朝8:40発の旅客船に乗る。
b0057140_20451698.jpg
家は8時前にバイクで出発。
今あるリュックでは最大容量のものを背中に背負って。
リュックにはさらに小型のリュックを。
ランニングシューズも。
宇野港まではバイクで行き、あとは豊島の家浦港でランニングウエアに着替える計画。
これなら船賃片道770円で済む。

しかし、やはり、外国人の目立つこと・・
乗った船の半数は外国人だったのでは・・
b0057140_20460862.jpg
乗船した船
b0057140_20470563.jpg
わずか20分で到着。
すぐにターミナルビルのトイレで着替える。
手荷物は、預かりコーナーに行くと、いかにも瀬戸芸ぽいコスチュームの女性が受付してくれました。
サイズが大きいのでlargeかと思ったら、small。300円。

9:20頃、スタート。
やや肌寒い。
幹線(?)の道から中学校を目指し、ここで立て札に従い山に向かう。
b0057140_20475700.jpg
ずっと登り基調。
ムリはしないで歩く。
平坦になれば走る。
b0057140_20485053.jpg
山桜
b0057140_20493753.jpg
もっと咲いているかと思ったけど、これが最大のようでした。

立て札。でも、迷うほどの山道ではありませんでした。
b0057140_20504085.jpg
民家ぽいのがある。山の風情。
b0057140_20514583.jpg
展望台。しかし、かなり霞がかっている。
b0057140_20522959.jpg
分かれ道。目的の展望台とは別の展望台を目指してみる。
b0057140_20532113.jpg
b0057140_20540868.jpg
しかし、これは明らかに遠回りだと気づき、引き返す。

目的地の看板。
b0057140_20550387.jpg
最初は舗装路が続くが、すぐに未舗装路になる。
b0057140_20561195.jpg
頂上に着いた!
今回は寄り道したけど、普通に行けば登り口の看板から40分ほどで着いたはず。

展望台の施設。2011年にできたそうだ。
b0057140_20565318.jpg
登ってみる。こんなスペース。
b0057140_20575513.jpg
南東側
b0057140_20584384.jpg
b0057140_20594640.jpg
北側
b0057140_21003999.jpg
b0057140_21012933.jpg
とにもかくにも、360度のパノラマ。
持ってきたオニギリで休憩。
もう少し空気が澄んだ季節に来ていれば・・・

次の目的地が見える。
b0057140_21022510.jpg
10:20頃下山開始。

分かれ道。スダジィの森に向かう。
b0057140_21032581.jpg
ここがスダジィの森?
b0057140_21050227.jpg
b0057140_21060704.jpg
帰りの船の便を、12:30にしていたけど、なんとなく間に合わない感じがしていました。
なのに、瀬戸芸のカンバンがあるので、次の便(14:00)でもいいっか、と寄り道。
b0057140_21074853.jpg
受付は閉まっていたけど、脇から入れるので、コッソリ・・・
ささやきの森。へ道。
b0057140_21111986.jpg
道の終着には、無数の風鈴が釣られていて、そよ風に揺られてせせらぎのような音(歌?)をエンドレスで流しているようなスペース。
うーん、いい。

再び、豊島美術館を目指す。

お寺なのに、なぜにミッキー?
b0057140_21125575.jpg
途中で島の人に道を聞きながら走ったけど、またも方向を間違えて引き返す羽目に。

檸檬、という名のホテル
b0057140_21142025.jpg

またもきた、この勇壮な風景
b0057140_21154313.jpg
豊島美術館に初めて入る。
1540円。

実はここも美術館の施設とは思わず、以前来たときは勝手に無料で歩いていた遊歩道。
b0057140_21190431.jpg
ここでゆっくりすべき?
b0057140_21172603.jpg
なんとなくアート
b0057140_21181365.jpg
メインの施設に入るには一旦待たねばならない。シューズは簡単なスリッパに替える。
b0057140_21201760.jpg
貝殻のようなアートスペースの中は撮影禁止。
静かな広いスペースで、あちこちに小さな水溜りがあり、ゆっくりと、時々小さな穴から湧く水がなだらかな傾斜を生き物のように流れていき、いつか中央の大きな水たまりに達する。
いつ、どの水が動くかわからない。
でも、見ていて、飽きない。
しばらく体操座りして見ていました。
あたかも神として、地上のあらゆる生き物の動きを眺めているような?

