2014.11.09 ターサー
b0057140_21540620.jpg
2015.9.6 アディダス ブースト 足へのフィット感は一番
b0057140_22035376.jpg
2016.5.7 アディダス ちょっとふにゃふにゃ 街履兼用?
b0057140_22045577.jpg
2016.12.3 初めてのナイキ これもフィット感良し ちょっと窮屈
b0057140_22053638.jpg
2017.8.6 アディダス ウルトラ用に購入 軽さは一番
安いが、カッコ悪い(^^;
b0057140_22095126.jpg
2018.5.24 アディダス ヒマラヤで20%オフ(→4000円くらい)
それまで3足を使いまわしていたが、さすがに靴底がチビすぎ!なので購入
b0057140_22104927.jpg
b0057140_22112180.jpg



b0057140_22295376.jpg
今月最初から、勤務場所が変わったせいで、それまで帰りに寄って重宝していた24H営業スーパー(ホームセンター?)TRIALにはご無沙汰。

しかし、ここで売っているピーナッツとコーヒー豆は格安なのはわかっていたので、買いにいく。
ただし、家からは10キロ以上あるので、そこまでガス代を使うのは気が引ける。
今は、ちょっと長距離通勤なので、ガス代を家で発注する回数はなるべく抑えたい。
(仕方ないのだが、あまり理解してくれないヨメさんなので)

今日は、昨日の深夜勤務のせい、でもないのだが、休み。
なので、百間川河川敷まで4キロほど車で走り、そこから走る。
距離は10キロくらいかな、と予想していたけど、結局は13キロくらいでした。

河川敷から、土手にあがるポイント。
少し大きめの木があり、そこに階段がある。
b0057140_22275132.jpg

気温はさほど高くないけど、暑さを感じる。
赤穂線。
b0057140_22315793.jpg
土手の花。星座ならぬ「花座」?
b0057140_22342956.jpg
アザミ
b0057140_22332721.jpg
昨年度(2017.4~2018.3)のフルマラソンランキング。
b0057140_22361770.jpg
同年代の先には1800人近くいるが、半分よりは前なので、まいっか。

土曜日。
最高気温の予想は22℃程度。
数日前までの暑さはないので、朝も早めではなく7時過ぎから走りはじめる。
コースは、おかやまマラソンのコースを逆走し、どこかで引き返す。

南区役所前
b0057140_17110295.jpg
浦安を南下し、ここらで西進してR30にでる。
b0057140_17114194.jpg
予想よりはちょっと長めになったが、歩道の広いコースで走れた。
b0057140_17192407.jpg

少し時間に余裕があったので、久々にツタヤにいき、100円レンタル。

「ナミヤ雑貨店の奇跡」
b0057140_17205758.jpg

原作本は、とても面白かった。
映画公開は昨年の秋だから、まだ新作かな、と思っていたら、ツタヤでは準新作。クーポンで100円だ。
キモとなる、ナミヤに隠れる三人組がジャニーズなのが失敗かな。
悪くないが、原作は凌げない。


「家族はつらいよ2」
b0057140_17212976.jpg

山田洋次監督の映画は、どうも相性が悪いのだが、これは、面白そうだったので。
現代の日本の身近な話だし、泣けて笑える。
しかし、やはり、話の先が見えるし、なんとなく中途半端な面白さ。
普通は、運転免許返上しない老人の問題は、何らかの形で解決する結末でないと。
リズムが悪いし、リアルな方が良い場面が大雑把。劇団ひとり、出しても勿体ない。
✩1つかなぁ


日曜日。
走る意欲はあまりないけど、今日も涼しい気候な日は、ムダに過ごすべきではない。
町内の道掃除でまわりの人が出てきているので、家からランニングスタイルでスタートするのは気が引けるので、百間川河川敷まで車で移動してからスタート。

群生するアザミ
b0057140_17284622.jpg
名前はしらない黄色い花。いっぱいあるのでキレイだ。
b0057140_17303368.jpg
ビクトリーロードのように花の続く河川敷コースの花
b0057140_17331931.jpg
岡辛木神社に、北側のちょっとキツい登り坂から向かう。
道路脇のアザミ
b0057140_17360025.jpg
神社では、いつもどおり、家族5人と、実母のことをお願いする。
賽銭は、各10円だが(苦笑)神様、ゴメン

