人気ブログランキング |

カテゴリ:ランニング( 637 )

b0057140_16541187.gif

普段の普通の人の使い方では、決して屋内になることのないバイク。

アウトドアの対応が常に必要。

寒い時はダウン入りジャンパーやマフラーでカバーし、暑いときは、速度を上げて体感温度を下げて(?)汗をかいても会社でタオルを使うかエアコンの中にいれば、なんとかなる。

雨ならレインウェアーがあるが、問題は、足先。

ブーツカバーを使うこともあったが、チェンジの感覚が変わるので、少々の雨なら、「行っちゃえ!」してから、時折大雨に会って、靴の下はべちゃべちゃに・・

これは、仕事中に、我慢するしかない。

(長靴で行き、仕事用の靴をバッグに入れて持っていく手もあるが、面倒。)


今の職場では、毎朝ロッカーで着替えるチャンスがあるので、レインシューズで行き、仕事用の靴に履き替えるように、準備。

初めてのワークマンで。(税込 1900円)


本当は、夏用のTシャツで宣伝していたのにつられていき、そのついでなのだが。(税込 580円)


b0057140_16554830.gif
どちらも、今年の梅雨が本格的に始まったからの対応。

2019年5月26日のトレイルラン。
リタイアしたからなかなかすぐに入力する気になれないのだが、残さなくては。
b0057140_20152749.jpg

8時からの選手受付+9時半スタートを考慮して、朝は5:25に自宅(岡山市中区新岡山港付近)を出発。
R2バイパスから東平島を通過し、この3月に開通した美作岡山道路の瀬戸ICを目指す。
瀬戸ICに入ってから、道路のカーブ、やや強い。
今回開通した吉井ICを6時頃通過。いいペース。
大原ICは7時頃通過し、目指す「ベルピール自然公園」には7:25頃到着。
b0057140_20205176.jpg
大会の要領には、ロングとショート、さらに男女別で「各200名」募集、とあったので、最大で800台相当の車が駐車するはずだったが、駐車スペースはせいぜい100台に満たず、誘導する係員もいない。
どーゆーこと?

受付は、駐車場からさらに歩きにくい階段を60段ほど登った先にある。
記念品や「おにぎり券」やパンフレットをもらって、ようやくわかった。

ロングには男子12名しかエントリーしていない。女子はたった1名。
ショートには名目上90名程度の名前はあったが、結果的には全部のカテゴリー合わせても100名弱の参加者しかいませんでした。

・・・ということは、実は「第一回」と言いながら、この大会のキツい前身大会があり、それがわかっている人はエントリーは控えた。
怖いもの知らずのエリートランナーと、まったく知識のないボクのようなヒトが集まったように思えました。
b0057140_20231113.jpg
b0057140_20231829.jpg
b0057140_20232922.jpg
コース図はもらっていたのだが、あの遥かかなたの山まで登る?かなり圧倒されました・・・
b0057140_20233536.jpg
天気予報では、今日は5月にしては異常な猛暑、な話でしたが、そこまではいかない。
かといって涼しいワケでもないが、サイアクなコンディションではないように思えました。
地元のTV局(?)がランナーにインタビューしていました。

ロング46キロは9時スタートで、ボクのショート26キロは9時半スタート。
新品のザックが少し安い(5000円くらい)のは、容量が5L程度のせい。買ってから気づいた。
最低限の荷物は詰め込んだ。ヘッデンも2個入れた。
水は500cc2本しか入れる場所がない。

スタートしてからはひたすら急峻な下りでキロ6分くらい。
脚へのダメージが気になるが、ノンストップ。
やがてくる登り。
階段はなく、ふかふかの落葉の道。ぬかるんだ道もない。
30分ほど行った場所。向かいの山の中腹にスタート地点の白いゲートが見える。
b0057140_20305620.jpg
眺めの良い場所
b0057140_20310138.jpg
マーキングはよく見かけるが、一人になると、ちょっとロストしそうになる。
しばらく行くと、なんだかとんでもない方向から戻ってくる集団がいる。ロストらしい。
b0057140_20310719.jpg
開会式で「必ずロープを持って行ってください」としつこく言われただけあって、ロープの向こうは谷底。
b0057140_20311227.jpg
下りの途中の名も知らぬ花
b0057140_20311788.jpg
トレイルからロードに代わる地点の道は、トレイルともロードとも言えず、道路整備しなくてはならないけど「トレイルランナーには、あまり気にならないんじゃないかな」と思ってあえて未整備な道でしたが、ちょっと危ない気が。
結局は6キロ地点から17キロ(実測。大会では16キロ地点)まではロード。
それがわかっていれば、ちょっと走り方も変わったかも。
なだらかな坂道はなるべく走ったけど、歩きもかなりある。
ここらのロードを、ひたすら歩く男性ランナーがいて、それでもこちらが歩くよりは速いのだが、トレイルとしては、どうなんだろう・・
9キロの第一関門はクリア。手元の計測では10キロは超えていて、他のランナーとも苦笑。

おそらく、11キロくらいの地点。
山が高いな!
b0057140_20433162.jpg
11キロのエイドステーション。手元の計測では12キロ。
b0057140_20433625.jpg
b0057140_20433914.jpg
素麺は美味しかったが、補給できる水分はスポドリのみ。
水は「下のほうに湧水(名水)があるよ」ということなので、トイレも兼ねて降りていく。
500ccを補給。
冷たくて美味しいが、あとでちょっとおなかが痛くなる。

エイドを出たのが12時前、第二関門は12:30なので、あと5キロの登りを30分以内で進むのは不可能に思えました。
でも、エイドで「リタイアしますか?」とも聞かれないし、女性ランナーも歩みを止めないので、そのまま登っていく。
行けるとこまで行くか。
高梁マラニックの夫婦岩までの坂のような道は、走れるとこは走り、あとは歩く。

耐えられない痛みではないが、両足の付け根に疲れを感じる。
13時前に、やっと関門に着き、男性2名ほどのランナーも座っている。計測では17キロ地点。あと9キロ(大会情報によれば)。
「時刻は過ぎたけど、行きたかったら行ってもいいですよ」
と係の男性が話しかけるが、先に見える山道と、残り時間(あと4時間半)を考えると、この距離表示もあてにならないので、リタイアすることにしました。
あとで考えると、山頂まではそれほど距離はなく、トライする価値はありそうだったが・・
ただし、その後帰宅してからの脚のダメージは小さいものではなく、今回は決断は正しいと考える。
最後のゴールは、スタート地点の後ろ側の高い山から下りてくることは教えてもらっていて、最後の最後でそこまで登ることも、かなりの負担に思えていました。
その後、女性ランナー2名も到着し、リタイアに。
b0057140_20434521.jpg
b0057140_20434938.jpg
スタート地点に戻る車の手配にもかなり時間がかかり、結局、たまたま取材で居合わせた山陽新聞の記者さんの車でボクら男性3人を送ってもらうことになりました。(大会関係の軽で、あとの女性2人を送っていく)

14時頃、受付場所まで戻り、「オニギリ券」でもらった食事。
b0057140_21074623.jpg
帰る前に、同じショートを完走したA保さんに会う。
2位で完走だそうだ。
「S田さんはロングで14時の関門に間に合わなかったそうだよ」とか
「ロングで第一関門に間に合ったのは2名だけ」といった衝撃的な話をきく。
だからといってリタイアの恥ずかしさを軽減する理由にはならないが、もう少し事前に情報が得られれば、もう少し頑張れたかも。
いままで、リタイアしたことは何度かあるが、それは次にリベンジ(完走)してきている。
ここも、再度チャレンジすべきだろう・・

帰りによったオミヤゲ屋
b0057140_21075799.jpg
餅とゆずみそ
b0057140_21075242.jpg

西の屋で休憩
b0057140_21080243.jpg
b0057140_21080899.jpg
14:45ベルピール自然公園発
17:00自宅着




b0057140_21071880.jpg
第10回高梁歴史街道マラニックのボランティアの配置箇所および時間は事前にきいていたけど、最初のエイド協力箇所は27キロ(ショートで)先の沈下橋。
朝7時スタートなので、10時くらいに現場に入ればいいかと思ったら「エイドの飲み物など運ぶので、本部(高梁市体育館)に7時までにきてください」と言われる。
またも、早起きだ(^^;

