人気ブログランキング | 話題のタグを見る
お盆に寄せて。で、このクソ暑い季節に、ちょっとゾゾっとする話を。(え?あんまりゾゾっとしない?)
亡き人への言葉_b0057140_14141241.jpeg
この7月8日に凶弾に倒れた安倍元総理について、これ幸いにと報道されている統一教会の話や森友問題とかをほじくりかえして、安倍元総理を悪く言う、少し年上の職員が職場にいました。
「もともと、あん人は悪い人じゃったんじゃ」
聞いていて、とても不快感がある。
親や友人や書物からも、「死んだ人のことを悪く言ってはいけません」と教えられていたから。
そして、それは人間、少なくとも日本人なら共通のコモンセンスだと思っていたから、なおさらに。
死者には、もう弁解や言い訳はできないので卑怯だという意見もある。
でも、そんな人が居るのなら仕方が無い。
親しい人や子供なら諭してやるが、ボクよりもっと年上の「分別ある大人」には、もう何をか言わんや。

でも、ネットで調べると、ボクのような人も居れば、いまどきの、例えば学校でいじめられていた人から見れば「いじめの加害者」が死ねば「嬉しい」気持ちの人もいる。
それを口に出すかどうかはまた違う問題で、告別式で棺桶に向かって大声で悪態をつくことは(愛憎ドラマを除けば)通常ではかなり珍しいことだと思う。
人は、告別式前後で、亡くなったひとのことを思い出して、褒める傾向がある。
これは経験則。
そしてそうあるべき。
なぜか。

以前の職場には、霊能力みたいな感受性があるせいで、普通の人には見えない白い影みたいなのがぼんやり町を歩いているのが見える人がいました。
こちらも巫女のようでもなく、ごく普通のクレバーな中年女性だ。
別に、その能力をひけらかしたり恐れさせるのでもなく。
告別式の部屋の天井近くに故人の姿がうっすら見える、とも言っていました。
つまり、死ぬとは「nothing」になるのではなく死後の世界で「reborn」するのではないか。
感性の鋭い人にしかわからないが、死者はマジックミラー越しのように、我々をいつでも観察できる。
そして我々の話をきくことができる。
でも、それに対してのリアクションはできない。
ただ、傍観するのみ。
(中には、ホラー映画のように、生者にちょっとしたイタズラができる死者もいるかもしれない)

だから、生きている自分たちが、死者のことをいつまでも忘れないで、懐かしい記憶を蘇らせて話をしていると、実の親のような死者は嬉しいに違いない。
いつか我々があの世に行って死者と再会したとき、「ありがとう」と言ってくれるかもしれないし、全然その話にならないかもしれない。
でも、そういう(想像の)死後の世界を、意識しないよりはした方がいいように思える。
困ったときに「あの人ならどうするかな」と空を仰ぐと解決策が思い浮かぶとか。
感情に任せて人の道を外れそうになるとき「あの人に見られているかも」と冷静になれるとか・・
第一、死ぬことの恐怖はこう考えることでかなり和らげられるのではないだろうか。

先に安倍元総理が行った世界に、安倍元総理の悪口を言っていた人が行ってしまうとき、「よくもべらべらと言いたいことを言ってくれたな」と先輩たるカレから罰を受けて、そのとき初めて自分の行為を後悔するだろうか。
では、告別式で故人を褒めちぎったからといって、いいことがあるわけでもないが、一人の死は家族や回りの人の悲しみと等価だ。それを少しでも緩めてあげることは人として当たり前のこと。

すべては仮説にすぎないが、これとは別に、臨終を迎える日が近づくと、その人の夢には自分の親とか親戚が夢に現れるという話もある。そして、それを見ると安心して最期を迎えられる、と。
その説の裏付けとなる学者の言葉。
ー京都大学こころの未来研究センター教授のカール・ベッカー氏ー
「先に亡くなった肉親らがお迎えに来るのだから死はまったく怖くない。それを知れば、残される人も『いずれ愛する人のところに行ける』と安心し、死に対する恐怖が減ります。肉体は死んでも、故人の意識は別の世界に行くのだという気持ちになれば、日本でしばしば起きる、遺族の後追い自殺などの悲劇もなくなるでしょう。病気と闘うのは良いが、死と闘おうとしても勝てません。少々の延命はできても決して死は直せないのだから」

