人気ブログランキング |
b0057140_22572284.jpg
多分、4時半には目が覚めて、洗面所で支度を整えて、5時半くらいには出発。
明るくなってわかったけど、有名な道の駅のようだが、かなり古そう。
(ちょっとバッチい話で恐縮だが)
トイレの大用便器で、その施設の作られた歴史がわかる。コンビニも、そう。
和式→洋式でウォシュレットなし温熱便座なし→洋式でウォシュレットなし温熱便座あり
→洋式でウォシュレット+温熱便座 などなど・・
こんな早朝から、釣りをする人も数人いる。
洗面所を使う人も、まばらというよりは多いくらい。

5:35 道の駅出発
途中のローソンでサンドイッチとトマトジュース。360円くらい。そこで食べる。
ナビの目的地を「伏見稲荷」で検索すると、最初は関東のよく似た地名がでて、そのままルートを見るととんでもない!みたいな。
ちゃんと指定すると、高速道路を通らないルートが出る。
しかも、昨日は大津ICから30分かかったのに、これだと伏見稲荷まで30分。
昨日はこうすればよかったかな・・あくまで道の駅を終着と決められれば。
6:00頃出発。
昨晩と違って明るいので、快適に走れる。
よくある、アオリが好きそうな神経質そうな車もいない。
R1に出て、有料道路を通るように指定してくるが、しばらくいくと目的の分岐には「無料出口」があり、料金は発生しない。
よー出来とるな!
ちょっと疑ったときもあったけど、iPhoneのマップアプリはかなり優秀だと感じました。
昨日はカレがいなければ、多分道の駅にたどり着けていない。
あまりに早く着いたので、半信半疑(また疑ってる)。

近くのパーキングを探す。
一日の最大料金は平日は800円程度だが、休日は「無制限」が多い。
やっと、これならいいか、と一旦止めて、カンバンをよーく見ると、ここも祭日は「無制限」と小さく書いてある。あぶねー!すぐに脱出。
しばらく北にいくと、ほとんど説明がなく「24H700円」のパーキングがあり、ここに決める。
余計な条件は一切書かれていない。

走る格好になって、いざ出発。
鳥居は裏から回ることになってしまったけど、伏見稲荷をスタートする。7:00頃。
b0057140_22572788.jpg
b0057140_22573171.jpg
b0057140_22573642.jpg
b0057140_22574082.jpg
b0057140_22574335.jpg
千本鳥居はすぐ見つかり、動画も撮りながら進む。
b0057140_22574768.jpg
b0057140_22575099.jpg
人がいるので走れない。
昇り階段はささっと抜いていき「すげー・・」みたいな後ろからの女子の声をカイカンにする(←ヘンタイ)。

予想よりも階段は長い。
京都トレランコースのオプションコースみたいに、一の峰、という場所を目指したが、行ってみれば神社があるだけで、展望ゼロ。失敗。
b0057140_23021182.jpg
b0057140_23021423.jpg
ガイドの柱をみつけて、今度はトレランぽいコースへ。
白滝神社、とかいう場所に展望台があり、行ってみる。
ここは眺めがすごい!
b0057140_23034369.jpg
先客の外人さんの男性1人がいたので、いちおう英語で「写真撮ってもらっていいですか?」ときくと、快諾。
ふと思いついて、「ジャンプしたとこを撮ってもらってもいい?」とゼスチャ込みで話すと、ちゃんと理解してくれました。で、これ。
b0057140_23033759.jpg
タンキュー、と感謝してから、「どこからきたんですか?」と訊く。(もちろん英語で)
「フランスだよ」
「おー、失礼、メルシー、でしたね!」
観光地の写真に関しては、だいたいルーティンがあるから、世界中の人と話は通じるかも。