5月11日土曜日。
今回、エイドでコンビを組む、少し年上の女性Yさんは、市内に迎えに行って、一緒に車で高梁入りの段取りを組む。
当日朝4:40頃には起きて、Yさんと県営グラウンドの南西の「ポプラ」で5:30に待ち合わせで会えるように車で行く。
5分ほど前に着き、Yさんを乗せて、岡山ICから賀陽ICまで高速。
だいたい1時間を予想していたが、45分ほどで到着。
b0057140_21165613.jpg
選手はまだまばらだ。
去年は選手で走ったけど、ボランティアは初めて。なので、後ろから様子を見ているだけ。
知り合いの人がたくさん受付に。
b0057140_21183585.jpg
スタートも、なんとなーく、出発。ユルい(笑
こちらはといえば、案外いっぱいいっぱいに飲み物や折り畳み式テーブル(自分でも、レジャー用テーブルを持参)を車に運び込む。

8:30頃までには現地(沈下橋)に着く。
お世話になるお宅に挨拶をして、テーブルは準備する。
ここは「黒潮食堂」なる名物エイドの場所なのだが、それを営む「カツオさん」一家は、まだ到着していない。
ランナーの通過予測時刻は10:30。
ちょっとそこらを歩く。さわやかだ。
b0057140_21184074.jpg
Yさんは前回もここのエイドだったそうだが、テントの設営場所とかの記憶が鮮明ではないらしい。
ボクはランナーとして「道のすぐ脇でエイドの食糧を食べられるような場所だったよ」と記憶していたが、いまいち納得されていない様子。
ま、カツオさんがくればわかるか、と。
ボランティアの配置としては、ボクだけは先行した位置の「阿部山橋」という赤い橋のそばで一人でランナーを誘導する役割になっていたので、(そこの通過予測時刻は10時で、30分前にはスタンバイする指示)9時半までには車で移動して、近くの道の空き地に停めてから「赤橋」まで簡易イスと資料を持って歩いていきました。

ちょっとだけ、橋を渡ってモニター。かなり揺れる。
b0057140_21235817.jpg
b0057140_21240563.jpg
b0057140_21070771.jpg
b0057140_21071880.jpg
ちょうど日向で、やや暑いが、我慢できないほどではない。

10時過ぎ。
ようやく先頭がくる。

スタート地点で、同じくボランティアのM川さんからは、「ポイントから次のポイントに、先頭通過の連絡を入れる予定だけど、私たちはロングのポイントだから、もう一つ前のショート(とロング分岐の)ポイントからは連絡が行かないかもしれない」と言われていたので、あらかじめM川さんの前のポイントの担当者に電話したが・・出ない(^^;何度もしたのに。

まあいい。

しかし、最初の2人は、ゼッケンがロングにしては、やけに速い。
あとで、沈下橋のエイドで一人は「ロングコース不通過」に気づいたようで、「やりなおしまーす!」と逆戻りしていました。ふえー!
b0057140_21241034.jpg
この人。あとで、毎年愛媛から参加していて、数年前、ふれあいマラニックでボクともしばらく話しながら走っていた人と判明。(^^;

この道の向こうから走ってくるランナーは、当然、道の向かいの「日陰」を走ってくる。
最終的にはこちらに「渡ってください」と手で合図するのだが、この背後(北側)では工事で片側通行していて、この通行状態と、ランナーの後ろからくる車の通行状況をよく見て、合図するようにしました。
合図に従って、すぐ横断してはいけないように・・
なるべく日陰を走りたいランナーの気持ちも考えながら、ギリギリに。

写真も撮ってあげたいが、通過ランナーのゼッケンを確認する方が優先すると考えて、余裕なし。
おまけに、手前のエイドからのリタイア情報がくるし、それをYさんにも伝えねばならない。

12時半頃、ようやく最後尾通過。
b0057140_21375808.jpg
お役御免で、沈下橋エイドに戻る。
スイーパーとランナーと一緒に、黒潮食堂の食べ物を少しいただく。
期待通りだ。
b0057140_21380491.jpg
b0057140_21380617.jpg
b0057140_21380948.jpg
b0057140_21381473.jpg
b0057140_21381861.jpg
今回は、昨年の7月豪雨の影響で、このエイドは復路では通過しない。
まだ大量に残った食べ物が勿体ないので、Yさんと「一緒に、これから行く最後のエイドに持っていこう」ということになりました。
容器をなんとか確保して、ゴミを片付ける。

昼食の弁当もあるので、Yさんは次のエイドまで行ってから食べよう、と言われたが、距離はあるし、13時前なので、まだあのエイドにたどり着くランナーは少ないし、エイドを必要とするランナーではない、と考えて、一旦近くの木陰の車の中で昼食。
結局、外しそこねた掲示板が残っているのをYさんが思い出して、幸い出発する前に回収できたのでした。

今回の新コース、上長田を経由する道を走り、延々と続く歩きのランナーに車の窓から励ましのエールを。

最終エイドの場所は、Yさんも昨年いたはずなのに「どこだったっけ?」ということなので、しばらく探す。
たしか、M松さんからは「××を置いているから(すぐにわかる)」みたいなことをきいた覚えがあるので、よーく見ていると、キャンプ用折り畳みテントのセットがマーキングテープの下にあるのを発見!

車も十分置けるスペースがあり、テントを開こうとするが、ボクもキャンプ経験値が低いせいもあり(^^;うまくいかない。
歯がゆいので、M松さんに連絡。すぐ来てもらうことに。
途中でモニターしたランナーの状況からすれば、2人くらいが間隔を開けて近づいてくるように見えたが、喫緊な状況ではない。

Yさんを残して、車に積んだゴミを一旦ラフォーレに運び、エイドに戻るとM松さんらが応援に来てくれました。
無事、エイド開店。15時頃。これから18時まで。最初は13時~18時までの予定だったから、ちょっと楽になったか?
「黒潮食堂支店」
b0057140_21382360.jpg
塩をふいたウエアのランナーに「暑かったねー」みたいな話をしながら、虫の多い状態だったけど、次々と送り出してあげられました。

昨年は意識してなかったけど、最終関門は18:20だそうだ。ラフォーレのゴール場所。
18時頃最後尾が通過して、エイドも撤収。

ラフォーレではゴミを下ろして、そのまま玄関近くに放置されていたので、何度か通って全部裏のゴミ収集場所まで運ぶ。
今日の宿泊は、フロントで確認すると、ラフォーレではなく元仲田邸。
20時頃のバスで送迎してもらえる。
ラフォーレなら、もっと落ち着くのになー、まあいいか。

ボランティアに来ていた、新庄FORESTRAILの杉村さんとちょっと話してから、ラフォーレのフロへ。
食事券持って親睦会に行って、ビール(金券で)とおでん。おでん、昨年よりちっちゃ(苦笑)
今回も、子供神楽、途中からしか見れなかった・・見た人はみんな「良かった!」と言ってるのに・・
19時を回り、食事は20時まで、だそうなので、宿泊客用の食堂へ。
N江さんのグループがいたので、混ぜてもらった。
小型コンロで焼く肉、千屋牛だそうだ。ンマー
ここでもビール1杯(500円)頼んだ。
b0057140_21441048.jpg
もっとさっさとゆっくりして酒飲みたかったが、とりあえず車の中で、持ってきた清酒少し飲んで、元仲田邸行きバスが20時半頃に出るというのでラフォーレの玄関に集まる。
同室のKさん・リーさん・H崎さんと隣室のK泉さんと一緒の車で。

宿に着き、部屋に通される。
8畳で4人くらい。余裕。
布団を敷いてから、「酒あるけど、飲みませんか?」と回りを誘うと、K泉さんとK村さん(視覚障害だが今日マラニック完走者)とH崎さんが集まる。ささやかな酒盛り。
22時くらいには、酒もなくなり、就寝。
宿泊料は、2食付きで3000円の安さ。(もちろんボランティア価格)

5月12日日曜日。
朝、案外寒い。5時半くらいには起きて、布団の中。
昨日の高梁の最高気温は31.2℃で、全国1位だったことに驚く。(日曜日も全国4位)
朝食は6:30の予定だったが「少し早く行ってもいいみたいだよ」と隣室のO本センセイが言うので、6:20頃には全員(2部屋で8人)ゾロゾロと。
元仲田邸は以前に外から見たけど、中を見るほうがおもしろい。
b0057140_22090321.jpg
b0057140_22090805.jpg
b0057140_22091461.jpg
b0057140_22091809.jpg
迎えのバスは7時なので、乗り遅れないように準備。

日曜日の「ふれあいマラニック」の受付にはかなり時間がある。
受付して、1500円を支払う。
「今日のライダーさんは、案内役なので、最後尾グループを、ももさんとM甘さんと走っていただきます」とM子さんに言われる。
了解だー。
b0057140_22150133.jpg
いつもの山西先生の話と、ストレッチ。
いつもながら、「こんなのくっだらねー!」みたいに和を乱すような参加者がいつもいないことに感謝だ。