山の中はこの季節としては涼しく、上から差す日光が道に漏れ出ていて、とても快適に走れる。
虫もいない(^^;
b0057140_17382153.jpg
b0057140_17371388.jpg

旗振台
b0057140_17394376.jpg
ここから下山。

無人の野菜販売所。
b0057140_17410380.jpg
ソラマメがある、というので買ったが、後で見るとアラスカ豆でした。
でも100円。
帰ってから、豆ご飯を作りました。
b0057140_21342594.jpg
ゴール近くの空
b0057140_17403795.jpg
走ったコース。
b0057140_17424750.jpg


戻る前に、ちょっとだけと摘んできた花たち。
帰ってからヨメさんに渡した。半分くらいは枯れていたらしい。
土手では美しかったけど、持って帰ると、そうでもない・・・悪いことをしたかな。

b0057140_17434325.jpg





5/12(土)母の日前日
b0057140_19460371.jpg
明日が母の日なので、グループホームの実母に、カーネーションの鉢植えと、昼食に寿司を持っていく準備。
寿司は、回転寿司に連れ出す案も考えたが、持ち帰りで買って、運ぶ案でいく。(なにかと時間がかかりそうだし)
その代わり、確か母が好きだった巻き寿司はリサーチする。
夜寿司が一番だろうが、「こくぶ寿司」のも、評判が良さそうだ。
ふくふく通りの寿司屋も、なんか美味しそう。

5/13(日)当日朝11時。
結局は、予約して、夜寿司の巻き寿司と、握りを4カン。
b0057140_19542839.jpg
下の娘も一緒だと母も和むので同行を依頼したが、リポートがあるとかで断られた。

本物の握り寿司は、やはり高い(^_^;)
b0057140_19551908.jpg
母も、食は細いが、満足してくれたようだ。
b0057140_19575670.jpg
上巻き寿司は食べきれなくて、半分以上持ち帰り。
b0057140_19522919.jpg
ボクも一つ食べたが、確かに美味いね。
家で食事中だった上の娘に「美味しいから食べてみな」と言うと、「今はえーわ」と無愛想に答える。勿体ない。こんなヤツに食べてもらう義理、ねーな(ー ー;)

新岡山港の、鳥のような雲
b0057140_17190155.jpg
5/9水曜日。
仕事から帰って、いつものコースを、かなりいいペースで。


港近くで、走るコースを塞ぐ場所に駐車した車を避けるために、(おそらく)道路を横切るとき、目に見えない起伏に気づかず、転倒。
流血。
左足ヒザ(大)・右足ヒザ(小)・右手てのひら下(小)・左手てのひら(打っただけ)
b0057140_17230665.jpg
b0057140_17263768.jpg

転倒するときは、さほどの重大な理由なしにコケるときがよくある。
だから、このキズも、ヨメさんとかには黙って治療。
ヘタに見せると、普通の家族なら「大変、すぐ薬つけるわ」なのだが、ウチは「また、どんくさいことして」と冷徹な目でみられるに決まっているから。

コースは予定では10キロだったのを変更し、用事でハローズ(ラジカセ用電池購入)だけ寄って、5.5キロで終わり。
ゴール近くのレンゲ畑は今年もキレイだ。
b0057140_17192990.jpg

5/10(木)アマゾンからスマートブレスレット(スマートウォッチ?)が届く。
先日、タイムセールで、税込み送料込みで3000円くらいでなにげに買ったもの。
b0057140_17313533.jpg
b0057140_21423828.jpg

血圧とか心拍数とかを自動、もしくは手動で計測可能。
いつもいく医院では、「血圧を家でも測ってますか?」「いえ・・」という会話がほとんどなのだが、これで、堂々と答えられる?
いつか、(医者通いはお金もかかるし面倒なので)もう投薬はやめてもいいですか、ときいたが、日々の記録を見て判断しないと無理、と断られました。
これなら、もう一度チャレンジできるかな?(^^;