しばらくすると、道は下る一方。それも、かなりヤバし。
泉涌寺、と行先に表示があったので、地図で調べる。東福寺のそばにでるようだ。
このそばには、Tさんからお勧めの「光明院」があるので、そこに行ってみる。
b0057140_23065183.jpg
8時過ぎなので、まだ開いていない可能性もあったが、門を入ると、もう3名ほど観光客がいる。
「まだ開いてないんですか?」ときいてみると「いや、8時から、と書いてあったんだけど・・」
入り口を見つけると、無人だが「無料拝観はご遠慮ください。300円をお支払いください」とある。
竹の筒に硬貨を入れて、入ってみる。
b0057140_23053744.jpg
Tさんからは「青もみじがきれいだよ」と教えてもらった。
確かに庭園の端のもみじは見事だ。しかし、正面の、まだ咲いていないサツキが咲いたら、もっとスゲーことになるだろうな・・と。
いままでの観光スポットと違って、静かに眺められました。
b0057140_23053339.jpg
b0057140_23073272.jpg
b0057140_23073738.jpg
東福寺はパスして、北に向かう。
京都トレランコースを探す。歩いてこられた「ご近所にお住まいで、散歩好き」そうなご夫婦に声をかけてみると、ルートをご存知でした。

ガイドの柱に従い、階段を登る。
開けた場所に出て、直進と右折の道がある。
どっちかなー、と考えていると、右から、トレッキングしてるような若い男性がくる。
トレランコースを歩いているんですか?と声をかけて、そのようだったので、道がわかるか聞いてみる。
男性はコース図を持っておられて、見せてもらう。地図があっても迷うようだ。
「下の地図では、泉涌寺に行け、みたいに書いてあったから、直進かもね」
「行ってみますか」
b0057140_23090435.jpg
道の向こうには、ガイドの柱があり、あとは先の曲がり角を見通せる。
男性に「歩いていかれるんですか?」「はい」「じゃ、こっちは走っていきますので、また」
同じタイミングで、男性トレイルランナーに抜かれてしまったので追いかけたが、見失う。
でも、今度はルートを示す柱はちゃんと見つけられました。
b0057140_23090779.jpg
道の様子は鎌倉のように石が目立つことはなく、岡山の地質に似ているように思う。
傾斜が多く、登れば下る、の連続で、あまり快適に開けた道を走ることはない。
b0057140_23130106.jpg
b0057140_23130498.jpg
下ったかと思うとR1の脇の歩道を通り、国道下のガードをくぐる。

道端の家で、好意で設置した無人休憩所みたいな場所があり、セルフで飲み物を買えるし、中でお茶も飲めるように見えました。ペットボトルを買いたかったが万札しかなく、中の人を呼んだがでてこない。ま、しゃーないか。

同じようにコースをハイキングする人も多く、抜いては抜かれたり・・
b0057140_23125290.jpg
清水(きよみず)山、というところに向かうが坂道キツい。
標高はあまり高くない(200m台?)と思っていたが、意外にキツい。

ようやく青龍殿、という施設に。

入場料500円に万札を出すと露骨にイヤな返事をされる。どーなんかなー。ダメです、とは言われなかったけど。
でも、ここはノーマークだったけど、景色は抜群!
展望台から京都市内を一望できて満足しました。
いろはす(桃) 150円購入
b0057140_23130857.jpg
b0057140_23131287.jpg
b0057140_23131440.jpg
京都トレイルコースは、アップダウンが繰り返すかんじで、もういいかな、みたいな。(^^;
粟田口、という場所に降りたところで、あとはロードにすることにしました。
八坂神社の前を通り、平安神宮の鳥居を見ながら、交差点で地図を確認。

インクラインに行くことにして、蹴上駅を目指す。ゆったりとした上り坂。
行ってみれば、2本のレールの跡。
台車に乗った船はカバーがかけられている。
b0057140_23154648.jpg
b0057140_23154201.jpg
こんなもんか、と北を目指して走るが、あとで「ねじりまんぽ」を見るのを忘れたのに気づく。まーいーか。

哲学の道、を目指して行くうちに、ちょっと気になる店ハッケン。
ヨメさんと娘2人にいいかな、と買ってみる。色は気に入るかどうかわからないが。
3個で1700円くらい。
b0057140_23154917.jpg
b0057140_23155278.jpg
哲学の道をひたすら北へ、歩いたり、走ったり。
b0057140_23183196.jpg
銀閣寺に曲がる角からは、大変な人ごみと、土産屋の前を通る。