そして、ふれあいマラニック最後尾を走る。
b0057140_22150641.jpg
b0057140_22151153.jpg
b0057140_22151510.jpg
b0057140_22151918.jpg
暑いけど、カラっとしているのはわかる。まだ、夏ではない。

「スイーパーですか?」と途中で参加者に聞かれる。いや、スイーパーではなく、ロストを防ぐための「案内役」なので、ゆっくり歩いていっても大丈夫ですよ、と答える。
「今まで10キロしか走ったことないんです」
「前回、10キロのマラニックには出たけど、22キロは初めて」
といった女性ランナーの話を聞く。
「でも、16キロあたりのエイドはオニギリや美味しいおかずもあるし、冷たい甘酒も出たことありますよ」みたいな情報を流す。
登りは、キッパリと、気持ちいいくらい、歩く。^_^
ついていくのは楽だが、練習にはならんなー^ - ^
途中の個人エイドのお寺にいた猫
b0057140_22211960.jpg

最後尾
b0057140_22212606.jpg
ずっと最後尾にいたが、たかうねの前に、わかりにくい辻があったのを思い出して、下りでダッシュして前方5人ほどを抜き去る。(集団に先回りして、道の方向指示するため)
たかうねでもらった桜餅と桜茶
b0057140_22213197.jpg
ここでお別れとなったS滝さんたち。残念。
b0057140_22213669.jpg
たかうねで、脚が痛い、とか、相変わらずスローペースなランナーに、M松さんからも、無理なら宇治高校跡からのショートカットを勧められる。
エイドを諦めるかどうかの選択肢。結論は、その別れ道で出す。
脚の痛い女性Sさんが、エイドへの未練を捨てきれないようだったので「やらないで後悔するより、やってから後悔するほうがいいよ。これはボクの座右の銘」みたいな話をすると、予定のルートを進むことになりました。
エイドに着いてみれば、ほとんど最後尾だった女性M井さんはとっくにオニギリをお代わりして、満足そうでした。
b0057140_22253701.jpg
b0057140_22233118.jpg
予期せず、手作りのピオーネ・シャーベットもある。この時期のピオーネは高いだろうに!うまいわー
b0057140_22233683.jpg
実はこのあと、M松さんが最後尾グループについていてくれたので、あと5キロのダラダラ坂は一人で走っていってみました。
あまりにも欲求不満で・・(^^;

途中でおいついた5人とは最後は一緒に歩いて話しながら。
M松さんから「昨日の最後のエイドに、ウォーターエイド置いてるから」と言われていたので、探してみる。
あった(^^
b0057140_22254917.jpg
b0057140_22254325.jpg
フィニッシュは、5人で「走って」並んでゴール。
時間はかかってしまったけど、疲れはほとんどない。
b0057140_22255537.jpg
「14時過ぎると、食事も寂しくて・・(だから、はやくゴールしよう)」とM松さんがいわれていたとおり、ゴール後にいろいろもらったけど、13時半くらいだと人影はかなりまばら。
ラフォーレの喫茶室で座って食べました。
b0057140_22314351.jpg
14:45くらいに吹屋を出発したけど、眠くて、高梁市の北部の道路脇で20分ほど仮眠。
それでも、この時は高速は使わないで下道(吉備高原の道)で2時間くらいで帰れました。

マラニックのお土産。
えびせんべい、特産ではないが、試食して美味しかったので。
b0057140_22315008.jpg
文旦かどうかわからないが、黒潮食堂さんで余っていたやつ。
b0057140_22315478.jpg
白菊は、息子のぶんも買った。
b0057140_22324727.jpg

b0057140_22572284.jpg
多分、4時半には目が覚めて、洗面所で支度を整えて、5時半くらいには出発。
明るくなってわかったけど、有名な道の駅のようだが、かなり古そう。
(ちょっとバッチい話で恐縮だが)
トイレの大用便器で、その施設の作られた歴史がわかる。コンビニも、そう。
和式→洋式でウォシュレットなし温熱便座なし→洋式でウォシュレットなし温熱便座あり
→洋式でウォシュレット+温熱便座 などなど・・
こんな早朝から、釣りをする人も数人いる。
洗面所を使う人も、まばらというよりは多いくらい。

5:35 道の駅出発
途中のローソンでサンドイッチとトマトジュース。360円くらい。そこで食べる。
ナビの目的地を「伏見稲荷」で検索すると、最初は関東のよく似た地名がでて、そのままルートを見るととんでもない!みたいな。
ちゃんと指定すると、高速道路を通らないルートが出る。
しかも、昨日は大津ICから30分かかったのに、これだと伏見稲荷まで30分。
昨日はこうすればよかったかな・・あくまで道の駅を終着と決められれば。
6:00頃出発。
昨晩と違って明るいので、快適に走れる。
よくある、アオリが好きそうな神経質そうな車もいない。
R1に出て、有料道路を通るように指定してくるが、しばらくいくと目的の分岐には「無料出口」があり、料金は発生しない。
よー出来とるな!
ちょっと疑ったときもあったけど、iPhoneのマップアプリはかなり優秀だと感じました。
昨日はカレがいなければ、多分道の駅にたどり着けていない。
あまりに早く着いたので、半信半疑(また疑ってる)。

近くのパーキングを探す。
一日の最大料金は平日は800円程度だが、休日は「無制限」が多い。
やっと、これならいいか、と一旦止めて、カンバンをよーく見ると、ここも祭日は「無制限」と小さく書いてある。あぶねー!すぐに脱出。
しばらく北にいくと、ほとんど説明がなく「24H700円」のパーキングがあり、ここに決める。
余計な条件は一切書かれていない。

走る格好になって、いざ出発。
鳥居は裏から回ることになってしまったけど、伏見稲荷をスタートする。7:00頃。
b0057140_22572788.jpg
b0057140_22573171.jpg
b0057140_22573642.jpg
b0057140_22574082.jpg
b0057140_22574335.jpg
千本鳥居はすぐ見つかり、動画も撮りながら進む。
b0057140_22574768.jpg
b0057140_22575099.jpg
人がいるので走れない。
昇り階段はささっと抜いていき「すげー・・」みたいな後ろからの女子の声をカイカンにする(←ヘンタイ)。

予想よりも階段は長い。
京都トレランコースのオプションコースみたいに、一の峰、という場所を目指したが、行ってみれば神社があるだけで、展望ゼロ。失敗。
b0057140_23021182.jpg
b0057140_23021423.jpg
ガイドの柱をみつけて、今度はトレランぽいコースへ。
白滝神社、とかいう場所に展望台があり、行ってみる。
ここは眺めがすごい!
b0057140_23034369.jpg
先客の外人さんの男性1人がいたので、いちおう英語で「写真撮ってもらっていいですか?」ときくと、快諾。
ふと思いついて、「ジャンプしたとこを撮ってもらってもいい?」とゼスチャ込みで話すと、ちゃんと理解してくれました。で、これ。
b0057140_23033759.jpg
タンキュー、と感謝してから、「どこからきたんですか?」と訊く。(もちろん英語で)
「フランスだよ」
「おー、失礼、メルシー、でしたね!」
観光地の写真に関しては、だいたいルーティンがあるから、世界中の人と話は通じるかも。

しばらくすると、道は下る一方。それも、かなりヤバし。
泉涌寺、と行先に表示があったので、地図で調べる。東福寺のそばにでるようだ。
このそばには、Tさんからお勧めの「光明院」があるので、そこに行ってみる。
b0057140_23065183.jpg
8時過ぎなので、まだ開いていない可能性もあったが、門を入ると、もう3名ほど観光客がいる。
「まだ開いてないんですか?」ときいてみると「いや、8時から、と書いてあったんだけど・・」
入り口を見つけると、無人だが「無料拝観はご遠慮ください。300円をお支払いください」とある。
竹の筒に硬貨を入れて、入ってみる。
b0057140_23053744.jpg
Tさんからは「青もみじがきれいだよ」と教えてもらった。
確かに庭園の端のもみじは見事だ。しかし、正面の、まだ咲いていないサツキが咲いたら、もっとスゲーことになるだろうな・・と。
いままでの観光スポットと違って、静かに眺められました。
b0057140_23053339.jpg
b0057140_23073272.jpg
b0057140_23073738.jpg
東福寺はパスして、北に向かう。
京都トレランコースを探す。歩いてこられた「ご近所にお住まいで、散歩好き」そうなご夫婦に声をかけてみると、ルートをご存知でした。

