2018年 03月 19日 ( 1 )

いつかの覚えに・・・

b0057140_21280362.jpg

数日前に、娘がキッチンで「あ!」と叫ぶ。「切れた。」
まな板を置く場所を照らす照明器具の、スイッチのヒモが切れたようだ。
切れれば繋げばよいのだが、今回は、ヒモが全部抜けている。
分解してみたが、スイッチの箇所がよくわからない。


感電が怖いので、知り合いの電気屋に連絡するが、生憎、腕を怪我されているようで、すぐには来てもらえない。
「とりあえず来てもらって、ボクが、バイト君みたいに指示通りに作業するのでは、どうですか?」
と言ってみたが、難しいようだ。快諾は得られない。
Siriに探してもらったが、近所にめぼしい店はない。
エディオンでも「メーカーに頼むしかないですね」と、つれない。

メーカー、といっても、家を建てたときの据付だし、見たけど製造したブランドはわからない。

昔の型なので、電源がアタッチメントになっていないので、必ず工事が必要。

b0057140_21154586.jpg

ヤマダでそれらしいのを探すと、コンセントから電源コードを引っ張ってくる形式なら、危険な電源工事は回避できそう。

いまある電源コードは殺してしまう。

工事費を簡単にきき、家でヨメさんに話すと、それでいい、と。
本体3500円と、工事費等4000円。

器具を天井と奥にぴったり設置するには、今の電源コードを処分しなくてはならないようだ。


今日はヤマダに買いに行き、これで行くけど、再度、取り外しと取り付けと技術料をきいてみると、どーも、すっきりしない。

最初に話をきいた女性(見習い?)店員に(営業ポイントになるかと)最初に相談したけど、「ヘルプです」とベテラン(ぽい)男性店員を呼び、相談している。

設置場所に寄っては、変動します、実際の現場で判断して、4000円は、5500円くらいになるかな?とか・・
もう一度、照明器具の仕様をみると、古い電源コードはそのままで行けそうだ。
じゃぁ、とりあえず、本体だけ買って帰り、設置してみてムリそうだったら、またあらためて頼んでいい?と提案すると、ヤマダの店員、なんか、ほっとした様子。
そんなに面倒な客だったんかい?(^_^;)

家に持ち帰り、古い器具を取り外ししてたら、一瞬、黒と白の電源コードが接触して、小さな火花!ひー

いつもの電気屋に電話して「黒と白のコードが物理的に接しないようにテープで被覆すればいいですね?」と確認。

念のために、ゴム手袋のテムレスを装着して、コードをビニールテープで被覆。こわ。
ちょっとブサイクな出来だが、まぁいいか。

b0057140_21261313.jpg

昔は、いつでも家に来てくれる「街の電気屋さん」がたくさんいたけど、今は希少。
そんなビジネスもあってもいいと思うが、作る側からは、直すより、買い替えが嬉しいんだろうな・・