今日は最高気温の予測が36℃というのに、ヨメさんに、スタンプラリー、西の方に行く?ときくと「行くわ」と即答(^^;

その可能性が大とみて、今朝は朝6時から10キロ走っておく。
今回もウエアの上下とも汗でびっしょりとなる。

最初の目的地は早島。
いかしの舎(や)は駐車場が裏(南側)にある。
カフェの入り口のように思えて北側に回って入ってみる。
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15132082.jpeg

やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15141265.jpeg

[HPより]
い草の町として栄えた早島町の代表的町家 寺山家(畳表・経糸問屋、明治末期建築)を改修した建物で、早島に受け継がれた遺産を保存しながら、新しい文化を創造する拠点として今によみがえらせたものです。
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15145866.jpeg
客は我々だけ、お茶で一服するには時間が早い(10時半)ので、ぐるっと回って終わり。

早島町観光センターも、前にちょっと止めただけにしました。

R2バイパスから玉島に向かい、真備を通って矢掛へ。
ちょうど4年前は大変なことがあったよね、痕跡はあるかな、とか話しながら走る。
一見したところでは、あんな大変な災害があったことは忘れたようなたたずまいの町でした。

水車の里・フルーツトピア
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15154169.jpeg
矢掛の町は、昔、美星町のマラソン大会に行く途中で通っただけでまるで地理に疎い。
ここも山に登っていく道を通るのは初めて。
梨がたくさん実っているのはわかるが、ここもまだオフシーズンらしく人気(ひとけ)はない。
ちょっと急坂を上った先の土産物のある建物で「涼む」(失礼)。

BBQコーナーみたい
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15161153.jpeg

やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15164540.jpeg

食事もできそうだったが、山陽道やかげ宿まで行ってからにする。

途中のきれいな池
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15170464.jpeg
山陽道やかげ宿(水戸岡鋭治氏デザイン)
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15172944.jpeg

やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15174779.jpeg
ちょうど12時。かっけー建物。
案内所で食事の出来る場所をきく。
その前に、この地のスタンプラリーや街の説明をきく。
ここは、町全体が道の駅、だと。
だから食事や買い物は街を歩いてどうぞと。
しかし、今日は火曜日で、生憎営業している店が少ない。
2軒ほど場所を教えてもらう。

街並みを見通すと、よい観光地であることがわかる。
勝山の街並み保存地域にも通じるが、こちらは道幅がずっと広いのでより歴史の深さを感じる。
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15181544.jpeg
しかし・・・しかし暑い。

しばらく歩いて、町屋交流館に着き、ランチを注文。(800円)

バターナッツの冷製スープ・冷豚しゃぶ・他2品、など
五穀米(?)のごはんがおいしかったなー。
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15183625.jpeg
ヨメさんはそうめん定食
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15185152.jpeg
スタンプラリーの答えは、ネットで調べてしまいました・・・(^^;
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15191313.jpeg

で、2人分正解の応募用紙と、店で500円ごとにもらえる抽選券が3枚。
これで、ビジターセンター問屋に行き、くじが3回引ける。
いずれも末等の5等だったけど、おいしそうなせんべい3袋をもらいました。(アスパラガスも選べますよ、と言われたがこちらで)
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15244215.jpeg
眺めと見通しはいいけど、まったく日陰のない街並みに、これで退散することにしました。
しっかりしたパンフレットももらい、生き生きした街にみえました。
また、来よう。

最後の目的地里庄町に向かう途中、遥照山の天文台が見えました。
「あそこ、小さい頃行ったのよねー」とヨメさんが行きたそうにつぶやくので、寄り道。
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15252362.jpeg
「プラネタリウムがあるー」とヨメさん喜ぶ。
ちょうど13:30上映開始の15分ほど前だったので、行くことに。
入場料100円、鑑賞券300円。(安!)
10年以上前に息子連れてきたことがあるけど、2つ望遠鏡があるけど、みたいな話を受付の初老の男性にきくと、大型パネルのGPS映像の前で、おそらくボクが見た188センチの反射望遠鏡と京大の新しい3.8mの「せいめい望遠鏡」があることを教えてくれました。
客は他には5~6人?
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15261879.jpeg
とても座り心地の良い広い椅子でのプラネタリウム。
45分のうち後半は星空ではなくJAXAの作った古い番組みたい。
半分寝かけた・・・(スミマセン)