ガイドの柱に従い、階段を登る。
開けた場所に出て、直進と右折の道がある。
どっちかなー、と考えていると、右から、トレッキングしてるような若い男性がくる。
トレランコースを歩いているんですか?と声をかけて、そのようだったので、道がわかるか聞いてみる。
男性はコース図を持っておられて、見せてもらう。地図があっても迷うようだ。
「下の地図では、泉涌寺に行け、みたいに書いてあったから、直進かもね」
「行ってみますか」
b0057140_23090435.jpg
道の向こうには、ガイドの柱があり、あとは先の曲がり角を見通せる。
男性に「歩いていかれるんですか?」「はい」「じゃ、こっちは走っていきますので、また」
同じタイミングで、男性トレイルランナーに抜かれてしまったので追いかけたが、見失う。
でも、今度はルートを示す柱はちゃんと見つけられました。
b0057140_23090779.jpg
道の様子は鎌倉のように石が目立つことはなく、岡山の地質に似ているように思う。
傾斜が多く、登れば下る、の連続で、あまり快適に開けた道を走ることはない。
b0057140_23130106.jpg
b0057140_23130498.jpg
下ったかと思うとR1の脇の歩道を通り、国道下のガードをくぐる。

道端の家で、好意で設置した無人休憩所みたいな場所があり、セルフで飲み物を買えるし、中でお茶も飲めるように見えました。ペットボトルを買いたかったが万札しかなく、中の人を呼んだがでてこない。ま、しゃーないか。

同じようにコースをハイキングする人も多く、抜いては抜かれたり・・
b0057140_23125290.jpg
清水(きよみず)山、というところに向かうが坂道キツい。
標高はあまり高くない(200m台?)と思っていたが、意外にキツい。

ようやく青龍殿、という施設に。

入場料500円に万札を出すと露骨にイヤな返事をされる。どーなんかなー。ダメです、とは言われなかったけど。
でも、ここはノーマークだったけど、景色は抜群!
展望台から京都市内を一望できて満足しました。
いろはす(桃) 150円購入
b0057140_23130857.jpg
b0057140_23131287.jpg
b0057140_23131440.jpg
京都トレイルコースは、アップダウンが繰り返すかんじで、もういいかな、みたいな。(^^;
粟田口、という場所に降りたところで、あとはロードにすることにしました。
八坂神社の前を通り、平安神宮の鳥居を見ながら、交差点で地図を確認。

インクラインに行くことにして、蹴上駅を目指す。ゆったりとした上り坂。
行ってみれば、2本のレールの跡。
台車に乗った船はカバーがかけられている。
b0057140_23154648.jpg
b0057140_23154201.jpg
こんなもんか、と北を目指して走るが、あとで「ねじりまんぽ」を見るのを忘れたのに気づく。まーいーか。

哲学の道、を目指して行くうちに、ちょっと気になる店ハッケン。
ヨメさんと娘2人にいいかな、と買ってみる。色は気に入るかどうかわからないが。
3個で1700円くらい。
b0057140_23154917.jpg
b0057140_23155278.jpg
哲学の道をひたすら北へ、歩いたり、走ったり。
b0057140_23183196.jpg
銀閣寺に曲がる角からは、大変な人ごみと、土産屋の前を通る。

銀閣寺に入るが、すぐ前の日本人観光客のおっさんがぶつぶつ言う。
「これが銀閣じゃないやろ。銀でできとらん。足利のおっさんの家や」
文句言うなら、来るな(苦笑)

順路に従って階段を上り、平地と、少し上と、もっと上から銀閣寺を見る。
笑っているようにも見える。
金閣寺よりも銀閣寺の方が良い、という人もきいたことがあるが、派手ではない銀閣寺も趣は勝るとも劣らず。
b0057140_23183522.jpg
b0057140_23184190.jpg
日本版トレビの泉?
b0057140_23184400.jpg
b0057140_23184896.jpg
そろそろ12時を回り、観光は終わりにしようかと思う。
出町柳駅まで走り、電車で車の場所まで戻る。
途中に京大キャンパスがあり、飲食店もいくつかあるのだが、いまいち惹かれない。
b0057140_23214867.jpg
観光客の多くは市バスを利用すると思うのだが、今日はそれも、定員オーバーで「乗れない」と運転手が手を横に振るシーンも見かけました。みんな、走れ(笑
b0057140_23185184.jpg

京阪電車に乗る。
ここは、混雑してない。
むしろ、東京に比べてなぜか閑散としている。

乗り換えが必要か、と思ったけど、そのまま鳥羽街道駅まで行くようでした。

12:46 出町柳駅(京阪)発
13:00頃 鳥羽街道駅着

今日の軌跡。
b0057140_23244463.jpg
b0057140_23244183.jpg

勘で選んだ駅だが、かなり適格な位置で下車できました。
パーキングまで歩くうち、地酒の店を発見。
自分用のお土産は、まだ。

地酒 1500円くらい
b0057140_23243627.jpg
13:30頃 着替えて、パーキングを出て帰路へ

ガスは微妙な残量なので、帰りにGSに寄る。リッター146円で2000円分給油。

京都南ICから乗って、渋滞はなし。
行きと違って、神戸あたりを経由されるといけないので、ナビで新名神を使うルートを確認。

14時半頃、宝塚北SA。
昼食に、食事ブースでヤキソバを注文。「7分ほどして、また来て」と言われるので、そこらをぶらぶら。
b0057140_23235350.jpg
お菓子のおみやげ3個で2300円くらい買う。
やきそばは500円。缶コーヒー150円も、眠気覚ましで。

16:00 備前IC

24Hウォークのはずなので、鶴見ICから降りて、道路越しに応援して戻る。
17:15 帰着
トータルで520キロくらい。

もう夕食の、下の娘の前で、おみやげの説明と、高速道路のちょっとした注意(渋滞したら、トイレに困るんだぞ、とか)して、旅の詳しい話までは至らず。(苦笑)

今回京都で感じたこと。
・京都には「くら寿司」多いけど、「天下一品」はそうでもない。
・一般車は鳴らさないが、市バスやタクシーは、いっぱいクラクション鳴らす。どーなん?
・電車に乗るとき、東京に比べて切符券売機使う人、多いように思う。

睡眠時間は余裕がなかったけど、さほど活動には影響はなかった。
高速道路では、ある程度マナーを守っていたし、不快な思いもなかった。
恒常的にhyaku/Kmくらいで走れば普通なので、追い越しされるプレッシャもなし。
渋滞も経験したが、どうしようもない状況までは至らず。
あと1日あれば、京都のたいがいの観光地は制覇できる!はず・・・

次は、神戸旅ラン!



b0057140_11115571.jpg
出発時刻はあえて決めていなかったが、できれば早めに行動した方がよいと判断。
4時台に起きれたので、そこから準備。

5:22 家を出発 ブルーラインへ。
6:00 備前ICから山陽道
7:15 宝塚北SAで休憩 7:30 SA出る
 153.4Km 17.3Km/L(燃費よし)
b0057140_11124878.jpg
ここではナビは使わず。事前のNEXCO西日本のルート図をプリントアウトして持参(途中で見れないけど)。

神戸北JCTでは道を間違うドライバーが多い、ときいていたが、参考のイラストを見ても、それほど厄介とは思えない。
実は、「ナビが間違った指示をする」場合があるらしい。なるほどー

目的地は京都なので、特に分岐は気にならず。
渋滞情報が流れるが、地名みても、ピンとこない(爆笑)ただし、高槻あたりからは渋滞があることは理解。
京都南ICで降りるつもりで走っていく。手前の大山崎ICで降りる車も多かったが、そちらよりは進みは速かった。
京都南ICには出口が2つあり、第一は「混雑」していて、そのときは「第二に回ってください」と案内が表示される。
でも、第一に向かう車は比較的スムーズで、おっかけていくと、なんのストレスもなく出られました。
一つ賢くなった(笑

8:30 京都南IC 205Km 3300円くらい
ここからは運転中だがiPhoneのマップでナビを嵐山にセット。
その通りに走る。
9:00 嵐山着
着いたのはいいが、駐車場を探さねば。
3時間1000円、という「観光地ですが何か?」的なパーキングはスルー。
一日最大料金、も、平日は800円くらいだが、休日は「無制限」な場所もある。
今日が果たして平日なのか、休日なのかも、オーナーの胸先三寸?
ちょっと細い道に入ると、全日最大500円、のカンバンを見つけて、そのパーキングへ止める。
もう一度、カンバンをよーく見て、間違いないのを確認。
b0057140_11083159.jpg
ランの準備で着てきたので、あとはシューズを替えて出発する。
気温は18℃くらいだったと思うが、やや肌寒い。上着はなし。