5/12(土)
朝8時からランスタート。
脚ヒザのキズは、大きな痛みはない。
それより、未明に、右足のふくらはぎが、つったかのように傷んで、ガマンしたら治った。しかし、起きてからやや、違和感あり。でも、走れる。
b0057140_21421091.jpg
先日コケたコースを、もう一度。
コケたからといって、そこを避けていてはダメ、みたいな思い。
その代わり、またコケて同じ箇所を傷めると仕事にも差し支えあるので、いつかハーフマラソン後に傷めたヒザを守るために買ったサポータを巻いていく。

新岡山港から、百間川河川敷の土手を北上して倉益あたりから戻る14~15キロコース。

河川敷には赤っぽい花がたくさん。
b0057140_17423285.jpg
b0057140_17405549.jpg

このコースの短所は、土手の道を高速で走る車を避けて横断する道。
いつもの橋の近くでは車の流れが途切れるのを待つ時間が長い。
今回は、その手前の橋(バイパス)の下をくぐる道を探したが、やはり危ない(苦笑)

暑すぎることもなく、予定通り15キロ。
b0057140_17432296.jpg
家の近くまできて、今日車を車検に出す車屋に声をかけて、今日の夕方に持っていくのを、いますぐに変更した方がよいかどうか確認。
このあとすぐ、車検に出す。

イオンモール岡山に行き、明日の母の日のために、カーネーションを買う。
予定では、さらに、お寿司を。
以前はよく回転寿司に一緒に行っていたので、今回連れて行くことも考えたが、今は代車の軽だし、持ち帰りの寿司にすることにした。
でも、できるだけ美味しい巻き寿司がいいかな、とバイクで3軒ほどあたる。
普通の握りもいくつか加えて注文し、明日の昼前に取りに行くことで連絡を入れる。
b0057140_17531206.jpg
b0057140_17533891.jpg

昼食は、今月末まで100円引きのチケットがある、うどん屋「さかいで麺業」で450円のざるうどん大を350円で。
これは、固いわ・・乗っている海苔の風味が良い。
b0057140_17475377.jpg


b0057140_19080426.jpg
朝3時起床。
昨日はたしか21時頃寝たはず。
目覚ましはセットしていたが、さらにiPhoneのアラームでやっと目覚める。
5時スタートの、児島100キロウルトラマラソン練習会のために準備。
3:40くらいには家を出て、4:40くらいには集合場所の、いつもの大会のスタート場所に着くが、誰もいない(^^;
でも、すぐに車が集まりはじめる。

隣に停めた車からでてきたのは、顔なじみだが名前はしらない男性(と奥さん)。
昨日、100キロウォークだったんです、と。そんなカバな!
ちゃんと歩いていたけど、それはムチャだろ、と話す。行けるとこまで、だと。
ここにも、イカレポンチが(笑

結局は参加者は12~3名いただろうか。
スタート予定は5:00なのに、F原さんの話などで、結局は25分ほど遅れてスタート。
もう、空は明るい。
これなら、9月ではなく、この時期に開催すれば、少しは暑さが和らぐよね、同じ時期に開催されるほかのウルトラもあるよね、と、その後走りながらランナーさんと話していて、最後近くにF原さんにきいてみると「この時期は、私が仕事で忙しいのでムリ」と。

比較的トップグループの末尾を走っていき、D力さんとも話しながら。
トイレに向かうD力さんと別れたりして、また違うメンバと合流したり。

王子が岳に登るときの白い藤
b0057140_19132681.jpg
そこからの海の眺め
b0057140_19134403.jpg
気温はそれほど高くなく、風は昨日ほどではないがかなり吹いてくれるので、じっとしているとかなり涼しい。
絶好のコンディションなので、走らない手はない。

登り坂は歩いてしまうのだが、せめてもの抵抗「早歩きの術」と考えて、なるべく早足。
途中で走る人に抜いていかれるが、さほどの差はつかない。
これならいいかも。


王子が岳頂上を過ぎる。
ここから加わるランナーも3人。W坂さん、O郷さん夫妻。
b0057140_19181862.jpg
一人で走り続ける。
いつもの滝への曲がり角に、今年は畑が作られていて、風景が違う。コースロストかと思った・・・