銀閣寺に入るが、すぐ前の日本人観光客のおっさんがぶつぶつ言う。
「これが銀閣じゃないやろ。銀でできとらん。足利のおっさんの家や」
文句言うなら、来るな(苦笑)

順路に従って階段を上り、平地と、少し上と、もっと上から銀閣寺を見る。
笑っているようにも見える。
金閣寺よりも銀閣寺の方が良い、という人もきいたことがあるが、派手ではない銀閣寺も趣は勝るとも劣らず。
b0057140_23183522.jpg
b0057140_23184190.jpg
日本版トレビの泉?
b0057140_23184400.jpg
b0057140_23184896.jpg
そろそろ12時を回り、観光は終わりにしようかと思う。
出町柳駅まで走り、電車で車の場所まで戻る。
途中に京大キャンパスがあり、飲食店もいくつかあるのだが、いまいち惹かれない。
b0057140_23214867.jpg
観光客の多くは市バスを利用すると思うのだが、今日はそれも、定員オーバーで「乗れない」と運転手が手を横に振るシーンも見かけました。みんな、走れ(笑
b0057140_23185184.jpg

京阪電車に乗る。
ここは、混雑してない。
むしろ、東京に比べてなぜか閑散としている。

乗り換えが必要か、と思ったけど、そのまま鳥羽街道駅まで行くようでした。

12:46 出町柳駅(京阪)発
13:00頃 鳥羽街道駅着

今日の軌跡。
b0057140_23244463.jpg
b0057140_23244183.jpg

勘で選んだ駅だが、かなり適格な位置で下車できました。
パーキングまで歩くうち、地酒の店を発見。
自分用のお土産は、まだ。

地酒 1500円くらい
b0057140_23243627.jpg
13:30頃 着替えて、パーキングを出て帰路へ

ガスは微妙な残量なので、帰りにGSに寄る。リッター146円で2000円分給油。

京都南ICから乗って、渋滞はなし。
行きと違って、神戸あたりを経由されるといけないので、ナビで新名神を使うルートを確認。

14時半頃、宝塚北SA。
昼食に、食事ブースでヤキソバを注文。「7分ほどして、また来て」と言われるので、そこらをぶらぶら。
b0057140_23235350.jpg
お菓子のおみやげ3個で2300円くらい買う。
やきそばは500円。缶コーヒー150円も、眠気覚ましで。

16:00 備前IC

24Hウォークのはずなので、鶴見ICから降りて、道路越しに応援して戻る。
17:15 帰着
トータルで520キロくらい。

もう夕食の、下の娘の前で、おみやげの説明と、高速道路のちょっとした注意(渋滞したら、トイレに困るんだぞ、とか)して、旅の詳しい話までは至らず。(苦笑)

今回京都で感じたこと。
・京都には「くら寿司」多いけど、「天下一品」はそうでもない。
・一般車は鳴らさないが、市バスやタクシーは、いっぱいクラクション鳴らす。どーなん?
・電車に乗るとき、東京に比べて切符券売機使う人、多いように思う。

睡眠時間は余裕がなかったけど、さほど活動には影響はなかった。
高速道路では、ある程度マナーを守っていたし、不快な思いもなかった。
恒常的にhyaku/Kmくらいで走れば普通なので、追い越しされるプレッシャもなし。
渋滞も経験したが、どうしようもない状況までは至らず。
あと1日あれば、京都のたいがいの観光地は制覇できる!はず・・・

次は、神戸旅ラン!



b0057140_11115571.jpg
出発時刻はあえて決めていなかったが、できれば早めに行動した方がよいと判断。
4時台に起きれたので、そこから準備。

5:22 家を出発 ブルーラインへ。
6:00 備前ICから山陽道
7:15 宝塚北SAで休憩 7:30 SA出る
 153.4Km 17.3Km/L(燃費よし)
b0057140_11124878.jpg
ここではナビは使わず。事前のNEXCO西日本のルート図をプリントアウトして持参(途中で見れないけど)。