少し観光客が多い(というか地方の普通の観光地並み)道を渡月橋まで。
川音が心地よい。
b0057140_11114522.jpg
せっかくの橋なのだが、南からだと工事のクレーンが見えて、興ざめ。
b0057140_11160767.jpg
とりあえず竹林の道に向かう。
おみやげ物屋さんなど、鎌倉を彷彿とさせる賑わい。
嵐山駅
b0057140_11160229.jpg
天龍寺、の雲竜図、を拝観。これだけで500円。
(あとで思ったが、ランシューではこういう寺巡りは不向き。いちいち靴を脱がないといけないから。)
天井の雲竜図は撮影禁止。
どの角度からでも歪むことなく竜が描かれている。
b0057140_11194353.jpg
竹林の道へのルートがわかりにくいので、そばのガードマンにきく。
拝観料はかかるが、庭園経由が近道のようなので、それでいく。500円。(この、一律な料金がバカにならないと思う。共通パスでもないのだろうか)
b0057140_11194920.jpg
b0057140_11195427.jpg
b0057140_11195939.jpg
竹林、思っていたより丈が長い。
普通の山に生えるものより数倍か?
b0057140_11210076.jpg
なんかモデルさんみたいなのがいた。
b0057140_11205552.jpg
電車の踏切。人力車は通るわ、人多い。途中で立ち止まって写真とってたら叱られた(苦笑)江ノ電なら何も言われないのにねー(^^;
b0057140_11225768.jpg

b0057140_11230110.jpg
丸太町通、を探して東に進む。
気温はやや暑いが、湿っていないし、適当に風もある。
ゆるい坂道だが止まらずに走れる。
コンビニの景観配慮。ファミマもそうだったな。
b0057140_11250413.jpg
仁和寺までの近道を地図で確かめながら路地を進む。(こっちのほうが安全)
直前の道路脇
b0057140_11273550.jpg
デカい
b0057140_11273962.jpg
b0057140_11274410.jpg
五重塔があるが、台風被害の修復中。
とにかく、寺のスケールデカいな!
b0057140_11294903.jpg
b0057140_11295540.jpg
b0057140_11300050.jpg
京都マラソンコースの一部「きぬかけの路」を北へ。
b0057140_11323673.jpg
竜安寺
b0057140_11341643.jpg

b0057140_11342849.jpg
修学旅行で来たはずだが、さっぱり思い出せない。
庭も、それほどインパクトを感じない(庭園でインパクトもないか)
b0057140_11342036.jpg
今だけ公開、みたいな芭蕉の襖絵。英語だとBANANAなんとか。
b0057140_11342413.jpg
少し暑くなってくる。

金閣寺に近づいてくると、歩道で整理するガードマンが現れる。
向こうからくる観光客を、すぐ前でUターンさせてこちらの行先前方に行列を作っている。
途中で行列に入らせてもらう。
外国人観光客には割り込みもいたが、特にトラブルなし。
しかし、施設に入る前から、テーマパークよろしく行列だったのは、ここ金閣寺だけ。
通路に曲がってからも、行列。
b0057140_11324411.jpg
鳳凰がキレイだったなー
b0057140_11405240.jpg
b0057140_11410031.jpg
b0057140_11410721.jpg
美味しそうだったので、抹茶ソフト。350円は観光地にしてはお手頃。
b0057140_11414055.jpg
おみくじ、吉。
旅ランする人には吉報?
b0057140_11411155.jpg
この金閣寺の観光客が一番多かったと思うけど、一緒に並んでいた人は「これでも、ピークよりは少ないそうよ」と話していました。どんだけー?

ここらの道は、大渋滞。というか、動いてない。
通り道に邪魔なバスの横
b0057140_11432300.jpg
ここから南下して、案外早めに平野神社へ着いた。
b0057140_11452662.jpg
b0057140_11453110.jpg
b0057140_11453741.jpg
境内を通過して、北野天満宮に向かう。

本当は南からが正面だが、北側にもよい風景の門があったので、女性二人(台湾の観光客らしい)に頼んで写真を撮ってもらう。最初、英語で頼むと「あなたの写真を撮らせて」ときこえたらしくすぐ拒否されたが、「違うんです、ボクの写真を」と説明すると、通じました。
b0057140_11454789.jpg
ありがとう、と言おうとして「台湾では、ありがとう、ってどういうの?」と訊いてみると「しぇーしぇ」。
そ、そっか(^^;

b0057140_11483477.jpg
b0057140_11483881.jpg
b0057140_11484342.jpg
北野天満宮では「御土居の青もみじ」があり、行ってみようとしたが拝観料込みで800円、と言われてやめておきました。
b0057140_11484751.jpg
青もみじは、京都のTさんから見頃の場所も紹介されているし。
(たぶん、おなかも減って、拝観も面倒になってきている)

次なる目的地は、親のために拝んでおきたい「千本釈迦堂」。
地図見ながら行ったが、国宝とは。
b0057140_11485180.jpg
b0057140_11513926.jpg
b0057140_11514328.jpg
ここまで、朱印帳にご朱印をもらう人がわんさかいました。
そこまでする必要性(にわか信仰?)は感じませんでしたが、ここでは朱印帳がなくてもお札に書いてもらえるので、それなら、と1枚書いてもらいました。300円。
b0057140_11524630.jpg
これは義父母用として。
実母には、こちらのアクセサリを買う。
b0057140_11525680.jpg
おかめさんの像が。珍しい。
b0057140_11514658.jpg

次は首途(かどで)八幡宮へ。
b0057140_11540132.jpg
b0057140_11540601.jpg
b0057140_11541159.jpg
義経にあやかった旅の神様。
この旅ランの無事をお願いする。
b0057140_11541470.jpg

もう3時に近いので、ちょっとだけ昼食を、と思いながら走るが、適当な店がない。
京都御所まで着いてしまい、休憩所に行くと、簡単な食事ができそう。
b0057140_11563738.jpg
京風きつねうどん、680円を頼みました。
席にあとで運んでくれるシステムだが、段取りが悪そうで、ちょっと待たされました。(たかがうどんで)
京都のうどん、にしてはコシがありました。
一味のパックを全部入れたせいもあるが、味も辛い。
b0057140_11564171.jpg
b0057140_11564542.jpg
京都御所はプレートを首にさげて回る。入場料400円。ちょっと安い(笑
b0057140_11565021.jpg
パンフレットは各国語対応・・
b0057140_11565362.jpg
もう、なんか、建築物大きすぎて、かんわー
b0057140_12000102.jpg
b0057140_12000554.jpg
b0057140_12001079.jpg
b0057140_12001348.jpg

ここまでカメラについて。
・外国人観光客やカメラを使わせてもらえる子供は、とにかくやたら風景を撮っておく。
・三脚でのカメラは禁止、とか自撮り棒は禁止、とか制限はいろいろ。でも、スマホならだいたいどこでも使用可。
・コスプレ撮影もまあまあ多い。
・狭い順路を進む途中、カップルがお互い写真に撮って構えているために、前を通過できずに、大人しく待つ観光客に対して、特にトラブルなし。

京都御所は、皇居ランみたいに「一周できる」とガイドには書いてあったが、東西はまだしも、南北は狭くて、歩行者に迷惑そうなので、途中まで(高校駅伝コース)でやめました。

さらに東、鴨川に出る。ここも京都マラソンコース。
b0057140_12001811.jpg
ここは気持ちいい。
すでに20キロ以上移動してきたが、走れる。

変な言い方だが、今日一番気に入った「観光地」。
b0057140_12032862.jpg
b0057140_12033731.jpg
近所にこんなロケーションがあれば・・

納涼床も気持ちよさそう。
b0057140_12033345.jpg
b0057140_12034125.jpg
b0057140_12034572.jpg
16時過ぎ。
走る途中、Tさんからは、18時からは時間がとれるから、会って食事しよう、と連絡があったのでここらで車に戻ることにする。

今日の軌跡
b0057140_12043989.jpg
b0057140_12044203.jpg

16:20頃 河原町駅(阪急京都線)(金額 150円くらい?)
b0057140_12081001.jpg
b0057140_12081314.jpg
b0057140_12081625.jpg
16:44 嵐電 大宮発
17:10 嵐山着 220円

Tさんに「スーパー銭湯って、近くにある?」ときくと1軒教えてもらう。
調べると、近くにあるが900円、とやや高い。
車に戻って、着替えてから、もうちょい安い銭湯がないかと検索。
値段はわからないが、候補は見つかる。
しかし、iPhoneナビで、道を間違えて回ったり、なんだかわからなくなってきたので、18時の縛りもキツくなってくる。
19時までには、とTさんに連絡すると、文字ではあるが遅れるのが不機嫌そうに
「お風呂なんていらないじゃん」
「いや、臭いし(笑)」
「臭くても、えーじゃん」
「でも、まぁ、行くんで」
まあ、極端に匂うことはないのだが、こういうときのランナーの気持ちは、普通の人(笑)にはなかなかわかってもらえない(Tさんはランニングなんて、「はぁ?」みたいな人)。

