブンイレブンで買った。確かに、汗イッキにひく。
b0057140_13231616.jpg
9キロで終わり。
・・100キロ完走ランナーになるためには、本当は、もっと距離を稼ぐべきだが・・