神戸北JCTでは道を間違うドライバーが多い、ときいていたが、参考のイラストを見ても、それほど厄介とは思えない。
実は、「ナビが間違った指示をする」場合があるらしい。なるほどー

目的地は京都なので、特に分岐は気にならず。
渋滞情報が流れるが、地名みても、ピンとこない(爆笑)ただし、高槻あたりからは渋滞があることは理解。
京都南ICで降りるつもりで走っていく。手前の大山崎ICで降りる車も多かったが、そちらよりは進みは速かった。
京都南ICには出口が2つあり、第一は「混雑」していて、そのときは「第二に回ってください」と案内が表示される。
でも、第一に向かう車は比較的スムーズで、おっかけていくと、なんのストレスもなく出られました。
一つ賢くなった(笑

8:30 京都南IC 205Km 3300円くらい
ここからは運転中だがiPhoneのマップでナビを嵐山にセット。
その通りに走る。
9:00 嵐山着
着いたのはいいが、駐車場を探さねば。
3時間1000円、という「観光地ですが何か?」的なパーキングはスルー。
一日最大料金、も、平日は800円くらいだが、休日は「無制限」な場所もある。
今日が果たして平日なのか、休日なのかも、オーナーの胸先三寸?
ちょっと細い道に入ると、全日最大500円、のカンバンを見つけて、そのパーキングへ止める。
もう一度、カンバンをよーく見て、間違いないのを確認。
b0057140_11083159.jpg
ランの準備で着てきたので、あとはシューズを替えて出発する。
気温は18℃くらいだったと思うが、やや肌寒い。上着はなし。

少し観光客が多い(というか地方の普通の観光地並み)道を渡月橋まで。
川音が心地よい。
b0057140_11114522.jpg
せっかくの橋なのだが、南からだと工事のクレーンが見えて、興ざめ。
b0057140_11160767.jpg
とりあえず竹林の道に向かう。
おみやげ物屋さんなど、鎌倉を彷彿とさせる賑わい。
嵐山駅
b0057140_11160229.jpg
天龍寺、の雲竜図、を拝観。これだけで500円。
(あとで思ったが、ランシューではこういう寺巡りは不向き。いちいち靴を脱がないといけないから。)
天井の雲竜図は撮影禁止。
どの角度からでも歪むことなく竜が描かれている。
b0057140_11194353.jpg
竹林の道へのルートがわかりにくいので、そばのガードマンにきく。
拝観料はかかるが、庭園経由が近道のようなので、それでいく。500円。(この、一律な料金がバカにならないと思う。共通パスでもないのだろうか)
b0057140_11194920.jpg
b0057140_11195427.jpg
b0057140_11195939.jpg
竹林、思っていたより丈が長い。
普通の山に生えるものより数倍か?
b0057140_11210076.jpg
なんかモデルさんみたいなのがいた。
b0057140_11205552.jpg
電車の踏切。人力車は通るわ、人多い。途中で立ち止まって写真とってたら叱られた(苦笑)江ノ電なら何も言われないのにねー(^^;
b0057140_11225768.jpg

b0057140_11230110.jpg
丸太町通、を探して東に進む。
気温はやや暑いが、湿っていないし、適当に風もある。
ゆるい坂道だが止まらずに走れる。
コンビニの景観配慮。ファミマもそうだったな。
b0057140_11250413.jpg
仁和寺までの近道を地図で確かめながら路地を進む。(こっちのほうが安全)
直前の道路脇
b0057140_11273550.jpg
デカい
b0057140_11273962.jpg
b0057140_11274410.jpg
五重塔があるが、台風被害の修復中。
とにかく、寺のスケールデカいな!
b0057140_11294903.jpg
b0057140_11295540.jpg
b0057140_11300050.jpg
京都マラソンコースの一部「きぬかけの路」を北へ。
b0057140_11323673.jpg
竜安寺
b0057140_11341643.jpg

b0057140_11342849.jpg
修学旅行で来たはずだが、さっぱり思い出せない。
庭も、それほどインパクトを感じない(庭園でインパクトもないか)
b0057140_11342036.jpg
今だけ公開、みたいな芭蕉の襖絵。英語だとBANANAなんとか。
b0057140_11342413.jpg
少し暑くなってくる。