最後に、軽く手を叩いてみると、思わぬ大きな異様な響きが返ってきました。
これも、芸術の一部か、と2回ほど繰り返していると、スタッフから注意されました。
「他のお客さまに迷惑ですから・・」と。
あかん、B型だからか(笑
b0057140_21213263.jpg
芸術作品としてはとても面白いが、これだけで、この値段というのは、微妙なところ。
ベネッセハウスのそばの美術館は見ごたえがあったのに。

時刻は11:50。
これなら、家浦まで走って30分かからないか?距離表示は3キロちょい。

ここからの登りは少しで、あとは下り基調。
こんなのも撮りながら
b0057140_21240152.jpg
潜水服。犬島ではたくさんあったな。
b0057140_21245700.jpg
シャレたレストラン
b0057140_21272476.jpg
12:20くらいには港に着き、手荷物を受け取って、汗ダクだったけど、せめても、と家族にオミヤゲを。
b0057140_21283146.jpg
着替えは船の中のトイレで済ます。(意外に清潔で広かったから)

走った距離は17.2キロくらい。
累積標高は532m。山だけなら300mなのだが。
また、空気のキレイな時期にくるべきだろうな・・



天神そば、7番(肉なし野菜入り大盛)650円
b0057140_23294637.jpg

バイクで着替えをもって行って走るには、いちおうDEPOのそばの県営グラウンドがベスト。
だって、DEPOには、無料ロッカーがあるから。
着替えはトイレだが、荷物はそこに置いておいて、チャリランのコースを走る。

比較的低い気温だが、汗はそれなりに。
10キロ。
5’41/キロで57分で走れたから、満足だぁ。

なぜ走ったかというと、天神そばに行きたかったから。
これで、カロリーはプラマイゼロ(たぶん)。

13時前なら行列も短いと思ったが、それなりに待たされる。
すぐ前で待つアベックは、ここには初めてらしく、時々入り口に回って、空き具合を確認するために列を離れるので、うっとおしい。

順番が来て、「7番」とだけ注文するが、昔からのおばちゃんは「7番大盛」と作る側に伝えたように聞こえる。
案の定、「7番大盛でーす」と運ばれてくる。
「大盛りじゃないけど・・(だからといってキャンセルも面倒だから)いいです、それで」
と答えると、
「大盛じゃない値段で、いいですから」
と言ってくれる。
結局支払ったお釣りを確かめると、大盛の値段。まいっか、
隣の客が「2.5玉」と注文していたので、どんなもんかと隠し撮り。(^^;
b0057140_23311773.jpg
カウンターいっぱいの直径の鉢なので大きいのだろう・・・

表町(旧:上之町)では春の準備。
b0057140_23320370.jpg
b0057140_23324769.jpg


いよいよ、このチャリティランも7シーズン目を迎える。
b0057140_23522239.jpg
岡大入学式・ファジアーノの東京ヴェルディとのホームゲーム・お花見(まだ開花してないが)・ご神幸などの行事が重なる日曜日。
駐車場が心配なので、バイクで着替えを持っていく。
そこそこに参加者は集まっていたカンジ。
b0057140_23531636.jpg
こういう人があちこちに。
b0057140_23542849.jpg
入学式の人でアリーナ前はいっぱい。走りにくい・・・
b0057140_23544812.jpg
b0057140_23552582.jpg
差し入れの「黄金柑」。
b0057140_23562937.jpg
昔のミカンの懐かしい味がするー

これに引き続き、11時過ぎから、高梁マラニックの案内状発送の封入作業を、M松氏のマンション地下会議室にて手伝う。
参加者12人ほどで、12時頃には終わる。



夕方からは、1・2・3月お誕生日会、と称しての(?)K田さん主催の飲み会をドイツパブにて。
参加者10人。
美味しい自家製パン
b0057140_23570187.jpg
ピザ
b0057140_23594356.jpg
いままでの会社の飲み会に比べて、何度も会したメンバではないにしろ、横に座ってくれたカメラウーマン・Nミさんのおかげで楽しい時間が過ごせました。
いままで、ドイツパブは割高なイメージあったけど、大人数でいけば、そうでもないことを自覚。