今回も坂道を歩き、国内3位の大きさの反射望遠鏡を外から見る。
これは前回と同じ。
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15271728.jpeg
それからアジア最大級の「せいめい望遠鏡」は建物の外の階段を3Fまで上がって窓越しに見る。
反射してよく見えないがデカさはよくわかる。
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15275984.jpeg

やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15282685.jpeg

やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15285818.jpeg
15時前。里庄町に向かう。
つばきの丘運動公園
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15293970.jpeg
人っ子一人いない(笑 とてもきれいに整備されている。
子供を連れて遊びにくるにはもってこいの施設。
でも今は季節が激悪(苦笑)

里庄町立図書館は休みのようでした。

ここまで来たらついでに、ヨメさんがもう一度行きたいと言っていた「円通寺」に向かう。
TVニュースでは今ならマスキングテープで飾っているときく。

16時前。円通寺
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15301301.jpeg
本堂に行ってみるとワークショップがあり、良寛堂には「うちわ」を作る体験コーナーが。
300円だし、まいっか、と申し込むと、自分で3種類の円通寺オリジナルデザインのマスキングテープ(みたいなシール)と自由に使えるマスキングテープを使ってオリジナルうちわを作る作業。
まるで小学生の夏の宿題みたいな企画に、ちょっと後悔したが、まあいい。
ヨメさんも待てるよ、というのでやってみる。
あんまし、こういうのは昔から得意じゃないんだよな・・他の人の作った優秀なものと比較されたりしたから・・

イラスト部分だけを貼る場合と、貼ったあと色抜きするタイプがあり、とにかく作ってみる。
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15303733.jpeg
まあまあか
やかげ宿から円通寺うちわワークショップ~12町村スタンプラリー_b0057140_15305113.jpeg
マスキングテープメーカーの販促?まあいいや

そのままR2バイパスを行くナビの情報からは、16時半頃なので渋滞予測があったので、途中で茶屋町に抜けてR30経由で帰宅。
岡南大橋の渋滞があったので、結果はあまり変わらない。ちぇ

次回のスタンプラリーは、新庄村のついでに2年ぶりに勝山に寄るかな・・・・

COVID-19 終わる?終わらない?_b0057140_11122930.jpeg
※この一連の書き込みは、数年後、いつか思い返すときの教訓や注意のために残しています。

8/2 新規陽性者数 全国で約14万人。
重症者 430人程度
毎日の都道府県別の陽性者数を示すTVのボードは、あちこちでこれまでのMAXを更新したことを示す赤色で塗りたくられている。

一般の人々への行動制限はかけることはないが、大阪では高齢者の外出自粛を呼びかけている。
やっと、飲酒飲食時が第一の感染原因とならないことを政府は理解できたようだ。遅!!

いまさらになって、隔離期間の短縮や、疑いがある場合の医療機関の受診を必ずしも促さないとか、「腰の引けた」対応にかわりつつあるように見える。ならば、早くヤレヨ
ツイッターの記事なので100%信頼はできないが、ワクチン3回目接種の人の重症化はあまり防げていないとか、やはり毒性のあるものが含まれているとかの情報は、さほど炎上していない。
むしろ、ボクも納得できる主張を堂々と呟くコメントが目立ち、安心する。
ちょっと前に、ワクチン推進派のホリエモンが、仕事でタッグを組んでいた相手が「未接種でした」とわかるやいなや、コンビを解消し、非難ではないが「(接種しないとは)何を考えておるのか」と憤慨する様が展開している。
ホリエモンは好きではないが前向きな考えをばしばし言うところ(いい過ぎるとこもあるが)を肯定的にとらえていたが、今回は個人的には失望した。
一時期はホリエモンと対談で「高齢者だがボクは接種しない」と話していた古舘伊知郎も、実は2回も接種していたときいてがっかりした。

ワクチンの謀略論はおいておいて、「ワクチンがコロナウィルス撃退への切り札だ」みたいに2020年頃言われていて、少なくとも日本人は2回目まで80%の人が接種していて、いまだに陽性者数の寡多に敏感になっていて「ワクチンは大事。何回目でも打ちましょう」といまだに言っている人はアタマ悪すぎるように見える。