金閣寺に近づいてくると、歩道で整理するガードマンが現れる。
向こうからくる観光客を、すぐ前でUターンさせてこちらの行先前方に行列を作っている。
途中で行列に入らせてもらう。
外国人観光客には割り込みもいたが、特にトラブルなし。
しかし、施設に入る前から、テーマパークよろしく行列だったのは、ここ金閣寺だけ。
通路に曲がってからも、行列。
b0057140_11324411.jpg
鳳凰がキレイだったなー
b0057140_11405240.jpg
b0057140_11410031.jpg
b0057140_11410721.jpg
美味しそうだったので、抹茶ソフト。350円は観光地にしてはお手頃。
b0057140_11414055.jpg
おみくじ、吉。
旅ランする人には吉報?
b0057140_11411155.jpg
この金閣寺の観光客が一番多かったと思うけど、一緒に並んでいた人は「これでも、ピークよりは少ないそうよ」と話していました。どんだけー?

ここらの道は、大渋滞。というか、動いてない。
通り道に邪魔なバスの横
b0057140_11432300.jpg
ここから南下して、案外早めに平野神社へ着いた。
b0057140_11452662.jpg
b0057140_11453110.jpg
b0057140_11453741.jpg
境内を通過して、北野天満宮に向かう。

本当は南からが正面だが、北側にもよい風景の門があったので、女性二人(台湾の観光客らしい)に頼んで写真を撮ってもらう。最初、英語で頼むと「あなたの写真を撮らせて」ときこえたらしくすぐ拒否されたが、「違うんです、ボクの写真を」と説明すると、通じました。
b0057140_11454789.jpg
ありがとう、と言おうとして「台湾では、ありがとう、ってどういうの?」と訊いてみると「しぇーしぇ」。
そ、そっか(^^;

b0057140_11483477.jpg
b0057140_11483881.jpg
b0057140_11484342.jpg
北野天満宮では「御土居の青もみじ」があり、行ってみようとしたが拝観料込みで800円、と言われてやめておきました。
b0057140_11484751.jpg
青もみじは、京都のTさんから見頃の場所も紹介されているし。
(たぶん、おなかも減って、拝観も面倒になってきている)

次なる目的地は、親のために拝んでおきたい「千本釈迦堂」。
地図見ながら行ったが、国宝とは。
b0057140_11485180.jpg
b0057140_11513926.jpg
b0057140_11514328.jpg
ここまで、朱印帳にご朱印をもらう人がわんさかいました。
そこまでする必要性(にわか信仰?)は感じませんでしたが、ここでは朱印帳がなくてもお札に書いてもらえるので、それなら、と1枚書いてもらいました。300円。
b0057140_11524630.jpg
これは義父母用として。
実母には、こちらのアクセサリを買う。
b0057140_11525680.jpg
おかめさんの像が。珍しい。
b0057140_11514658.jpg

次は首途(かどで)八幡宮へ。
b0057140_11540132.jpg
b0057140_11540601.jpg
b0057140_11541159.jpg
義経にあやかった旅の神様。
この旅ランの無事をお願いする。
b0057140_11541470.jpg

もう3時に近いので、ちょっとだけ昼食を、と思いながら走るが、適当な店がない。
京都御所まで着いてしまい、休憩所に行くと、簡単な食事ができそう。
b0057140_11563738.jpg
京風きつねうどん、680円を頼みました。
席にあとで運んでくれるシステムだが、段取りが悪そうで、ちょっと待たされました。(たかがうどんで)
京都のうどん、にしてはコシがありました。
一味のパックを全部入れたせいもあるが、味も辛い。
b0057140_11564171.jpg
b0057140_11564542.jpg
京都御所はプレートを首にさげて回る。入場料400円。ちょっと安い(笑
b0057140_11565021.jpg
パンフレットは各国語対応・・
b0057140_11565362.jpg
もう、なんか、建築物大きすぎて、かんわー
b0057140_12000102.jpg
b0057140_12000554.jpg
b0057140_12001079.jpg
b0057140_12001348.jpg