車を使って、所々「ワープ」している女性2名もいて、そのうち1人の知り合いのF井さんとも話す。
最終的には最後までいくとか。

まあまあ順調で、途中はW坂さんやO郷さん奥さんと併走し、話しながらなので、長続きする。
「ワープしない」組ではボクが常に最下位のようで、エイドに着くと、そこにいた他のランナーさんは即出発。さびしー

金甲山登山口への登り坂でついに歩きが入り、エイドのあるはずの金甲山登山口には誰もいない。

事前に、リタイアしたら迎えに来てもらえるはずの、下の娘に電話して、きてもらう。
ただし、ドロップバッグをサポート車に置いていたので金甲山登山口まで来るまで待つ。

やっと荷物が揃い、娘に鷲羽山の駐車場まで案内。
途中、たぶん「おもちゃ王国」に行く車の渋滞にマトモに遭遇。
滝のサークルKを曲がって、ようやく渋滞解消。

鷲羽山の駐車場で車で着替えて、娘を従えて帰宅。

練習の目標未達は残念だが、2時間ほどの娘とのドライブデートできたので、良しとしよう。(^^;




2018.5.4.朝鍋鷲ケ山から見た大山
b0057140_19202357.jpg
5/3、個人的にはここからがGWのスタート。
2年前には参加した、「晴れの国おかやま24H100キロウォーク」のスタート場面を見に行く。

家から走っていき、スタートの10時にはかなり早く、9時には到着。
今回の参加ランナーに知り合いはいるけど、他にはいるかな、とぶらぶらしてみるが見つからず。

河川敷コースは途中で寸断されているので、どこを走るのだろう、と、北の土手にいたスタッフらしき男性にきいてみるが「よーわからんけど」と。
「その路地を曲がるんだよ」と細い路地を指して言われるが、あとになってみれば、間違い。どーなん?
スタート直後にも、写真班とおぼしき男性にアテをつけてコースをきいても、「岡北大橋」の名前も「さぁ?」みたいな反応。業者?

新鶴見橋の上の絶好のロケーションをみつけて、ここで40分以上待つ。
b0057140_19274397.jpg
スタート動画を撮り、FBにアップするが、そのままでは4分近くあり、エラーになる。分割すればOK。
今度は原尾島まで走り、先頭ランナーを初めて見る。
伴走する人もいるが、ジョグしてる。
あれは、ウォーキングではないと思うのだが。
b0057140_19284035.jpg
M松さんや、K原さんをみつけて応援。
今日は、暑さは大丈夫だが、風が強いので、寒さがかなりこたえそうな気がする。
あとは走って戻り、午後の約束があったので、途中で国清寺からバスに乗る。

午後に、M坂さんが「サギソウ」の栽培ユニットを持ってきてくれるが、それまで、疲れてベッドで寝てた・・
b0057140_19335573.jpg
お返しに、家のスズランの株をお持ちいただく。

最近は家ではヨメさんが「牛肉悪玉論」を主張するので、家で焼肉をすることはここ5年ほど、ない。
せめて、今日ぐらいは、みたいな提案をすると、承諾。
子供達も、きっと食べたかったはずなんだ。
b0057140_19373761.jpg
5/4。
朝7時過ぎに家を出て、岡山ICから北房ICへ。
下道を使って、リニューアルした新庄道の駅へ。
b0057140_19422733.jpg
b0057140_19414050.jpg

かなりキレイなトイレ。
b0057140_19420866.jpg
9:00頃。
ここから、登り口の穴ケ乢(あながたわ)へ。

9:32発。風は強く、気温は10℃くらい。
上着は着たままで。
b0057140_19460294.jpg
相変わらず神々しい林
b0057140_19470228.jpg
分かれ道。今回は左へ。
かなり地盤のゆるい登り坂。
適当な大きさの枝を拾って杖にする。
下りは、マジでヤバそうだったので、杖はかなり役に立ちました。
b0057140_19475676.jpg
影絵の木(笑
b0057140_19512808.jpg
古木のオブジェが気になる。
b0057140_19515758.jpg
b0057140_19522427.jpg
b0057140_19530398.jpg

こっちこっち、みたいな。
b0057140_19544787.jpg
朝鍋鷲ケ山登頂まではかなり大変だが、そこから金ケ谷山までは楽しいトレイルロード。
b0057140_19571414.jpg
b0057140_19592081.jpg