18:30 誠の湯 900円
値段が値段だけに、もっとゆったりしたいところだったが、やむを得ない。
駐車場も、いかにも京都な、路地の奥にあり、狭いスペースで、ヒヤヒヤ。
18:45 イオンモールKYOTO Tさんと待ち合わせ
「ウチの近所だからイオンモールに来て」と言われてネットで検索するが、イオンモール、京都市内には2つあるんだよね。どっち?(T^T)そのあと確認。
こういう大型施設にありがちだが、車を置いて、すぐスマホに目をやって、はて、どこに車置いたか、わからなくなる。何度か確認に戻る。

その前に、iPhoneの予備バッテリーを充電するためのケーブルを持ってきたはずなのに見つからず、焦っていたこともある。
今日のバッテリー消費量からすれば、充電は必須だ。
しかも、建物に泊まるのではなく、車中泊なら、運転中にその大半の充電時間をあてないと、夜中中車の電源を入れていくのはリスクが高い。
だからケーブルを買うために、おそらくコンビニならたやすく探せるだろうから、そこに寄る時間も必要。
Tさんに、近くに車中泊のできる、近くにコンビニかなにか洗面所のある施設のある24Hパーキングがあれば、と頼んでみたが、みつからないようだ。
Tさんには「だから、こんな連休中に市内に泊まろうとするのが・・(おかしいのよ)」みたいに言われるが、ボクはあくまで道の駅を使う、と説明していたはずだがなぁ・・

「イオンモールの外の店に予約してるから」
「え?中の店じゃないの?駐車代かかるじゃん」
「いいから、来る!」
Tさんの行きつけで、かなり「人気店だから予約できるかどうかわからなかった」という居酒屋へ。
当然、こちらはノンアル。
b0057140_12103470.jpg
落語家の妻のTさんの知り合いが隣のテーブルから話しかけてくる。
こちらが「走ってきました」というと、(結局10歳くらい年上だった)2人の男性が、なぜか京都マラソンの「ボランティア」キャップを見せてくれる。
話としては面白いので、いろいろと膨らむが、せっかくのプチ同窓会で、こんな時間でよいのか疑問だったが、Tさんは平気らしい。
この店にしかない、珍しい肴を注文してくれる。
子芋をふかして海苔でまいたやつ
b0057140_12103989.jpg
ミノの天ぷら
(写真なし)
京都のごんぼうのてんぷら(凍らせてから揚げるのがコツらしい)ツマミにはかなりなりそう
b0057140_12104303.jpg
ナス餃子(餃子の皮の代わりに茄子を割って具が入っている)
b0057140_12104729.jpg
どれも美味しいし、珍しい。
「料理の好きなPMなら喜ぶかと思って」・・そっちか?
ネギ焼き
b0057140_12105012.jpg
だし巻き
b0057140_12105336.jpg
今日の宿泊が気になって、本当は深夜まで話したいとこだが、20時半まで、と区切らせてもらい、それでも15分ほどオーバーして、お開きに。
オゴってもらった(笑

バッテリーケーブルをコンビニで買うから、とTさんに告げると、なら駐車券もいるだろうし、イオンで買おうよ、と。
「コンビニの方がすぐ探せる。電気屋なんてテナントにある?」
「ソフマップがあるから、来て」
時間が気になるし、売り場を回るのも大儀なのだが、とにかく店員をみつけて声をかける。
バッテリー本体を見せて、これに合う充電用ケーブルは、どこ?ときくと、最初に案内されたのは、バッテリー本体の売り場。ちゃうやん!ケーブルだって!では、と案内されて、やっと見つける。
700円程度で買い、駐車券を見せて割り引いてもらう。
Tさんを探すと、見つからない。
電話して、返事をもらい、ちょっと不本意な別れ方だが、これで、と切る。
パーキングの出口で料金を払う。600円!
え?30分200円としても、せいぜい2時間ちょっとで、1時間分割り引いてもらっても、こんな値段?
もー、計算もめんどい。考えるのやめた。

20:50頃 イオンモール発
道端に車を止めてiPhoneのナビを使うが、どうも、大回りなルートを示していて、納得がいかないが、とりあえず、それと、道路標識を頼りに走り出す。
知らない町、とくに大都市では「ノロノロ走るなボケ」みたいな対応されそうでヒヤヒヤもん。
ここは京滋バイパスとか、高速道路めいた色の案内表示があり、見分けにくい。
ナビと標識(名神の表示)が一致したので、その道を選択。
21時過ぎ京都南ICに入る。いきなり大渋滞だ。大津まで余裕でつながっている。
22:00頃 道の駅ではなく大津SAでも車中泊は可能なので、その選択もアリだな、と大津ICまで来たが同じ場所にある大津SAが一杯で泊まれず。事前に電光表示で「満」とは表示されていたけど。
それでもSAへの車の列は続いていました。で、決断。
降りる。580円

再びナビをセットすると30分かかる、と。
1本道に見えたが、途中で高速ぽい専用道路となり、入り間違える。
ぐるっと回って、修正。
22:35 びわこ大橋米プラザ(道の駅)に着く。
ここで空いてなければアウトなのだが、駐車の車は多くみえる。そういえば、途中の道も、夜中にしては少なくない。
ここの駐車場キャパは400台近いが、たしか、地下の駐車場は夜は閉鎖されるので、車中泊できるスペースは屋外のみで、その台数よりも減るので、ご注意とかの案内をみた。
ぐるっと、回るが、満車。ムリしても止められそうなスペースもない。
困った。
施設から少し離れた第二駐車場で、やっと1台だけ駐車スペースみつけて場所確保!
 275Km 14.7Km/L (18.7L消費 2655円相当 142円/L)
ビールを飲みたいところだが、空いているだけあって、トイレのある洗面スペースとは200mくらい離れているだろうか。
コンタクトレンズだけは外してくる。
もってきていた清酒をちょっとグラスに注いで飲む。
もう、今日はハミガキはいいや。
後部座席をなるべくフラットにして、冬用ブルゾンを布団代わりにするが、やはり床が痛くてなかなか眠れないし、何度も起きる。凍えるほどではないが、琵琶湖のそばだけあってまあまあ寒い。

(翌日早朝の景色)
b0057140_12105636.jpg
つづく

[データ(再掲)]
天龍寺 庭園500円 雲竜図 500円
仁和寺 500円
竜安寺 500円
金閣寺 500円 抹茶ソフト 350円 水110円 賽銭 100円 おみくじ100円
平野神社 賽銭100円
北野天満宮 0円
千本釈迦堂 アクセサリ 500円 朱印 300円 賽銭 100円
首途(かどで)八幡宮 賽銭100円
京都御所 400円 きつねうどん 680円

イオンモールで充電ケーブル 700円くらい 駐車代 600円(割り引いてもらって?)


b0057140_11032688.jpg
始めは、いつも落選している、近くの大都市型マラソン、大阪・神戸・京都のコースを回ってみよう、という発想の旅ランでしたが、調べていくうちに、せっかく行くのに、観光もしないと損だし、それだと時間が足りない。
メインは京都と考えて、ついでに神戸、と色気も出したが・・観光地多すぎ(^^;
ついに、2日に分けて京都を走ることにしました。
ネットを調べていると、京都トレイルのコースはかなり整備されているし、必ずしも全コース70キロを走る必要もない。
市街地とトレイルを分ける。
これは、鎌倉と東京を走ったときに感じましたが、朝のうちに皇居ランして、午後にスカイツリーから下界を見渡すと、走ってきた場所がわかって、感慨深い。
なので、初日は市街地。期待のあった渡月橋。
トレイルは東山にする。(西・北もあるが)スタートは伏見稲荷。

とはいえ、この令和改元の10連休、しかも外国人観光客で溢れかえるのは目に浮かぶ、一大観光地。
宿泊場所を探すのさえ空しいので、ここは、車中泊で。
それでも、同じことを考える人は少なくないと思うので油断はできないし、「道の駅」はここ地方とは違って、京都に近い所には、あまりない。
ちょっと離れた、電車の駅に近い道の駅に停めて、そこから電車で市内に移動するか、または市内の24Hパーキングでも、車中泊を許してくれて、近くにコンビニなど水を使える施設がある場所(最大で800~1000円くらいの駐車料金?)にするか、ここは、予約などできないので、ケースバイケースとしました。
道の駅は、京都市の西と、琵琶湖大橋のたもとの施設の情報だけ集めて。

もう一つ、大学時代のサークル仲間の女性(Tさん)が結婚後ずっと京都在住で、たしか平成元年に、なぜかあと2人のサークル仲間と同窓会みたいなのをやった記憶があり、今回「機会があれば会おう」と彼女に伝えていました。
かといって、時間が決められないので、「可能であれば」というレベルで。