ここまでカメラについて。
・外国人観光客やカメラを使わせてもらえる子供は、とにかくやたら風景を撮っておく。
・三脚でのカメラは禁止、とか自撮り棒は禁止、とか制限はいろいろ。でも、スマホならだいたいどこでも使用可。
・コスプレ撮影もまあまあ多い。
・狭い順路を進む途中、カップルがお互い写真に撮って構えているために、前を通過できずに、大人しく待つ観光客に対して、特にトラブルなし。

京都御所は、皇居ランみたいに「一周できる」とガイドには書いてあったが、東西はまだしも、南北は狭くて、歩行者に迷惑そうなので、途中まで(高校駅伝コース)でやめました。

さらに東、鴨川に出る。ここも京都マラソンコース。
b0057140_12001811.jpg
ここは気持ちいい。
すでに20キロ以上移動してきたが、走れる。

変な言い方だが、今日一番気に入った「観光地」。
b0057140_12032862.jpg
b0057140_12033731.jpg
近所にこんなロケーションがあれば・・

納涼床も気持ちよさそう。
b0057140_12033345.jpg
b0057140_12034125.jpg
b0057140_12034572.jpg
16時過ぎ。
走る途中、Tさんからは、18時からは時間がとれるから、会って食事しよう、と連絡があったのでここらで車に戻ることにする。

今日の軌跡
b0057140_12043989.jpg
b0057140_12044203.jpg

16:20頃 河原町駅(阪急京都線)(金額 150円くらい?)
b0057140_12081001.jpg
b0057140_12081314.jpg
b0057140_12081625.jpg
16:44 嵐電 大宮発
17:10 嵐山着 220円

Tさんに「スーパー銭湯って、近くにある?」ときくと1軒教えてもらう。
調べると、近くにあるが900円、とやや高い。
車に戻って、着替えてから、もうちょい安い銭湯がないかと検索。
値段はわからないが、候補は見つかる。
しかし、iPhoneナビで、道を間違えて回ったり、なんだかわからなくなってきたので、18時の縛りもキツくなってくる。
19時までには、とTさんに連絡すると、文字ではあるが遅れるのが不機嫌そうに
「お風呂なんていらないじゃん」
「いや、臭いし(笑)」
「臭くても、えーじゃん」
「でも、まぁ、行くんで」
まあ、極端に匂うことはないのだが、こういうときのランナーの気持ちは、普通の人(笑)にはなかなかわかってもらえない(Tさんはランニングなんて、「はぁ?」みたいな人)。

18:30 誠の湯 900円
値段が値段だけに、もっとゆったりしたいところだったが、やむを得ない。
駐車場も、いかにも京都な、路地の奥にあり、狭いスペースで、ヒヤヒヤ。
18:45 イオンモールKYOTO Tさんと待ち合わせ
「ウチの近所だからイオンモールに来て」と言われてネットで検索するが、イオンモール、京都市内には2つあるんだよね。どっち?(T^T)そのあと確認。
こういう大型施設にありがちだが、車を置いて、すぐスマホに目をやって、はて、どこに車置いたか、わからなくなる。何度か確認に戻る。

その前に、iPhoneの予備バッテリーを充電するためのケーブルを持ってきたはずなのに見つからず、焦っていたこともある。
今日のバッテリー消費量からすれば、充電は必須だ。
しかも、建物に泊まるのではなく、車中泊なら、運転中にその大半の充電時間をあてないと、夜中中車の電源を入れていくのはリスクが高い。
だからケーブルを買うために、おそらくコンビニならたやすく探せるだろうから、そこに寄る時間も必要。
Tさんに、近くに車中泊のできる、近くにコンビニかなにか洗面所のある施設のある24Hパーキングがあれば、と頼んでみたが、みつからないようだ。
Tさんには「だから、こんな連休中に市内に泊まろうとするのが・・(おかしいのよ)」みたいに言われるが、ボクはあくまで道の駅を使う、と説明していたはずだがなぁ・・