花のコースマーカー
b0057140_19574947.jpg
ゼンマイ家族?
b0057140_20053196.jpg
天候回復。ちらっと小雨もあり。
b0057140_20090969.jpg
金ケ谷山には雪が残る。
ここで、持ってきた自作オニギリ1個を食べる。唯一の食料。
出発から1時間半かかっている。11:00。
b0057140_20005802.jpg
やはり、道がわかると、戻りは楽。
b0057140_20122295.jpg
朝鍋鷲ケ山の標識。
b0057140_20075216.jpg
なにか、数百年に及ぶ悩みをかかえているような古木。
b0057140_20095078.jpg
12:30頃には下山完了。

下から見た大山。
b0057140_20115895.jpg
同じように、愛車を撮っている人がいたので。
b0057140_20154927.jpg

帰りは、高速を使う必要ないので、下道(R313)を使い、吉備高原に抜けて帰る。
燃費は14.4キロまで伸びた。
b0057140_20104953.jpg












29日の日曜日。
吉備路では、「れんげまつり」だそうなので、行ってみる。
b0057140_22210578.jpg
かといって、走るついでなので、車は「真備ふれあい公園」に停めて、あとは走る。
ちょっと暑いが、同じようにサイクリングロードを走る人もいる。

国分寺に近づく
b0057140_22234656.jpg
藤と五重塔
b0057140_22240881.jpg
今回特別公開の1階
b0057140_22254118.jpg

ここまではいいが、肝心の「れんげ畑」は見えない。
スタッフの男性に「レンゲ、咲いてないですね」と問い合わせると「そーなんですよ」と苦笑い。
「もっと、あとに来たら見れるかな」
「いやー今年はもう無理かなと」
しかし、諦めて帰る途中には、まあまあのレンゲ畑が。
農マル園芸の鯉のぼり、さらに幸山と福山が見える。
b0057140_22274198.jpg
一旦、駐車場に戻り、これからはトレイル。
福山に登る。

お決まりの階段。
1234段への入り口。824段くらい?
b0057140_22313791.jpg

もうすぐ頂上
b0057140_22321347.jpg
下の景色
b0057140_22325816.jpg
時刻はちょうど12時。
お昼時とあって、弁当を広げる登山ファミリーも多い。
こちらは、写真を撮って、すぐ下山。

途中の妙見展望台より
b0057140_22373713.jpg
幸山の一本松
b0057140_22350831.jpg
持ってきた水1Lに加えて、自動販売機でさらに水500ccとスポドリ500cc。
気温は24℃くらいなのに。

ランは終わりにして、着替えて、途中の「農マル園芸」に立ち寄る。
こいのぼり
b0057140_22334067.jpg
子供用にイチゴを買った。
b0057140_22382113.jpg
帰宅してから、自宅の庭の一部に「新設」した花壇に土が入っていないことはわかっていたが、ホームセンターで買ってきて埋める作業がヨメさんに負担だったのはわかっていたので、ナフコで赤玉土とか、バーク土とか買ってきて、なんとか花壇を作る。
夕食は家族用に「焼きうどん」を作る。
夜勤の、上の娘にはなるべく「できたて」を作ってやりたくて、リビングで酒のみながら待つ。
完了。

月曜日。
祭日だが、出勤。
帰りに、苗を買う。
とうもろこしとトマト。どちらも安かったので。
早速新しい花壇に植える。
b0057140_22450883.jpg
今月最後のランに向かう。

名も知らぬ花
b0057140_22465311.jpg
潮干狩り。この時期の近所のよくある風景。
b0057140_22472812.jpg
今月は63キロのウルトラマラニックもあり、トータルはいままで最長の222キロ。
年間トータルは約820キロ。



昨日の金曜午後からは、第6回UTMFが開催されていて、この土曜日午後の時間、応援のカケラもないが(笑)こちらではランニング練習のコースとして、「操山グルリンパ・約8マイル」を企画。
b0057140_21255410.jpg
午後1時過ぎから、「原尾島こどもの国」ではなくて、ただの原尾島河川敷駐車場をスタート。
たぶん、24℃くらい。
以前は、気温によってやる気を左右されてきたが、今は「どーでもいい」。
ハラが座ってきたか(苦笑)

