人気ブログランキング |

今年の父の日(覚え)

父の日の前日。
今は亡き実父の墓参りに行く。
墓参り、とは言っても、花も線香も持たず、ビールだけ持ってバイクで。

天気は良い。途中の山陽本線踏み切り。バイクなら、旭川の東側土手をそのままひたすら北上するのが一番の近道。
b0057140_16365766.jpg
お供え。
父が飲む(であろう)時間、墓の周りの落葉を拾う。
b0057140_16315476.jpg
昔は、なんとなく気が乗らなかった「墓参り」だが、周りの草刈とか、いちおうお彼岸とかの墓参りとか、定期的に自主的にやっているのは、自分の年齢が死期に近づいているためか?オーバー?
(でも散骨希望)

父の日は昼過ぎから仕事なので、午前中にささっと走る。13キロ。
b0057140_16402480.jpg
うっかり河川敷のトレイルみたいな道を走る。
b0057140_16411184.jpg
このあと、バイクで玉野の義父のためにタバコ5箱(セコいが、1個420円だから、カートンだと高価なイメージ。出来れば、やめたほうがいいよ、みたいなメッセージをわかってもらえるか?)を渡しに行く。(115番)
b0057140_16322961.jpg
いちおう喜んでくれるし、実母とほぼ同年代の義父は、実母と違って、まだ言葉でのコミュニケーションができるのがうらやましい。


父の日の日曜日の0時過ぎ、帰宅すると息子と、娘2人共同の2つのプレゼントがありました。
息子からは事前に「机に置いておきます」とメールがあったが、娘からあることは知らなかった。
b0057140_16444189.jpg
息子からはビール。
b0057140_16495793.jpg
娘からはタオルと、磁気性肩こり治療ネックレス。
b0057140_16493930.jpg
ネックレスは上の娘からのようだ。
ちょっと調べると3000円弱の商品。まあまあ奮発してくれたか。
b0057140_16584273.jpg
母の日には、事前に母親は大きな紫陽花の鉢植えとか花束を子供達からもらって喜んでいたから、こちらはせいぜい「いつもご苦労様」みたいなメールのメッセージだけかな(誕生日は、息子からはいつもそれだけだ)と期待していませんでした。
プレゼントが欲しい、というよりは、そういう感謝する気持ちを子供達に持っていて欲しい。
しかし、よく考えると、自分が未成年の頃、父の日にコンスタントにプレゼントしていたワケではない。
気まぐれに、肩たたきとか、サツキの植木とか、「のらくろ」のマンガ単行本とかプレゼントした記憶はあるが、父が本当に喜んでいたかどうかは疑問だ。
成人した頃には父は亡くなっていたから、社会人になって、自分で使えるお金がもてるようになって、父の好きだった酒を買えるようになったとき、どうしていたかは不明だが、今の自分ができなかったことを子供達に期待するのも出過ぎた考え。

その昼間、下の娘にはお返しとして、いつものベーコンとシーチキンのスパを作ってやりました。上の娘は声をかけたけど、夜勤のため要らない、と。(寝たい)
息子には、また、新しい、美味しいビールでも買っておいてやるか。







by pmrider | 2018-06-20 17:02 | ぶつぶつ | Comments(0)