「イオンモールの外の店に予約してるから」
「え?中の店じゃないの?駐車代かかるじゃん」
「いいから、来る!」
Tさんの行きつけで、かなり「人気店だから予約できるかどうかわからなかった」という居酒屋へ。
当然、こちらはノンアル。
b0057140_12103470.jpg
落語家の妻のTさんの知り合いが隣のテーブルから話しかけてくる。
こちらが「走ってきました」というと、(結局10歳くらい年上だった)2人の男性が、なぜか京都マラソンの「ボランティア」キャップを見せてくれる。
話としては面白いので、いろいろと膨らむが、せっかくのプチ同窓会で、こんな時間でよいのか疑問だったが、Tさんは平気らしい。
この店にしかない、珍しい肴を注文してくれる。
子芋をふかして海苔でまいたやつ
b0057140_12103989.jpg
ミノの天ぷら
(写真なし)
京都のごんぼうのてんぷら(凍らせてから揚げるのがコツらしい)ツマミにはかなりなりそう
b0057140_12104303.jpg
ナス餃子(餃子の皮の代わりに茄子を割って具が入っている)
b0057140_12104729.jpg
どれも美味しいし、珍しい。
「料理の好きなPMなら喜ぶかと思って」・・そっちか?
ネギ焼き
b0057140_12105012.jpg
だし巻き
b0057140_12105336.jpg
今日の宿泊が気になって、本当は深夜まで話したいとこだが、20時半まで、と区切らせてもらい、それでも15分ほどオーバーして、お開きに。
オゴってもらった(笑

バッテリーケーブルをコンビニで買うから、とTさんに告げると、なら駐車券もいるだろうし、イオンで買おうよ、と。
「コンビニの方がすぐ探せる。電気屋なんてテナントにある?」
「ソフマップがあるから、来て」
時間が気になるし、売り場を回るのも大儀なのだが、とにかく店員をみつけて声をかける。
バッテリー本体を見せて、これに合う充電用ケーブルは、どこ?ときくと、最初に案内されたのは、バッテリー本体の売り場。ちゃうやん!ケーブルだって!では、と案内されて、やっと見つける。
700円程度で買い、駐車券を見せて割り引いてもらう。
Tさんを探すと、見つからない。
電話して、返事をもらい、ちょっと不本意な別れ方だが、これで、と切る。
パーキングの出口で料金を払う。600円!
え?30分200円としても、せいぜい2時間ちょっとで、1時間分割り引いてもらっても、こんな値段?
もー、計算もめんどい。考えるのやめた。

20:50頃 イオンモール発
道端に車を止めてiPhoneのナビを使うが、どうも、大回りなルートを示していて、納得がいかないが、とりあえず、それと、道路標識を頼りに走り出す。
知らない町、とくに大都市では「ノロノロ走るなボケ」みたいな対応されそうでヒヤヒヤもん。
ここは京滋バイパスとか、高速道路めいた色の案内表示があり、見分けにくい。
ナビと標識(名神の表示)が一致したので、その道を選択。
21時過ぎ京都南ICに入る。いきなり大渋滞だ。大津まで余裕でつながっている。
22:00頃 道の駅ではなく大津SAでも車中泊は可能なので、その選択もアリだな、と大津ICまで来たが同じ場所にある大津SAが一杯で泊まれず。事前に電光表示で「満」とは表示されていたけど。
それでもSAへの車の列は続いていました。で、決断。
降りる。580円

