b0057140_193875.jpg



b0057140_1101978.jpg

東京出張の朝、たまたまトイレに立った(といっても、そろそろ通るかな、と予想はしながら)時にスバヤク撮ったけど、無理ありますね。
携帯からでは。
これでも拡大したんですけどね。

朝5:30に起きて、打ち合わせに遅れないようにと6:42発ののぞみで行ったけど、向こうで余裕がありすぎて、実は8時台のに乗っても間に合ったようでした。
b0057140_21194831.jpg


社員によるレセプションは、実はバイト君たちのためのリハーサルだったようで、その出来がいまいちだったので、オープンは半月延期になったそうな。

さらなる練習のためか、パートさん達も無料招待することになり、希望日の人数割り当てなどやってました。社員も、もう1回タダ酒が飲めるという。
理由はわかるが、大判振る舞いして、あとで給料天引きとか査定されるのはゴメンだが。

今度はもう少し皿洗いでも手伝っておこうか(笑)

写真の、備前焼の変わった形の容器には日本酒が入ってきます。
b0057140_20192724.jpg

ついに、来ました。
わけのわからん請求通知。ヨメさんに、だけどね。ネットなんて、一切いじらないのにね。

そういえば、以前にも、家に突然電話があり、小学校の娘宛に「ゲームソフトが当たりました」などと言って「着払いでお送りしていいですか」という騙しの手口があったそうです。
娘のことを中学生、と勘違いしながら。

最近は、効果音を使ったオレオレ詐欺もあるそうで、もしも、本当に事故で困っていても、虚しく家族の助けを得られないままになりそうな予感も。

子供に、誘拐されないように注意するときも、「こわい人」ではなくて「優しい人」にも気をつける必要があるし、親が事故だから「送ってあげるから早く乗りなさい」と言われても迂闊に乗ってはいけない。それが本当の事故の時とどう対応を変えるべきか、にも頭をいためてしまう。
b0057140_1722697.jpg


中国銀行前の紅葉。
だいたい毎年、この季節に表町のアーケードでワゴンセールやイベントなどが開催されています。
目的の商品などないのだけど、なんとなくぶらぶらしてきました。

結局、寄島産という「シャコ」のパックをちょっと値切って買ってきました。シャコの写真も撮ったけど、ちょっとグロいのでここでは載せません。(苦笑)

そうそう、「倉敷ラーメン」というのも売っていて、これは「星野仙一ラーメン」と銘打って、元カントクの写真を載せてました。2食分で500円。よっぽど買おうかと思ったけど、どーしてもカントクとラーメンと通ずるイメージが浮かばなくて、やめました。
b0057140_18133790.jpg


少し所用を済ませるついでの土手の風景。あらためてススキの季節であることを実感。
昼食のスパゲティ(材料がなかったので、適当に。醤油味になったが、まあまあ)を子供に作ってやり、ちょうどやってた「東京ラブストーリィ」をちょっと見ました。
なんで、こんな時期に3話連続?

プロ野球は、思っていたとおりライオンズの身売りもあり、またぞろ再編の動きが。
ライブドアが食指を動かさないのも混乱を招くか?

とか言っている間に、そろそろ年賀状用の題材を探さねば。
ニワトリと、家族の写真のメドはまだついていない・・・

それにつけても、灯油の値段の高さよ。
b0057140_0505438.jpg


会社の経営する和食居酒屋がオープンするということで、レセプションに招かれました。



b0057140_052104.jpg


いろいろと料理は撮影しましたが、光量不足のためか、うまくいったのはこれくらい。
味付けは薄かったのですが、美味しいメニューもいっぱいありました。
社員ということで、タダの日本酒をたらふく注文しました。
秋を感じる画像を一枚!
b0057140_05564.jpg


子供の頃、遊び場だった「玉井宮(たまいぐう)」という神社のそばの公園。
最近の撮影ではありませんが、季節はたしかに、こんな時節。
b0057140_23262817.jpg


昨日、いきなり母親から電話があった。
旅行好きな母親の大事にしていたコンパクトカメラが壊れたと。
で、修理もできないではないが、「買い換えてデジカメにしょーと思うんよ」だと。
いままでの光学式との違いは何ぞや、とか、どれがいいのか、とか訊かれたけど、こちらもデジカメは使ったことがない。というか、普段はDVCの機能のついでに使っているか、携帯カメラだから。

「500万画素というけど、普通の光学式カメラの画素数は、1600万画素以上なんだよ」とかちょっとイジワルなことも言ってしまったが、どうやら、パナソニックのヤツに決めるようだ。売れ筋だし、500万画素で5万円ちょいというのは、悪くない。

「ワタシがもしも死んだら、残してあげるから」とも言われたが、今時ならまだ10年は生きてくれそうな母親だし、その頃に果たしてこのデジカメが現役でいられるかどうか、保証はまったくない。

それにしても、フィルムが市場からいつ駆逐されるか、暗室作業が阿片窟のように気味悪がられることになるのか、心配ではある・・・・
b0057140_1541070.jpg

携帯でどんな撮影できるか、テスト。
持ちにくいし、落としそうなので、びくびく。
低速でないと怖くて写せない・・・




b0057140_15423296.jpg


とか、危ないアソビしてたら、天罰が・・・
西に見えるカミナリ雲は、これから1分後、叩きつけるような雨になりました。
ビショビショになったけど、撮影場所が家からさほど離れていなかったのがサイワイか。
b0057140_1093229.jpg


せっかくの休みというのに、8時には起きて、小6の娘の模試の会場へ母子共々送っていきました。
ちょうど、この日は結婚記念日で、あの日もこんな青空だったことを覚えています。
まだ街に車は少なく、斜めからの陽光が、なんだかいつもと違う街の風情を見せてくれました。

そこで、今月から始まった携帯の法規制の疑いをかけられないか、ちょっとどきどきしながら携帯カメラで撮影。
ふと信号で止まったとき、感じよく思えた、なんの店だかわからない場所の壁面。