実家のそばを通過し、昔通っていた小学校のそばを走る。
b0057140_21282114.jpg
思うに、学校名とは、地名とか、または既存の名称との競合を避けるための名称とか、ユニークさを出すための名前がほとんどだと思うが、ボクの母校は「三勲小学校」。
いわれによれば「和気清麻呂、楠木正行、児島高徳」の「三人の勲師」が祭られていた「操山」の神社に由来する。
かなり珍しいのでは?
校歌は、いまでもメロディは覚えている。
歌えといわれれば歌える。
良い歌だといまだに思う。

みどりの深い操山
流れてめぐる旭川
山と川とにいだかれた
名もうるわしの学びやは
三勲 三勲
ああ 我らのほこりよ

歴史の遠いかなたから
伝えて残る教えこそ
強く正しくほがらかな
心の旗の立つところ
三勲 三勲
ああ 我らのしるしよ

軒ばの高い木のように
ぼくも私も伸びてゆく
みんな仲良く肩をくみ
足音高く進むのだ
三勲 三勲
ああ 我らのちかいよ

国清寺交差点を東に曲がり、東山を通る。
おかでんミュージアム
b0057140_21332752.jpg
ここからの登りは、あまりやったことがないが、頑張る。

東山峠に向かう。
緑と空の青。
b0057140_21355751.jpg
護国神社の入り口
b0057140_21374575.jpg
以前よりは「あー!坂道だ!(ガックリ)」と感じることが少なくなった。

湊近くの豪邸。サツキが、もうちょいで見ごろ。
b0057140_21385665.jpg
b0057140_21392097.jpg
持ってきていた水。1月に竜野市ハーフでもらった記念品。静岡産でした。
b0057140_21403076.jpg
河川敷の途中の黄色い群生した花
b0057140_21425389.jpg
このペースなら、まあまあかな。

農マル園芸に寄り、今年は当たり年の「タケノコ」を半額で買う。
できるだけ柔らかそうなのを選ぶが難しい。
昔は、大きいのを選んでいたが、それではタケノコご飯に使う以外にも使う用途をかんがえなくてはならないので、適当な大きさのものを選ぶようになりました。
最終的に400gくらいがベスト。
家に帰ると、上の娘が野菜炒めを作るために立ち回っていたので、落ち着いてから、タケノコの灰汁抜きを。
なんとか夕食までにはタケノコご飯と中華スープを作りました。
b0057140_21463050.jpg






数日前より、NHKで紹介されていた、鴨方の映画コミッションの話。
「8年越しの花嫁」のロケ地が、「遥照山」という山だと。行ったこともないし、眺めのいい山という話もきいていない。
原作は実話なので、実際二人が出会ったのはここではなく奈良の生駒山だったそうだが、同じような風景の見える、この場所にしたとか。
生駒山の風景はTVで見たことがあり、ここと同じような風景が実際の目で見られるなら、とルートを検索。
できればランで行きたいが、家から行くほどのヘンタイランナーではない(苦笑)

マップで見つかった「徒歩」のルート。バイクで着替えを持って行き、新倉敷駅にある(だろう)コインロッカーに荷物を入れて走り出す計画。
b0057140_14250136.jpg

これを「車」で検索すると、このルートは出てこない。半分は登山か?と予想。

今日は暑くなりそうだが、バイクではMA-1(もどき)を上着に着て、下がTシャツだと、ちょっと寒いくらい。
新倉敷駅には8:30頃着。

遥照山までは11キロだが、標高を考えると、どこかで坂になっているに違いない。
だから、初めからロード用のシューズを履いて行き、もって行ったシューズはトレイル用。
参考にするべき「登山関連」のネット情報では、金光からのルートがノーマルぽい。

バイクで下見に走り、途中から荷物はリュックに入れてそのままバイクを置いて歩いてもいい。

マップで案内された「備南街道」という道は昔からの街道ぽいが、狭いクセに車はよく通る。
ランニングで走るのはやや危険を感じる。
途中の「八島」という交差点を曲がると、はてな、デジャビュか・・そーか!福山まで抜ける広域農道への道じゃん。
かつてはよく走っていた道。
ここをさらに広域農道に入らずにしばらく北上し、分岐点を左に、山側に曲がる。
どうやら、これでいけそうだ。
歩いて登っているような男性も1人。

