人気ブログランキング |

瀬戸内国際芸術祭・春会期・犬島

せっかく春・夏・秋の通期パスポート券買ったのに、まだ行ってない。
これはマズい。
で、春会期の終わりに、とりあえず犬島へ。
先週は強風のため、島に渡れなかったので再度早めに訪れる。

先週の行列。1便では乗り切れない。(定員60名?80名?)
b0057140_22485776.jpg
さすがに、11時出航予定で10時前に着いても、人はいない(笑
瀬戸芸の案内の男性からも「そこの待合(?)で座って待ちますか?」と親切に言われるが、ずっと1時間は、ちょっと・・
そこらをぶらぶら。

適当に写真を。
b0057140_22490686.jpg
b0057140_22491225.jpg
ところで、瀬戸芸は今回は4回目で、犬島には1回目にも訪れている。(2010年10月)
その写真が、以下。
b0057140_22515882.jpg
b0057140_22520354.jpg
b0057140_22521022.jpg
F邸
b0057140_22521668.jpg
b0057140_22522126.jpg
犬島の猫(笑
b0057140_22530799.jpg
S邸
b0057140_22533597.jpg
b0057140_22533998.jpg
精錬所
b0057140_22550273.jpg
b0057140_22553927.jpg
b0057140_22554445.jpg
犬島海水浴場
b0057140_22551127.jpg
b0057140_22563980.jpg
b0057140_22564573.jpg
b0057140_22565030.jpg
道すがら
b0057140_22565645.jpg
今回、普通の人は下船後にまっさきに「チケットセンター」に行くのだが、こちらはそれとは違って、道もわかっているので、別れた道を進む。
ちょっとアート的だが、アカン要素が多いような船。
b0057140_22585290.jpg
今回、F邸に行くと、出し物が違う。
「以前と変わりましたね?」とそばにいる係員の女性に尋ねると「いえ、2013年から変わっていません」と。
ではなくて、2回目からは同じだけど、1回目は違いますね、くらいの知識は持っていてほしい。
(写真は撮影禁止。ビッグバンのような時空を表現したアート?)

石職人の家跡
撮影禁止?違う?とかビクビクしながら撮りました。おもしろい。
b0057140_23042646.jpg
b0057140_22584710.jpg
b0057140_23042886.jpg
「コンタクトレンズ」
おもしろい。レンズは、凹凸の度合いや、凹凸の有無も含めて自由な発想。
b0057140_23070007.jpg
精錬所はもう2回も行ったので、パス。
「くらしの植物園」を目指す。

以前は内部も見せてもらった「焼き物でできた犬」
b0057140_23071547.jpg
「くらしの植物園」は、まだ未完成で、ガウディよろしく「ぼつぼつ完成を目指し」ているそうだ。
タイミングと待つ時間があれば、石窯のピザも食べられるとか・・
ニワトリの放し飼いには驚く。
なごむ~
b0057140_23093311.jpg
他の客が、ここのご主人と話していて「(このまま南進すると)ぐるっと回れるの?」「ええ、島の南を回っていけますよ。距離はちょっと長くなりますが」と。
その客はしり込みしたようでしたが、行ってみようか、と。
ちょうど、反時計回りに島を一周できました。
b0057140_23093881.jpg
b0057140_23094380.jpg
b0057140_23094805.jpg
港に戻ると12時。1時間弱の散歩。
帰りの船は13:20なので、時間は余る。
警備員の人に、そこのテントで待てばいい?ときくと、小豆島行や豊島行きが先にでるから、まだまだ待たなくては、と、ちょっとイラついた口調で。
あとで様子を見ると、外国人観光客が多いので、チケットや乗船券の不備を説明するのに一苦労で、乗船時刻は迫るは、説明が不十分だわ、専門のスタッフを呼ぶなりしてかなり混乱した様子。
いまどき、グローバルでなきゃ、ガードマンも務まらないよなー。

近くの食堂で、アイスコーヒー飲んでちょっと待ち合わせ。
b0057140_23095241.jpg
客はまあまあ満杯。
ガムシロとミルクのはずが、ミルク+ミルクだったのはご愛敬(笑

パスポートには、入場した場所で印のスタンプを押すのだが、係員のいない展示では、押す押さないはチェックされない。(スタンプ用のモノは用意されている)ので、もしかして子供らがパスポート持って行くときのために、ノースタンプ!まーええやろ。







by pmrider | 2019-05-27 23:26 | 写真 | Comments(0)