再びナビをセットすると30分かかる、と。
1本道に見えたが、途中で高速ぽい専用道路となり、入り間違える。
ぐるっと回って、修正。
22:35 びわこ大橋米プラザ(道の駅)に着く。
ここで空いてなければアウトなのだが、駐車の車は多くみえる。そういえば、途中の道も、夜中にしては少なくない。
ここの駐車場キャパは400台近いが、たしか、地下の駐車場は夜は閉鎖されるので、車中泊できるスペースは屋外のみで、その台数よりも減るので、ご注意とかの案内をみた。
ぐるっと、回るが、満車。ムリしても止められそうなスペースもない。
困った。
施設から少し離れた第二駐車場で、やっと1台だけ駐車スペースみつけて場所確保!
 275Km 14.7Km/L (18.7L消費 2655円相当 142円/L)
ビールを飲みたいところだが、空いているだけあって、トイレのある洗面スペースとは200mくらい離れているだろうか。
コンタクトレンズだけは外してくる。
もってきていた清酒をちょっとグラスに注いで飲む。
もう、今日はハミガキはいいや。
後部座席をなるべくフラットにして、冬用ブルゾンを布団代わりにするが、やはり床が痛くてなかなか眠れないし、何度も起きる。凍えるほどではないが、琵琶湖のそばだけあってまあまあ寒い。

(翌日早朝の景色)
b0057140_12105636.jpg
つづく

[データ(再掲)]
天龍寺 庭園500円 雲竜図 500円
仁和寺 500円
竜安寺 500円
金閣寺 500円 抹茶ソフト 350円 水110円 賽銭 100円 おみくじ100円
平野神社 賽銭100円
北野天満宮 0円
千本釈迦堂 アクセサリ 500円 朱印 300円 賽銭 100円
首途(かどで)八幡宮 賽銭100円
京都御所 400円 きつねうどん 680円

イオンモールで充電ケーブル 700円くらい 駐車代 600円(割り引いてもらって?)


b0057140_11032688.jpg
始めは、いつも落選している、近くの大都市型マラソン、大阪・神戸・京都のコースを回ってみよう、という発想の旅ランでしたが、調べていくうちに、せっかく行くのに、観光もしないと損だし、それだと時間が足りない。
メインは京都と考えて、ついでに神戸、と色気も出したが・・観光地多すぎ(^^;
ついに、2日に分けて京都を走ることにしました。
ネットを調べていると、京都トレイルのコースはかなり整備されているし、必ずしも全コース70キロを走る必要もない。
市街地とトレイルを分ける。
これは、鎌倉と東京を走ったときに感じましたが、朝のうちに皇居ランして、午後にスカイツリーから下界を見渡すと、走ってきた場所がわかって、感慨深い。
なので、初日は市街地。期待のあった渡月橋。
トレイルは東山にする。(西・北もあるが)スタートは伏見稲荷。

とはいえ、この令和改元の10連休、しかも外国人観光客で溢れかえるのは目に浮かぶ、一大観光地。
宿泊場所を探すのさえ空しいので、ここは、車中泊で。
それでも、同じことを考える人は少なくないと思うので油断はできないし、「道の駅」はここ地方とは違って、京都に近い所には、あまりない。
ちょっと離れた、電車の駅に近い道の駅に停めて、そこから電車で市内に移動するか、または市内の24Hパーキングでも、車中泊を許してくれて、近くにコンビニなど水を使える施設がある場所(最大で800~1000円くらいの駐車料金?)にするか、ここは、予約などできないので、ケースバイケースとしました。
道の駅は、京都市の西と、琵琶湖大橋のたもとの施設の情報だけ集めて。

もう一つ、大学時代のサークル仲間の女性(Tさん)が結婚後ずっと京都在住で、たしか平成元年に、なぜかあと2人のサークル仲間と同窓会みたいなのをやった記憶があり、今回「機会があれば会おう」と彼女に伝えていました。
かといって、時間が決められないので、「可能であれば」というレベルで。

以前に鎌倉行きで使ったガイドブック「歩いて楽しむ」シリーズの京都版を通販で半額で買い、さらに、Tさんにも「地元民として、ココ、外しちゃアカン」な観光地があれば、と教えてもらう。
そして、認知症の実母や、そこに近づきつつある義父母のためにも「ぼけ封じ(というとなんだかバカにしているようなので、頭の神様へお願いとして)」で有名な神社仏閣を2つほど探しておく。
本当は「東山トレイル」の地図も購入しておきたかったが、あと1週間の時点だったので、通販だと間に合わない可能性もあったので現場で買うつもりで。
コース地図は見ておいたほうがいいと思っていたが・・・

つづく