しかし、なんとなく、道が荒れている。
ついに、通行止め。万事休す。やはり歩いていくべきだったか。
b0057140_20242381.jpg
そばの家に男性がおられたので「この先は遥照山にいけますか?」などときいてみると「途中で道が崩れているが、いけるよ」
「でも、バリケードが」
「危険だから、そうしとんじゃ」
ちょっと迷っていたボクに
「大丈夫。バイクならいけらぁ」
と言われたので、バリケードはちょっとずらして、通り抜けたのでした。
もう、ここに下りで戻りたくないので、バリケードは元通りに。

相棒
b0057140_14255380.jpg
ウド?
b0057140_14273123.jpg
落葉が多く、スリップが怖いので低速で。
山頂か、と思った場所で、もう一箇所バリケードがあり、これも避けて進む。

快晴の日曜日の昼前だというのに、人は少ない。
カンバンを見ても「映画ロケ地です!」どころか「展望台」の文字もない。
少しウロウロして、運動公園の向こうがそれらしく見えたので、広場を歩いていくと、それらしい場所には出たが・・霞んでいる。残念。

b0057140_14275106.jpg
b0057140_14285066.jpg
b0057140_14291360.jpg
しばらくして、ランナー姿の男性がきたので「ここ、ロケ地ですよね」ときくと「そうですよ」
「テレビでは、映画のカンバンとかあったみたいですけど」
「ああ、あれはもう撤去したみたいですよ。そこの据付式のベンチは、以前はなかったけど、そのとき以来そのままみたいです」
ほどなく、連れの女性ランナーも着く。
「金光から登ってこられたのですか?」ときくと「そうです。4キロくらいかな。ついでに、リニューアルした天文台にも行ってみる予定です」
金光からの登り道は木々が多く涼しくて快適だそうだ。
また、行ってみるか・・

あとは遠回りになるが、西側から鴨方に降りる道を走る。
でも、このまま帰るのもなんだかなぁ。
デニムの下はランニングの準備してるし。

駅ならコインロッカーがあるだろう、荷物を置いておけるので鴨方駅を目指す。

だれも管理人のいない駐輪場は「バイク100円。前払い」なのでとりあえず払う。

鴨方駅は予想外に小規模で、キレイなのだがロッカーがない。
困った。
少し遠くに、ハピータウンの建物があるようだ。あそこならあるかな?
トイレで着替えて、荷物をリュックにまとめて、ハピータウンまで1キロほど行くが、ロッカーなし。

まーいーかー

途中のカンバンで「かもがた町家公園」というのがあったので、そこまで行くことにする。
荷物重いし、気温も高くなってくる。

かもがた町家公園。入り口
b0057140_14322522.jpg
こいのぼり
b0057140_14312474.jpg
ヤマブキと鯉
b0057140_14320358.jpg
お寺の階段を登り、展望台のような山頂へ。
遥照山よりははるかに低いが、風景はよく見える。
b0057140_14334465.jpg
美観地区の裏通りのような、まあまあの町並みだが、普通の家も混在しているせいか、いまいち観光客はいない。
b0057140_14340407.jpg
少し遠回りして、なんとか7キロで鴨方駅着。
もしかして、駅の改札に行けば手荷物預かりできたのかな?とか思ったけど、後の祭り・・(^^;

結局VTZで100キロほど走って帰宅。

その前に、昼食に、以前から気になっていたうどん屋へ。
b0057140_14344927.jpg
律儀に「41年」などの数字を毎年塗り替えていたので、どんな店かと覗いてみました。
自分が通った高校とも近く、その当時から店があったことは覚えていました。

かけうどん大+揚げ、で505円。
麺は細い。
b0057140_14351013.jpg
さぬきうどんとは書いてないから、相似性がなくても、それはいいか。
しかし、コシというよりは「ガマンできなくなって、3分のとこ2分でフタを開けてしまったカップうどん」みたいな麺は、どうなんだろう。
客は、どんどん入ってくるから、それがツボな人も、きっと多いのだろう。わからん。ここは、もういいや。