以前に鎌倉行きで使ったガイドブック「歩いて楽しむ」シリーズの京都版を通販で半額で買い、さらに、Tさんにも「地元民として、ココ、外しちゃアカン」な観光地があれば、と教えてもらう。
そして、認知症の実母や、そこに近づきつつある義父母のためにも「ぼけ封じ(というとなんだかバカにしているようなので、頭の神様へお願いとして)」で有名な神社仏閣を2つほど探しておく。
本当は「東山トレイル」の地図も購入しておきたかったが、あと1週間の時点だったので、通販だと間に合わない可能性もあったので現場で買うつもりで。
コース地図は見ておいたほうがいいと思っていたが・・・

つづく


b0057140_10552109.jpg
どうしようか、参加しようかと迷いながら、翌日から2日は雨の予報なので、ここで走っておかなくては。
一方、新庄蒜山FORESTRAILの大山ルート開通のための草刈り作業が滞っていたのはわかっていたので、この練習会のあと、(幸いに蒜山への通り道だし)午後から作業しましょうか、とM松さんにメッセするが、調整がつかないようだ。
せっかく準備一式は持ってきたのだが。

家は6時半に出て、7時半前には吉備プラザに着く。
開始予定は8時。
まだ誰もいない(笑

わらわらと参加ランナーが来て、揃うのを待つ。
かつての(4年前?)児島ウルトラ女性の部の覇者、M山さんとしばらく話す。
ウルトラは児島の2回だけ、というのは意外だ。

いつもよりは予定時刻からあまり遅れることなく、8:20頃スタート。
b0057140_10580436.jpg
ヤマモミジが1本だけ紅葉。
b0057140_10555060.jpg
b0057140_10572297.jpg
坂道の登りは歩くし、O郷さんとちょっと話しながら、10キロの第2エイド(後楽ゴルフクラブ入り口)付近からは一人で走る。

ボク以外の参加者は予定の岡山桃太郎空港まで行ったようだが、35キロ過ぎる練習は今はキツそうなので、ボクは14キロちょいで、青空市までで引き返す。
暑さはさほどではないが、帰りはちょっと喉が渇く。
今年は気温が低いせいか、サツキはまだあまり咲いていない。ちょっと残念。

タケノコ
b0057140_10555575.jpg
デカい犬なので、追いかけられたらどうしようとか思ったけど、老犬のようにも見えました。
ノーリアクション。
b0057140_10555907.jpg
スミレ?
b0057140_10560343.jpg
b0057140_10560775.jpg
b0057140_10561158.jpg

今回の参加者で、初めて見かける、普通のジャージ上下のシニアな男性がおられました。
5キロのエイドで、既に疲労困憊模様。でも、14キロまではついてこられていました。
走り終えて、スタート地点まで戻ってから、主催者のFさんにきくと
「まだビギナーで、おかやまマラソンで16キロでリタイアしたので、練習に加わりたい、そうでしたので」と。
「このコースを走るとは、かなり無謀ですね(苦笑)」(ちなみにボクの計測で累計標高差は約1000m)
「知ってたら、参加しないかも」
「でも、何歳なんでしょう。かなりシニアですよね」
「70歳ちょっとかな」
(会話していた仲間数人)「おー・・・(感嘆の声)」
チャレンジャーから一瞬でヒーローへ?^_^

Fさんはこのあと、10キロ付近まで戻ってきていた(約18キロ走破?)男性を回収のために車で向かわれたようでした・・

20日の土曜日。
予定では通院だったが、新庄FORESTRAILの大山ルートの草刈り部隊が手薄に見えたので、金曜に通院を済ませて、参加することに。

朝、7時過ぎに出発すれば待ち合わせの蒜山ローソンには確実に着けるのだが、今、新庄では「がいせん桜」が満開だと。
行きにちょっと寄るか、帰りにゆっくり寄るか。
帰りは光が暗いような気がして、でも、朝立ち寄ると、30分くらいはゆっくり写真撮りたい。
・・・てことで、寝られず、早く起きてしまう。
支度を済ませて、5時半には家を出る。
ガス補給して、6時には岡山IC。
6:40頃に北房ICで降りる。
醍醐桜は、さすがに散っていたようなので(道脇の電光掲示板に「葉桜」と表示)パスし、新庄道の駅へ7時25分頃着く。
やはり、ここまで家からほぼ確実に2時間で来れる。
途中3か所、工事で片側交互通行規制があったというのに。

散ってしまったが、絵になりそうだった「JR月田駅」
b0057140_20041667.jpg
がいせん桜観光客用の駐車場も用意されていたようだが、まだガラガラ。
とはいえ、写真家はちらほら。
b0057140_20045335.jpg
本体の並木もいいけど、土手沿いのしだれ桜も、いい。
b0057140_20124136.jpg
b0057140_20155742.jpg
街道沿い
b0057140_20124886.jpg
粋だなぁ
b0057140_20134624.jpg
バーバー・バー?
b0057140_20141660.jpg
桜たち。
しかし、実際はもっといいんだよなぁ・・
b0057140_20142151.jpg
b0057140_20142634.jpg
b0057140_20143229.jpg
b0057140_20144737.jpg
動画もおさめて、蒜山ローソンへ。
8時過ぎ。待ち合わせの9:40まだかなりある。

今月末で閉店のローソン。ツバメ、大丈夫か?
b0057140_20160469.jpg
予定のメンバが集まり、10時から現場近くの駐車場まで車を連ねて移動。
2手に分かれる。
H垣さんとN江さんと一緒に、まずは蒜山大山スカイラインの道の脇を歩いていく。
切り開くルートを知っているのはH垣さんなので、まずは先頭に行ってもらい、N江さんは熊手で草をよけて、残りの草をボクが草刈り機で刈っていくシステム。(^^;
足場は悪く、坂もキツい。

これって、クマさん好物の「タケノコ」?
b0057140_20174543.jpg
無造作に刈っていくと、なんだか勿体ないやら、可哀想やら。

ブナ林が見えてくる。
自然林なので、むやみに枝は切らず。笹は、刈ってもいい許可がでているらしい。
b0057140_20175126.jpg
b0057140_20175969.jpg
リュックに入れた燃料を途中で草刈り機に補充するが、3時間ほどたったところで、H垣さんから「燃料がなくなったので、そちらのをもらえる?」と。
こちらも残り少ない。
ついにこちらの燃料も尽きて、重い草刈り機をかかえて、とりあえずついて登っていく。

予定では、一方のルートのM松さんと合流し、見事開通、となるはずだったが、M松さんも燃料不足で引き返す、という。
およそ開拓コースの2/3は完了したので、これで終わろう、ということに。
14時過ぎ。
4時間も動いていたことになる。

引き返す、と言われると、えー、みたいな気分もあったが、よく考えると、相当ゆっくりした速度で登ってきている。
距離はほとんどきていない。
試しに戻り始めてからRunKeeperを使うと、草刈り機をかかえて、3人でえっちらおっちら降りて、15分くらい。
標高差は100mくらいだが、距離は0.7キロ。
ここを駆け上がることになるトレイルランナーなら、10分くらいで通過してしまうだろう。
そのために、4時間。
もしも、数10キロのコースなら、どれだけ道を切り開く時間や手間がかかるのだろう。
木段を設置したり、定期的に清掃するのも、大変だ、の一言では表せない。
山を愛する先人たちに最大級の敬意を表さざるを得ない。
b0057140_20180266.jpg
15時前にはジンギスカンの店でみんな(5人)で食事。
b0057140_20310673.jpg
b0057140_20311012.jpg
風は涼しく、ひとときの雑談に疲れも忘れました。
ご馳走様でした。

15時40分頃、帰路に。距離計は家から140キロ。
b0057140_20360924.jpg
「首切トンネルのサクラ」

「オレ、リストラされたよ・・」
「そうか。実はオレも、そうだ。元気出せ。一緒にハローワーク行こう」
「そうか、オマエもなら、ちょっと気が楽だな」
「そーだよー。テイキッ、イージー^_^」

・・・そういうトンネルではない?

b0057140_20361698.jpg
娘へのオミヤゲ。月並み。
b0057140_20362190.jpg

[余談」
工事で片側交互通行しているときの信号。
いままでは必ず、青に変わるまでのタイムがカウントダウン表示されてたけど、今日はそんなとこは1か所だけ。
なんとなく、赤で待つ車が通り過ぎてしまうのをセンサが検知して、インテリジェントに通行を制御していたような・・
b0057140_20312508.jpg
21日、日曜日。
朝5時半から児島半島港めぐりウルトラマラソンの練習会。
先週が雨で、今週に順延なのだが、5時半前に鷲羽山のいつもの駐車場に集まってみると、人は2人くらい。
「今日は、西大寺も加茂郷もあるし」と主催のF原さん。
結局4人でスタートし、ボクはどんどん遅れる。
キロ6分は速いペースではないが、ボクにしてはもうちょっとセーブしたい。
いつもの唐琴のエイド付近からは「独走」(^^;

それでも、気温は低めで、風もあり、湿度も低めで走りやすい条件ではあったのだが。
王子が岳を登る。
歩くけど、以前よりは距離が短く感じました。(気のせい?)