今日の昼間で、ようやく読了。
おもっしょいわー
ワンピみたく、ボス(章)以外の配下のキャラの戦闘シーンも丁寧。
b0057140_00004892.jpg
アニメ化して欲しいが、限られた時間では内容が薄っぺらになりそうだし、キャラの心理描写が蔑ろにされそうなので心配。

おまけ。曹源寺のしだれ桜
b0057140_00013119.jpg
b0057140_00025142.jpg
b0057140_00054839.jpg
ミモザと半月
b0057140_00055848.jpg

多分、この右側くらいに橋が架かる・・??
b0057140_17305236.jpg

もう10年以上前から気になっていたルート。
いつか旭川の途中に新しい橋、このへんに架かるんじゃなかったかなぁ、という話を、家族と車で話していたとき「なんいよん、それは岡北大橋か岡南大橋のことじゃったんじゃろ」みたいに思い切りバカにされた記憶あり。
そんなに言わんでもええやろ、とキョーレツに覚える。

大分、土地がならされてきている。
b0057140_17314465.jpg

RunKeeperで見てみると、なんと!すでに橋ができていることに。
都市計画道路だから?
b0057140_17322980.jpg

このあたりには珍しい風景が。初めて通る道。
b0057140_17331247.jpg

暑さも寒さもそこそこな午前中、15キロで終わり。




途中で見たイエローな春の景色
b0057140_23180285.jpg
スタートは家から近くの、最寄の百間川河川敷。
だいたい10キロ、みたいに目標にして北に向かって走る。
今年だけ?この頃はいつも、気温は高いのに、風は案外冷たい。

走り慣れた河川敷コース。
米田付近で、一旦橋に登り、ハローズで休憩して逆行してみることにトライ。
いままで、走ったことのない、百間川東岸の土手。

春休みとあって、学生がキャッチボールする風景。いかにも春だなぁ・・
b0057140_23191362.jpg
西大寺線を横切れるか・・と行ってみたけど、やはり、ムリ。
でも、おそらく、交差点にする構想はあったように見える道(の痕跡)
b0057140_23195403.jpg
スタート地点まで戻る直前で、なんとなく土筆取りしてる男性を発見。
ならば、と、走り終えてから、参戦(笑
b0057140_23220458.jpg
この前も、このへんで土筆取りの女性には「(料理に使うならば)先が完全に開いているのはダメ」と教えてもらったので、いままでは闇雲に摘んでいたけど、選びながら取りました。
b0057140_23225603.jpg
コース。南風だったので、行きは暑く、帰りは風に逆らいながら。
b0057140_23235877.jpg
また、新しいコースがわかった。
今月は通算でようやく162キロか・・・

(おまけ)ほぼ同年代だが、ランニングファンで、香川県出身の漫画家キクニの本。うどんマラニックには参考になるかも?(中身はほぼマンガ)
b0057140_23251288.jpg


近所のコブシの木
b0057140_23440536.jpg
リビングの新品のじゅうたんが届く日なので、朝7時過ぎから、掃除機かけて、今後固定的にモノが置かれる箇所はフローリング用ワックスかけ。
テーブルや棚を、一旦移動させる。
手伝う人はいない(^^;

10時頃にようやく搬入されて、片付けてから、走りに行く。
朝は寒いけど、走っていれば汗をかく。
それでも、晴れているのに、この時期としては冷たい風が時折吹くので、あまりじっとしていては危険かな?

目的地は、岡山城。
最近、マスキングテープでデコレートされているニュースを見たので、これなら、いかにゃぁ、と。

途中の河川敷より
b0057140_23460346.jpg
カヌー教室でもあるのか?
b0057140_23463481.jpg

観光客は多い。
欧米人のグループが目立つ。

お城なのに、こんなに貼って、いいの?
b0057140_23471419.jpg
b0057140_23474491.jpg
みんな写真撮ってる
b0057140_23481899.jpg

見難いけど、スワンボートも同じ柄。
b0057140_23490460.jpg
船着場も
b0057140_23494069.jpg
後楽園の周りのソメイヨシノも、開花はまだのようでした。開花予想は4/2とか?