たしかGW前にも陽性者数が急増した記憶がある。
自分がもしも都心とかで生活していれば、休みには旅行や帰省で安心して移動したいので、「いっぺんPCRで陰性証明とっとくかー」と考えて本当は不要な検査をあえて受けるのではないかと思料する。
で、いい加減な結果しかださないPCRに「ハマる」。
今回も夏休みを控えて、単純にそんな人が増えた結果に過ぎないと思うのだが、どうだろう。

世界でPCR検査だけをコロナウィルスの陽性判定に使った、それを使い続けよと命令した人物か団体こそ、相当罪深いのではないだろうか。

世界ではいまだに新規陽性者は100万人/日のペースだが、行動制限もマスクも不要な国が増えている。
6/1頃の統計で、26国/89国が陰性証明書などなしで渡航可能という数字もある。
だから日本は以前は感染対策先進国みたいに言われていたが、いまや完全な時代遅れといえる。
(というか、感染者数を抑える、というベクトルが間違い)


ツイッターで次々と反ワクチンの意見を正しく述べる人が話す怖い話。
「仮にコロナ禍が終息したとしても、怖いのは、それまでに要したコロナ対策の膨大なツケが未来に課税か何かの形で我々の「災厄」として降りかかってくることだ。みんなわかってる?」
まるで星新一の有名なショートショート「おーい でてこい」の結末のように・・


「クラフトジンを作る」_b0057140_14561701.jpeg
いつのまにか近所に開店していた、酒類専門店みたいな店は、多分イオン系だろうが、品揃えが豊富だ。みたことないバーボンやらあって、商品を選ぶのに時間がかかる。
でも、それはイヤな時間ではなく、高くて買えなくてもどんな味か想いを馳せる時間。
2本で2000円(税別)のコーナーがあり、見たことないジンやラムやスカッチがある。
せっかくなので、ジンとホワイトラムを買う。
たしか、ホワイトラムの好きな女性が主人公の片岡義男の本があったな、とか思いながら。

今回のジンは思いのほか口に合い、珍しく翌朝まで、二日酔いではないが、アルコールが残ったような目覚め。
そういえばラム酒の材料が何だったか。
ネットで調べるうちに、サトウキビだと思い出す。カリブ海の島のサトウキビで作られて(原産地は違う)いたので、海賊の飲み物の定番イメージ。テキーラは、竜舌蘭。そうだったそうだった。

では、ジンは。
実はジンは小麦やトウモロコシの穀物由来の原料の蒸留酒であり、「ジュニパーベリー(杜松・ねず)」が入っていることが必須条件だとわかる。
逆に言えば、同じ原料の無味無臭のウォッカに味付けすれば、ジンになる。
「クラフトジンを作る」_b0057140_15083447.jpeg
なので、果実酒と同様に、独自のジン=クラフトジンが作れる、とネットで手順を調べる。

所謂、梅酒みたいな果実酒を作るのと同じで、度数20%以上のアルコールをペースに、米・麦・葡萄類を漬けなければ酒税法には触れない。
好みの材料(レモン、梨、りんご、キュウリ^_^などなど)を入れておくだけ。

問題は、スパイスの一種の「ジュニパーベリー」がそこらの店にないこと。
ハピータウンは仕方ないにしても、南区のスパイス専門店にもない。
高島屋地下の明治屋では、見つかりました。流石は老舗。
「クラフトジンを作る」_b0057140_15065959.jpeg

「クラフトジンを作る」_b0057140_15074770.jpeg
レモンとオレンジピールで、最初のトライ。
まずは3日そのままに。
「クラフトジンを作る」_b0057140_15090981.jpeg

梅酒みたいに長期間漬け込むタイプではないので、飲み切りやすい小瓶で作るのがいいとか。
もちろん、熟成はしていくので、そこは好みなのか。

#クラフトジン
#ジュニパーベリー


奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09434676.jpeg
12町村スタンプラリーで県内を巡る旅、2回目。

前回は美咲町と久米南町の4か所を回った。

平日なので通勤ラッシュを避けて朝8:50に自宅を出発。

9:50 和気町の鵜飼谷温泉

10:25 和気町りんご園(旧:佐伯りんご園) ここまで55キロ
大昔に一度だけ子どもを連れてきた場所だが、標高の高い場所だったことしか記憶にない。^^;
ナビを使わなかったら、最後のほうの分かれ道で間違う。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09481838.jpeg

奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09495687.jpeg

奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09510609.jpeg
りんごの収穫体験のできる場所だろうが、まったく人気(ひとけ)がない。
宿泊施設もあり、ささやかな野外ステージもあり、気の利いた大型オブジェもあり、高原のバカンスを楽しませる意図は感じるが、いかんせん、田舎すぎ。
季節外れだがりんごでも売っていれば品定めしようと思っていたが、開いている施設はなし。
移動する。

11:10 おかやまファーマーズマーケット・ノースビレッジ
雲行きが怪しく、通り雨が繰り返す。
ヨメさんはここは初めてなようなので入ってみるが、ほどなく雨が降り出す。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09551553.jpeg
乗ってみたかったブランコ。「危険だけどよかったらどうぞ」な張り紙がある。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09530569.jpeg
ぐるっと回るには時間がかかるし、雨模様なのでそこそこに退散する。
鳥取のスイカを売っていたので、2人で食べれるくらいの大きさで安いやつを買う。(800円)
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09540579.jpeg
11:50 勝央美術文学館
生憎、休館。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09560523.jpeg
向かいの、城みたいなデザインのホール。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09564580.jpeg
12:10 那岐山麓 山の駅 107キロ
「なぎビーフ」の幟が道の途中に見えたので「夕食は焼肉にする?」とヨメさんが言い出したのはいいが、ここではなぎビーフは予約販売のみ。
そりゃそうだな。持ち帰るにも保冷剤がたくさん要りそうだ。
ここで食事もできるが、なぎビーフのソテー定食は1800円と高いし、「ここで食べたら、夕食は焼肉はナシね」とヨメさんはつれない対応なので、それなら夕食に焼肉がいいや、と、ここはあきらめる。
そばでは店員の女性が立って、オーダーを待っているようなたたずまいだったけど(笑
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_09573450.jpeg

奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10000312.jpeg

12:30 奈義町現代美術館
ここに来るのはボクは2回目。
昼食がまだだったので、食事してから入場することにする。
ちょうどすぐ南にピザの店があり(有名な店とは知らなかった)入ってみる。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10031121.jpeg
行列はないが客層は若い女性が中心。
ヨメさんがカルボナーラパスタ、ボクがマルゲリータピザ。
「取り分けますか?」と店員さんがきいてくれたので、そうだ、シェアすればいいのだと気づく。
どちらもランチなのでサラダとドリンク付きで、ピザが1570円、パスタが1380円なのはやや高めだが、味からすれば相応な値段だとあとで悟る。

中央は生地が薄いので、くるっと巻いて食べました。
チーズが美味い。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10022078.jpeg
濃厚すぎない生クリーム
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10011796.jpeg
ちょいオサレ?
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10035711.jpeg
美術館は700円。10年前と変わらず。
以前に来たときはブログに「やや高いかも」と記録していましたが、今回は十分なコスパでした。

「月moon」
常設展示なのに、前回はこれ、見ていませんでした。おもしろい。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10044599.jpeg
豊島美術館みたいに、音が反響する。
タイムラグで3回くらい聞こえる。
作者の意図とは違うかもしれないが(笑

メインの「奈義町の竜安寺」。
入口横のデッサンの意味はすぐには分かりかねましたが、要するに、京都の竜安寺の石庭をメインにメタモルフォーゼした姿であり、そのプロセスをデッサンで説明しているようでした。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10070617.jpeg
必ず記念写真撮りたくなる。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10060032.jpeg
いまだけ企画の展示。
新しい地蔵さん?
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10175714.jpeg
客は少なく、騒ぐガキもいないし、戸外の暑さから解放されて、以前と同じく落ち着いた雰囲気で見れました。
来てよかった。
奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10080428.jpeg

奈義町現代美術館とPizzeria La Gita~12町村スタンプラリー_b0057140_10084554.jpeg
13:50 奈義町現代美術館を出る

夕食の焼肉用の肉は、途中の「ザ・ビッグ」で確保。

15:45 帰着
188キロの旅。
行きに給油した3000円分のガソリン(159円/L・約19L)をほぼ使い果たす。

スタンプラリーで行く場所は言ったことのある場所も多く、「スルーするだけだな」と思っていたけど、前回は久米南町なのでついでに中島ブロイラーに寄ったし、時間が昼なら「食堂かめっち」にも寄ったはず。
今回もスイカを買ったし、うまいこと地域振興に一役買ってるなーと感じていました。

#12町村スタンプラリー