ショートカットして「玉野トンネル」に向かう途中。
ダンボールでできた家?(瀬戸芸ではない(キッパリ))

b0057140_20384555.jpg
宇野駅近く。
「ののちゃん」
街をあげて盛り上げようとするのは伝わるが、ちょっと惜しい。
企画者が不注意なのか、市民のモラルが欠けているのか。
4コマ漫画の4コマ目を見れないのは致命傷。
b0057140_20523636.jpg
b0057140_20524204.jpg
b0057140_20524704.jpg
宇野駅で時刻表を見ると、あと30分は待たないと、電車はこない。
これだと、茶屋町で乗り換えも時間かかるし、児島駅からさらに4キロくらい歩くのも、イヤなかんじが・・
下の娘に電話してみる。「あー、今出かけてるの」「じゃ、いいよ、ごめんな」
息子に電話してみる。「あー、時間は空いてる」
では、と10:20くらいまで来てもらうことにする。
悪いので、土産屋で、瀬戸内レモン味のハッピーターンを息子に買っておく。
駅前で腰かけていると、確かに外国人(欧米系)が多いな。

息子の車に乗せてもらい、道が不安だ、というので道案内するが、もう20代後半のカレに児島までの道を案内するのは・・どうよ。
ボクがその年代の頃ならタクシー運転手よろしく、道案内なんてノーサンキューだったよ。
車内で、まだランニングを続けているのか、とかきいてみると「実は、おかやまマラソンにエントリーしたんだ」と。
カレがランニングを始めたのは、たしか昨年の冬のはず。
それまで自転車は高価なやつを持っていたのは知っているが、どれだけ走りこんでいたのかは知らない。
ラン歴1年以内の人間がフルを完走するのは、相当キチンとした練習しないとムリかな、と思うのだが、20代の若さなら、なんとかなるものなのだろうか。
制限時間や、ボクの失敗の話や、せめて30キロくらい、または3時間くらいは走ってみたほうがいい、とかアドバイスしてみたが、なんとなく楽観視しているように思える。
まー、自分で認識するのが一番なんだけど。


旭川河川敷。
このところの冷え込みで、土手の桜はなかなか咲きが進まず、この週末にようやく満開のようだ。

家から行くのも「たいぎ」なので、買い物ついでに「ラムー」に車を置いて、そこから走る。

今年の旭川の土手は花がイマイチのように思うが、ここ、桜橋の南の川沿いは、いつも通りの様子だ。
ただし、近隣の人々のゴミが川に浮いている「モラル不足」が残念。
b0057140_16563605.jpg
b0057140_16562846.jpg
小橋→中橋→京橋と渡る
b0057140_16564346.jpg
b0057140_16564711.jpg
先週と同じく、ここから河川敷に降りて旭川西岸を進む。
足元は未舗装なので気を付けなくてはならないが、人通りがないので楽。

花見鳥?
b0057140_17030935.jpg
一旦岡山城の下で遊歩道に出たが、川沿いの道はまだ続いているようだったので、降りて、そのまま川沿いに走る。
誰もいない。(^^;
貸ボートがこんな角度で見える。
b0057140_17031331.jpg
後楽園を時計と反対回りに走り、土手をゆっくり行く。
b0057140_17041310.jpg
ほぼ満開なのだろうが、どーも、いつもの「土手一杯のピンク」にはもうちょい届かない気がする。

韓国製「アメリカンドッグ」興味あるが、またも、パス。(^^;
b0057140_17041756.jpg
子供には花見というよりも草すべりがトレンドのようだ

b0057140_17042146.jpg
国清寺まで戻ると、陸橋にカメラマンがいる。
路面電車の写真を狙っているように見えるが、よくわからない。
b0057140_17085947.jpg
なんとなく、こっちも撮ってみたりして(笑
b0057140_17090425.jpg
チャギントンの運行ダイヤを調べると、それが狙いではなさそうだ。
単純に鉄ちゃん、いや、路鉄ちゃん?

タイムとしては、歩行者のそばでは歩いていたので、意味なし。
b0057140_17105224.jpg


b0057140_14091033.jpg
今日も気温は低い。
出発時で7℃くらい?
でも、桜は来週にはもう見頃は過ぎるだろうから、今日、後楽園付近まで走っていってみる。

小橋の横を過ぎてから、一旦相生橋の南の堤防橋(?)を西に渡る。
南に走り、河川敷に降りる階段を使い、花見の会場を川の向かいから見るように走る。
満開ではない。
5~6分咲きといったところか。
色とりどりのカヌーが川を下り、楽しそうだ。
b0057140_14070551.jpg
こうしてみると水のきれいな旭川
b0057140_14071184.jpg
b0057140_14072006.jpg
水辺のももくんあたりより。
b0057140_14072891.jpg
後楽園東側のいつもの桜並木は、かなり咲いている。
b0057140_14142412.jpg
駐車場はいっぱい。
b0057140_14143319.jpg
こんなカッコで走っていたが、ほかにも数人のランナーはいました。
花見客にぶつかるといけないのでスピードはかなりセーブ。
b0057140_14153750.jpg
せっかくだから、ビール1本だけ飲もう、と近くのローソンに寄って、バドを。
b0057140_14090101.jpg
b0057140_14154777.jpg
しかし、今日は寒い。
風が強く、止まっているとすぐに体が冷える感が。
上着を持ってきていて、正解。
今日夜桜を見る人は寒さを覚悟しないとな・・

このあと、屋台を見ていたけど、商売根性丸出しな価格に思えたので、スルー。
小銭600円くらいしか持ってなかったのもあるが・・(はやりの、韓国製アメリカンドッグみたいなのには心動いたが(^^;))

ビール1本で酔った感覚はないが、今日は早めに切り上げよう。
12キロは走ったので、今月は通算207キロ。十分だ。
あとはバスで帰る。
b0057140_14210151.jpg
家には、2日前に注文した「竹内まりや」のベストCDが、もう届いていました。
新品で、ポイントを使って、送料・税込みで3000円。(3枚組)
定価が4000円近くなので、いいと思う。
b0057140_14210764.jpg
んー、曲の内容で選んだけど、これは10年前のアルバムかー・・まいっか。
b0057140_14211251.jpg
聴いてみて、一番新鮮だったのは「september」。
このライナーノーツには、竹内まりや自身の語る曲ごとのエピソードが添えられていて、とても親切に感じました。
他のCDでは、そんな説明はあまりない。
その彼女のエピソードとして語られていたのはこの曲が「ステージやテレビで一番歌った歌」だったこと。そうだよなー・・

Disc1を聞くと大学生時代を思い出す。
竹内まりやは「不思議なピーチパイ」の方が一般的に有名だったから、当時、「あの、竹内まりや、が、さ」と友人に話そうとすると「ああ、あの、ピーチパイ、か」とよく返されていたなぁ・・

このCDを買おうとしたきっかけは、NHKで先日、竹内まりやの音楽生活40年の特集番組を見たから。
一旦、歌手から休止して、もう一度ソングライターとしてやり直そうとしたときに発表した曲が「もう一度」。
山下達郎テイスト、バチバチなこの曲を久しぶりに聴いた、始まりのフレーズには高揚感を抑えきれない。グッジョブ。


2月末から、ヨメさんの父母と兄の手術や介護などで不安定だった日々だが、母も退院し、今日、家で面倒(というよりは軟禁のように思える)見ていた父も自分の家に戻ったそうだ。
なんとなく、ヨメさんがいろいろ世話を見てやっているのだが、それが父母には伝わらず、ヨメさんが大声で叱られているように思える。(でも、へこんでいるようには思えない)
それを、「父母のワガママ。私のやることは正しい」みたいにヨメさんが謙虚にならないのが、不幸なことだと思う。
こちらが「手伝おうか」と言っても、違った解釈をして逆にキレられそうになる。
相手を変えることはできないから、なにか行き違いがあれば、自分が変わるしかないのだが、聞く耳をもたない態度は、いつか彼女が介護を受けるときに、回りに多大な迷惑をかけてしまうような懸念を抱かざるをえない。