路面電車も
b0057140_23501418.jpg

結局家までの往復で16キロ。
足底筋膜炎は、完治ではないけど、だいぶん、具合はいい。
ほぼキロ6分。
満足。






旗振台
b0057140_16134383.jpg
どこを走るか迷った末、ちょっとした願掛けをしたくて、お参りをからめる。
竜ノ口八幡宮か、操山の岡辛木神社か。
ガス代ももったいない(あまり違わないが)ので、操山の里山センターまで行く。

明禅寺城跡に登ってから、旗振台に行き、岡辛木神社まで往復して、里山センターに下りる。
写真を列挙。
b0057140_16162459.jpg
b0057140_16172495.jpg
b0057140_16181383.jpg
今日は小学生の、部対抗チームの登山大会(?)があるようだ。
すれ違いが終わるまでしばらく待つ。70人くらいいたかな。
b0057140_16191558.jpg
b0057140_16201110.jpg
b0057140_16210516.jpg
b0057140_16220182.jpg
b0057140_16233419.jpg

今日は、そのほかにも家族連れとか夫婦でとか、たくさんの登山客とすれ違い、追い抜いていきました。
今の季節はまだ虫も少ないし、早く日が沈むこともないし、暑くないし、山にはいい季節だ。
気温は高いはずなのに、日陰は意外にまだ寒く感じました。




昨日、なぜかヨメさんが家の模様替えを言い出して(言い出したらきかない)、3連休中日なのに、2階のタンスと1階のタンスを交換するために息子も協力させて運ぶ。
リビングのカーペットも、家を買って以来だから、もう20年以上使ってきたので、この機会に新調するため、娘と一緒に部屋の長さを測り、タイムでカットを含めて注文する。今のカーペットは引き取ってもらうので、なんとか抜き取って車に乗せて運ぶ。
ラグを選ぶなんて、いままでやったことないよ・・(これは実際は選んでないけど)
b0057140_16242940.jpg


ささやかながら、桜
b0057140_17353700.jpg
数日前より、マイブーム(苦笑)な高倉山。
登山ブログなど調べるうち、南からの登りはよくわからないので諦めて、下市からハイキングした人のブログを参考にしました。
http://sancyou.com/rhonguutaka.html

このとおりに行けば、ちゃんと登山口に着きました。
b0057140_17362083.jpg
急な坂ばかりなので、一部を除いて、ほとんど歩き。

軽トラ2台が途中、後ろから通過、帰りに原付とすれ違いましたが、あとは人影も皆無。

呪文を唱えないと進めないような道(そんなアホな)
b0057140_17372314.jpg
このカンバンからも、山頂まではまあまあありました。
b0057140_17382923.jpg
向こうを向いたマーメイドみたいな木。え?そんなの見えない?
b0057140_17390635.jpg

山頂までは約1時間、ゆめタウン西側の交差点付近から5.5キロくらい。

これは、自宅の方向。
b0057140_17393448.jpg
中央の山が操山で、右端に国際ホテルがあるのがわかる。左端に旭川河口が。
こんなに見えるんだー

天候はずっと曇りで、汗がすぐに冷えそうだ。
下りはさすがに走っていったけど、急な坂もあり、ヒザが気になる。
太腿も張ってくる。
30分ほどで下山できました。

いい場所ではあるが、柔らかい山道を通るルートがあれば、また来るかも・・・
南からのルートならありそうだが、道を探すには勇気がいるなぁ。


途中の、トレイルぽい一部の道
b0057140_00290254.jpg
しかし、これ以外は急な坂道で、落葉がまだ多いので、足の踏み場所の下が見えないので危険。



最近のTVのニュースで、桜の名所にするように、これから整備するといってた、赤磐市の「高倉山」。

気になって、登山口を調べると、オヤジの墓のそばを登ることがわかりました。
眺めはいいようなので、墓参りのときのように車を止めて、登山口を探してみました。

登り口。確かに、登山用の杖がおいてある。
b0057140_00312503.jpg
説明もある
b0057140_00322670.jpg
かなりの勾配だ。分かれ道
b0057140_00332063.jpg
b0057140_00342786.jpg
カンバンはどれも小さく、頂上までの距離もわからない。
赤や白のリボンのマーカーが、古いながら枝に残っているので、それを頼りに進む。
ようやく頂上らしき、鉄塔のある場所に来たが、GPSで見ると、高倉山よりもはるかに南。
これは違う。

少し戻ると、分かれ道のカンバンがあることに気づきました。
b0057140_00352857.jpg

それを頼りに、かなりの藪を進むが、道は痕跡レベルとなる。
ここを進むには、マーカーとなるリボンをつけながらとかでないと、確実に迷うと思えたので、今回はパスしました。
累積標高360mくらい。

実際、すれ違う人は皆無。

車で頂上までいけるそうなので、次は一度下見してからだな・・・

せっかくなので、オヤジの好みだったビールを供えて、まかって帰る。
b0057140_00365560.jpg


b0057140_17022206.jpg

地震の発生時刻14:46に合わせて、みんなで追悼するために、朝11時20分から「3時間11分走り続ける」企画。

多分、2年前にこんな企画があっても、「3時間走り続ける」のはかなり難しい、としり込みしていたはず。
でも、今なら、フルマラソンよりは短いし、ざっと30キロ走るなら練習になる、と考えて参加表明。

それでも、気分が萎えるといけないので、背中のゼッケンに「3時間11分走ります」と、高知マラソンの一部のランナーみたいにマジックで書いて、自らを鼓舞しようかとも考えましたが、それもなんかあざとい。やめとこ。

11時前には集合。受付。
b0057140_17070758.jpg
FBでの参加表明者の数よりも、実際の参加者はかなり多いようだ。さすがは新聞の効果か。
b0057140_17080060.jpg

定刻の11:20、スタート
b0057140_17085696.jpg
b0057140_17094097.jpg
b0057140_17102666.jpg
b0057140_17111389.jpg
写していることがわかると、知り合いの人は視線をくれる。
b0057140_17115609.jpg

ほとんどの時間は単独で走っていたが、いつものチャリランに比べて、エイドでタムロする人は少ないようだ。
ガチの走り?

自衛隊仕様(?)のクエン酸ドリンク。日本原の演習地でオミヤゲに売っているらしい。
酸っぱいので、水で薄めてどうぞ、といわれる。
そうしてみると、酸っぱいけど、美味しい。
b0057140_17123334.jpg

4~5周すると、やはり遅れてきたり歩く参加者がいて、追い抜く。
でも、黙って、ではなく、初めて見かける人には特に、そのとき声をかける。

走りながら、心の中で、東北にいる市民ランナーに思いを馳せる。
ボクと同じように、いつかは大会で完走を目指そうと思っていた人でも、あんな状況では練習もままならず、希望を捨ててしまう人も多いに違いない。

今日は自ら言葉を発することで、それが、この強い西風に乗って彼らに伝わればいいのに。
「お疲れ様!」
「がんばってください!」
と。
そう思いながらなるべくランナーに声をかけました。

ペースは終始キロ6分3~4秒台で、最後までコンスタントにでていたのは自分でもびっくり。
風が吹くとかなり寒く、止むと暑い。変な気候。
目標は12周・30キロだったが、せめて10周、と目標を下げて(←をいをい)エイドにくると、途中参戦の、高校の後輩の女性のI原さんがいて、もう1周、一緒に走りました。
しんどいはずなのに、高知マラソンのことなど、楽に話しながら走れたせいで、やっとこさ、27.5キロまでいけました。
ありがとう、I原さん。

14:31にランは終わり、14:46にラジオに合わせてみんなで黙祷。
b0057140_17132943.jpg
しかし、よく見ると、黙祷している我々から少し離れた広場で、4~5人の子供はラジオの「黙祷」の放送は聞こえているだろうけど、サッカーに興じている。
この温度差。
黙祷は、参加者の小さな子供さんもしているのにね。

やはり、忘れ去られることがないよう、忘れないためにも我々だけでも走り続けるべきだろうか。